U-mobile MAX 25GBはおすすめ?通信速度や口コミ・評判、特徴や料金プランを徹底解説!

書いた人: とくめい

カテゴリ: まとめ, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
U-mobile MAXの通信速度や評判は?特徴・料金プランを徹底解説!

U-mobileではたくさんデータ通信をしたいユーザー向けにLTE使い放題プランの「U-mobile PREMIUM」が提供されています。毎月の通信制限に悩んでいる人にはとっておきのプランとして人気を得ています。

そして、大手3キャリアが次々と大容量プランを打ち出す中で、U-mobileから月25GBまで使える「U-mobile MAX」が新たに登場しました。キャリアより多い容量をおよそ半額の料金で利用できるとあって、気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなU-mobile MAXの魅力や料金プラン、実際の通信速度や評判、申し込み前の注意点やデメリットなどをご紹介します。たくさんデータを使いたい、でも安くしたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

申し込み・詳細はこちら:
U-mobile MAX 通話プラス / U-mobile MAX データ専用
※格安SIM通販サイト「モバレコ バリューストア」では初期費用割引キャンペーンを実施しています

目次:

U-mobile MAXの主な特徴 

U-mobile MAXの主な特徴は以下の6つです。

  • 大容量のデータ通信が使える
  • キャリアに比べて料金が安い
  • ドコモと同じエリアで使える
  • iPhoneでもそのまま使える
  • 3分50回かけ放題オプションで通話料がお得に
  • データ専用プランなら最低利用期間ナシ

大容量のデータ通信が使える

動画や音楽のストリーミングサービスが普及し、一人あたりのスマホの通信量も年々増加傾向にあります。多くの人が速度制限に引っかからないか気にしながら使っているのではないでしょうか。

毎月たっぷり25GBまで使える
毎月たっぷり25GBまで使える(引用元

U-mobile MAXでは毎月使えるデータ通信量が25GBもあるので、動画視聴やテザリングもデータ通信残量をほとんど気にせず使えます。これだけあればWi-Fi環境がなくても思う存分コンテンツを楽しめますね。

他社のプランでは20GB・30GBの大容量プランはありますが、中間の25GBは他にb-mobileのみ提供しています。しかし、b-mobile含め他社プランと比較して分かることは、U-mobile MAXは大容量かつ低価格で利用できるという点でしょう。

キャリアに比べて料金が安い

キャリアの半額以下で使える
キャリアの半額以下で使えるのは嬉しい(引用元

U-mobile MAXではデータプランなら2,380円、通話プランでも2,880円と比較的安く、キャリアの半額以下で大容量のデータ通信が使えるのが人気の理由。他社の格安SIMでも同じデータ通信量を契約すると4,000円以上するので相当安く抑えています。

音声通話機能付きプラン
月額料金 データ通信量
U-mobile MAX 2,880円/月 25GB/月
b-mobile 3,180円/月 25GB/月
DMM mobile 4,680円/月 20GB/月
楽天モバイル 4,750円/月 20GB/月
イオンモバイル 4,980円/月 20GB/月
エキサイトモバイル 5,450円/月 20GB/月
ドコモ ※ 8,000円/月 20GB/月
データ通信専用プラン
月額料金 データ通信量
U-mobile MAX 2,380円/月 25GB/月
b-mobile 2,510円/月 25GB/月
DMM mobile 3,980円/月 20GB/月
楽天モバイル 4,050円/月 20GB/月
イオンモバイル 4,480円/月 20GB/月
エキサイトモバイル 4,750円/月 20GB/月
ドコモ ※ 8,000円/月 20GB/月

※カケホーダイライト(1,700円)+SPモード(300円)+ウルトラデータLパック(6,000円)で計算。

U-mobile 5GBプランとの差額はたったの900円。900円プラスするだけでデータ容量が5倍も増えます!この差額で大容量プランが使えるなら、通常プランから乗り換えても損はないはず。

ドコモと同じエリアで使える

U-mobile MAXはドコモと同じエリアで使える
U-mobile MAXはドコモと同じエリアで使える(引用元

U-mobile MAXはドコモ回線を借りてサービスを提供しているため、繋がるエリアはドコモと同じです。これまでドコモを使用してきた人ならこれまでと変わらないエリアで使用できます。

ドコモのLTEネットワークは人口カバー率99%なので、よほど山奥へ行かない限りは繋がります。詳しい対応エリアはNTTドコモのWebサイトから確認してみましょう。

iPhoneでもそのまま使える

iPhoneでそのまま使える
お手持ちのiPhoneでそのまま使えます(引用元

SIMフリーまたはドコモで販売されたiPhoneであれば、SIMを差し替えてAPN(アクセスポイント名)設定を変更するだけですぐに使えます。

auやSoftBankでも2015年5月1日以降に発売されたiPhone(6s/6s Plus/SE/7/7 Plus)であれば、SIMロック解除手続きを行うことで使えるようになります。

Androidを使っていて対応しているか確認したい時は公式サイトの動作確認済み機種一覧をご確認下さい。

3分50回かけ放題オプションで通話料がお得に

U-mobile MAXの音声通話プランには無料通話が付いていないため、通話した分だけ30秒につき20円が掛かります。

通話料を節約するアプリ「U-CALL MAX」で通話料を節約!
通話料を節約するアプリ「U-CALL MAX」で通話料を節約!(引用元

通話料が気になる方はU-mobileユーザー専用通話アプリ「U-CALL MAX」で通話すると通話料が半額(10円/30秒)になります。

さらに通話料を節約したいという方は「3分50回かけ放題オプション」に加入することをオススメします。月額500円で3分間の電話が毎日50回も無料になるので、たとえば要件だけ伝える電話が多い方に向いています。毎日3分の通話を1ヶ月した場合の通話料と比べて、実に3,100円もおトクになります。

参照:U-CALL MAX(国内通話半額アプリ)|U-mobile MAX

U-NEXT Wi-Fiが無料で使える

U-NEXT Wi-Fi
約82,000ヶ所以上ある無料Wi-Fiスポット「U-NEXT Wi-Fi」(引用元

U-NEXT Wi-Fiは全国のカフェ・駅・空港・ホテルなどで使えるフリーWi-Fiスポットが無料で使えるサービス。Wi-Fi接続なら混雑時でも安定した速度で通信できるため、大容量プランでも恩恵があります。

Wi-Fiの接続は「Secured Wi-Fi簡単接続ツール」から行います。利用規約に同意して 簡単な設定を行ったら準備完了。後はWi-Fiスポットに入ると自動的に繋がります。

参照:U-NEXT Wi-Fi |格安スマホ・SIMカードのU-mobile(ユーモバイル)

データ専用プランなら最低利用期間ナシ

キャリア契約では2年縛りが基本で、更新月のタイミングを逃すとまた2年間の契約が更新されてしまいます。「他に乗り換えたくても解約金が掛かってしまう…」と困っている方も多いでしょう。

U-mobile MAXでは、データ通信専用プランなら最低利用期間も解約金もありません。音声通話機能付きプランでも6ヶ月間と短く、経過した後はいつ解約しても解約金は発生しません。プランや通信速度に不満が出てきたら気軽に他社のSIMを試すことができます。

申し込み・詳細はこちら:
U-mobile MAX 通話プラス / U-mobile MAX データ専用
※格安SIM通販サイト「モバレコ バリューストア」では初期費用割引キャンペーンを実施しています

U-mobile MAXの料金プラン

U-mobile MAXの料金プランは以下の通り。他社と比べて安さが際立ちますね。直近3日間の制限もないので思う存分インターネットができます。

U-mobile MAX 通話プラス U-mobile MAX データ専用
契約事務手数料 3,000円 3,000円
SIM発行手数料 394円 394円
月額料金 2,880円/月 2,380円/月
データ通信量 25GB/月
最大通信速度 受信時375Mbps、送信時50Mbps
直近3日間制限 なし
対応SIMサイズ 標準SIM/micro SIM/nano SIM
通話料 30秒につき20円
3分50回かけ放題オプション 500円/月
留守番電話 300円/月
SMS / 送信料 基本料金込/3円~30円 150円/月/3円~30円
最低利用期間 6ヶ月間 なし
解約金 6,000円 なし

この他にも音声通話機能付きプランに音楽聴き放題アプリの「スマホでUSEN」や、動画配信サービス「U-NEXT」がセットになったエンタメプラス(月額3,980円)も登場予定です。

申し込み・詳細はこちら:
U-mobile MAX 通話プラス / U-mobile MAX データ専用
※格安SIM通販サイト「モバレコ バリューストア」では初期費用割引キャンペーンを実施しています

U-mobile MAXの通信速度は?評判や実測値を公開

続いてはユーザーの満足度に直結する通信速度を計測していきます。U-mobile MAXの最大通信速度は受信時375Mbps、送信時50Mbpsと爆速ですが、あくまでも理論値のため実際の通信速度が気になる方も多いと思います。

U-mobile MAXの評判

格安SIM選びで重要なのが口コミ。地域によって通信速度は変わってきますが、速度制限や通信の安定感などを知るためには、TwitterなどSNSで検索すると多くの人の感想がヒットします。ここではTwitterで検索した口コミをピックアップしてご紹介します。

口コミを見ている限り、混雑時の速度が少々厳しいようですが概ね1Mbps以上は出ている様子。通常のU-mobileと比べて通信速度も向上しているようなので、通常プランからの移行もアリだと思います。

U-mobile MAXの速度を計測してみた

実際にアプリを使って通信速度を計測してみましょう。測定環境は以下の通りです。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 平日(朝)8:00〜9:00、(昼)12:00〜13:00、(夜)19:00〜20:00
測定アプリ Speedtest.net
測定端末 ASUS ZenFone 3 Ultra
調査方法 朝・昼・夜の3回ずつ測定し平均値を値とする。測定時間帯については朝・昼・夜の混雑する時間帯を選択。

朝の通信速度:下り20~30Mbpsを記録

朝の通勤・通学する時間帯に測定したところ、下りは20Mbps弱~30Mbps弱を記録。動画視聴などもすぐに読み込んでくれました。朝の通勤中にSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスで音楽を聴いていても途切れること無く快適でした。

ping 下り 上り
1回目 94ms 29.93Mbps 4.86Mbps
2回目 91ms 24.99Mbps 6.00Mbps
3回目 90ms 19.92Mbps 6.18Mbps
平均 91ms 24.96Mbps 5.68Mbps

昼の通信速度:どうにか下り1Mbpsといったところ

お昼のランチタイムは格安SIMが苦手とする混雑する時間帯です。下り1Mbpsを切ることも多く、大手の格安SIMでさえ安定した通信は難しいです。

そんな影響もあってU-mobile MAXでも朝と比べて速度がかなり抑えられていますが、どうにか下り1Mbpsは出ているようです。これくらい出ているのであれば画像の読み込みが少し遅いと感じる程度なので許容範囲内です。

ping 下り 上り
1回目 88ms 1.15Mbps 5.12Mbps
2回目 94ms 1.30Mbps 5.13Mbps
3回目 90ms 1.23Mbps 4.95Mbps
平均 90ms 1.22Mbps 5.06Mbps

夜の通信速度:昼と同じく混雑しがち

夜の測定では帰宅時に利用することを想定して19時~20時で計測してみました。この時間帯では動画視聴などをする方も多く回線が混雑しがちです。結果は下りの速度はお昼とあまり変わらず、上りの平均が少し上がりました。

欲を言えば下りも上りと同じくらい出ていれば動画コンテンツなどをもっと快適に楽しめるので、今後の動向に期待します。

ping 下り 上り
1回目 93ms 1.36Mbps 4.95Mbps
2回目 96ms 1.34Mbps 6.83Mbps
3回目 92ms 1.36Mbps 7.45Mbps
平均 93ms 1.35Mbps 6.41Mbps

申し込み・詳細はこちら:
U-mobile MAX 通話プラス / U-mobile MAX データ専用
※格安SIM通販サイト「モバレコ バリューストア」では初期費用割引キャンペーンを実施しています

U-mobile MAXのデメリット・注意点

ここまでU-mobile MAXの良いところを紹介しましたが、もちろん気をつけておきたいポイントもあります。この点を踏まえて契約するか検討してみてください。また、契約する上で注意しておきたい点もまとめているので合わせてご確認下さい。

U-mobileからプラン変更は不可、MNPや新規申し込みが必要

通常のU-mobileプランとU-mobile MAXは別物として扱われているため、移行するには一度U-mobile回線を解約してから新たにU-mobile MAXを契約することになります。契約時は通常通り契約事務手数料やSIM発行手数料が掛かります。

他社からのMNP転入はMNP予約番号が必要

他社から番号そのままで乗り換える場合、今使っている携帯会社から発行されたMNP予約番号が必要です。格安SIMに乗り換える注意点として、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと移行できません。

上記の通り、他のU-mobileプランから乗り換える場合も同様です。

25GB/月を超えると速度200kbpsに制限される

一ヶ月の容量を使い切ってしまうと通信速度が最大200kbpsに制限されてしまいます。大容量プランだからといって使い過ぎは禁物です。今のところ容量のチャージをすることもできないため、速度制限に掛かると翌月の契約日まで制限されてしまいます。

通信量を意図的に制限する高速通信のON・OFF切替にも対応していないため、こまめに通信量を確認して使いすぎないように気をつけましょう。

現時点で直近の通信制限は設定されていない

通常のU-mobileでは一定の基準値を超えた場合に制限がかかりますが、U-mobile MAXでは直近3日間当たりの通信量制限がありません(2017年2月現在)。

日によって通信量にバラツキがある方でも無駄なく使えます。ただしあまったデータ通信量を繰り越すことができないため、当月中で使い切らないと勿体無いです。

シェアプランがない

パケットを複数回線でシェアするシェアプランがなく、25GBを1回線で使い切らなければいけません。他社では大容量プランを契約して家族で分け合うような使い方が出来ますが、U-mobileでは個人単位での契約になります。

6ヶ月以内で解約すると6,000円がかかる(通話プランのみ)

通話プランには6ヶ月の最低利用期間が設定されており、期間内での解約は解約金6,000円が掛かります。他社と比べると最低利用期間が短く(多くの場合は12ヶ月~24ヶ月)、解約金も3,000円程度安く抑えられています。

通信使用量の確認は「My U-mobile」から

通信量の確認はMy U-mobileからのみ。専用アプリなどがあればもっと気軽に見られて便利ですが、執筆時点では通信量が確認できる専用アプリはありません。

My U-mobileでは過去の請求金額の確認やSIMカードの変更、解約手続きなども行えます。

通信量のリセットは開通日が基準

通信量のリセットは月初ではなく開通日を基準とした1ヶ月です。たとえば筆者の場合、2月4日に開通したので翌月の3月4日にリセットされます。これは他社と異なる部分なので注意してください。

U-mobile MAXはこんな人におすすめ

U-mobile MAXは料金を安くしたい、でも制限されながら使うのは嫌!というわがままにお答えした夢のようなプランです。他社と比べても毎月の料金が安く、それでいて通信量も25GBと、データ通信量の多いプランは重宝します。

これまでにもLTE使い放題サービスはありましたが、月間の制限が無い代わりに直近3日間当たりの制限が厳しく、使い所が難しいものでした。
実際にU-mobile MAXを2週間ほど使ってみて混雑時の通信速度はもう一歩だと感じるものの、極端な速度低下もなく比較的安定しているように感じました。

通信制限に悩まされている方は是非U-mobile MAXを試してみてください。安くてもたっぷり使えるU-mobile MAXでスマホの使い方が変わるかもしれませんよ。

U-mobile MAXのお申し込みは各種WebサイトやU-NEXTストアで手続きができます。モバレコ バリューストアでもU-mobile MAX 通話プラス/U-mobile MAX データ専用プランを取り扱っていますので、お申し込みは以下のリンクからどうぞ。

いまなら初期費用割引キャンペーンを実施しているので、公式よりも安い初期費用でお申し込みできます。この機会にぜひご活用ください。

▼U-mobile MAXを申し込む(初期費用3,000円 → 2,100円

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi