新登場!! UQモバイルのおしゃべりプランを徹底解説!!

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

タグ:UQ mobile

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
新登場!! UQモバイルのおしゃべりプランを徹底解説!!

申し込みガイドはこちら

UQモバイル おしゃべりプランって、どんなプラン?

UQモバイルで新登場した「おしゃべりプラン」とはどんなプランなのか? その名のとおり「おしゃべり」=「通話」を重視するユーザーにはかなり魅力的な料金プランになっています。

おしゃべりプランの売りは「5分以内の通話が何度かけても無料」
おしゃべりプランの売りは「5分以内の通話が何度かけても無料」

おしゃべりプランはUQモバイルに今までなかった「通話定額」の料金プランで、一回の通話が5分以内であれば何度通話を行っても無料となっています。
長電話よりはちょっとした電話、例えば「これから帰る」といったちょっとした連絡や「お店の予約をとる」ようなちょっとした電話、こうした通話が多い人にとっては「通話料金のかからなくなる料金プラン」ともいえます。

もちろん、通話料金がお得になったからといって従来のぴったりプランと比較してデータ通信分が少なくなるといったこともありません。
通話回数の多い人」は、もっとお得に使える料金プラン、それがおしゃべりプランです。

月額料金も、UQモバイルのCMでおなじみとなった「イチキュッパ」から利用可能です。
S・M・Lの違いについては後述しますが、通話定額の利用できる格安SIMとしてはかなりお買い得度の高いプラン・月額となっています。

プランS プランM プランL
月額料金 1,980円 2,980円 4,980円
音声通話 5分以内の国内通話がなんどでも無料

※月額料金は14ヶ月目以降、それぞれ1,000円/月プラスになります。
※au・au系格安SIMからのりかえの場合は初月から1,000円/月プラスになります。

おしゃべりプランとぴったりプランの違いは? 変更はできる?

では「おしゃべりプラン」と従来提供されていた「ぴったりプラン」は何が違うのでしょうか? ほとんど上で答えを書いてしまっていますが「通話」の割引の仕方が違ってきます。

おしゃべりプランは通話定額、ぴったりプランは無料通話分
おしゃべりプランは通話定額、ぴったりプランは無料通話分

「おしゃべりプラン」は上にも書いた通り、5分以内の通話であれば何回電話をかけても通話料金が発生しません。
それに対して、「ぴったりプラン」の場合は無料通話分が料金プランに含まれるため、5分以上の通話を行っても無料通話分内に収まる限りは通話料金が発生しません。

例えば、普段ほとんど通話は行わないけど、月に1度か2度「長電話」をしてしまう…。そんな人は5分以上の通話を行うでしょうから、おしゃべりプランよりもぴったりプランの方がお得になります。

ぴったりプランから、おしゃべりプランに変更はできる?

おしゃべりプランとぴったりプランは月単位でプラン変更の行き来が可能
おしゃべりプランとぴったりプランは月単位でプラン変更の行き来が可能

「おしゃべりプラン」登場以前からUQモバイルを契約していて、「ぴったりプラン」より「おしゃべりプラン」の方がお得そうに感じた場合、2年契約の途中であっても「おしゃべりプラン」へ変更することが可能です。

もちろん、その逆に「おしゃべりプラン」から「ぴったりプラン」へ変更することも可能になっています。
注意点として、おしゃべりプランとぴったりプランの変更は「月単位」となっており、例えば「今月は通話の頻度が多いから、おしゃべりプランの方がよかった」となったとしても、実際にプラン変更が適用されるのは翌月からとなります。
月途中での変更はできないため、普段の使い方でどちらの方が自分に合っているのかを考えておしゃべりプランとぴったりプランのどちらにするかを決めるのがお得です。

おしゃべりプランに自動移行される人もいるので確認を!

また、UQモバイルを契約中のユーザーの中には「自動的におしゃべりプランへ移行される」人もいます。
ここまでにご紹介した通り、おしゃべりプランよりもぴったりプランの方が自分に合っている…という人は注意が必要です。

おしゃべりプラン 自動移行
2016年10月25日から2017年2月21日までに契約した人が対象

2016年10月25日から2017年2月21日までに契約した人を対象に「おしゃべりプラン新登場キャンペーン」が実施されていました。
このキャンペーンの対象となる上記期間中に契約をした人は、2017年3月利用分から料金プランが自動的に「おしゃべりプラン」へ移行されます

もし「ぴったりプラン」の方が自分の使い方に合っている、お得に使えるという人は「my UQ mobile」または「UQお客様サポートセンター(TEL 0120-929-818)」でぴったりプラン希望を継続するよう手続きを行いましょう。

>>UQmobile公式サイトはこちら

データ容量はおしゃべりプランでも選べるの?

今までUQモバイルを使っていた人であれば「たっぷりプラン」として、無料通話分、そしてデータ通信容量がより大きなプランを選択することが可能でした。

では、おしゃべりプランではより大きなデータ容量のプランを選ぶことは可能なのでしょうか?

S・M・L、3つから選ぶことができます。
S・M・L、3つから選ぶことができます。

UQモバイルではおしゃべりプランの登場にあわせ、データ容量の選択肢を2つから3つに拡大し、「プランL」が追加になりました

おしゃべりプランは、他の格安SIMにもあるの?

UQモバイルの新料金プランである「おしゃべりプラン」ですが、言い換えれば「通話定額」の料金プランです。
格安SIMは月額の安さ以外に、その安い金額の中でデータ通信容量や様々な音声通話の割引サービスを各社が打ち出しており、通話定額プランがあるだけでUQモバイルがお得!とは言い切れません。

同じく5分以内の通話が定額の楽天モバイル
同じく5分以内の通話が定額の楽天モバイル

他社の通話定額サービスとして有名なものに「楽天モバイル」の「楽天でんわ 5分かけ放題」があります。
基本料金等とは別に月額850円が発生するサービスですが、トータルの料金はUQモバイルとそう大きく変わりません。

しかし、実際の使い勝手の面では楽天でんわアプリを別途インストールする必要があり、そのアプリを経由しなければ通話定額にならないといったデメリットがあります。
UQモバイルの「おしゃべりプラン」は、特別なオプションの申し込みもなく、アプリのインストールや設定の必要もなく通話定額が利用できることでしょう。

通話は全くしない、けどUQモバイルはお得になるの?

ちょっとした電話が多いなら「おしゃべりプラン」、たまの長電話があるのならば「ぴったりプラン」と、ここまでにUQモバイルのお得な料金プランをご紹介してきました。
ですが、中には全く通話をしないという人もいるでしょう。また、通話は通話でもLINEの音声通話やGoogleハングアウトの音声通話など、メッセンジャー・チャットアプリの通話機能を使うので、通話定額や無料通話分は不要という人でもUQモバイルをお得に利用できるプランが用意されています。

通話定額や無料通話分はない代わりに、割安なデータ高速+音声通話プランがおすすめ
通話定額や無料通話分はない代わりに、割安なデータ高速+音声通話プランがおすすめ

おしゃべりプラン、またはぴったりプランのそれぞれ最安である「プランS」の月額は1,980円、データ容量もキャンペーンの適用で2GBと十分に割安なのですが、通話の割引が一切ない代わりにデータ容量は3GB、さらに月額は1,680円とかなりお買い得の高い「データ高速+音声通話プラン」もUQモバイルには存在しています。
通話定額や無料通話分に魅力を感じないけれど、広大なエリアで高速に通信できるUQモバイルに魅力を感じるのであれば、こちらのプランも一度検討してみてはどうでしょうか。

>>UQmobile公式サイトはこちら

まとめ:おしゃべりプランは使い方とお買い得度を広げる注目のプラン!

UQモバイルのおしゃべりプランは、通話定額のインパクトの大きさだけでなく、これまでUQモバイルが提供してきたぴったりプランと合わせ、UQモバイルの使い方、お買い得度をぐんと広げる大注目のプランです。
キャンペーンでデータ容量も2倍になることで他の格安SIMに負けないお買い得度と、そして元々の通信速度の速さも相まって、今春唯一無二の最強格安SIMと言い切れます!

モバレコ編集部おすすめ UQモバイル

UQ mobile
  • UQ mobile

    モバレコの速度ランキングで40週以上連続トップを走り続けるau系MVNOの人気プラン。快適な速度で利用したい人におすすめな格安SIMです。かけ放題プランや無料通話付きプランなど、通話料を抑えられるオプションも充実です。

>>UQmobile公式サイトはこちら

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon