【徹底検証】低速使い放題SIMの実力は?どこまでできるのか9シーンで検証してみた

書いた人: こんち

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【徹底検証】低速使い放題SIMの実力は?どこまでできるのか9シーンで検証してみた

スマホ1つでできることの幅が広がり便利になった反面、スマホを使っていると気になるのはやはりデータ通信量ではないでしょうか?

通信量が上限を越えて通信制限がかかってしまい、苦しい経験をしたことはありませんか?本当は通信量なんて気にせずデータ通信を楽しみたいですよね!そう、今回はみなさん誰もが憧れる使い放題プラン、その中でもワンコイン並の月額料金が魅力的な低速使い放題SIMについて解説していきます。

“低速”ということで速度的にはそれほど速くありませんが、いったい何ができて何ができないのでしょうか?今回は実際に低速使い放題SIMを使って徹底検証していきたいと思います!

※当検証の結果は筆者の環境によるものです。実行速度を保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。1つの参考にどうぞ。

目次:

低速で使い放題の格安SIM一覧

まず最初に、低速でデータ通信が使い放題になるプランをご紹介します。

低速使い放題プラン(データ通信のみ、価格は税抜)

MVNO名 プラン 月額料金 最大速度
(上り・下り)
ロケットモバイル 神プラン 298円 200kbps
ワイヤレスゲート 480円プラン 480円 250kbps
Skylink Mobile フリーデータコース 780円 300kbps
UQ mobile データ無制限 1,980円 500kbps
トーンモバイル 基本プラン 1,000円 600kbps
Wonderlink F使い放題700 1,580円 700kbps
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 2,760円 3Mbps

今回はこの中でちょうど真ん中に位置するUQ mobileのデータ無制限プラン(下り最大500kbps)を使って検証していきます。

UQ mobileの特徴は他社がすべてドコモ系MVNOなのに対して、唯一au系のMVNOだということでしょう。回線を他に貸していないぶん帯域に余裕があり、他社のように頻繁に回線を絞られにくいというメリットがあります。

それでは検証に入っていきましょう!

検証にはZenFone 3を使用
今回の検証ではASUS「ZenFone 3」を使用しました

検証その1. ブラウジング

スマホを使用する上で1番使うといっても過言ではないのがブラウジングでしょう。ちょっとした調べ物で検索したり、おもしろ記事や役立ち記事を読むこともあると思います。スマホを使う人でブラウジングをしない人は滅多にいないでしょう!

ということでまずはブラウジングを検証してみました。

●検証のポイント
・ページがきちんと表示されるのか?
・ページを開くのにどれくらいかかるのか?
・画像が多いページでも開くのか?

Yahoo! JAPANを開いてみた

使用したブラウザはAndroid標準のChromeです。まずはYahoo! JAPANを表示してみると、表示にかかった時間は約10秒でした(ちなみに自宅のWi-Fi(光回線)に接続した場合は約3秒でした)。

しかしながら、10秒かかるといってもほとんどの表示は完了しているのでページ上部を読み進めることができ、その間に全体の表示は完了している、といった感じです。特に待たされるといった感じはありませんでした。

Yahooトップページ(表示約10秒)
Yahooトップページ(表示約10秒)

写真が多いサイトはどうか

では、写真が多いようなページはどうでしょうか?写真素材で有名なPAKUTASOの素材ページも開いてみました。結果、表示には約30秒ほどかかりました。

ただ、こちらも全体が読み込まれるまで真っ白ということはなく順次写真が表示。遅くてイライラするような事はありませんでした。

写真素材サイトPAKUTASO(表示約30秒)
写真素材サイトPAKUTASO(表示約30秒)

●検証その1の結果:
ブラウジングは特に問題無し!画像が多くてもそれほど気にはなりませんでした

検証その2. LINE

コミュニケーションツールの代表格といえばLINEです。低速SIMでもLINEは問題なく使えるのか?検証してみました。

●検証のポイント
・トーク(テキスト・スタンプ・画像・動画)は送れるか?
・無料通話は遅延しないか?
・無料通話の音質は大丈夫か?

画像・動画の表示がやや厳しいか?

結果は、テキストやスタンプの送受信は問題なくできたのですが、画像や動画は表示されるまでに若干の時間がかかりました。1枚3MBほどの画像で約1分〜1分半ほど、動画に関しては5分以上を要しました。

決して待てないレベルでは無いですが、すぐに返答しないといけない場合はイライラするかもしれません。読み込みながら別のことをして受信が完了するまで気長に待つ、といった使い方が良いかもしれません。

LINEで画像の表示(表示約1分)
LINEで画像の表示(表示約1分)

LINE無料通話は問題なし

LINE無料通話に関しては非常にスムーズに動作しました。音質も特段悪くなく、欠点のようなものは感じませんでした!

●検証その2の結果:
LINEのトークは基本的に問題なし、動画はやや待たされる傾向にあり!無料通話に関しては快適に使用できた!

検証その3. SNS

SNSはもはやスマホを使う上で必須のツールとなっています。これらがストレス無く使用できるのか検証してみました。

●検証のポイント
・使用したアプリはFacebook・Instagram・Twitter
・画像や動画の多いSNSでもきちんと読み込めるのか?
・画像や動画の投稿はできるのか?

Facebook、Instagram、Twitterの検証結果は?

まずはFacebook(フェイスブック)。タイムラインはテキスト部分の表示は高速ですが、写真や動画に関しては読み込みに多少時間がかかります。写真は種類によるみたいで、すぐに表示されるものと時間のかかるものとがありました。動画やはり再生までに1分程度待たされますね。

続いてInstagram(インスタグラム)。こちらはほぼ写真中心のSNSなので遅いかな?と思いましたが意外にも写真の表示が速いです。Facebookよりも表示が速く、アプリやサービスに依存しているのかもしれません。ただし動画に関しては途中何度も止まってしまいました。

Twitter(ツイッター)もテキストは特に問題なく表示されましたが、アイコンや画像については中々表示されませんでした。表示までに約20秒かかるといった感じ。ただし、一度表示するとキャッシュが貯まるのか表示が速くなりました。

これらの結果が良いか悪いかは普段のSNSの使い方よるでしょう。筆者は特に遅いとは感じませんでしたが、人によってはイライラするかもしれません。ツイート等は画像のない投稿などはすぐに反映されるので、その点は全く問題無しです。

ちなみにいずれのSNSも、画像のアップロードは約1分、動画に関しては5分以上はかかりました。動画のアップロードはしばらくほったらかしにするくらいの余裕が必要かと思いました。

Facebookは約30秒かかったInstagramは約20秒かかった
Facebookは約30秒、Instagramは約20秒かかった
Twitterの読み込みTwitterの読み込み
Twitterの画像読み込み中の画面と表示された画面。表示は約40秒かかった

●検証その3の結果:
テキスト主体なら使用に問題なし!画像と動画を利用するなら少し根気が必要!

検証その4. マップ

外へ出かける時、筆者は必ずGoogleマップを使います。実は結構方向音痴なのでかなり重宝しているんですが、きっと皆さんも使いますよね?そんな地図アプリはきちんと動作するのか検証してみました。

●検証のポイント
・地図としてちゃんと使えるのか?(位置や地図が表示されるのか?)

実際使用してみましたが、最初の表示がワンテンポ遅いかな?と感じたぐらいで、特に問題ありませんでした。ストリートビューでも10秒ほどで表示され、360度動かせました。

経路探索も数秒で表示可能!何ら問題ありません。

Googleマップの表示は約15秒ストリートビューは約30秒
Googleマップの表示は約15秒、ストリートビューは約30秒
経路案内は約10秒
経路案内は約10秒

●検証その4の結果:
マップの表示は問題ナシ!ストリートビューや経路案内も使えました

検証その5. 音楽再生(ストリーミング音楽サービス)

つづいては音楽のストリーミング再生。ストリーミングはちょっと厳しいでしょうか?ストリーミング音楽サービスの「AWA」とインターネットラジオの「radiko」を使って検証してみました。

●検証のポイント
・使用したアプリはAWAとradiko
・再生が途切れないか?
・音質は問題がないか?

使用してみたところ、どちらも30分以上再生を続けてみましたが、1度も途切れる事はありませんでした。どうやら低速使い放題SIMはストリーミングに強いみたいです!

AWAの曲送りやradikoでの選曲変更をしても数秒で切り替わり再生が始まります。使い放題SIMならデータ通信量を気にする必要がないので、BGMとして垂れ流しをするのに非常に相性が良いです!

もう1つ音質について。AWAの場合はストリーミングの音質を64kbps・96kbps・128kbpsのから選択できるのですが、最高の128kbpsに設定しても問題なく再生できました。ちなみにWi-Fi接続の場合は320kbpsで再生できます。

余談ですが、このUQ mobileのSIMをモバイルルーターに挿し、Wi-Fi接続してZenFone 3から再生してみたところ、音楽が途切れ途切れになってしまうことがありました。こういう使い方だと320kbpsは厳しいかもしれません。

再生開始まで、AWAは約10秒再生開始まで、radikoは約15秒
再生開始まで、AWAは約10秒、radikoは約15秒だった

●検証その5の結果:
下り500kbpsでは1度も途切れなかった!音質も良く、使い放題SIMと相性バッチリ

検証その6. 動画再生(ストリーミング配信サービス)

次はストリーミング動画再生。さすがにこれは厳しいかもしれませんが、検証してみましょう。

●検証のポイント
・使用アプリはYoutubeとAbemaTV
・きちんと再生できるか、途切れないか?
・画質に問題はないか?

使用してみたところ、まず数秒から10秒ほどで再生が開始し、途切れることはありませんでした。画質に関しては観れないことはないもののやはり荒くなります。ワンセグの画質くらいなので、長時間の視聴では少し目が疲れるかもしれません。

Youtubeでは高画質モードにすると頻繁に止まってしまいました。高画質モードでの動画視聴はやはり厳しいですね。

AbemaTV(再生開始約25秒)
AbemaTV(再生開始約25秒)
AbemaTV(アニメは比較的綺麗です)
AbemaTV(アニメは比較的綺麗です)
Youtube(再生開始約20秒)
Youtube(再生開始約20秒)

●検証その6の結果:
途切れはしないものの画質は荒かった!動画視聴はやはり厳しい

検証その7. ゲーム

スマホでゲームをする人は非常に多いはず。(筆者もしていますよ)快適にゲームができるかできないか結構ポイントだと思います。

●検証のポイント
・使用したアプリはポケモンGO、アイドルマスターシンデレラガールズ(通称デレステ)
・プレイに影響はないか?
・どんな種類のゲームでも遊べるのか?

まずポケモンGOは、起動からデータのローディングに約20秒かかりましたが、起動すると特に遅延するわけでもなく、何ら問題なく遊ぶことができました。ポケモンの出現からGETまで非常に軽快でストレスなく遊べましたよ!

起動〜ローディング終了まで20秒程度起動〜ローディング終了まで20秒程度
起動〜ローディング終了まで20秒程度
1度起動するとあとは軽快に遊ぶ事が可能!1度起動するとあとは軽快に遊ぶ事が可能!
1度起動するとあとは軽快に遊ぶ事が可能!

デレステは起動時に大量のデータをダウンロードする必要があり、検証時はまったくダウンロードが進まず断念しました・・・。しばらく遊んでいなかった場合など、アップデートがあった際は大容量のデータダウンロードしないといけなくなります。自宅のWi-Fi等でダウンロードしないと厳しいでしょう。

デレステはダウンロードが終わらない
デレステはダウンロードが終わらない。。。

●検証その7の結果:
小容量の通信ならプレイ可能だが、大容量のデータ通信(アップデート含む)が必要な場合は高速回線が必要!

検証その8. その他のダウンロード・アップロード

今まで検証してきた以外のダウンロードやアップロードについて検証しました。

アプリのダウンロードを検証

今回はポケモンGOをダウンロードしてみました。データは約80MBで、ダウンロードには約27分かかりました。1分間に約3MBダウンロードしていた計算ですね。

ポケモンGOのダウンロード(約27分でDL完了)
ポケモンGOのダウンロード(約27分でDL完了)

電子書籍のダウンロード

Google Playブックスからコミックをダウンロードしてみました。ダウンロードには約20分かかりました。コミックの容量は不明でしたが、今までの通信速度から予想すると約60MBあった計算です。

全てのダウンロードに時間はかかりましたが、実際はダウンロード途中から読み始めることができました。

コミックは20分ほどで完了ダウンロード中に読み始められた
コミックは20分ほどで完了、ダウンロード中に読み始められた

クラウドフォトサービスへのアップロード

クラウドサービスへの画像アップロードはどれくらい時間がかかるのか、Googleフォトを使って検証してみました。1,600万画素までの写真データであれば無制限にアップロードできるのが特徴です。

今回は3MBの写真をアップロードしてみたところ、約1分でアップロードが完了しました。

Googleフォトで3MBの写真が約1分でアップロードできたGoogleフォトで3MBの写真が約1分でアップロードできた
Googleフォトで3MBの写真が約1分でアップロードできた

●検証その8の結果:
アプリのダウンロード・・・数十MBなら可能だが、大容量のアプリならダウンロード不可
電子書籍のダウンロード・・・ダウンロードに時間を要するが、ダウンロードしながら読み始められる
フォトサービスへアップロード・・・問題なくできるが枚数が多い場合はWi-Fi推奨!

検証その9. モバイルルーターやPCでも使用可能?

今回の検証ではスマホに挿しての検証でしたが、モバイルルーターに挿して接続した場合も検証してみました。

NEC Aterm MR04LNで検証
NEC Aterm MR04LNで検証

●検証のポイント
・使用した端末は「ZenFone 3」と「Surface Pro 4」
・ブラウザが実用レベルで使用できるか?
・2台接続していても問題なく使用できるか?

今回検証に使用したのはNECのモバイルルーター「Aterm MR04LN」です。使用した感想としては、特に不便無く使用できました!Surface Pro 4はPCなのでデスクトップ版のChromeでしたが、表示速度はAndroid版のChromeよりちょっと遅いかな?程度。十分実用レベルだと感じました。

ただしSurface Pro 4の場合、他のソフトのアップデート等がバックグラウンドで始まる場合があります。そうなると全く表示できなくなってしまいました。

●検証その9の結果:
2台接続しても使用できたが、PCのバックグラウンド通信があると全く表示できなかった

まとめ:低速使い放題SIMも使い方しだいで十分”使える”SIMに!

今回はUQ mobileのデータ無制限プランでさまざまなアプリを検証しましたが、検証して分かったことは、総じて何でもできるSIMだということです。ブラウジング・LINE・SNS・マップ・ゲーム(アプリによる)・音楽や動画の視聴と、基本的には問題ないレベルで使用できました(もちろん個人差はありますが)。

検証の結果、低速使い放題SIMがどんな使い方が向いているかというと、やはりサブ回線の使用におすすめです。たとえばメイン回線のデータ通信量を使い切ってしまい制限がかかった時の補助等に向いています。
通信制限がかかった人なら分かると思いますが、本当何もできないんですよね。そんな時にこのSIMがあると非常に便利だと思います。(実際筆者も制限がかかったときはUQ mobileを使用しています。)

またデータ使い放題ということで通信容量を気にしなくていいという開放感・安心感はとても大きいと感じました。そういった理由から、サブでスマホを持ちたい人や、お子さんなどあまりスマホを使わない家族に持たせるのにもおすすめです。

これはちょっとマニアックな使い方になるかと思いますが、常時接続の簡易サーバを外部に設置したいとき等も有効かもしれません。

●低速使い放題SIMがおすすめな人
・2台目スマホなどサブ回線を持ちたい人
・スマホの利用が少ない家族に持たせたい人
・通信量を気にせず楽しみたい人(特に音楽ストリーミングは相性◎)

上記に当てはまる方は、この機会に「低速使い放題SIM」をぜひ検討してみてください!

公式サイトはこちら

今回検証したUQ mobileなら月々1,980円でデータ使い放題!今まで使い放題SIMはたくさんありましたが、これはかなり魅力的なSIMです。

その他、LTE高速データ通信が可能なU-mobileの「U-mobile LTE使い放題プラン」もあります。

>>U-mobile公式サイトはこちら
u-mobile


>>UQモバイル公式サイトはこちら


こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

関西在住のテクノロジーとデザインに興味があるブロガー。今までに使用してきたPC、ケータイ・スマホは1000台以上。現在はスマホと連動するテクノロジーにものすごく興味があります。モバレコでは1歩先ゆく未来をご紹介したいと思っています。ブログ「こんちのバウハウス」を運営中。Twitter:@ko_nchi