モバイルルーターを購入するなら必見!キャリアルーターとSIMフリールーターの違いと特徴まとめ

書いた人: あさひな

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルルーターを購入するなら必見!キャリアルーターとSIMフリールーターの違いと特徴まとめ

なんでもインターネットに繋がる時代、逆に言えばインターネットに繋げないと不便な時代になりました。しかし、モバイルデータ通信に対応していないWi-Fi用のタブレットやPCが多いのも事実。外でも快適にインターネットを使いたい!そんな要望に答えてくれるのが「モバイルルーター」です。

本稿では、モバイルルーターについて基礎的なことをおさらいした上で、製品それぞれの特徴をまとめました。キャリアで販売されているルーターだけでなく、SIMフリールーターまで幅広く紹介します。

目次:

モバイルルーターとは?

モバイルルーターは携帯型の小型通信端末です。モバイルデータ通信機能を有していないPCやタブレットは家やカフェなどのWi-Fi環境の中では使えますが、そのような電波が無いところではインターネットへの接続ができなくなってしまいます。
しかしモバイルルーターがあれば、ルーターを介してインターネットに接続できます。スマートフォンのテザリング機能に特化したものと考えるとわかりやすかもしれません。

キャリアルーターとSIMフリールーターの違い

1台持っているだけで利便性がグッと広がるモバイルルーターは、キャリアルーターとSIMフリールーターに分類できます。それぞれの特徴と、どこが違うのかを確認していく前にMNOとMVNOの関係について軽く触れておきます。

MNO(移動体通信事業者)は、いわゆるキャリアです。MVNO(仮想移動体通信事業者)はMNOの設備を借りてサービスを展開しています。よって、速度や安定性に関してはMVNOがMNOを超えることはありません。

キャリアルーター

キャリアは具体的にdocomo、au、SoftBank、Y!mobileの総称です。本稿では、これらのキャリアが販売しているモバイルルーターキャリアルーターと呼びます。スマートフォンと同様にキャリアと契約します。スマートフォンの回線を親回線、モバイルルーターを子回線で契約してデータ容量を共有することもできます。

SIMフリールーター

SIMロックフリーすなわち使用できるSIMカードの制限がないモバイルルーターのことを、本稿ではSIMフリールーターと呼びます。基本的にどの通信事業者のSIMカードも使えるので、格安SIMと組み合わせて使うのが人気です。
※IMEI制限があるSIMカードやモバイルルーターとSIMの組み合わせによっては、利用できない場合があります。

docomo のルーター「Wi-Fi STATION N-01J」

Wi-Fi STATION N-01J
サイズ 幅 98 × 高さ 62 × 厚さ 13.6mm
重量 約110g
通信速度(受信最大 / 送信最大) LTE(受信200Mbps/送信50Mbps)
PREMIUM 4G(受信788Mbps/送信50Mbps)
端末側の通信方式 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
有線LAN:1000Base-T / 100Base-TX
最大接続可能数 Wi-Fi:10台
USB:1台
Bletooth:5台
連続動作時間 PREMIUM 4G 約11時間/LTE 約14時間/3G 約7時間

複数の周波数を束ねて高速化するPREMIUM 4Gの中でも最も高速な組み合わせに対応しており、下り最大788Mbpsという驚異的な速度を実現しています。ちなみに、Wi-Fi STATIONシリーズで前モデルに当たる「HW-01H」は下り最大370Mbpsだったので、理論値ではありますが418Mbpsも高速化しています。

スマートフォンのアプリと周辺機器を連携させる「Linking」に対応しています。ボタンデバイスと組み合わせて子どもの帰宅を通知したり、温度センサーと組み合わせて温度の上昇を通知するといった使い方もできます。

クレードルにセットするとWi-FiとBluetoothの感度が向上し、より快適に通信できます。ライトユーザーなら、固定回線代わりに使っても良いかもしれませんね。

■ スマートフォンとセットでデータ容量をシェアする場合(引用:ドコモ公式サイト

基本プラン データプラン(ルーター)
1,200円/月
合計
1,900円/月
インターネット接続サービス moperaUシンプルプラン
200円/月
シェアオプション月額定額料 シェアオプション
500円/月

ドコモでスマートフォンを契約している人におすすめなのが、データ容量をシェアするプラン。これでスマートフォン+モバイルルーターを比較的安く運用できます。容量が余っているならそのまま追加契約、足りないならパケットパックを変更すると良いでしょう。

■ モバイルルーターのみウルトラデータLパックで使う場合(引用:ドコモ公式サイト

基本プラン データプラン(ルーター)
1,200円/月
合計
7,400円/月
インターネット接続サービス moperaUシンプルプラン
200円/月
パケットパック ウルトラデータLパック(20GB)
6,000円/月

モバイルルーターだけ契約する場合の料金です。一例として20GB使えるウルトラデータLパックで算出しています。選択するパケットパックによって料金が異なりますが、コストパフォマンスが良いのはウルトラデータLパックと30GBのウルトラデータLLパックです。
※各種割引適応前の価格で、端末料金は含まれていません。割引サービスやキャンペーンにより、契約時の料金は異なる場合があります。

au のルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」

Speed Wi-Fi NEXT W04
サイズ 幅 130 × 高さ 53 × 厚さ 14.2mm
重量 約140g
通信速度(受信最大 / 送信最大) 4G LTE(受信590Mbps/送信25Mbps)
WiMAX 2+(受信558Mbps/送信30Mbps)
通信方式 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大接続可能数 Wi-Fi:10台
Bletooth:3台
連続動作時間 初期設定時:約540分

auのモバイルルーターの強みは、LTEとUQコミュニケーションズのWiMAX 2+を利用できることです。WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションにより、下り最大558Mbpsの高速通信を実現しています。

通信速度重視のハイパフォーマンス、バランス良く使えるノーマル・速度を抑えて電池消費量を減らすバッテリーセーブの3つのモードを搭載しています。シチュエーションに応じて切り替えることで、快適に使うことができます。

■ データ通信端末おすすめ料金プラン(引用:au公式サイト

プラン名 基本使用料金
WiMAX 2+ フラット for DATA 5,196円/月
WiMAX 2+ フラット for DATA EX 5,880円/月

WiMAX 2+ フラット for DATAは、直近3日間で3GBおよび月間7GBのデータ容量制限があり、超過すると最大128kbpsに速度が制限されます。WiMAX 2+ フラット for DATA EXの通信容量は無制限ですが、ハイスピードプラスエリアモード利用すると月額1,005円上乗せされ、月7GBの通信容量制限が発生するので注意が必要です。

ハイスピードプラスエリアモードというのは、auのLTEネットワークを利用できるサービスで、利用しない場合は他プロパイダが提供するものと変わりがないように見えます。しかし、WiMAX 2+ フラット for DATA EXだけは、直近3日間で3GBの制限が無いのが特徴です。
※各種割引適応前の価格で、端末料金は含まれていません。割引サービスやキャンペーンにより、契約時の料金は異なる場合があります。

SoftBank のルーター「Pocket Wi-Fi 601HW」

Pocket Wi-Fi 601HW
サイズ 幅 109.9 × 高さ 65.1 × 厚さ 15.5mm
重量 約135g
通信速度(受信最大 / 送信最大) 4G(AXGP+TDD-LTE):612Mbps / 37.5Mbps
FDD LTE:350Mbps / 37.5Mbps
通信方式 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大接続可能数 Wi-Fi:14台
連続動作時間 初期設定時:約8.5時間

複数の周波数を束ねるキャリアアグリゲーションで下り最大612Mbpsの超高速通信に対応しています。これに加え、情報の密度を高めることで一度に転送できるデータ量を増やす技術「256QAM」により、さらに高速化しているのが特徴です。

もうひとつ、ポイントになるのが高速起動です。モバイルルーターは、電源を入れて完全に起動するまで結構時間がかかるものが多い印象ですが、なんと約5秒で起動します。使いたいときにすぐ使えるのはストレスフリーで良いですね。

前モデルの「501HW」は、ワンセグ・フルセグ対応チューナーを内蔵しており、スマートフンやタブレットからテレビを視聴できるというユニークな機能がありました。新型の「601HW」は、機能面で順当に進化していますが、特徴的な部分がなくインパクトに欠けるのが少し残念なところです。

■ スマ放題(引用:ソフトバンク公式サイト

Wi-Fiルータープラン 1,400円/月 合計
1,900円/月
データシェアプラス 500円/月

■ Hybrid 4G LTE対応料金プラン(引用:ソフトバンク公式サイト

4G/LTEデータし放題フラット 5,196円/月 合計
5,696円/月
4Gデータ通信基本料 500円/月

月間のデータ通信容量は7GBまでとなっており、超えてしまうと128kbpsの速度制限が行われます。1GBごとに1,000円で容量を補填することができます。
※各種割引適応前の価格で、端末料金は含まれていません。割引サービスやキャンペーンにより、契約時の料金は異なる場合があります。

Y!mobile のルーター「Pocket Wi-Fi 603HW」

Pocket Wi-Fi 603HW
サイズ 幅 109.9 × 高さ 65.1 × 厚さ 15.5mm
重量 約135g
通信速度(受信最大 / 送信最大) 4G(AXGP+TDD-LTE):612Mbps / 37.5Mbps
FDD LTE:350Mbps / 37.5Mbps
通信方式 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大接続可能数 Wi-Fi:14台
連続動作時間 初期設定時:約8.5時間

ハードウェア構成は先程紹介したソフトバンクの「Pocket Wi-Fi 601HW」と同等の製品です。仕様も同じなので、詳細は省略します。

■ Pocket WiFiプラン2(引用:ワイモバイル公式サイト

契約種別 通常料金
さんねん 4,196円/月
バリューセット 5,260円/月
バリューセットライト 4,910円/月
ベーシック 5,696円/月

4種類のプランから選ぶことができます。3日間で3GBまたは月間7GBのデータ通信量制限と、500MBごとに500円で容量を補填できる点は共通です。少しづつ料金が異なる理由は、契約年数の縛りが発生する代わりに料金が安くなるというわけですが、途中で解約すると違約金が発生します。

基本プランの他に、アドバンスオプションと快適モードオプションが用意されています。それぞれの概要と、どんな人におすすめなのか簡単に触れておきます。

アドバンスオプション(+1,684円/月)は7GBを超えても高速テータ通信が継続します。容量制限がなくなるというわけです。ガッツリ使いたいなら、このオプションはかなり魅力的ですね。

快適モードオプションは、7GBを超えてしまったときに自動でデータ容量(500MBごとに500円)を追加します。上限回数は、1~14回もしくは無制限に設定できます。毎月少しだけ容量が足りないけど、チャージする手間を省きたいときに便利なオプションです。
※各種割引適応前の価格で、端末料金は含まれていません。割引サービスやキャンペーンにより、契約時の料金は異なる場合があります。

SIMフリールーター「NEC Aterm MR05LN」

Aterm MR05LN
サイズ 幅 115 × 高さ 64 × 厚さ 11mm
重量 約115g
通信ネットワーク LTE:Band1/3/8/11/18/19/21
3G:Band1/5/6/8/19
通信速度(受信最大 / 送信最大) LTE-Advanced 3CA:375Mbps / 50Mbps
LTE:150Mbps / 50Mbps
3G:14.4Mbps / 5.7Mbps
通信方式 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
最大接続可能数 最大16台
連続動作時間 Wi-Fi:最大約14時間
Bletooth:最大約30時間

これぞ最強のSIMフリールーター!「Aterm MR05LN」レビュー

NECのAtremシリーズ5代目となる「MR05LN」は、SIMフリーモバイルルーターの代表格と言っても過言ではありません。大人気だった前モデル「MR04LN」のいい部分はそのままに、さらに使い勝手が良くなりました。

まず大きな特徴は、複数の周波数を束ねるキャリアアグリゲーションにおいて、3CAに対応していること。3CAは3つの周波数を束ねて同時に利用することで、下り最大375Mbpsの高速通信を実現します。2つの周波数を束ねる2CAにも対応しています。

また、nanoSIMカードを2枚挿入できるので、時間帯・通信量・場所(クレードル使用時)をトリガーとして自動でSIMカードを切り替えることが可能。SIMカードを複数枚使い分けたり、自宅では容量無制限プランのSIMカードを使うなど、幅広い使い方に対応できます。

ルーターの小さい画面で情報確認や設定変更するのは面倒ですが、スマートフォン用アプリ「Aterm Mobile Tool」を使えば、電波強度や電池残量を確認できます。設定の切り替えやリモート操作ができるのもポイントです。

■ IIJmioでセット購入した場合(引用:IIJmio

24回分割払い 一括払い
本体のみ 950円/月 22,000円
クレードルセット 1,060円/月 24,500円

IIJmioのライトスタートプラン(データ通信専用)を例に料金を算出してみます。まず、月6GB通信可能なライトスタートプランは1,520円/月で、クレードルセットのMR05LNを24回分割払いで購入すると、2,580円/月です。2年間でかかる費用の合計は61,920円となります。
※パッケージ価格(初期費用)は含みません。

Aterm MR05LNを安く買う方法

「モバレコ バリューストア」ではスマホやルーターのセール販売や格安SIMの初期費用割引キャンペーンを実施しています。

Aterm MR05LN

NEC Aterm MR05LN
エータームMR05LN
月々 875円(分割) 21,000円(一括)
(モバレコ バリューストア特別価格)

SIMフリールーター「HUAWEI Mobile Wi-Fi E5383」

HUAWEI  Mobile Wi-Fi E5383
サイズ 幅 95 × 高さ 58 × 厚さ 16.4mm
重量 約120g
通信ネットワーク LTE:Band1/3/19/21
UMTS:Band1/6/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
通信速度(受信最大 / 送信最大) LTE:300Mbps / 50Mbps
通信方式 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大接続可能数 Wi-Fi:10台
USB:1台
連続動作時間 最大約13時間

今でこそスマートフォンメーカーというイメージが強いHUAWEIですが、以前は多くのモバイルルーターを出していました。同社の最新SIMフリーモバイルルータは、LTE Cat.6(カテゴリー6)に対応したことで、下りを最大300Mbpsまで引き上げています。

専用アプリ「HUAWEI HiLink(Mobile WiFi)」をインストールすれば、ネットワーク情報の可視化や接続デバイスの管理などがモバイルデバイス上から行えるようになります。

SIMフリールーター「NETGEAR AirCard AC785」

NETGEAR  AirCard AC785
サイズ 幅 109.9 × 高さ 68.9 × 厚さ 14.6mm
重量 約127g
通信ネットワーク FDD LTE:1/3/5/6/9/19/21
4G LTE:Band1/3/5/6/9/19/21
3G HSPA+:Band1/5/6/9/19
通信速度(受信最大 / 送信最大) LTE:150Mbps / 50Mbps
通信方式 IEEE802.11a/b/g/n
最大接続可能数 最大10台
連続動作時間 最大約10時間

国内で使用できるバンド以外にも多数対応しているので、よく海外に行く人は重宝すると思います。ゲストWi-Fiにも対応しているため、イベントでアクセスポイントを開放するといったことも簡単にできます。

アンテナ端子を2個搭載していて、別売のアンテナクレードルを使うことができるらしいのですが、残念ながら国内では販売されていません。差別化が難しい中で、ギークでニッチな層に受けそうなギミックだっただけにちょっと残念に感じます。

ルーターを他のデバイスから管理するアプリ「AirCard App」が提供されています。iOS、Androidだけでなく、Kindle Fireにも対応しているのは地味に嬉しいところ。ガラケーとKindle Fireを2台持ちしているユーザーでも安心です。

SIMフリールーター「FREETEL ARIA 2」

FREETEL  ARIA 2
サイズ 幅 110 × 高さ 66 × 厚さ 17mm
重量 約110g
通信ネットワーク 3G(WCDMA):Band1/6/9
LTE:Band1/3/5/18/19/41
通信速度(受信最大 / 送信最大) LTE:150Mbps / 50Mbps
通信方式 IEEE802.11b/g/n
最大接続可能数 最大10台
連続動作時間 最大約17時間

スペックは全体的に控えめですが、最大17時間もの長時間連続通信が可能なのは大きなアドバンテージです。しかもバッテリーパックだけ別で発売される予定なので、いくつか持ち歩いて入れ替えて使う事もできます。

QRコードによるカンタン接続に対応しています。画面に表示したQRコードを接続したい端末から読み取るだけで接続できます。設定画面からアクセスポイントを検索してパスワードを入力するといった手順は必要ありません。

モバイルルーターとしては珍しく、最大32GBのmicroSDカードを挿入できるのが特徴。モバイルデバイスやPCからアクセスできるファイルストレージとしても使えるのは便利ですね。

■ FREETEL SIMとセットで運用する場合
FREETELは端末だけでなく、MVNO事業も展開しています。TwitterやLINEなどのパッケとはカウントされないという面白い取り組みをしています。ここではFREETEL SIMと組み合わせて運用したときの料金の一例をシミュレーションします。

まず本体の「ARIA 2」は11,800円(税抜)で販売されていますが、残念ながら分割購入できません。最初に本体を一括払いで購入しておく必要があります。

FREETEL SIMは、従量課金制の「使った分だけ安心プラン」と決められた容量を使える「定額プラン」の2種類があります。今回は1,520円の5GB定額プラン(データ通信のみ)を例にします。最初の「ARIA 2」の購入代金と、定額プランを2年間契約した料金の合計は36,480円となります。
※パッケージ価格(初期費用)は含みません。

まとめ:ポイントは速度・料金・契約期間

MNOは契約期間の縛りが発生する割引、学割などのキャンペーン、同一キャリアの回線を契約していれば1,000円~2,000円程度安くなります。料金はケースバイケースですが少々割高感があると思います。しかし、速度を重視するならMNOが確実です。

SIMフリーモバイルルーターのメリットはズバリ「MNOよりも月々の料金をかなり安く抑えられる」ことです。もちろん、契約する事業者やプランによって変わってきますが、様々なMVNO事業者やプランから選ぶことができます。

MVNOはMNOと同じデータ通信容量のプランで契約しても、トータルの金額では半額程度に抑えられることあります。通信速度や安定性、サポート受けやすさなど劣る部分があることも事実ですが、それでも安く運用できるというのは大きな魅力ではないでしょうか。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。