UQモバイルは家族割がお得! 家族でまとめて入ろう

書いた人: 笈川 釆女

カテゴリ: UQ mobile

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイル 家族割

UQモバイルの家族割とは

UQモバイルの家族割とは
UQモバイルの家族割サービスとは?

UQ家族割を簡単に説明すると、下記のようなサービスです。

・子回線(2台目)から500円/月割引
・最大9回線までの子回線が割引対象
・2017年6月8日(木)~提供開始

公式ページ:UQ家族割│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

親回線には割引はなく、子回線ごとに月々500円を引いてくれるというシンプルな制度。子回線は9台まで大丈夫なので、よほどの大家族でもなければ家族みんなで入れます。

基本料金の例

「なんだ、500円か」と考える人もいるかもしれませんが、そもそもUQモバイルは格安SIM。それが500円引きというのは、なかなかの安さです。具体的に月々にかかる料金を見てみましょう。

料金は、公式サイトの「料金シミュレーション」から簡単に調べることができます。現在契約中のスマホとの差額も一緒に見られるので便利ですよ。

スマホ3人分でずーっと4,940円/月~

まずは、UQモバイルが公式でモデルケースとしている「3人でスマホプランSにした場合」の料金です。条件は下記のように設定します。

・UQ学割なし(5~18歳の利用者なし)
・3人ともスマホプランS(3GB/月、翌月繰り越しOK)
・通話は従量課金(20円/30秒、月固定額なし)
・WiMAXの申し込みはなし(SIMのみ)
・UQ家族割適用

この場合、以下のようになります。

・親回線:1,980円/月(税込2,178円/月)
・子回線①:1,480円/月(税込1,628円/月)←500円引き
・子回線②:1,480円/月(税込1,628円/月)←500円引き
●家族3人分合計:4,940円/月(税込5,434円/月)+通話料ほか

通話料は従量課金なので、使った分だけかかりますが、普段はLINEなどの無料通話を使っているという人であれば、それほどかかりません。

また、最初にSIMパッケージ料金とユニバーサルサービス料がかかります(詳しくは後述)。大手キャリアであれば、1人でも4,940円以上かかっている場合も多いですよね。これで3人分って、めちゃくちゃ安い!

しかも、UQモバイルには「節約モード」があって、節約モード(ターボOFF)に設定している間は、データ消費ゼロ。SNSなど、速度はそんなに要らないけれど、使用頻度は多いという人なら、この3GBプランで十分です。

3GBでずーっと1,480円/月~

先ほどの料金を個別に見てみると、もっと安さが実感できます。
UQ家族割適用時、子回線(2台目以降)の料金を見てみると、なんと月々1,480円/月(税込1,628円/月)。前述しましたが、もともと料金の安い格安SIMで、月々500円を割引くというのは破格のサービスです。

9GBの場合

私は、外出先でテザリングを使ってパソコンをつないだり、動画を見たり、漫画を読んだりすることも多いので、月々3GBではちょっと足りません。そういう場合は、スマホプランMの9GBをおすすめします。

UQモバイルの家族割は、全員が同じプランである必要はないため、子回線の1人だけをスマホプランMに変更することもできます

・親回線:1,980円/月(税込2,178円/月)
・子回線①:1,480円/月(税込1,628円/月)←500円引き
・子回線②:2,480円/月(税込2,728円/月)←500円引き
・家族3人分合計 5,940円/月(税込6,534円/月)+通話料ほか

+1,000円で子回線の1人を9GBに変更できました。しかも、UQ家族割の場合増やした9GBは子回線②でだけでなく、家族内でシェアすることも可能です。

「もっと使いたい!」という方には、さらに+1,000円で14GB使えるスマホプランLもありますよ。

電話をよく使う場合は「スマホ音声通話オプション」も

スマホ音声通話オプション
通話をよくする人はオプション利用も

例えばお父さんは仕事でよく電話を使うけれど、お母さんはネットでのレシピ検索が多く、電話はあまり使わないなど、家族の中でもスマホの使い方は違います。

UQモバイルではスマホ音声通話オプションがあるため、電話をよく使う人にだけオプションを追加して、その上で家族割を利用できますよ。

◆利用シーン

使用者 スマホプラン
親回線 電話をよくかけるパパ スマホプランS+かけ放題(10分/回まで無料)
子回線 ネットでレシピを検索するママ スマホプランS
子回線 動画をいっぱい見たい娘
(19歳以上・学割適用なし)
スマホプランM

◆料金

料金 割引
親回線 1,980円/月(税込2,178円/月)
+700円/月(税込770円/月)
子回線 1,480円/月(税込1,628円/月) 500円
子回線 2,480円/月(税込2,728円/月) 500円
家族3人分合計 6,640円/月(税込7,304円/月)+通話料ほか

基本料金以外にかかる料金

基本料金以外にかかるもの
基本料金以外にかかるもの

UQモバイルでは、どの料金プランでも「+通話料ほか」と記載があります。ここにはどのようなものが入ってくるのでしょうか。

「実は高くなるんじゃないの?」と、疑っている人もいるかもしれませんね。では、基本料金以外にかかる料金を細かく見ていきましょう。

SIMパッケージ料金(3,000円/税込3,300円)

最初にSIMを発行してもらうときにかかる料金です。最初だけなので、月々ずっとかかってくるものではありません。家族同時だと、最初だけは少し負担が大きいかもしれませんね。

通話料(20円/30秒)

最安の「子回線1,480円~」は、通話が従量課金になっています。つまり、電話した分だけ追加で払うことになります。LINEなどの無料通話がほとんどだという人は問題ありませんが、よく電話をかけるという人には、以下の通話オプションも選択できます。

【10分/回かけ放題(700円/月)】

1回に10分間までなら通話料のかからない通話オプションです。短い電話を何度もする人にはこちらがおすすめ。

【60分/月無料通話(500円/月)】

月の無料通話時間が60分ある通話オプションです。普段はそんなに電話をしないけれど、一度話し始めると10分を超えてしまうことが多いという人にはこちらの方がお得かも。

ユニバーサルサービス料

ユニバーサルサービス料とは、総務省が定める「ユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報)」を日本全国どこででも提供するために負担が定められている料金です。採算の取れない地域でも通信が確保できるようにするために設けられました。

ユニバーサルサービス料は半年ごとに算定され、2019年7月~12月は3円/番号・月です。
家族全員の分をまとめても数円~数十円程度のものです。
詳細はこちら(総務省|ユニバーサルサービス制度

WiMAX

WiMAX(ワイマックス)は、UQのWi-Fiルーターです。スマホだけでなく、他の機器でも使いたい、高速でたっぷりネットが使いたいという場合には、WiMAXオプションを付けることができます。

ただし、初回はルーターの本体代がかかるので、少し負担が大きいです。

・WiMAXオプション 3,880円/月(税込4,268円/月)
・端末(ルーター本体)代金 16,500円(税込・初回のみ)

本体

スマホ本体は、UQモバイルで購入することもできますし、今使っているスマホを使うこともできます。iPhoneも、人気のXperiaも取り扱いがあるため、自分の使い方によって選べますよ。

・公式端末一覧:端末一覧|オンラインショップ|UQ mobile
・公式動作確認端末一覧:動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

UQ家族割の注意点

UQモバイル家族割の注意点
UQモバイル家族割の注意点

とてもお得なUQ家族割ですが、注意するべき点もあります。下記にまとめてみたので申し込む前にしっかり確認しておきましょう。

プランに制約がある

データ通信だけで通話は要らない、という人もいますが、UQ家族割はスマホプラン/おしゃべりプラン/ぴったりプラン限定です。2台持ちで一方はデータプランで……という場合には適用外になります。

親回線は割引対象外

割引されるのは子回線、つまり2台目以降だけです。親回線は500円引きになりません。

親回線の解約前に親回線を変更する

もしもUQ家族割の親回線を解約したいのであれば、親回線の変更手続きが必要です。変更手続きをせずに親回線の解約をすると、残った子回線は自動的にUQ家族割の適用外になってしまいます。

UQ家族割の契約解除料は発生しないが、プランの契約解除料には注意

UQ家族割は、いつ解約しても契約解除料は発生しません。ただし、加入しているプランを解約する場合には、契約解除料が発生する可能性もあります。2019年10月から始まっているスマホプランの場合には、契約解除料は一切かかりません。

1人で2回線でもUQ家族割が使える

「家族」でなくても、1人で2回線以上契約していればUQ家族割を利用することができます。ただし、どちらもスマホプランでなければならないので、データプランを選択することはできません。

苗字や住所が違う場合には家族であることがわかる書類が必要

別居であっても、苗字が違っていても、家族であることを証明できる公的書類があれば、UQ家族割を申請することができます。同性のパートナーであっても、公的証明が得られればUQ家族割適用になります。ただし、公的書類を送付する必要があるので、電話での申し込みはできません。

契約名義が同姓で同一住所であれば電話(UQお客さまセンター)での申し込みもできます。

UQモバイルならほかにもこんなお得が

UQモバイル

UQモバイルには、家族割以外にもお得なことがいっぱいあります。併せて活用しましょう。

余ったデータは翌月に繰り越せる

UQモバイルなら、余ったデータは翌月に繰り越すことができます。そのため、月によって使用量にばらつきがあっても無駄になりません。

節約モードならデータ消費ゼロ

SNSなど、頻度は多いけれど速度は要らないという場面は多いものですよね。UQモバイルなら、節約モードを使えばデータ消費ゼロ。そのため、スマホプランSの3GBでもたくさん使えます。

まとめ

とてもお得なUQ家族割と、実際の使用例をご紹介しました。

2台目以降は月々500円引き、1人でも複数回線契約なら適用、しかも期限なくずっと割引されるのは嬉しいですよね。スマホもお得に選ぶ時代。ぜひUQ家族割で安さを実感してみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

愛媛大学教育学部技術教育専修卒。 2006年にフリーライターとして営業開始。 教育や心理関係の仕事と並行して執筆活動を続け、現在は家電や生活に関する記事、教育や心理に関する記事、アニメや声優さんに関する記事などを執筆中。