楽天モバイルの通信速度制限にかからないデータ節約テクニック&制限回避のコツ!

書いた人: とくめい

カテゴリ: 楽天モバイル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天モバイルの通信速度制限にかからないデータ節約テクニック&制限回避のコツ!

申し込みガイドはこちら

スマホやタブレットを使う上で注意しておきたいのが通信速度制限です。キャリア回線でも格安SIMでも同様に一定の基準値が定められており、その基準を超えてしまうと速度制限にかかってしまいます。

ここでは格安SIMで人気の楽天モバイルの、速度制限の詳細や回避するコツ、データの節約方法などをご紹介します

目次:

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの通信速度制限について

楽天モバイルの速度制限について

楽天モバイルの速度制限は月間容量直近3日間制限の2種類です。契約したプランによって異なり、月額料金が高くなるほど毎月使えるデータ通信量が増えていきます。

ベーシックプランはこの中で1番安いプランですが、高速通信が一切使えないプランになります。常時速度制限に掛かったような状態のため、可能であれば上位プランにしたほうが快適です。

直近3日間制限とは?

直近3日間制限とは、月間のデータ通信量とは別に3日間分のデータ通信量が規定値に達した場合同じように制限を受けるというもの。残量が余っているから一気に使おうとすると制限が掛かるため注意が必要です。

低速通信中の場合でも通信量のカウントは継続されるため、使いすぎると翌日以降も低速通信のままになってしまうので気をつけて下さい。

2017年3月1日から全プランで直近3日間制限なしに!

楽天モバイルは2017/3/1から「3日間通信速度制限」を撤廃する
楽天モバイルは2017/3/1から「3日間通信速度制限」を撤廃する

2017年3月1日より3.1GB/5GB/10GBプランの直近3日間制限が撤廃されてより使いやすくなります。これで全プランが直近3日間制限が無くなり、通信量にばらつきがある方でも安心して使えるようになりました。

楽天モバイルの月額料金
通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円
楽天モバイルの通信量・速度
月間データ通信量 最大通信速度 直近3日間制限
ベーシックプラン 上下200Kbps
3.1GBプラン 3.1GB 下り262.5Mbps
上り50Mbps
540MB
→3/1以降なし
5GBプラン 5GB 1GB
→3/1以降なし
10GBプラン 10GB 1.7GB
→3/1以降なし
20GBプラン 20GB なし
30GBプラン 30GB なし

詳細はこちら:楽天モバイル公式

楽天モバイルの速度制限の目安

楽天モバイルの速度制限の目安をチェック
楽天モバイルの速度制限の目安をチェック

使いすぎると速度制限に掛かることは分かったものの、一体どれくらい使って良いのかイマイチピンとこない方も多いのではないでしょうか。もう少し具体的な例を挙げて速度制限に掛かる目安をイメージしやすくしてみます。

通信量の目安(イオンモバイルの料金プランから一部引用
Yahoo!
トップページ
YouTube動画
※解像度360P
Google Maps
現在地表示
ベーシックプラン
3.1GBプラン 約9,920回 約930分
=約15.5時間
約3,100回
5GBプラン 約16,000回 約1,500分
=約25時間
約5,000回
10GBプラン 約32,000回 約3,000分
=約50時間
約10,000回
20GBプラン 約64,000回 約6,000分
=約100時間
約20,000回
30GBプラン 約96,000回 約9,000分
=約150時間
約30,000回

3.1GBプランでもYouTube視聴(解像度360P)なら毎日30分程度視聴可能となります。3.1GBじゃ少し物足りなく感じたら1つ上の5GBプランが安さと容量のバランスが良く人気です。

毎日動画ストリーミングやテザリングも沢山楽しみたい!という方は10GBプラン以上の大容量プランがオススメです。自分の使い方に合わせてプランを選びましょう。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

通信速度制限を回避する予防とデータ節約方法

速度制限に引っかからないようにするためには以下の3つの予防法が効果的です。快適に楽天モバイルを使うためにも、チェックしておきましょう。

通信容量を把握しておく

通信容量の確認はアプリが便利
通信容量の確認はアプリが便利

使いすぎを防止するには、自分が今どのくらい使用しているのか把握することが大切です。通信量を確認するにはスマホやタブレット本体から確認する方法や、楽天モバイルの会員サポート(マイページ)や専用アプリから行えます。

楽天モバイルでは「楽天モバイル SIMアプリ」という専用アプリが用意されており、初期設定や通信量の確認、プランの変更などがこれ1つで行えます

●楽天モバイル SIMアプリはこちら

appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

楽天モバイルSIMアプリの使い方は下記の記事をチェックして下さい。

高速モードのオン・オフを上手に使う

高速モードのオン・オフは先ほどご紹介したアプリやマイページから行います。アプリのトップ画面にある「高速データ通信」をOFFにすると、上下最大200Kbpsの低速通信に切り替わります。

高速データ通信をOFFにすると上下最大200Kbpsに高速データ通信をOFFにすると上下最大200Kbpsに
高速データ通信をOFFにすると上下最大200Kbpsに

低速通信時は動画視聴は厳しくなり、ウェブページの読み込みも画像が多いページだと3分以上掛かることになりますが、テキスト中心のLINEやSMSのやり取りやradikoなども利用できるため、高速通信が必要ないシーンでは高速データ通信の節約に繋がります

Wi-Fiスポットを使う

アプリの更新やダウンロード、ダウンロードしたい動画などがあるときはWi-Fiスポットを使って節約する方法がオススメ

63,000箇所以上のWi-Fiスポットが使える「楽天モバイルWiFi by エコネクト」
63,000箇所以上のWi-Fiスポットが使える「楽天モバイルWiFi by エコネクト」

楽天モバイルでは「楽天モバイルWiFi by エコネクト」という月額362円のオプションを契約すると、全国63,000箇所以上のWi-Fiスポットが利用できます。

この他にも空港やコンビニ、喫茶店にある無料のフリーWi-Fiスポットも日本全国にたくさんあるので、近くに寄った際は利用してみて下さい。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

まとめ:使いすぎを防止して速度制限に掛からないようにしよう

ここ数年で動画や音楽ストリーミングサービスが充実してきて、1ユーザーあたりの通信量が右肩上がりで上昇しています。スマホでも高画質な映像を楽しめる様になった反面、通信制限に悩まされている人も非常に多いです

ストリーミングサービスやテザリング、アプリのインストールは思った以上に重たくデータ通信量を減らす原因となるため、こまめに残量チェックをしたり、可能であればWi-Fiスポットを利用するなど工夫して使いすぎを防止することが大切です。

今一度、自分のスマホの利用状況を見直してみてはいかがでしょうか。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

楽天モバイルの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi