カテゴリ: アプリ

日本語入力をもっと快適に!オススメアプリ4選【Android篇】

毎日利用するスマホの機能といえば、実は「検索」でもなく「カメラ」でもなく、「日本語入力」ではないでしょうか。何かを調べるときもLINEでメッセージを送るときも、頻繁に使っているはず。そんな日本語入力をさらに快適にするには、日本語入力アプリを変えてみるのも1つの方法です。ここではAndroid向けの4つのアプリを紹介します。

目次:

ATOKicon日本語といえばコレ。変換効率の高さで人気!「ATOK」

パソコンユーザーにはおなじみの「ATOK」のAndroid版。ガラケーでも多くの端末で採用されていました。長年培われてきた日本語変換制度の高さが魅力的ですね。入力した文字列を品詞ごとに分解し、適切な変換候補を選んでくれます。

入力方法には、ケータイ入力やフリック入力のほか、ユニークなジェスチャー入力を用意。これは、フラワータッチと呼ばれるインターフェイスによる入力方法で、慣れれば片手で素早く入力できるようになります。もちろん、絵文字や記号などもスムーズに選択可能。

さらに、「顔文字辞書」「文例辞書」「ことわざ辞書」といったさまざま無料の拡張辞書を、自分のニーズに合わせて追加することも可能です。日本語を思いどおりに入力したい人にお勧めのアプリですね。

濁点などの入力もスムーズなジェスチャー入力
濁点などの入力もスムーズなジェスチャー入力
絵文字などの入力も簡単に行える
絵文字などの入力も簡単に行える
アプリ情報
アプリ名 ATOK
開発 JustSystems Corporation
価格 980円
ダウンロード googlePlayで手に入れる

Google日本語入力icon豊富な辞書で旬な言葉も入力可能「Google日本語入力」

Android OSの開発元でもある、Googleによる日本語入力プログラム。SNSへの投稿や地図の検索といったモバイルで使いそうな言葉を強化した辞書を備えています。また、人名や地名といった固有名詞の変換に強く、Googleらしく最新のキーワードにも対応。ネットスラングなどの言葉でも一発で変換できます。

入力方法では、一般的なケータイ入力、QWERTY入力のほか、独自のGodan入力も用意しています。これは母音と子音を組み合わせて入力する方法で、例えば右手で子音(K、S、Tなど)、左で母音(A、I。Uなど)をタップすることで、スピーディーに入力できます。

人名などの一発変換が可能
人名などの一発変換が可能
独自のGodan入力も選択できる
独自のGodan入力も選択できる
アプリ情報
アプリ名 Google日本語入力
開発 Google Inc.
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

Simejiicon顔文字やアスキーアートまで入力できる「Simeji」

顔文字はもちろん、さまざまな絵文字やアスキーアートまで入力できてしまうアプリ。SNSやLINEなどで楽しく使えますね! マッシュルームと呼ばれる拡張機能を使えば、ほかのアプリと連携して、連絡先や定型文を簡単に入力することも可能です。

スキン」という着せ替え機能もユニークで、写真やイラストでキーボードを自分好みにカスタマイズすることも可能。シンプルな日本語入力アプリではつまらない、そんなユーザーにお勧めです。

顔文字やアスキーを入力可能
顔文字やアスキーを入力可能
キーボードの着せ替えも楽しめる
キーボードの着せ替えも楽しめる
アプリ情報
アプリ名 Simeji
開発 バイドゥ株式会社
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

ArtIME日本語入力icon独自機能満載の日本語入力アプリ「ArtIME日本語入力」

ユニークな機能を数多く搭載した日本語入力アプリです。カラフルなキーボードに着せ替えができたり、ケータイ入力やトグル入力を備えている点は一般的なのですが、注目したいのはスペースキーの上にある黒い四角。ここをタップすると、キーボードの上に黒い領域が表示され、まるでトラックパッドのような操作が可能となります。カーソルを動かしてボタンを押す、といったことができるわけですね。

また、キーボードのデザインで「ウィキペディア」「英和」「和英」を選ぶと、入力した文字の意味がキーボードの背景に表示されます。入力しながら意味が確認できるという機能です。便利かつほかとは違った日本語入力アプリを使いこなしたいなら、検討する価値のある1本です。

黒い四角をタップすると、トラックパッドのように使える
黒い四角をタップすると、トラックパッドのように使える
単語の意味をキーボードの背景に表示
単語の意味をキーボードの背景に表示
アプリ情報
アプリ名 ArtIME日本語入力
開発 Kenichi Takahashi
価格 無料
ダウンロード googlePlayで手に入れる

日本語入力アプリの切り替え方

最後に、日本語入力アプリを切り替える方法について説明します。ここではXpera Z3でATOKを使う手順を説明します。Androidの場合は機種によって項目名などが異なる場合がありますので、注意してください。

ATOKをインストールしたあと、「設定」を開き「言語と入力」をタップ
ATOKをインストールしたあと、「設定」を開き「言語と入力」をタップします。
入力に関する項目が表示されるので「ATOK」をチェック
入力に関する項目が表示されるので「ATOK」をチェックします。
文字入力画面で、通知パネルを表示させて「入力方法の選択」をタップ
検索やメールなど、文字入力のためのキーボードが表示されている画面で、通知パネルを表示させます。ここで「入力方法の選択」をタップします。
入力方法の選択画面が表示されるのでここでATOKを選べば利用できる
すると、入力方法の選択画面が表示されます。ここでATOKを選べば、利用できるようになります。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

矢口和則

矢口和則

エディトル所属の編集者。AndroidやiOSデバイス、そしてMacに関する雑誌の編集、執筆を中心に活動中。根っからのMacユーザーではあるが、スマホはAndroidが好き。




Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン