mineo(マイネオ)でiPhoneを安く使おう!キャリア別対応機種やテザリングの注意点などを徹底解説

書いた人: NINO

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

タグ:mineo

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineo(マイネオ)でiPhoneを安く使おう!キャリア別対応機種やテザリングの注意点などを徹底解説

申し込みガイドはこちら

毎年9月に新機種が出ては売り切れが続出し、説明書のいらないスマホとして人気の「iPhone」。周りにもiPhoneユーザーって本当に多いですよね。

使いやすく高機能なだけに機種代が高価なiPhoneですが、格安SIMで運用すれば通信料金を大幅に節約できます。

例えば、iPhoneで格安SIM・mineo(マイネオ)を利用した場合、大手キャリアでは7,000円程度かかっている毎月の通信費用を2,000円程度に抑えることも可能です。

今回はiPhoneユーザー向けにiPhoneで格安SIM「mineo」を利用するために知っておきたいことを徹底解説します!ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリーといったキャリア別のiPhone対応表やテザリングなどの注意点を詳しくご紹介していきます。

目次:

mineo(マイネオ)の料金プランをチェック

iPhoneでmineoを使うために、まずはmineoの料金プランをチェックしておきましょう。

mineoはドコモ・au・ソフトバンク回線を使用できる、数少ないトリプルキャリア対応の格安SIMです。料金プランも、ドコモ回線を利用したDプラン、au回線を利用したAプラン、ソフトバンク回線を利用したSプランがあり、それぞれデータ専用プランの「シングルタイプ」と、音声通話に対応した「デュアルタイプ」があります。

●mineoの料金プラン(料金は執筆時点、税抜)

ドコモプラン(Dプラン) auプラン(Aプラン) ソフトバンクプラン(Sプラン)
データ容量 シングル
タイプ
(データ専用)
デュアル
タイプ
(データ専用+
090音声通話)
シングル
タイプ
(データ専用)
デュアル
タイプ
(データ専用+
090音声通話)
シングル
タイプ
(データ専用)
デュアル
タイプ
(データ専用+
090音声通話)
500MB 700円 1,400円 700円 1,310円 790円 1,750円
3GB 900円 1,600円 900円 1,510円 990円 1,950円
6GB 1,580円 2,280円 1,580円 2,190円 1,670円 2,630円
10GB 2,520円 3,220円 2,520円 3,130円 2,610円 3,570円
20GB 3,980円 4,680円 3,980円 4,590円 4,070円 5,030円
30GB 5,900円 6,600円 5,900円 6,510円 5,990円 6,950円
SMSオプション 120円 180円

大手キャリアでiPhoneを通信契約しているという人は、mineoへ移行後は基本的に音声通話付きSIMである「デュアルタイプ」になるでしょう。SMSはデュアルタイプやAプラン・シングルタイプでは無料となっています。

ドコモ回線のDプランを例にとると、データ通信量をたっぷり6GB使用した場合、通信料金は2,280円/月でおさまります。ドコモで6GBの同じような契約をすると7,000円程度かかります。つまり、大手キャリアからmineoへ移行することにより毎月5,000円もの料金を節約できます。

mineoの各オプションや詳細については以下にまとめました。

初期契約費用 3,000円 MNP転出手数料 2,000円
(利用開始12ヶ月以内は9,500円)
国内通話料 20円/30秒 通話定額サービス 通話定額30:840円
通話定額60:1,680円
SMS月額基本料
(D・Sプラン)
D:シングルタイプ 120円
S:シングルタイプ 180円
デュアルタイプ 無料
SMS月額基本料(Aプラン) 無料
国内SMS受信
(Dプラン)
無料 国内SMS受信
(Aプラン)
無料
国内SMS送信
(Dプラン)
3〜30円/通 国内SMS送信
(Aプラン)
3円/通
テザリング
(※対応端末要確認)
SIMカード追加 同一名義:5回線
同一住所:10回線
通信速度制限
(Dプラン)
なし 通信速度制限
(Aプラン)
3日間で6GB
050IP電話 無料
(100円:2017年2月〜)
留守番電話 300円/月
家族割 -50円/月・回線 複数回線割 -50円/月・回線
データ容量追加 150円/100MB
※10回まで
翌月データ繰り越し あり
セキュリティ対策 あり(有料) サポートサービス あり(有料)
対応SIMサイズ
(D・Sプラン)
標準SIM
microSIM
nanoSIM
対応SIMサイズ
(Aプラン)
microSIM
nanoSIM
au VoLTE対応SIM

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)でiPhoneを使えば、キャリアで使っていた時よりどれくらい料金は安くなるか?

それでは、実際にキャリアでiPhoneを使う場合と、mineoでiPhoneを使う場合に、どれくらいの料金の差額が発生してくるのかをシュミレーションします。

今回は、ドコモとmineoを例に、データ容量3GBプラン+無料通話無し(オプションも無し)で、端末はiPhone 8(64GB)を、新規契約した場合でシュミレーションします。

ドコモの場合(新規)

(税込)
iPhone8(64GB) 3,699円/月(全24回)
シンプルプラン(スマホ)
(2年間の定期契約あり)
1,058円/月
ベーシックパック
(~3GBまで/ステップ2)
4,320円/月
インターネット接続サービス 324円/月
月々サポート(24回) 2,889円/月
合計 6,512円/月

mineoの場合(新規)

(税込)
iPhone8(64GB) 3,051円/月(全24回)
デュアルタイプ3GB
(データ通信+音声通話)
1,728円/月
合計 4,779円/月

つまり、6,512-4,779=1,733円/月は単純計算でmineoにすることで料金が安くなります。

実際は状況に応じて差額が変動しますが、2年間のスパンで考えるならば、合計で4,1592円も安く使うことができますし、端末代金を支払い終えた2年目以降では、毎月の差額は3000円近く変わってきます。

今キャリアで契約中のiPhoneをそのまま継続する場合は、残債がどれくらい残っているのかや、更新月を事前に確認しましょう。

仮に今乗り換えたとして、違約金や残債の一括請求がある場合でも、長いスパンで考えれば、結果的にかなりお得に使えるケースもありますので、見積もりを立てておきましょう。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

キャリアで使っていたiPhoneをmineo(マイネオ)で使うには?


iPhoneでmineoを利用すれば毎月の通信料金が格段に安くなることは分かっていただけたと思います。しかし、「iPhoneに格安SIMを挿入していきなり使えるの!?」と疑問を持った方もいるはず。

iPhoneにはドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信キャリアで購入したSIMロックがかかったものと、Apple Storeで購入したSIMフリーモデルがあります。

通常、キャリアで購入したiPhoneにはSIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかかっており、たとえばドコモで購入したiPhoneならドコモの通信回線でしか利用できません。(原則的に他社回線で利用したいという希望がある場合、SIMロック解除をする必要があります。)

自分のiPhoneはどうすれば使えるのか、mineoのどのプランで使えるのか、続いてキャリアごとのiPhone対応状況を見ていきましょう。

ドコモのiPhoneなら「mineo Dプラン」に対応

mineoのDプランはドコモと同じエリアで利用できるため、ドコモで購入したiPhoneならそのまま使うことができます。SIMロック解除を行う必要がなく、一番利用しやすいiPhoneといえます。

mineo Dプランに対応しているiPhoneは以下のとおりです。スマホからご覧の場合は横にスクロールできます。

●mineo Dプランのドコモ版iPhone対応表

機種名 SIMサイズ データ通信
(シングルタイプ)
音声通話
(デュアルタイプ)
テザリング SMS
iPhone XR nano
iPhone XS Max nano
iPhone XS nano
iPhone X nano
iPhone 8 Plus nano
iPhone 8 nano
iPhone 7 Plus nano
iPhone 7 nano
iPhone SE nano
iPhone 6s Plus nano
iPhone 6s nano

表から分かるようにmineo Dプランで利用できるiPhoneは種類が豊富です。SIMフリー版はもちろん、ドコモ版iPhoneであれば全ての機能が制限なく使用できます。もちろんテザリングにも対応し、SIMサイズは全ての機種で一番小さいnano SIMとなっています。

auのiPhoneなら「mineoAプラン」がそのまま使える

mineoではau回線を使用したAプランも提供しています。auで購入したSIMロックのかかったiPhoneであっても、iPhone8シリーズ以降の動作確認済み端末であれば原則SIMロック解除することなく使用できます。

mineo Aプランに対応しているiPhoneは以下のとおりです。スマホからご覧の場合は横にスクロールできます。

●mineo Aプランのau版iPhone対応表

機種名 SIMサイズ データ通信 音声通話 テザリング SMS
iPhone XR au VoLTE
iPhone XS Max au VoLTE
iPhone XS au VoLTE
iPhone X au VoLTE
iPhone 8 Plus au VoLTE
iPhone 8 au VoLTE
iPhone 7 Plus nano ×
au VoLTE
(SIMロック解除要)
iPhone 7 nano ×
au VoLTE
(SIMロック解除要)
iPhone SE nano ×
au VoLTE
(SIMロック解除要)
iPhone 6s Plus nano ×
au VoLTE
(SIMロック解除要)
iPhone 6s nano ×
au VoLTE
(SIMロック解除要)

表から分かるように、auのiPhoneでは、au VoLTE nanoSIMでなければ、テザリングが使用できないので、注意してください。

また、iPhone7以前のシリーズでは、au VoLTE nanoSIMで使用する場合は、原則的にSIMロック解除が必要となります。

使用を検討している方はこちらから必ず動作確認をしておいてください。

ソフトバンクのiPhoneでも「mineoSプラン」でそのまま使えるように!

mineoでは2018年9月4日から新たにソフトバンク回線のサービス提供を開始しました。ソフトバンクで購入したSIMロックのかかったiPhoneであっても、au版同様に、iPhone8シリーズ以降の動作確認済み端末であれば原則SIMロック解除することなく使用できます。

mineo Sプランに対応しているiPhoneは以下のとおりです。スマホからご覧の場合は横にスクロールできます。

●mineo Sプランのソフトバンク版iPhone対応表

機種名 SIMサイズ データ通信 音声通話 テザリング SMS
iPhone XR nano
iPhone XS Max nano
iPhone XS nano
iPhone X nano
iPhone 8 Plus nano
iPhone 8 nano
iPhone 7 Plus nano
iPhone 7 nano
iPhone SE nano
iPhone 6s Plus nano
iPhone 6s nano

iPhone7以前のシリーズでは原則SIMロック解除が必要となるので、必ず事前に動作確認をしておきましょう。

SIMフリーiPhoneの場合

SIMロックがかかっている大手キャリアのiPhoneとは違い、Apple StoreではSIMフリーのiPhoneが販売されています。通信回線の制限がかかっていないため、mineoのDプラン / Aプラン / Sプランのいずれでも使用できます。

mineo D/A/Sプランに対応したSIMフリーiPhoneは以下の通りです。スマホからご覧の場合は横にスクロールできます。

●mineoのDプラン / Aプラン / SプランのSIMフリーiPhone対応表

機種名 SIM
サイズ
データ
通信
(シングルタイプ)
音声
通話
(デュアルタイプ)
テザリング SMS
Dプラン Aプラン Sプラン
iPhone 7 Plus nano ×
iPhone 7 nano ×
iPhone SE nano ×
iPhone 6s Plus nano ×
iPhone 6s nano ×

SIMフリーのiPhoneではDプラン / Aプラン / Sプランともに使用することが出来ますが、Aプランの場合は、iPhone7シリーズ以前では、nanoSIMでテザリングが使用できません。
PCやWi-Fi専用タブレット端末をテザリングで活用しようと考えている人は注意が必要です。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

iPhoneでmineo(マイネオ)を使うための開通設定をする(APN設定)


iPhoneでmineoを利用するためには、端末にSIMカードを挿入した後にAPN設定と呼ばれる初期設定を行う必要があります。APNはAccess Point Nameの略称で、APN設定をすることで通信回線の情報を判別しデータ通信が利用できます。

APN設定は、mineoの通信回線を利用するための構成ファイルをiPhoneにインストールし設定します。具体的な手順の流れとしては、

  • iPhoneに入っている現在の構成プロファイルを削除
  • mineo公式ページにアクセスし「APN構成プロファイル」をダウンロード
  • そのままiPhone端末にインストール

となります。

DプランとAプランの構成プロファイルはそれぞれ異なりますが、設定手順は同じです。詳しく見ていきましょう。

まずは既存の構成プロファイルを削除しよう

APN構成プロファイルをインストールする前に、現在iPhoneに入っているAPN構成プロファイルの削除が必要です。iPhoneには構成プロファイルが1つしかインストールできないためです。そのため、他の格安SIMや大手キャリアでiPhoneを使用していた場合、この構成プロファイルの削除からスタートです。

iPhoneの「設定>一般>プロファイル」と進み、現在インストールされているプロファイルを選択後、「プロファイルを削除」をタップして消しましょう。

画像の場合は「LINEモバイル」のAPN構成プロファイルがすでに入っていた
画像の場合は「LINEモバイル」のAPN構成プロファイルがすでに入っていた

削除後はプロファイルが一切入っていない状態です。ここにmineoのAPN構成プロファイルをインストールしていきます。

APN設定の手順

まず、iPhoneをWi-Fiに接続します。mineoの公式ページにアクセスし、各プラン用のAPN構成プロファイルをダウンロード・インストールします。こちらも必ずSafariを使ってアクセスしましょう。

完了するとmineoの電波を掴みデータ通信できるようになります。

iPhoneのmineoでのAPN設定詳細については、以下記事を参考にしてください。

mineo(マイネオ)をiPhoneで使うときの注意点

毎月の通信料金を大きく節約できるmineoですが、mineoをiPhoneで使う際には、以下のような注意事項もあるので、移行する前によく確認しておくことをオススメします。

電話番号を引き継ぐ場合はMNPが必要

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア使用時に使っていた携帯電話番号をそのままmineoでも使用したい場合には、番号そのままで引き継ぐことができるMNP(マイナンバーポータビリティ)を利用する必要があります。

移行前キャリアに電話等で申し込むことによりMNP予約番号を発行してくれます。発行日から15日が有効期間になるので、MNP予約番号を添えてmineoに申し込みしましょう。

関連記事:mineoにMNP(のりかえ)する手順、タイミングを初心者向けに解説!

SIMカードはnanoサイズを選ぶ

通常SIMカードのサイズは大きいものから「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」と続きますが、mineoで対応しているiPhoneのSIMサイズは全て「nanoSIM」となります。

申込時にサイズを間違えてしまうと、別途2,160円の変更手数料が発生してしまうので注意が必要です。

関連記事:SIMカードのサイズと選び方・変更方法を格安SIM初心者向けに解説!

「持込み端末安心保証サービス」を使うと、サービス解約後にApple社での修理対応ができなくなる可能性あり

mineoでは、mineo端末以外にも「持込み端末安心保証サービス」という月500円のオプションサービスがあります。

iPhoneはこのプログラムの対象となっており、水漏れ・故障・破損が起きた際に一定の免責額で修理・交換が可能です。

ただし、このプログラムを使って修理・交換といった端末保証を受けた場合、サービス解約後にApple社での対応ができない場合があるとアナウンスされています。注意してください。

関連記事:mineo(マイネオ)のセット端末はどれがおすすめ?端末保証サービスも解説!

「圏外」が表示されたらiPhoneの再起動や機内モードのオン・オフを試す

mineoの通信を利用するためにAPN構成プロファイルをインストール後、場合によってはうまく電波をつかむことができず「圏外」と表示されてしまうトラブルもたまに発生します。

このように圏外表示がされた場合は、機内モードのON/OFFを試すことによって改善する場合がほとんどです。

機内モードON/OFFでも改善しない場合は、iPhoneの再起動をしてみましょう。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

まとめ:iPhoneをmineo(マイネオ)で使うメリット

最後に、iPhoneをマイネオで使うメリットを箇条書きでまとめてみました。現在、キャリアからマイネオへの乗り換えを検討している方、使用しているiPhoneを継続して料金を今よりも安くしたい方。ぜひこちらを参考に、乗り換えの糸口としてみて下さい。

iPhoneをマイネオで使うメリット

・料金が安くなる
・数少ないトリプルキャリア対応MVNOなので、どのキャリアからでも乗り換えがしやすい(今使っているiPhoneを引き続き使うことができる)
・「持込み端末安心保証サービス」があるので、乗り換え後も安心
・auで購入したiPhoneでもテザリングが使用できる

前述のような注意事項もありますが、それでも通信料金を大幅に節約できます。iPhoneを安く使いたい人にとってmineoはおすすめできる格安SIMです。

モバレコ編集部おすすめ:mineo

mineo
mineo

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線を選んで使えるトリプルキャリア対応の「mineo(マイネオ)」もおすすめ。毎週更新の格安SIM速度ランキングでも好成績を叩き出す実用的なSIMで、こちらも多くのユーザーに支持されています。

トリプルキャリア対応も立派な特徴ですが、ユーザーコミュニティの「マイネ王」や独自のサービス「パケットギフト」や「フリータンク」もmineoならではの特徴。家族・友人間でパケットを分け合ったり、mineoユーザー同士で分け合うこともできます。

ドコモ・au・ソフトバンク、全てのキャリア回線を選べるので、端末の選択肢が多いのも嬉しいポイント。

>>mineoの詳しい解説はこちら

◆mineoはここがおすすめ!

トリプルキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に対応しているので、手軽にお乗り換えできる。
新規契約の場合は、解約金がないので試し利用にもあり
高速通信・低速通信の切り替えが可能
特徴的な機能が充実しているので料金よりもサービス重視したい人におすすめ
・毎月余った容量を友人や家族と分け合える「パケットシェア」「パケットギフト」が人気
・20GB以上の大容量プランが選べる

●音声通話機能付き(Dプラン:ドコモを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 docomo
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円 docomo
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円 docomo
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,100円 docomo
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円 docomo
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円 docomo

●音声通話機能付き(Aプラン:auを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 au
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円 au
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円 au
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円 au
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円 au
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円 au

●音声通話機能付き(Sプラン:ソフトバンクを利用していた方向け)

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,750円 ソフトバンク
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,950円 ソフトバンク
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,630円 ソフトバンク
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,570円 ソフトバンク
デュアルタイプ 20GB 20GB 5,030円 ソフトバンク
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,950円 ソフトバンク

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。