【全機種比較】ZenFone 3シリーズを一挙比較!全6機種でどれがおすすめ?

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加



【全機種比較】ZenFone 3シリーズを一挙比較!全6機種でどれがおすすめ?

2016年10月より、日本でも続々と発売されているASUSのスマートフォン・ZenFone 3シリーズ。すべての製品に「ZenFone 3」とついているものの、それぞれ特徴の異なる仕様になっています。

ただ一方で、全機種に付いている「ZenFone 3」の名前により、どこがどう違うのか、自分はどれを選べばよいのか、イマイチ理解できていない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は2017年1月時点で発売されているASUS ZenFone 3シリーズ全6機種それぞれについて、特徴を整理しながら一挙に紹介していきます。

目次:

すべてにバランス良く使えるZenFone 3(ZE520KL)

2016年10月に発売されたZenFone 3シリーズのフラグシップモデルおよび普及モデル。前面・背面ともにガラスが使われたツヤのあるデザインは、6機種あるZenFone 3シリーズの中でも唯一このZenFone 3のみ。

ZenFone 3 フロントパネル

フロントパネルには縁が丸みを帯びたガラスを使用
ZenFone 3 背面もガラス製

背面もガラス製なのはZenFone 3だけ

オクタコアプロセッサに余裕のある容量のメモリ・ストレージ。5.2インチと手ごろなサイズの高精細ディスプレイ、1,600万画素のメインカメラ、800万画素のサブカメラ。すべてを適度にバランスよく備える王道モデルといったところ。

また最近のSIMフリースマホのトレンドである4G+3Gの同時待ち受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ。DSDS)をサポートするとともに、ドコモ系、ソフトバンク系、au系すべてのSIMカードで使えるマルチキャリア仕様でもあります。

ZenFone 3 DSDS対応、マルチキャリアSIM

au VoLTEもサポートし、マルチキャリアで同時待ち受けも可能

せっかくのSIMフリースマホなので、SIMカードもいろいろな回線事業者(MVNO)を試してみたい。そんな人に迷わずオススメできる、すべてにおいてほどよくバランスの取れた1台です。

ZenFone 3(ZE520KL)の主なスペック(参照:ASUS 製品ページ
OS Android 6.0
CPU Snapdragon 625(オクタコア)
内蔵メモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)
カメラ メイン:1,600万画素/サブ:約800万画素
バッテリー容量 2,650mAh
サイズ 高さ 約146.8 x 幅 約73.9 x 厚さ 約7.69 mm
重さ 約 144 g
税込価格 42,984円

手軽に写真を楽しめるZenFone 3 Laser(ZC551KL)

2016年11月に発売された、カメラ機能にフォーカスを当てたミドルレンジモデル。前面のデザインはZenFone 3と大きく変わらないものの、側面から背面にかけての外装は金属になっています。

ZenFone 3 Laser 全面

前面の印象はZenFone 3とさほど変わらないZenFone 3 Laser

全体的なスペックはZenFone 3よりグレードダウンさせつつも、特徴となるメインカメラはZenFone 3同様にレーザーオートフォーカスに対応。高速でピント合わせができるだけでなく、マクロ撮影時の接近可能距離、夜間など暗所でのフォーカス精度に強い設計です。

ZenFone 3 Laser 1,300万画素のメインカメラ

1,300万画素のメインカメラはレーザーオートフォーカス対応

また解像度は同じフルHDでありつつ、画面サイズは0.3インチほど大型に。手軽に撮影できるカメラだけでなく、撮影した写真を確認・加工する際に大きなディスプレイは効果を発揮します。

ZenFone 3 Laser(左)とZenFone 3(右)の比較

ZenFone 3 Laser(左)とZenFone 3(右)。0.3インチの差は意外と大きい

内蔵メモリはZenFone 3よりも大きい4GBを搭載するので、容量を食いがちな写真加工アプリなども、よりストレス少なく使い倒せる1台です。

ZenFone 3 Laser(ZC551KL)の主なスペック(参照:ASUS 製品ページ
OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Snapdragon 430(オクタコア)
内蔵メモリ 4GB
内蔵ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920×1080)
カメラ メイン:約1,300万画素/サブ:約800万画素
バッテリー容量 3,000mAh
サイズ 高さ 約149.0 x 幅 約76.0 x 厚さ 約7.9 mm
重さ 約 150 g
税込価格 30,024円

内外ともにゴージャスなZenFone 3 Deluxe(ZS550KL / ZS570KL)

2016年10月に発売された、ZenFone 3シリーズのフラグシップかつ最上位仕様をほこるプレミアムモデル。この機種のみ、5.5インチと5.7インチの2種類が発売されています。

ZenFone 3 Deluxe(5.5インチモデル)

ZenFone 3 Deluxe(5.5インチモデル)

5.5インチと5.7インチ、いずれのモデルもデザインのベースはZenFone 3に近いものを感じますが、外装を金属製に変え、またカラーもゴールド/シルバーを用いたことでゴージャスな印象に。

ZenFone 3 Deluxe 5.5インチ(左)とZenFone 3(右)

ZenFone 3 Deluxe 5.5インチ(左)とZenFone 3(右)。素材は違えとデザインは似ている
ZenFone 3 Deluxe スピンデザイン

きらびやかなデザインにはZenFoneシリーズ特有のスピンデザインも

またゴージャスなのは外観だけでなく、スペックはZenFone 3を全体的に引き上げた内容に。特に5.7インチモデルはシリーズ最上位の仕様となるSnapdragon 821(クアッドコア)プロセッサや6GBの超大容量メモリを搭載し、処理性能もピカイチです。

ZenFone 3 Deluxe ベンチマークテストも高スコア

5.7インチモデルのAnTuTu Benchmarkスコアは14万点超えの高スコアに

ちなみに5.5インチモデルと5.7インチモデルは、大きさや処理能力が異なるだけということでもありません。デザインも細部まで観察してみると、5.7インチモデルは大きさをカバーするためにベゼルを狭くするといった工夫が。

ZenFone 3 Deluxe 5.5インチモデル(左)と5.7インチモデル(右)

5.5インチモデル(左)と5.7インチモデル(右)。左右のベゼル幅が異なるのがわかる

またディスプレイの種類も、5.7インチモデルのみ有機ELディスプレイが採用されており、画面の発色は豊かに。高画素なカメラで撮影した写真も大画面で鮮やかに楽しめます。

ZenFone 3 Deluxe 両モデルの比較

画面の明るさを同じにすると5.7インチモデル(右)のほうが色味が鮮やかにでることがわかる

ほどよくバランスのとれたZenFone 3を全体的にグレードアップさせた機種となっており、外見も中身も満足できるモノにこだわりたい人にオススメの1台です。

ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)の主なスペック(参照:ASUS 製品ページ
OS Android 6.0.1
CPU Snapdragon 821(クアッドコア)
内蔵メモリ 6GB
内蔵ストレージ 256GB
ディスプレイ 5.7インチ フルHD(1920×1080)
カメラ メイン:約2,300万画素/サブ:約800万画素
バッテリー容量 3,000mAh
サイズ 高さ 約156.4 x 幅 約77.4 x 厚さ 約7.5 mm
重さ 約 172 g
税込価格 96,984円
ZenFone 3 Deluxe(ZS550KL)の主なスペック(参照:ASUS 製品ページ
OS Android 6.0.1
CPU Snapdragon 625(オクタコア)
内蔵メモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920×1080)
カメラ メイン:約1,600万画素/サブ:約800万画素
バッテリー容量 3,000mAh
サイズ 高さ 約151.4 x 幅 約76.7 x 厚さ 約7.8 mm
重さ 約 160 g
税込価格 60,264円

エンタメ指向の強いZenFone 3 Ultra(ZU680KL)

2016年12月に発売された、“板”感の強いフラットかつ薄型の金属ボディに6.8インチの大型ディスプレイを搭載するミドルレンジモデル。大型設計の操作性を意識して、シリーズで唯一、前面に指紋認証センサー、背面に音量キーが配置されています。

ZenFone 3 Ultra

ZenFone 3シリーズの中でも明らかに大きなボディが特徴
ZenFone 3 Ultra 指紋認証センサー

ホームキーを兼ねる指紋認証センサーは前面下部に

最大の魅力はやはり大きな画面を生かしたエンターテイメント用途での使い回しやすさ。ネットブラウジングなど基本的な使い方はもちろんのこと、側面(下)に配置されたデュアルステレオスピーカーが生み出す迫力のサウンドにより、イヤホン未使用時も動画視聴が大いに楽しめます。

ZenFone 3 Ultra 動画視聴

大画面は動画視聴にとても向いている
ZenFone 3 Ultra デュアルステレオスピーカー

意外とバカにできない、よい音を鳴らすデュアルステレオスピーカー

もちろん電子書籍での読書もバッチリ。

ZenFone 3 Ultra マンガも大画面で楽しめる

マンガも拡大表示せずに読める

マンガもそのまま読める画面のサイズは、ZenFone 3シリーズのみならず、他社製のスマホとを含めても貴重な存在。まさにスマホでエンターテイメントを楽しみたい人にオススメしたい1台です。

ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)の主なスペック(参照:ASUS 製品ページ
OS Android 6.0.1
CPU Snapdragon 652(オクタコア)
内蔵メモリ 4GB
内蔵ストレージ 32GB
ディスプレイ 6.8インチ フルHD(1920×1080)
カメラ メイン:約2,300万画素/サブ:約800万画素
バッテリー容量 4,600mAh
サイズ 高さ 約186.4 x 幅 約93.9 x 厚さ 約6.8 mm
重さ 約 233 g
税込価格 64,584円

小型でもスタミナ抜群なZenFone 3 Max(ZC520TL)

2017年1月に発売された、大容量バッテリー搭載によるスタミナ性の高さをうたうミドルレンジモデル。側面から背面にかけての外装は金属製で、かつ指紋センサーの形状も正方形に近いなど、デザイン面でもZenFone 3とあちこち違いが見られます。

ZenFone 3 Max 側面から背面にかけては金属性

側面から背面にかけては金属製

“Max”の名前の由来であるバッテリー容量はZenFone 3比で約1.5倍の4,100mAhを搭載。ただし一方で、本体サイズは一回り小さい5.2インチと、名前からうける印象とは異なる部分も。本体サイズが小型化したことで片手での扱いやすさは大きく向上しています。

ZenFone 3 Max 片手でも指が届きやすい

片手でも端まで指が届きやすいサイズは名前とギャップあり

搭載するCPUは決して高性能といえないため、動きの激しいゲームなどは動作がカクカクとしてしまう恐れも。とはいえ、すきま時間にゲームを気にせず楽しみたい人には強い味方といえるでしょう。

ZenFone 3 Max ゲームも楽しめる

ゲームは一部を除いてストレス少なく楽しめるはず

電話、メール、ネット閲覧、ゲーム、動画視聴。こういったスマホの魅力をより気兼ねなく楽しみやすい、安定性が光る1台です。

ZenFone 3 Max(ZC520TL)の主なスペック(参照:ASUS 製品ページ
OS Android 6.0
CPU MT6737M(クアッドコア)
内蔵メモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
ディスプレイ 5.2インチ HD(1280×720)
カメラ メイン:約1,300万画素/サブ:約500万画素
バッテリー容量 4,100mAh
サイズ 高さ 約149.5 x 幅 約73.7 x 厚さ 約8.55 mm
重さ 約 160 g
税込価格 21,384円

評価まとめ:筆者が選ぶ1台はこれ

製品名称がその機種の特徴を示すポイントにもなっているZenFone 3シリーズ。改めてそれぞれの外観やスペックを確認してみると、結構違いがあることがわかったことと思います。

改めて、どの機種がどういった人におすすめか、まとめておきます。

●ZenFone 3シリーズはこんな人にオススメ

  • ZenFone 3:SIMフリースマホやMVNOのSIMカードを様々試してみたい人
  • ZenFone 3 Laser:撮影から加工まで、カメラを手軽・便利に楽しみたい人
  • ZenFone 3 Deluxe:内外問わず、満足感を求める人
  • ZenFone 3 Ultra:スマホでエンターテイメントを楽しみつくしたい人
  • ZenFone 3 Max:スマホの基本機能をシンプルに安定して楽しみたい人

ちなみに今回6機種すべてを使ってみた中で、筆者個人がとくに気になったのはZenFone 3 Deluxeの5.5インチモデル。

どうせならさらに性能の高い5.7インチモデルでは?と思うかもしれません。ですが、外観の高級感と5.5インチという適度なサイズ感、そして中に詰まった高性能さはよい意味でとてもバランスが取れており、魅力的に映りました。

価格、デザイン、機能・特徴。こういったものをチェックの上、ぜひ自分にあった“ZenFone 3”を見つけてみてくださいね。

ZenFone 3シリーズのセール価格はこちら

気になるZenFone 3シリーズはありましたか?気になった端末はぜひお得にゲットしましょう。

モバレコ バリューストアでは、ZenFone 3シリーズ各種がセール対象商品です。メーカー希望価格よりも安く購入できるので、気になる端末はぜひチェックしてみてください!

●購入ページはこちら

商品名 販売価格(税抜)
ZenFone 3(ZE520KL) 36,291円 (メーカー販売額:39,800円)
ZenFone 3 Laser(ZC551KL) 25,700円 (メーカー販売額:27,800円)
ZenFone 3 Deluxe(ZS550KL) 52,000円 (メーカー販売額:55,800円)
ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL) 88,800円 (メーカー販売額:89,800円)
ZenFone 3 Max(ZC520TL) 18,100円 (メーカー販売額:19,800円)

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。