mineoの初期設定ガイド|テザリング、メール、APNの設定方法を解説!

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineoの初期設定ガイド|ネットワーク、テザリング、メールを設定してmineoを使いこなそう

申し込みガイドはこちら

ドコモ回線もau回線も契約できる格安SIM・mineo。契約が完了してSIMカードが届いても、必要な初期設定を行わなければ使うことはできません。

ここでは、通信の設定やメールの設定などmineo契約後に必要な初期設定をまとめました。格安SIMの設定は初めてという初心者の方でも安心です。

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格2,300円

詳細はこちら

目次:

mineoでネットが使えるように設定する(APN設定)

SIMフリーiPhone購入時は初期設定も自分で

大手キャリアでスマホを契約していたときには目にしなかったのがAPN設定です。APNとはインターネットへ接続するために必要な設定です。大手キャリアで契約するとすでに設定された状態で渡されますが、格安SIMを利用する場合はユーザーが設定しなければなりません。

格安SIMやSIMフリースマホを使うなら避けて通れない知識ですが、設定自体は一度経験してしまえばさほど難しいことでもありません。mineoの場合、DプランとAプランで入力項目や設定ファイルが若干が異なりますが、基本的な操作手順は同じです。

それを踏まえ、OSごとの設定方法を説明します。

Android端末の場合

Androidスマホでは「設定」アプリからAPN設定を行います。端末ごとに表示される項目が異なりますが、「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名(APN)」といった項目を探して設定していきましょう。

あとはmineo Dプラン、Aプランで用意されているAPN情報を入力していけば設定が完了し、ネットワーク接続ができるようになります。APN情報がプリセットされている端末なら選択するだけで完了です。

mineo Dプラン、AプランのAPN情報

名前 任意の名前(「mineo」など)
APN Dプラン:mineo-d.jp
Aプラン:mineo.jp
ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード mineo
認証タイプ CHAP

以下の記事では画像つきで詳しく解説しています。

iOSの場合

iOSではAndroidと設定方法が異なります。iOSではAPN構成プロファイルと呼ばれる設定ファイルをダウンロードしてインストールします。

まずはWi-Fi接続を行い、Safariを使ってmineoのプロファイルインストールページにアクセスしましょう。

●mineo Dプラン / Aプラン
http://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfig

※iPhone 5s/5cの場合はこちら
http://mineo.jp/apn/mineo-a1.mobileconfig

その後インストールが完了すればネットワーク接続ができるようになります。詳細の手順は以下のガイド記事をご覧ください。

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格2,300円

詳細はこちら

mineoでテザリングが使えるように設定する

au系MVNOではauのAndroid端末を使うのがよい

au系MVNOではauのAndroid端末を使うのがよい

mineoでテザリングを使いたい場合、オプションの加入は不要です。ただし、機種によってテザリングができないものもあり、たとえばAプランはすべてのiPhoneでテザリングができません。auのiPhoneでもSIMフリーのiPhoneでも同様です。(執筆時点)

まずはmineoの対応機種一覧のページを確認しておきましょう。→DプランAプラン

ここからはAndroid端末、iOS端末それぞれの設定方法を見ていきます。

Android端末の場合

例としてZenFone 3の画面でテザリングを設定してみます。

1)設定アプリから「テザリング」を選択します。

「設定」「テザリング」

「設定」→「テザリング」

2)「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」のスイッチを「ON」にします。機種によって項目名は様々で、例えばドコモ版Galaxy S7 edgeだと「Wi-Fiテザリング」です。Wi-FiスイッチのON/OFFを探してみましょう。

同じ画面で「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」をタップして、アクセスポイントの名前やパスワードを指定します。

「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をONに「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をONに

「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をONに

3)アクセスポイント情報を設定します。

ネットワーク名・・・パソコンや他の端末からアクセスポイント名として認識されるもの
セキュリティ・・・特に設定の必要はありません
パスワード・・・任意のものを設定。テザリング利用時に受信機側で入力します

パスワードは他の人に漏らさないようにしてください。また、容易に推測されないもの、ばれても銀行のカードなどに被らないものにしなければなりません。

「ネットワーク名」「パスワード」を設定

「ネットワーク名」「パスワード」を設定

すべて設定したら「保存」を押して終了です。パソコンなど受信側端末で同じネットワーク名のアクセスポイント名を探し、設定したパスワードを入力しましょう。

iOSの場合

iOSのテザリングは「インターネット共有」という名称になります。iOSもAndroidと同様に設定アプリから行います。

1)「インターネット共有」をタップします。

「設定」→「インターネット共有」

「設定」→「インターネット共有」

2)インターネット共有のスイッチをオンにします。

インターネット共有をオンに

インターネット共有をオンに

3)「Wi-Fiのパスワード」をタップし、パスワードを設定します。設定が終わったら右上の「完了」をタップします。

パスワードを設定して「完了」をタップパスワードを設定して「完了」をタップ

パスワードを設定して「完了」をタップ

同じく、パソコンなど受信側端末で同じネットワーク名のアクセスポイント名を探し、設定したパスワードを入力しましょう。パスワードの管理は十分気を付けてください。

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格2,300円

詳細はこちら

mineoのメールアドレスを設定する

コミュニティサイト マイネ王

コミュニティサイト「マイネ王」より

mineoと契約するとmineo独自のメールアドレス(〜@mineo.jp)が付与されます。このアドレスを活用したい場合にはメールアプリにmineoのメール設定を行う必要があります。

Android端末の場合

Androidの場合はGmailアプリにメール設定をしてしまうのがスマートです。メールアプリの中でGmailとmineoのメールのアカウントを切り替えられるので利用も簡単です。

1)Gmailアプリを起動し、左上の「三」のアイコンをタップします。

Gmailアプリの左上のマークをタップ

Gmailアプリの左上のマークをタップ

2)名前の脇にある「▼」をタップし、アカウントを追加します

▼マークをタップして「アカウントを追加」▼マークをタップして「アカウントを追加」

▼マークをタップして「アカウントを追加」

3)メールのセットアップ画面が現れます。「その他」を選択します。

セットアップ画面で「その他」を選択

セットアップ画面で「その他」を選択

4)メールアドレスの追加画面が現れます。mineoのマイページの「ご契約内容照会」に記載されているメールアドレスを入力します。

付与されたメールアドレスを設定

付与されたメールアドレスを設定

5)アカウントの種類を選択します。「個人用(IMAP)」を選択し、「次へ」をタップします。

個人用(IMAP)を選びましょう

個人用(IMAP)を選びましょう

6)mineoのマイページの「ご契約内容照会」に記載されているパスワードを入力し、「次へ」をタップします。

パスワードを入力して「次へ」

パスワードを入力して「次へ」

7)受信サーバーの設定を行います。

ユーザー名・・・メールを送信した際の送信者名です
サーバー・・・ここでは「imaps.mineo.jp」と指定します

受信サーバーの設定

入力が終わったら「次へ」をタップし、受信サーバーの設定で認証できれば設定完了です。

iOSの場合

iOSでは設定アプリからメールアカウントを追加します。

1)設定アプリから「メール」、「アカウント」を選択します。

「設定」の「メール」から「アカウント」を選択「設定」の「メール」から「アカウント」を選択

「設定」の「メール」から「アカウント」を選択

2)「アカウントを追加」を選択し、「その他」をタップ。

アカウントを追加→その他をタップアカウントを追加→その他をタップ

アカウントを追加→その他をタップ

3)「メールアカウントを追加」を選択して必要情報を入力します。

名前・・・メール受信者から見える送信者名
メール・・・付与されたメールアドレスを設定
パスワード・・・設定されたパスワードを入力
説明・・・設定画面などから見える但し書き、入力は任意

「メール」「パスワード」はmineoのマイページの「ご契約内容照会」に記載されている情報を入力してください。

必要な情報を入力していきましょう必要な情報を入力していきましょう

必要な情報を入力していきましょう

4)新規アカウント画面で情報を入力します。「IMAP」が選択されていることを確認してください。

ホスト名・・・「imaps.mineo.jp」を指定
ユーザ名、パスワード・・・mineoのマイページの「ご契約内容照会」に記載の情報を入力

ホスト名やユーザ名、パスワードを入力

ホスト名やユーザ名、パスワードを入力

すべて入力が終わったら「次へ」をタップします。

検証中の画面のあと、ユーザー情報が正しければ保存されてメールアカウントの登録は終了です。

なお、mineoを解約するとこのメールアドレスは使えなくなります。今後別の格安SIMへの乗り換えを検討している方は、Gmailなどのフリーアドレスを持っておくと今後の移行が楽になるでしょう。

通話料を節約する「LaLa Call」を使えるようにする

LaLa Call

mineoの「LaLa Call」は音声通話を節約する050電話アプリです。利用にはmineo契約時に与えられるID(eoID)が必要なため、他の格安SIM利用者がLaLa Callの新規契約が出来ないようになっています(2017年1月時点)。

LaLa Callを使うにはeoIDを取得した上で別途申し込みが必要。申込後にLaLa Callアプリをインストールしましょう。

利用料は100円/月(mineo、eo光ユーザーは100円の無料通話付き)で、通話料は携帯電話宛ての場合は18円/60秒、固定電話宛ての場合は8円/60秒です。

詳しい設定手順やLaLa Callのサービス特徴などは以下の詳細記事をご覧ください。

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格2,300円

詳細はこちら

まとめ:mineoならユーザーサポートも充実

以上、mineoを契約したらはじめに必要な初期設定について解説しました。特にネットワーク(APN設定)はインターネットを使用する上で必須の設定なので、まずはじめに設定しておきましょう。

ここでは主な初期設定を解説しましたが、今後利用していく上で分からないことが出てくることもあるでしょう。その場合でもmineoではユーザーサポートが充実しています。

mineoの公式サイトでは年中無休チャットでサポートを受けることができる他、スマホを初めたばかりの初心者の方にも「スマホ操作アシスト」といった500円/月の有料サポートも。端末故障時に受けられる保証サービスなども提供されています。

サポートが不十分という負のイメージを持たれがちな格安SIMですが、きちんと手順を追っていけば難しいことはありません。mineoならコミュニティサイト「マイネ王」で他のユーザーからも教えてもらえるので安心ですね。

もしこれからmineoを始めるならこういった使いやすさ・サポート面も考慮してみてはいかがでしょうか?

mineoのプランはこちら

●mineoのプランの見方

  • デュアルタイプ……音声通話付きプラン
  • シングルタイプ……データ通信専用プラン
  • Dプラン……ドコモ回線を使用したプラン(ドコモ端末などに対応)
  • Aプラン……au回線を使用したプラン(au端末などに対応)

●音声通話対応プラン(Dプラン:ドコモ回線)

容量 月額料金 販売
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 > 詳細はこちら
デュアルタイプ 1GB 1GB 1,410円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

※利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Dプラン:ドコモ回線)

容量 月額料金 販売
シングルタイプ 500MB 500MB 700円 > 詳細はこちら
シングルタイプ 1GB 1GB 800円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話対応プラン(Aプラン:au回線)

容量 月額料金 販売
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 > 詳細はこちら
デュアルタイプ 1GB 1GB 1,410円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円

※利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Aプラン:au回線)

容量 月額料金 販売
シングルタイプ 500MB 500MB 700円 > 詳細はこちら
シングルタイプ 1GB 1GB 800円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

申し込みガイドはこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。