モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」ASUS ZenFone 3 Laserを1ヶ月使ってみた!買う理由がそこにはある

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: レポート

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」ASUS ZenFone 3 Laserを1ヶ月使ってみた!買う理由がそこにはある
ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 LaserZenFone 3 LaserZenFone 3 Laser

ASUS ZenFone 3 Laser (ZC551KL) シルバー/ゴールド
エイスース/ゼンフォンスリーレーザー
販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)

ZenFone 3 Laser

こんにちは、横縞です。
ASUS(エイスース)から発売された「ZenFone 3 Laser」(ゼンフォン・スリー・レーザー)。前モデルになる「ZenFone 2 Laser」と同様、ロングセラーのSIMフリー端末になりそうな予感のスマートフォンですが、スペックや機能だけでなく、1ヶ月間使ってみての実際の使用感や、メリット・デメリットなど、なぜZenFone 3 Laserがオススメなのかをご紹介したいと思います。

ZenFone 3 Laser 評価①:最大のメリット

ZenFone 3 LaserはSIMフリースマホ市場でも人気のあるASUSが力を注ぐ代表的なスマートフォンで、様々な特徴があるのですが……

最大の魅力は、ズバリ価格!

25,700円!(税抜:モバレコ バリューストア価格)

日本で圧倒的なシェアを誇る代表的なハイスペックスマートフォン、Appleの「iPhone」(アイフォーン)やSONYの「Xperia」(エクスペリア)を購入するには「約10万弱」の端末価格を支払わなくてはなりません。それに比べ、ZenFone 3 Laserの価格は約3万円を切る価格
ZenFone 3 Laserを語るには、iPhoneやXperiaの1/3の価格で購入できることを頭に入れておかなくてはなりません。

単純なスペックの数値比較として、「iPhone 7」や「Xperia XZ」などのハイスペック端末と比べることは間違いです。性能ではZenFone 3 Laserの方が明らかに劣ります。しかし、価格が1/3ということを考えると、実際の価値はどうなのでしょうか?

とにかく価格が安い

ZenFone 3 Laser 評価②:コスパの高いCPUとメモリ

安いだけなら、1万円台のロースペック(エントリーモデル)と呼ばれる格安スマホも多く、中には1万円を切るものも。でも格安になればそれだけ性能は劣ります。
ZenFone 3 Laserは3万円を切るスマホの中で性能はトップクラスと言えます。性能と価格のバランス、コストパフォーマンスに優れたスマホです。

ZenFone 3 Laser のCPUは【Qualcomm Snapdragon 430 オクタコア】。ミドルスペックとしては十分な性能です。信頼性も高いCPUで多くのSIMフリースマホに採用されています。

XperiaよりRAMが大きい

メモリは【RAM】が4GBで【ROM】が32GBとなっています。処理速度に大きな影響があるのがRAMの大きさ。
ハイスペックのXperia XZでも【RAM】は3GBなのに、ZenFone 3 Laserの【RAM】は4GBを積んでいて、同価格帯トップクラスのかなり大きいものを搭載しているといえます。

1万円を切るような格安スマホだと1GBのRAMの場合もありますが、ゲームなどの処理速度が必要となるアプリだと動きがカクカクと厳しい……。CPUとの兼ね合いもあるので4GBのRAMをどこまで活かしきれているかはわかりませんが、この価格で4GBの性能はかなりのお買い得といえます!

RAM1GB当たりの価格は
6,475円/GB(税抜:モバレコ バリューストア価格)
Xperia XZ のRAM1GB当たりの価格は25,200円/GB(税抜75,600円:ドコモ公式価格)

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laser 評価③:高級感があり洗練された外観

前モデルの「ZenFone 2 Laser」に比べて大きく変わったのが「外観」です。
これは個人の「好き嫌い」にもよるので賛否両論があるのですが、背面がプラスチックのモデルから、アルミを採用することにより「高級感」がでました。

ZenFone 3 Laser

全体的はマットなシルバーで抑え気味に、端末の上下に入ったラインや指紋認証・カメラ周りなどのに光沢のある加工をいれることでキラキラと輝くアクセントになっています。
ただ、日本人の好きな「抑え気味な光沢」にすることで、高級感がましたもののZenFone 2 Laserに比べ「個性」を失ったように思います。

ZenFone 3 Laser

前回のプラスチックカバーの「ZenFone 2 Laser」の方がチープでしたが、手に持った時の吸い付くようなフィット感やひと目でそれとわかる個性、ZenFone 2 Laserの感触の方が好きだったという声も聞かれます。

ZenFone 3 Laser

実際に使ってみた感想としては、「ZenFone 2 Laser」に比べると多少大きくなりましたが、良く考えられた丸みを帯びた形状は片手でも扱いやすい。サラサラとした質感は触り心地も良く、指紋が目立つこともなく、取り扱いやすいデザインです。

【point】

  • 洗練されたデザイン
  • 片手で使える使いやすさ
  • 計算された丸みを帯びた持ちやすい形状
  • 指紋が目立たないサラサラ加工

ASUS ZenFone 3 Laser (ZC551KL) シルバー/ゴールド
エイスース/ゼンフォンスリーレーザー
販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laser 評価④:想像以上に使えるカメラ

「ZenFone 3」シリーズの中でも、ZenFone 3 Laserの名前の由来は「レーザーオートフォーカス」から来ています。それだけカメラが売りの端末ですが、さすがにハイスペックのスマートフォンに比べると劣るだろうと思っていました。

ZenFone 3 Laserのカメラを評価するために、まずは、カメラにも定評のあるiPhoneの最新作「iPhone 7」、同じSIMフリースマホの中でもカメラに力を入れている「HUAWEI Mate 9」と同条件で写真を撮り比べてみました。

iPhone 7 で撮影
iPhone 7 で撮影
HUAWEI Mate 9で撮影
HUAWEI Mate 9で撮影
ZenFone 3 Laserで撮影
ZenFone 3 Laserで撮影

iPhoneが一番そのものに近い色、Mate 9 は色も明るく立体感のある演出と綺麗です。しかしここで驚いたのは、ZenFone 3 Laserが劣るかと思いきや、ハイスペックに遜色ない写真が撮れたこと。器の赤の色に関しては一番綺麗に出ているくらいです。

iPhone 7
iPhone 7
Mate 9
Mate 9
ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

AFが早いのはもちろんですが、写真の仕上がりでも3倍の価格の他のハイスペックスマホに負けない写真が撮れます。同価格帯のミドルスペックスマホの中では最高レベルのカメラと言えるのではないでしょうか?
これだけの写真がこの価格なら、気軽に使えるデジタルカメラ代わりに購入するのもありですね。

価格はこんなに安いのに、カメラはしっかり綺麗

ASUS ZenFone 3 Laser (ZC551KL) シルバー/ゴールド
エイスース/ゼンフォンスリーレーザー
販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)

ZenFone 3 Laser

コーヒー

ZenFone 3 Laser 評価⑤:価格が安くても搭載していて欲しい指紋認証

ZenFone 2 LaserのユーザーがZenFone 3 Laserにして、なによりも「便利」と思うのが「指紋認証機能」。背面の指紋認証は好き嫌いが別れるところではありますが、本当に「認証」してるのかというくらい高速で認識されます。

価格が安くても搭載していて欲しい指紋認証

最近のスマートフォンでは当たり前になってきた指紋認証。一度使うとその便利さから前のスマホに戻れないと言われる機能ですが、ロースペックだと搭載されていないものも多いです。
価格が安くても「指紋認証」がついていることは大きなポイント! 「この価格で指紋認証があるスマホ」というだけでも欲しくなります!

どんな人が買うべきか?【シーン別検証】

ZenFone 3 Laserがコストパフォーマンスに優れた端末というのはわかりました。では、どのような人にオススメなのでしょうか? シーン別に考えてみました。

メイン端末をZenFone 3 Laserに!安く乗り換える

docomo、au、SoftBankなどのキャリアのスマホを使っている人が格安SIM(MVNO)に乗り換えて「毎月の携帯料金を安くする」ことが、最近流行っています。

格安SIMに乗り換えると、毎月の携帯料金がやすくなることはもちろんですが、スマホを同時に買い換える場合には「端末代金」も大きなポイントになってきます。

最新のスマホを持っている人が「格安SIM」に乗り換えるなら、端末はそのままにSIMだけを乗り換えることを検討した方が良いですが、「iPhone 5s」などの2年以上前のスマートフォンを持っている人など、新しいスマホに買い換えるタイミングで毎月のスマホ料金を安くしたい人に「ZenFone 3 Laser」はオススメです!

スマホ料金を安くする

ZenFone 3 Laserなら、端末代金を分割しても、格安SIMと合わせて3,000~5,000円で運用することができます。一括で購入しちゃえば、毎月3,000円以下でも行けますよ!

◎端末を新規購入でも毎月3,000円~5,000円以下

ASUS ZenFone 3 Laser (ZC551KL) シルバー/ゴールド
エイスース/ゼンフォンスリーレーザー
販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)

ZenFone 3 Laser を購入する

◎合わせて買いたいオススメの格安SIM メインで使うなら音声付き3GB以上!

UQ mobile「データ高速+音声通話プラン 3GB」
月額:1,680円 / 初期費用:3,000円が1,150円

UQ mobile のSIMを購入する

高性能サブスマホとしてZenFone 3 Laser

メインで使っている端末はそのままに、2台目のスマホ「サブスマホ」を持つ人が増えています。メインにハイスペック端末を持っているなら、サブスマホは価格を安く抑えたスマホが欲しいところです。

そんな時にオススメなのが「ZenFone 3 Laser

3万円を切る同価格帯ならクラス最高峰の性能を誇ります! 3万円以内に買える「4GB RAM」搭載機なんです。

ZenFone 3 LaserとiPhone 7

実際にサブスマホを持っている人に聞いてみると、SNSを使い分けたり、音楽・カメラを中心に使うスマホにしたり、仕事とプライベートなどで分けたり、片方で検索しながら一方でLINEでやり取りをしたり、別人として2人分演じるために使うなんて人もいました。

生活に密着して使われるようになったスマートフォン、2台目のスマホは色々な使い方がまだまだ考えられるんです。サブスマホに求められるものは、値段は安く性能は高い、コストパフォーマンスの良い端末です。

◎サブスマホとして買うなら、高コスパなミドルスペック

ASUS ZenFone 3 Laser (ZC551KL) シルバー/ゴールド
エイスース/ゼンフォンスリーレーザー
販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)

ZenFone 3 Laser

子供の初めてのスマホ

最近のデータを見てみると、中学に入学した時、または高校に入学した時に「初めてのスマホ」を持つことが多いようです。

親が子供にスマートフォンを持たせる時に、あまりにハイスペックなものを与えるのに抵抗があるのは自然なこと。壊したり、紛失する確率も高いですし、あまり夢中にもなってほしくない。10万円もするスマートフォンを与えるのはちょっと怖いです。

子供の初めてのスマホ

そんな時にオススメするのがミドルスペックで低価格ながら高性能の「ZenFone 3 Laser」。

子供にロースペックスマホを渡したことがあるのですが、スペックがあまり低いスマホだと「ツムツム」や「ぷにぷに」など子供が好きなゲームに処理が追いつかずに、画面がカクカク……目が悪くなりそうなので、やはりある程度のスペックは欲しいと感じました。

ZenFone 3 Laserなら、4GBのRAM搭載で、一般的なゲームらならスムーズに楽しめます。キャリアのスマホと違いSIMフリー端末なので、色々な格安SIMで安く運用することができるのもポイントです。

◎子供が使うには十分過ぎるスペックながら

25,700円!(税抜:モバレコ バリューストア価格)

ASUS ZenFone 3 Laser (ZC551KL) シルバー/ゴールド
エイスース/ゼンフォンスリーレーザー
販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)

ZenFone 3 Laser を購入する

◎合わせて買いたいオススメの格安SIM Wi-Fiメインで使う1GB SIM

BIGLOBE「音声通話(データ+SMS+音声通話) 1GB 音声通話スタートプラン」
月額:1,400円 / 初期費用:3,000円が2,000円

BIGLOBE のSIMを購入する

子供に使わせるなら容量を抑えて1GB。これなら外での動画視聴やダウンロードがあまりできなくなります。敢えて外での使用を控えさせて、動画を見たりゲームをしたりするのは、家の中のWi-Fiを使うようにするのがオススメです。

まとめ

1ヶ月間「ZenFone 3 Laser」を使ってみて感じたことは「困る事」がほとんど無い事。今までの格安スマホと呼ばれるようなエントリーモデルからミドルスペックまでのスマートフォンは、値段は安くても「処理速度」や「カメラ性能」など、我慢をしなくてはならない部分も色々とありました。

今回「ZenFone 3 Laser」で色々な写真を撮りましたが、AFが速く撮影へのアプローチが簡単で、撮った写真の仕上がりにも満足。ダウンロードしたゲームも動きがおかしくなるようなことはなく、楽しむことができました。

アルミボディの高級感も良く、SIMを交換するのにバキバキと背面パネルをはずすプラスチックモデルのような劣等感がありません。実際に周りの友人に見せたときも「ハイスペックのスマートフォン」だと思ったそうです。

個人的にはASUSのオリジナルのUIはあまり好きではありませんが、それは使っていれば慣れてしまいますし、カスタマイズすることも可能です。そして何より……この値段!

25,700円!(税抜:モバレコ バリューストア価格)

3万円を切る価格でコレだけの性能のスマートフォンはなかなかないのではないでしょうか? メイン端末の買い替えを検討している人はもちろんですが、そろそろ「サブスマホ」を持ってみたいと思っている人にもおススメの端末です!

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

2年縛りが終っていないのにiPhone Xの購入を考えている新人ディレクターのMです。10月になり、本格的な秋の到来です。秋と言えば運動会、筆者は足が速かったので、リレーの選手でした。自慢してよいですか? モテましたねー。何で小学生の頃って足が速いだけでモテるんでしょうか。最近の運動会は1番を決めずに皆でゴールする学校もあると聞きましたが、残念ながら社会は平等ではないので・・・おっとこれ以上はやめましょう。今月もモバレコをよろしくお願いします!