DIGNO Phoneの魅力を徹底レビュー!フィーチャーフォンが好きな人にこそオススメ

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: SIMフリースマホのレビュー, レビュー

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
DIGNO Phoneの魅力を徹底レビュー!フィーチャーフォンが好きな人にこそオススメ

2017年3月17日UQモバイルより発売になった京セラ製のフィーチャーフォン「DIGNO Phone」を今回、スペックからカメラ性能、そして気になる料金まで徹底レビューしていきます。

格安SIMといえば「スマホ」のイメージを覆す、フィーチャーフォンが大好きな人も唸らせるかなり優秀な一台となっています。DIGNO Phoneが気になる人、実は全く知らなかった人もきっとDIGNO Phoneが欲しくなるはず…!

目次:

UQ mobile モバレコ店

スペック表からDIGNO Phoneを知る

まず最初に、DIGNO Phoneのスペックを確認していきます。

DIGNO Phone スペック情報: DIGNO Phone 製品ページ
サイズ(幅×高さ×厚さ) 51×113×16.7mm
重量 約130g
電池容量 1,500mAh
CPU Qualcomm MSM8909 (1.1GHz × 4)
内蔵メモリ(RAM) 1GB
保存メモリ(ROM) 8GB
外部メモリ microSDカード (最大32GB)
ディスプレイ 3.4インチ FWVGA液晶
Wi-Fi規格 IEEE802.11 b/g/n (2.4GHz帯)
Bluetooth Bluetooth v4.1
カメラ 約800万画素
防水・防塵・耐衝撃 IPX5/IPX8・IP5X・MIL-STD-810G
その他 ワンセグ・赤外線・おサイフケータイ対応

DIGNO Phoneは「ガラホ」とも呼ばれる新世代のフィーチャーフォン。そのため、CPUにはスマートフォンにも採用されている高速なクアッドコアCPUを搭載しています。

バッテリー容量が1,500mAhと大容量なこと、ディスプレイサイズもフィーチャーフォンとしては大型で高解像度な3.4インチ・FWVGA液晶を搭載しています。

カメラ画素数も安価なSIMフリースマートフォン同等の800万画素と高画素なものを搭載しているため「より高性能なフィーチャーフォンが欲しい」と考えていたユーザーには嬉しいポイントでしょう。

その他、安心して使える防水防塵に対応している他、MILスペックの耐衝撃やワンセグや赤外線といった、フィーチャーフォンには欠かせない機能にも対応している「全部入り」のフィーチャーフォンがDIGNO Phoneです

DIGNO Phoneの外観をチェック

次にDIGNO Phoneの外観をチェックしていきます。

今回レビュー用に使用したのはグレイ。ブラックとのツートンカラーで渋めのカラーで、メタリック系のカラーリングにもなっています。
カラーバリエーションは他にホワイトも用意されており、そちらは外装も内側も白一色となっています。

閉じた状態はおなじみのフィーチャーフォン見た目
閉じた状態はおなじみのフィーチャーフォン見た目
開かなくても時間と通知が分かるサブディスプレイを搭載
開かなくても時間と通知が分かるサブディスプレイを搭載

閉じた状態はおなじみのフィーチャーフォンそのもの。時計やマナーモードの設定状態を確認できるサブディスプレイが用意されている。使い慣れると手放せないフィーチャーフォンの便利機能がしっかりとDIGNO Phoneにも受け継がれています。

背面はマットな質感。おサイフケータイもこちら側に用意されています
背面はマットな質感。おサイフケータイもこちら側に用意されています

光沢のあった表面と違い、背面側はマットな塗装になっているのもポイント。おサイフケータイやカメラ、赤外線の送受光部分も背面側に搭載されています。

開いた状態
開いた状態

二つ折りのスタイルはフィーチャーフォンそのもの。キーレイアウトなども使い慣れた配置になっているため、基本的な操作で困ることはないでしょう。

GRATINA(KYY06)と並べてみました
同じ京セラ製のフィーチャーフォン、GRATINA(KYY06)と並べてみました

ちょうど筆者が所有している携帯コレクションの中に、DIGNO Phoneの先祖にあたるau向けのフィーチャーフォン「GRATINA(KYY06)」がありましたので並べて外観を比べてみました。

スマートフォン相当の部品、スペックとなるガラホは「今までのフィーチャーフォンより大ぶり」と思われがちですが、見ての通り今までのフィーチャーフォンとサイズ、外観に大きな違いはありません

また、DIGNO Phoneのキーの下段に備わっている「F1~3」のカスタマイズキーは、よく通話する相手を指定したり、よく使う機能を割り当てることも可能になっています。

よく使う機能を割り当てることができる「F1~3」のカスタマイズキー
よく使う機能を割り当てることができる「F1~3」のカスタマイズキー

イメージとしては「かんたんケータイ」や「らくらくホン」に備わっている同様のショートカットキーと同じもの。ここもフィーチャーフォンで人気の機能を、しっかりと搭載してきているため操作に不慣れなユーザーであっても安心して使えるポイントです

一番使う機能「カメラ」をチェック

約800万画素と、フィーチャーフォンとしてはかなり高画素で、一般的なスマートフォンと比較しても十分に高画素なカメラをDIGNO Phoneは搭載しています。

本体をぱっと開いて写真を撮る「写メ」のスタイルはもちろん、DIGNO Phoneでも今までのフィーチャーフォン通りに使用できます。今回は、簡単にいくつか写真を撮影してみましたので、今お使いのフィーチャーフォンとの画質の違いをチェックしてみましょう。

都内の駅前、屋外にて撮影
都内の駅前、屋外にて撮影

毎度毎度レビューの際に天候に恵まれない筆者ですが、今回も曇り空の下での撮影となりました。それはともかく、写真の画質としては流石約800万画素のカメラだけあり、フィーチャーフォンに多い200万画素~500万画素のカメラよりも細部のディテールをハッキリと捉えられています。

夜間の撮影もフィーチャーフォンとしては十分
夜間の撮影もフィーチャーフォンとしては十分

次に夜景。駅のホームから、東京タワーが見えたので試しに撮影してみました。従来のフィーチャーフォンだと、手前の照明の明るさに引きずられ奥に見える東京タワーは全く写らなかったり、もっとノイズの乗った写真になってしまうのですが、DIGNO Phoneのカメラはそんなことはなく、綺麗に撮影することが可能です。

どちらの作例でもそうなのですが、やはり約800万画素の「高画素」であることがDIGNO Phoneが従来のフィーチャーフォンのカメラと比較して、一番メリットを感じる部分でしょう。

赤外線通信、Bluetooth、そしてmicroSDカードにも対応しているため、家電量販店などに設置されたフォトプリント機での現像も簡単に行えますし、高画素なので引き延ばしてもきれいに現像できるのは嬉しいポイントと言えます。

中身はフィーチャーフォン、そのまま!

外観と基本機能についてここまでご紹介してきましたが、やはり使っていく中で気になるのは「使い勝手」の部分でしょう。
特に長く親しんできたフィーチャーフォンからの買い換えとなると、今まで聞いたことのない「ガラホ」に属するDIGNO Phoneの操作性は本当に今まで通りなのか、最も気になる部分です。

キー配置はフィーチャーフォンとほぼ同じ
キー配置はフィーチャーフォンとほぼ同じ

まず、中身の操作感の説明の前にチェックしておきたいのがボタンの配置。DIGNO Phoneも「フィーチャーフォン」や「ガラケー」として販売されているだけあって、従来機種と基本的な配置はそのままです。

ボタンに割り当てられた機能についても大きく違うものはないため、今まで使っていたフィーチャーフォンから買い換えた際に戸惑うことはないでしょう。

待ち受け画面はフィーチャーフォンそのもの
待ち受け画面はフィーチャーフォンそのもの

本体を開いたら、最初に目に入るのが「待ち受け画面」です。
ここはフィーチャーフォンらしく、フィーチャーフォンではおなじみの以下の機能がしっかり備わっています。

・お気に入りの画像を壁紙に設定する
・時計を表示する
・新着メールなどを通知する

また、DIGNO Phoneの独自機能(または京セラ製の従来のフィーチャーフォン)としてよく使う機能のショートカットを配置できます

メインメニューは待ち受け→決定ボタンですぐ開く
メインメニューは待ち受け→決定ボタンですぐ開く

フィーチャーフォンらしい操作感として、各種機能へのアクセスは待ち受け画面を表示した状態で、カーソルキーの中央に位置する決定キーを押すことでメインメニューが開きます。

メール作成画面もほぼ「そのまんま」
メール作成画面もほぼ「そのまんま」

フィーチャーフォンを好んで使うユーザーに多いのが「電話とメールしか使わない」という人でしょう。

「ガラホ」と呼ばれる、スマートフォン要素を取り入れたかのように呼ばれるDIGNO Phoneですが、メール作成画面も従来のフィーチャーフォンから大きく変わってはいないため、今まで通りにメールを作成できます。

文字入力画面も見慣れた画面です
文字入力画面も見慣れた画面です

こちらはメールの作成画面ですが、それ以外の電話帳の入力やメモの入力など、文字入力が必要となる場面での操作性も従来型のフィーチャーフォンそのままです。

すっかりスマホに慣れてしまった筆者ですが、携帯電話の利用歴で言えばフィーチャーフォンを使っていた期間の方がまだ長く、数年ぶりにこのレビューを書くためにDIGNO Phoneで文字を様々入力してみましたが、操作性は従来のフィーチャーフォンそのものでした。

なので、とくに考えることもなく、そのまますらすらと文字入力を行うことができましたので、DIGNO Phoneの基本的な操作性はフィーチャーフォンそのものと言い切れます。

例えば、メインメニューを開いた後、数字キーの「0」を押すとプロフィール画面が開くといった、メーカー・事業者関係なく共通化されていたショートカットもDIGNO Phoneでも再現されていました。いい意味で「新しいケータイ」と思わずに使えるのは「すごい」とハッキリ言える作り込みっぷりです。

電話がとにかくきれい、クリアな音声に感動

DIGNO Phone、というよりもフィーチャーフォンを使い続けるユーザーの中には「この形の方が電話がしやすい」という人も多くいます。

DIGNO PhoneはUQモバイルとの組み合わせで、auのネットワークを利用した高音質通話「au VoLTE」が利用できるため、通話音質は今までのフィーチャーフォンとは比較にならないほど高音質です

そんな高音質な通話をもっともっと聞こえやすく、便利にしてくれる機能がDIGNO Phoneには備わっています。

スピーカーの穴がないのに、しっかり音が聞こえるんです
スピーカーの穴がないのに、しっかり音が聞こえるんです

DIGNO Phoneの液晶ディスプレイの上には、本来あるはずの「受話スピーカー」がありません。

ディスプレイ全体をスピーカーとして音を鳴らす「スマートソニックレシーバー」が搭載されているため、受話スピーカーと耳の位置があっていなくて聞こえづらいなんてことがありません。しっかり本体を握り、耳に当てやすい位置に合わせれば相手の声がしっかり聞こえるため、高音質な「au VoLTE」との相性は抜群。

「通話が多いので、フィーチャーフォンの方がいい」なんて考えている人こそ、DIGNO Phoneはオススメです。

DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応!

DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応
DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応

SIMフリースマートフォンでも対応機種の少ない、おサイフケータイに対応しているのも、DIGNO Phoneの魅力のひとつです。フィーチャーフォンではおなじみの機能であり、電話とメールを中心に、月々安く使っているユーザーでも「おサイフケータイは活用している!」という人は結構多いのではないでしょうか。

DIGNO Phoneでは、交通系ICカードでもあるSuica、クレジットカードをおサイフケータイとして利用できるQUICPay、そして利用できる店舗の多い楽天Edyなどに対応しています。

おサイフケータイを使いたいがために、月々を安く維持のできるUQモバイルなどの格安SIMへの乗り換えを躊躇していた人には、これだけでも朗報と言えるでしょう。

毎月の料金は1,980円から。DIGNO Phoneはかなり安い

通話専用の2台目にもアリなUQモバイルのDIGNO Phone
通話専用の2台目にもアリなUQモバイルのDIGNO Phone

ここまでにDIGNO Phoneが「今までのフィーチャーフォンの通りに使える機種」であることをご紹介してきました。基本スペックの高さ、従来通りの操作性と「買い換えたい」と思ったときに、毎月どれくらいの料金がかかるのかはとても気になるポイントです。

DIGNO Phoneの月額は1,980円から!
DIGNO Phoneの月額は1,980円から!

月額に関しては、月額使用料と本体代金をコミコミにして毎月1,980円~利用が可能です。

また、おしゃべりプランであれば一回5分以内の通話が何度でも定額で利用できるため、DIGNO Phoneの「ケータイらしいスタイル」の方が通話に向いている!なんて考えている人であれば、通話用に持っても十分に安い月額料金です。

契約から二年間はキャンペーンの適用で毎月2GBの高速データ通信量も含まれるため、ちょっとしたブラウジングやメールの利用をしても、さらにパケット通信料が発生することはないでしょう。

さらにさらに、DIGNO Phoneはテザリングにも対応しているため、Wi-Fiオンリーな大画面タブレットと組み合わせ、スマホの代わりの2台持ちをして使うなんてのもオススメです。

詳細はこちら:UQモバイル公式サイト

まとめ:DIGNO Phoneはフィーチャーフォンをもっと便利にしてくれる

「ガラホ」や「SIMフリー」なんて聞くと、どうしても抵抗を持ってしまいがちですが、DIGNO Phoneこそフィーチャーフォンが好きな人、フィーチャーフォンを使い続けたい人には「もっと便利に使える1台」とハッキリ言い切れる機種です。

フィーチャーフォンへのこだわりとして、より高性能な機種を求めている人でも満足できる大容量バッテリーや高画素カメラを搭載しているため、久しく高性能な機種が出てきていなかったフィーチャーフォンの買い換え先としても最適

さらに、通話やメールといった限定的な用途だから…と、月額料金を安くに済ませるべく古い機種や古いプランを利用していたユーザーも、DIGNO PhoneとUQモバイルの組み合わせは、よりお買い得度の高い価格設定になっていますので、こちらもかなり魅力的と言えます。

「あまり使わない自分には、格安SIMやSIMフリースマホは関係ない」と考えていたのであれば、一度DIGNO Phoneを検討してみてはどうでしょうか。

UQモバイルを安く購入する方法

モバレコではUQモバイルを公式よりも初期費用を安く購入することが出来ます。
UQモバイルのSIMが初期費用3,000円 → 1,150円
初期費用を抑えてさらに安くUQモバイル初期費用割引キャンペーン対象プラン!

データ通信専用(インターネットやメールやLINEなどのデータ通信のみ)

プラン名 容量 月額料金
データ高速プラン 3GB 980円~ 詳細はこちら
データ無制限プラン 無制限 1,980円~ 詳細はこちら

音声通話機能付き(データ通信と通話ができるプラン)

プラン名 容量 月額料金
データ高速+音声通話プラン 3GB 1,680円~ 詳細はこちら
データ無制限+音声通話プラン 無制限 2,680円~ 詳細はこちら

音声通話機能付き(無料通話付き)(2種類の無料通話が選べるUQモバイルのメインプラン)

プラン名 容量 月額料金
ぴったりプラン S 2GB 1,980円~ 詳細はこちら
ぴったりプラン M 6GB 2,980円~ 詳細はこちら
ぴったりプラン L 14GB 4,980円~ 詳細はこちら
おしゃべりプラン S 2GB 1,980円~ 詳細はこちら
おしゃべりプラン M 6GB 2,980円~ 詳細はこちら
おしゃべりプラン L 14GB 4,980円~ 詳細はこちら

ぴったりプラン:1ヶ月間に使える無料通話の時間が選べる(S 60分 / M 120分 / L 180分)
おしゃべりプラン:5分以内の国内通話が何度でも無料

■UQモバイルの格安SIMを端末とセットで購入なら「UQ mobile モバレコ店

UQ mobile モバレコ店

通常は3,000円かかるSIMパッケージ料金がUQ mobile モバレコ店はなんと0円! さらに今なら11,000円キャッシュバックキャンペーン中なのでUQモバイルのスマホが14,000円分お得に購入することができます。

月額料金1,980円~のオトクな料金プランも大きな魅力。UQモバイルを始めるなら今がチャンス!キャンペーン実施中のこの機会にぜひどうぞ。

UQモバイル 格安SIM 人気ランキング

通信品質・通信速度に定評のある、UQモバイルの格安SIM。オススメの第1位は「データ高速プラン」。月額980円とリーズナブルな値段が魅力。通話を重視しない人であれば、LINE無料通話などの通話アプリで十分。サブスマホにもオススメ!
第2位は「データ高速+音声通話プラン」。キャリアのスマホから乗り換える人にもオススメの音声通話付きのプラン。速度の速いUQモバイルなら、ほとんど違和感なく使えるのではないでしょうか。

データ高速プラン

UQ mobile

安く・速くスマホ使いたい人にオススメ!

月額料金 980円/通信速度:受信最大 150Mbps/データ量:3GB/月

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用割引キャンペーン実施中)

データ高速+音声通話プラン

UQ mobile

メインスマホを安く乗り換えたい人にオススメ

月額料金 1,680円/通信速度:受信最大 150Mbps/データ量:3GB/月

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用割引キャンペーン実施中)

データ無制限プラン

UQ mobile

動画やネットをたっぷり見たい人にオススメ

月額料金 1,980円/通信速度:受信最大 500Kbps/データ量:無制限

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用割引キャンペーン実施中)

UQモバイルの取扱い機種をチェック

UQモバイルではSIMカード単体だけでなく、スマートフォンをセットで購入することも可能です。特に前述の「機種選び」に不安を持っている場合は、UQモバイルが販売する(=きちんと使える保証がある)機種から選ぶことはとても安心できると思います。

2017年10月現在において取扱い中および今後取扱い予定として発表済みの機種からオススメの端末をいくつかピックアップして特徴を紹介します。

ZenFone 4

ZenFone 4

ZenFoneシリーズの最新作、4シリーズのメインとなるモデル。

Qualcomm® Snapdragon™ 660に、3,300mAhの大容量バッテリー、背面には待望のデュアルレンズを搭載した安定のSIMフリースマホ。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite

人気のHUAWEIから、ミドルスペックで使い易いP10 lite。

3GB RAMを搭載し動作もカメラも評判が良くコスパが高い。ミドルスペックの中でも人気のモデル。

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFoneシリーズの中でも自撮り(セルフィー)に重点を置いたモデル。

今までのセルフィーシリーズとは違い、それ以外の機能も自信を持ってオススメできるミドルスペックモデル。

これらの端末以外にも魅力的な端末を随時追加販売しています。詳しくはUQモバイル端末特集を確認してください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon