gooのスマホ「g07」をレビュー!DSDSに対応、ビジネス用途にオススメ!

書いた人: 佐々木 翼

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
gooのスマホ「g07」をレビュー!DSDSに対応、ビジネス用途にオススメ!

gooのスマホ「g07」はcoviaが製造している飽きのこないシンプルなアルミボディを採用した5.5インチスマートフォンです。急速充電・指紋センサー・Android 7.0のOSアップデート保証がされた「g07」はビジネス用途だけでなく、長く扱える1台としてもおすすめできそうです。

今回はそんな「g07」の魅力に迫っていきます!

目次:

基本スペック:日常的に使うなら問題なし

まずは、g07の基本的な仕様を確認していきましょう。

g07 スペック情報(参照:g07製品ページ
サイズ 高さ 約152mm ✕ 幅 約75.6mm ✕ 厚さ 約7.9mm
重さ 約150g
バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 約5.5インチ
1920×1080ドット IPS液晶
Dragontrail® 強化ガラス
OS Android™6.0 Marshmallow
(Android 7.0 アップデート保証)
メモリ RAM:3GB
ROM:32GB
CPU MediaTek MT6750T オクタコア
(1.5GHz+1.0GHz OctaCore)
対応SIMカードサイズ microSIM
naoSIM
DSDS対応
カメラ アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
その他 microSD(最大128GBまで対応)/Wi-Fi(IEEE 802.11 a/g/b/n)
Bluetooth 4.1+HS/USB Type-C/指紋センサー

ディスプレイはDragontrailと呼ばれる強化ガラスで覆われているため、衝撃や傷に強いものとなっています。また、フルHDのため非常に高精彩なのですが、タッチする際にコーティングが特にされていないせいか、指すべりに引っかかりがあるように感じました。同梱物の中に保護フィルムが1枚ついてくるため、こちらを貼り付ける前提なのかも知れません。

ベンチマークテストアプリ「Antutu Benchmark」によるスコアは、40417とパズルゲームやSNS、LINEなどの動作に支障がでることはないでしょう。3Dグラフィックゲームとなると、スムーズにプレイすることは難しいところです。

「Antutu Benchmark」スコアの結果
「Antutu Benchmark」スコアの結果

g07の特筆すべき点は何と言ってもデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応している部分でしょう。データ専用SIM+データ専用SIMの組み合わせでデュアルスタンバイする事は出来ませんが、通話に関してはどちらのSIMでも発信/受信が可能になっています。(4Gと3Gのスタンバイに対応)

DSDSで接続してみた
DSDSで接続してみた

アルミボディを採用した外観・デザイン

5.5インチスマートフォンでも150g、厚さ7.9mmと薄いのに加え、ラウンド加工されたアルミボディによってホールド感も兼ね備えています。

背面のアルミボディ
背面のアルミボディ

下部はUSB Type-Cとストラップホール、それにマイクとスピーカーを配置しています。

ストラップホールに対応しているのは嬉しいポイント
ストラップホールに対応しているのは嬉しいポイント

左サイドにはSIMトレイとマルチファンクションキーを配置。マルチファンクションキーはワンプッシュでカメラ、トーチ(懐中電灯)、録音のいずれかをショートカット起動出来ます。

また、今挙げた3つ以外にも、ユーザーが日常的に使うアプリを登録することもできるので、LINEや普段遊んでいるゲームをマルチファンクションキーに割り当てるのも良いですね。特にカメラはちょっとした瞬間を撮影するのに、非常に便利で筆者もよく使っていました。

マルチファンクションキーが中央に
マルチファンクションキーが中央に

右サイドには音量・電源キーが配置されています。

電源と音量キー
電源と音量キー

背面は指紋センサーとカメラが配置されていますが、カメラの出っ張りは殆どなく限りなくフラットに近いといえます。指紋センサーは触れるだけでロック解除することができます。指紋の認証速度はハイエンドスマートフォンと比べると速度は落ちますが、特別遅すぎるわけでもなく、ストレスが溜まることはないでしょう。

イヤホンジャックが上部に配置
イヤホンジャックが上部に配置

シンプルな仕上がりのカメラ性能

ソニー製のCMOSイメージセンサーを搭載しており、メインのカメラは1300万画素、フロントカメラは800万画素です。メインカメラにはオートフォーカス、HDR機能、フラッシュを標準で搭載しています。

カメラUI
カメラUI

カメラUIはAndroid 6.0を搭載しているスマートフォンとしてはやや古めのものを採用していますが、機能自体は至ってシンプルです。

シンプルといっても設定から美容モード、ホワイトバランスの調整、撮影モード(夜景・夕焼け・パーティーなど)、手ぶれ補正、ジェスチャーショット、セルフタイマー、ノイズリダクションなどを選ぶことができるので、機能が少なすぎるわけではありません。

以下の作例は全てオートモードで撮影したものです。

オート撮影のシャッター速度は遅め
オート撮影のシャッター速度は遅め
ノイズが目立つ
ノイズが目立つ

夜の写真撮影ではフォーカスするのに時間がかかりました。また、ノイズも結構目立ちます。

細部まで撮影できている
細部まで撮影できている

お昼の明るい時間帯の場合、ビルの細部までしっかりと撮影出来ています。白飛びも少なく抑えられています。

からあげ
からあげ
ポテト
ポテト
白飛びしていないのがわかる
白飛びしていないのがわかる
フォーカスがしっかりとあっている
フォーカスがしっかりとあっている
若干赤が薄め
若干赤が薄め

ご飯の撮影時はフォーカスに手間取るシーンもありますが、思いのほか綺麗に撮影出来ています。

gooのサービスが盛りだくさん

g07のプリインアプリはキャリアスマートフォンのように多くはインストールされていません。gooが提供しているサービス向けのアプリは一通り揃っていますが、アンインストール可能です。ホーム画面はGoogle Now風になっていて、左にスワイプすることで最新の天気予報・交通情報・ニュースなどを確認出来ます

またGoogle系列アプリも初期状態からインストールされているため、別途インストールをする必要はありません。

ホーム画面
ホーム画面
GoogleNow風の情報欄
GoogleNow風の情報欄

評価まとめ:ビジネス用途に向いている!

ここまでg07の特徴と使い勝手をまとめてみましたが、ビジネス用途に向いているスマートフォンであると感じています。デュアルスタンバイに対応していることで、プライベートとビジネス用の電話番号を1台でまとめることが出来るのが非常に魅力的です。

価格もgoo Simsellerでは税抜き19,800円とリーズナブルです。また、本体のデザインもチープさを感じることは決してなく、ビジネスシーンでも馴染むことが出来るでしょう。この価格でデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)が出来るのですから驚きです。

プライベートとビジネスでスマートフォンを、1台にまとめたいと思っているユーザーにオススメしたいスマートフォンです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ガジェットギークを運営している。 商業・個人のメディアサイトや雑誌にも寄稿経験があるライター。 Twitter:@ggeek4