mineo(マイネオ)の対応端末をチェック!マイネオならドコモ・au・SIMフリースマホに対応

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineo(マイネオ)の対応端末をチェック!マイネオならドコモ・au・SIMフリースマホに対応

申し込みガイドはこちら

ドコモ回線・au回線で使える格安SIM・格安スマホのmineo(マイネオ)。回線を自由に選択できるため対応するスマホの種類が多く、セット端末だけでなく手元にあるスマホも活用できる人気のサービスです。

ただ、対応機種が多いからといってすべての機種がきちんと使えるわけではありません。たとえば、au回線のAプランではiPhoneでテザリング機能が使えないなど、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

そこで、本稿ではmineoに対応している端末について解説していきます。いまお持ちのスマホがきちんと使えるかどうか、気になるあのスマホが使えるかどうか、機種ごとの対応状況を調べておきましょう。

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格476円

詳細はこちら

※価格は更新時点のものです。最新の価格は販売サイトにてご確認ください。

目次:

mineoはドコモ・au回線を選べる格安SIM

mineo

mineoは契約時にドコモ回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)から選択できる数少ないマルチキャリアの格安SIMです。選ぶ回線により、両方に対応する端末もあれば、どちらかの回線でしか使用できない端末があります。まずはこのポイントを抑えておきましょう。

なお、Dプラン・Aプランの特徴や料金プラン、mineoの特徴や他MVNOとの速度比較といった情報は以下の記事でご紹介しています。

mineoの対応機種の選び方

回線を自由に選べるmineoですが、スマホはどのように準備したら良いのでしょうか。

mineoでは回線契約と同時に端末をセットで購入したり、自分で好きな端末を用意する(mineoでSIMカードのみ契約する)ことができます。もちろん、既にある手持ちの端末にSIMカードを挿入して使うケースもあります。

それぞれのついて詳しくみていきましょう。

mineoのセット端末を購入する

mineoのセット端末を購入する

mineoの契約と同時にスマホも購入するケースで、格安SIMと同時にmineoが用意しているスマホを契約できます。この場合のメリットは以下のようなもの。

  • 動作確認済みのスマホを初期設定された状態で購入できる
  • mineoの料金と一緒に端末代金を分割払いできる
  • スマホの故障時にmineoの端末保証サービスを受けられる

ドコモ・au・ソフトバンクでの販売形態と同様と考えるとイメージがしやすいでしょう。あまり知識がない、手間をかけたくない、という方はmineoのセット端末の購入がおすすめです。

以下の記事でmineoのセット端末や端末保証サービスについて解説しています。

自分の好きな端末を用意する

「セット端末に気になる端末がない」「スマホは自分で用意したい」など、セット端末に頼らず自分の好きなスマホを用意するパターンです。例えば人気のスマホ・iPhoneをどうしてもmineoで使いたい!といったケースがありますね。

この場合のメリットは、ずばりmineoで自分の好きなスマホが使えることでしょう。

その反面、用意するスマホが正しく使えるか、mineoの対応状況を自分で調べなければなりません。また、故障時も原則的にメーカー保証になる点に注意しましょう。(対応端末であればmineoの「持込み端末安心保証サービス」を受けられます。参照

mineoではこまめに動作確認端末の一覧を更新しています。mineoの契約・スマホの購入前に端末の対応状況を確認してから手続きを行うようにしましょう。

手持ちのスマホを使う

既にmineoで利用できる手持ちのスマホがある場合、そのまま利用すれば端末の購入費用を抑えられます。問題なく利用できるのであれば、mineoへ切り替える費用が大きく抑えられます。

しかし、ドコモやauで購入したスマホを使いたい場合には先ほどと同じく動作確認端末一覧を確認しなければなりません。もしも一覧に無い場合は使用できませんし、万が一故障しても自己責任です。

さらに、ドコモのスマホでも発売が古いなど一部端末でテザリングができないものや、auのスマホでも一部端末はSIMロック解除しなければならないといった条件が課せられるケースもあります。

よくよく利用条件や適用状況を動作確認端末のページで確認してみましょう。また、対応していなければスマホを新規購入する方がスムーズです。SIMフリースマホであればmineoで利用できる端末が豊富に揃っています。

おすすめのSIMフリースマホはこちら

SIMフリースマホを自分で購入する場合も、事前にmineoの動作確認済み端末一覧をチェックしておきましょう。ただ、前述のとおり利用端末は数多くあります。

そこで、モバレコ編集部ではおすすめのSIMフリースマホを厳選して紹介しています。数あるSIMフリースマホから人気のラインナップをピックアップしているので、新しくスマホを購入される場合はぜひ参考にしてみてください。

mineoの対応機種一覧

mineoの対応機種一覧

ここからはmineoで利用できる主な端末をご紹介していきます。SIMフリースマホは先ほど触れているので、ここではドコモやauなどキャリアで販売された端末を中心にご紹介します。

Dプラン(ドコモプラン)の対応機種

Dプランはドコモの回線を使ったプランです。主にドコモで販売されていた端末やSIMフリースマホで利用できると考えていればOKです。ただし一部の機種ではテザリングができないなどの条件が発生します。

mineo Dプラン(ドコモプラン)の主な対応機種

機種 対応SIMカードサイズ コメント
iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE nano SIM 人気のiPhoneシリーズの最新版は快適に利用できます。実利用に影響ないもののアンテナピクトが正しく表示されないケースがあるので注意が必要です。
Xperia XZ (SO-01J) nano SIM インカメラが前のバージョンに比べて圧倒的に進化したXperia。その他性能も大幅に向上しました
Xperia X Compact (SO-02J) nano SIM Xperiaの高機能をコンパクトなサイズにぎゅっと圧縮
Galaxy S7 edge(SC-02H) nano SIM 両面エッジデザインが美しい大型液晶が目を引きます
AQUOS ZETA (SH-04H) nano SIM IGZO液晶で快適な動画閲覧とスムーズスクロールを。
arrows NX (F-01J) nano SIM 画面が割れにくく防水・防塵と頑丈さが光ります
NEXUS 6P nano SIM Googleのスマホも問題無く利用できます
HUAWEI P9 lite nano SIM 近年大躍進のファーウェイが発売する高コスパモデルも対応。
ZenFone 3 (ZE520KL) micro(SIMスロット1)、nano(SIMスロット2) SIMを2枚使えるDSDSが特徴。SIMを1枚だけ使うなら、Micro SDとの排他利用になるSIM2ではなくSIM1スロットにSIMカードを挿そう。その場合はmicroSIMの契約になります。

参照:ドコモプラン(Dプラン)動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)

Aプラン(auプラン)の対応機種

Aプランはauの回線を使ったプランで、auの端末とSIMフリースマホで利用できます。

しかし、2015年以降発売のau VoLTE対応スマホは、SIMロック解除しないとmineo公式でも動作確認ができないという状況です。SIMロック解除は利用者が購入後180日経過しないとできないため、mineoでも公式なアナウンスはなかなかできないのでしょう。

そのため発売日から半年以内の最新機種の動作検証は取れていないケースが多くあります。以下の対応機種一覧にあるものの中から選択するのが良いでしょう。

ここでは主な対応機種をピックアップしました。

mineo Aプラン(auプラン)の主な対応機種

機種 対応SIMカードサイズ コメント
iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE nano SIM auのキャリア版の場合はSIMロック解除しないとmineo側も動作確認できません。SIMフリー版でもAプランではテザリングが使えないと書かれているなど制限も大。
Galaxy S7 edge (SCV33) nano SIM 5.5インチのデュアルエッジ液晶端末はSIMロック解除されていれば制限なく快適に利用可能。
AQUOS SERIE (SHV34) nano SIM 2016年夏モデル。IGZO液晶が快適な高パフォーマンススマホ
Xperia X Performance (SOV33) nano SIM 2016年夏モデルですがその美しさは相変わらずです。
HTC 10 (HTV32) nano SIM 2016年夏モデル。4GBのRAM搭載量は現行モデルと比べても遜色ありません。
arrows M03 nano SIM auの帯域に対応するSIMフリースマホ。おサイフケータイ機能も防水も
ZenFone 3 (ZE520KL) micro(SIMスロット1)、nano(SIMスロット2) ASUSの人気SIMフリースマートフォン。SIMを2枚使えるDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)が特徴です。

参照:auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)

mineo

mineoのお申し込みならモバレコがお得!

モバレコ バリューストアではただいま初期費用割引キャンペーン実施中!もちろん全プランが対象です。

公式価格3,000円モバレコ限定価格476円

詳細はこちら

※価格は更新時点のものです。最新の価格は販売サイトにてご確認ください。

まとめ:Dプランなら対応端末が豊富、Aプランならセット端末がおすすめ

筆者の感覚としては、やはりAプランは対応機種の制限が大きめです。自身でスマホを用意する場合は、既にAプラン対応機種を持っている場合を除きDプランを選びましょう。Aプランを利用したい場合はmineoのセット端末の購入がおすすめです。

いずれにせよ、mineoはドコモ・au回線を選べるマルチキャリアとあって他MVNOの格安SIMと比べて選択肢は豊富です。自分が使いたい機種に合わせたプランを検討しましょう。

mineoのプランはこちら

●mineoのプランの見方

  • デュアルタイプ……音声通話付きプラン
  • シングルタイプ……データ通信専用プラン
  • Dプラン……ドコモ回線を使用したプラン(ドコモ端末などに対応)
  • Aプラン……au回線を使用したプラン(au端末などに対応)

●音声通話対応プラン(Dプラン:ドコモ回線)

容量 月額料金 販売
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 > 詳細はこちら
デュアルタイプ 1GB 1GB 1,410円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

※利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Dプラン:ドコモ回線)

容量 月額料金 販売
シングルタイプ 500MB 500MB 700円 > 詳細はこちら
シングルタイプ 1GB 1GB 800円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話対応プラン(Aプラン:au回線)

容量 月額料金 販売
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円 > 詳細はこちら
デュアルタイプ 1GB 1GB 1,410円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円

※利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Aプラン:au回線)

容量 月額料金 販売
シングルタイプ 500MB 500MB 700円 > 詳細はこちら
シングルタイプ 1GB 1GB 800円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。