モバレコTOP Apple iPhone XS iPhone XSの設定

Apple iPhone XSの設定

カラー
発売日
2018年9月
  • 大画面のディスプレイが魅力
  • 高級感のあるデザイン
  • メインカメラ 1200万+1200万画素
  • フロントカメラ 700万画素
  • 画面サイズ

    5.8インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1200万+1200万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    -

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    143.6mm× 70.9mm× 7.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    iPhone XS

    121,824円~ (税込)

    ※SoftBankの支払い回数については48回払いになります。
    ※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
    プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。

カートに入れる
iPhone XSを快適に使うために知っておきたい設定&便利機能10選

1. 「Face ID(顔認証)」に顔情報を登録する

【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】の順に進む【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】の順に進む
【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】の順に進む
画面の指示に従って顔情報を登録(3万以上のドットを顔に投射して深度マップを作成する)
画面の指示に従って顔情報を登録(3万以上のドットを顔に投射して深度マップを作成する)

「Face ID(顔認証)」はiPhone Xから導入された、「Touch ID(指紋認証)」に替わる新しい生体認証機能。

もはや必須といっても過言ではない機能なので、iPhone XSを購入したら最初に設定しておきましょう(セットアップの時点で設定することも可能)。

顔をカメラの枠内に収めてグルッと回す動作をすれば、被写界深度マップが作成されます。顔情報が登録されると顔認証を使ったロック解除やログイン、Apple Payでの支払いなどができるようになります。

2. バッテリー残量をパーセント表示で確認する

初期状態では、バッテリー残量はアイコン表示のみ
初期状態では、バッテリー残量はアイコン表示のみ

iPhone XSはバッテリー残量がバッテリーアイコン表示のみになっており、初期状態ではパーセント表示がありません。

コントロールセンターを表示すると、パーセント表示で電池残量を確認できる
コントロールセンターを表示すると、パーセント表示で電池残量を確認できる

ディスプレイ右上から下方向にスワイプすると、コントロールセンターを表示できます。そこで、パーセント表示でバッテリー残量を確認することができます。

3. コントロールセンターをカスタマイズする

コントロールセンターの画面
コントロールセンターの画面
【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールセンターをカスタマイズ】の順に進む【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールセンターをカスタマイズ】の順に進む
【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールセンターをカスタマイズ】の順に進む
新しいコントロールを追加したり、並び順を変更できる
新しいコントロールを追加したり、並び順を変更できる

素早く設定を操作したり、Appを使うことができるコントロールセンターはカスタマイズが可能。操作しやすいように位置を変更したり、よく使う項目を追加したりすると、より便利に活用できます。

4. ディスプレイの消灯時間を変更する

【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】の順に進む【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】の順に進む
【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】の順に進む
iPhoneを見ていないときにロックがかかるまでの時間を設定する
iPhoneを見ていないときにロックがかかるまでの時間を設定する

iPhoneを机の上に置いているときなど、iPhoneを見ていないときに自動でロックがかかる(ディスプレイが消灯する)までの時間を設定から変更できます。

短くした方がバッテリー持ちはいいのですが、短すぎてしまうと何度もロック解除する必要が出てくるので、自分の感覚にマッチしたちょうどいい時間に変更しましょう。

5. 「低電力モード」でバッテリーの減りを抑える

【設定】→【バッテリー】の順に進み、【低電力モード】をONにする【設定】→【バッテリー】の順に進み、【低電力モード】をONにする
【設定】→【バッテリー】の順に進み、【低電力モード】をONにする

Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロードやメールの取得など一部の機能に制限がかかりますが、低電力モードをONにするとバッテリーを長持ちさせることができます。

バッテリー残量が少なかったり、すぐ充電できないような環境にいるときなどは低電力モードに切り替えると安心です。

コントロールセンターからも低電力モードのON/OFFを切り替えられる
コントロールセンターからも低電力モードのON/OFFを切り替えられる

コントロールセンターに低電力モードを追加すれば、設定を開かなくても簡単にON/OFFを切り替えられるようになります。

6. 目に優しい「Night Shift」

【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】の順に進む【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】の順に進む
【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】の順に進む
時間指定や色温度の調整もできる
時間指定や色温度の調整もできる

Night Shiftは、ディスプレイの色を目に優しい暖色系の色に切り替える機能。初期設定では日の入りから日の出の間までONになりますが、任意の時間に指定することも可能です。

また、スライドバーを動かすことで色温度を調整することもできます。

7. 「True Tone」で色表示を最適化

【設定】→【画面表示と明るさ】→【True Tone】のON/OFFを切り替える【設定】→【画面表示と明るさ】→【True Tone】のON/OFFを切り替える
【設定】→【画面表示と明るさ】→【True Tone】のON/OFFを切り替える

ディスプレイの色・明度を周りの光に合わせて自然に表示してくれるTrue Tone。デフォルトではONになっていますが、やや黄色みがかった色になるので、この色味が好みじゃない人はOFFに切り替えてもいいかもしれません。

8. 「スクリーンタイム」で管理・制限する

【設定】→【スクリーンタイム】【設定】→【スクリーンタイム】
【設定】→【スクリーンタイム】

スクリーンタイムは、画面を見ているときにユーザーがどのように時間を費やしているのかリアルタイムでまとめたレポートを確認することができるiOS 12の新機能です。

同時に、制限を設けてiPhoneの使い方を管理することができます。

【休止時間】を設定すると、「画面を見ないようにする休憩時間」を設定できる【休止時間】を設定すると、「画面を見ないようにする休憩時間」を設定できる
【休止時間】を設定すると、「画面を見ないようにする休憩時間」を設定できる

休止時間をONにして開始・終了時間を設定すると、その間は許可したAppと電話以外のアプリが使用できなくなります。

例えば、「夜間はSNSやゲームができないようにする」などの制限を設定することができます。

【常に許可】するAppを選択【常に許可】するAppを選択
【常に許可】するAppを選択

休止時間の間でも使いたいAppは、【常に許可】の項目から自由に追加することができます。

【Appの使用時間の制限】→【制限を追加】の順に進む【Appの使用時間の制限】→【制限を追加】の順に進む
【Appの使用時間の制限】→【制限を追加】の順に進む
App・カテゴリの1日あたりの利用時間を設定することもできる
App・カテゴリの1日あたりの利用時間を設定することもできる

SNSやゲームなどのカテゴリ、特定のアプリの1日あたりの使用時間を制限することも可能。つまり「ゲームは1日何時間まで」といった管理ができるというわけです。

また、使用時間は曜日ごとに設定することも可能。例えば、「休日だけは制限をつけない」など、細かく設定することもできます。

9. 「おやすみモード」で通知を制限する

【設定】→【おやすみモード】と進み、ON/OFFを切り替える【設定】→【おやすみモード】と進み、ON/OFFを切り替える
【設定】→【おやすみモード】と進み、ON/OFFを切り替える

おやすみモードをONにすると、通知音や着信音が鳴らなくなります。マナーモードと違って、通知自体が来なくなります。集中したいとき、ゆっくり寝たいときなどには、とても便利な機能です。

【常に知らせない】にチェックすると、iPhoneの使用中も通知が来ない
【常に知らせない】にチェックすると、iPhoneの使用中も通知が来ない

【常に知らせない】に設定すると、iPhoneを使っているときでも通知が来ないようにすることができます。ゲームで遊んでいるときや電子書籍を読んでいるときなど、通知に邪魔されたくないシチュエーションにオススメです。

時間指定も可能
時間指定も可能

指定した時間帯に自動でONになるように設定することもできます。ぐっすり寝たい時間など、毎日決まった時間に通知が来ないようにしたい人にはこちらもオススメ。

コントロールセンターからも、おやすみモードを設定できるコントロールセンターからも、おやすみモードを設定できる
コントロールセンターからも、おやすみモードを設定できる

コントロールセンターのおやすみモードアイコンを強く押すと、メニューが展開。「1時間」「今日の夜まで」「この場所から出発するまで」といったように、大まかにおやすみモードを指定することができます。

下部のスケジュールをタップすると設定画面に遷移するので、細かく時間指定したい場合はこちらから設定しましょう。

スケジュールに基づいてONにすることも可能スケジュールに基づいてONにすることも可能
スケジュールに基づいてONにすることも可能

カレンダーにスケジュールが入っている場合、先程のメニューに【このイベントが終了するまで】という項目が追加されます。会議などのタイミングや、集中したい作業がある場合に便利です。

一部の着信を許可する設定も可能一部の着信を許可する設定も可能
一部の着信を許可する設定も可能

おやすみモードがONのときでも、許可した人からの着信やメッセージの場合は通知するように設定することもできます。

選択できるのは、「全員」「だれも許可しない」「よく使う項目」「グループ」の4項目。「よく使う項目」は連絡先Appでよく使う項目に追加した人、「グループ」は連絡先Appで設定したグループです。これらを指定する際は、あらかじめ連絡先Appで設定しておきましょう。

10. 「ミー文字」を作成する

アニ文字アイコンをタップし、右スワイプして【+】(新しいミー文字)をタップアニ文字アイコンをタップし、右スワイプして【+】(新しいミー文字)をタップ
アニ文字アイコンをタップし、右スワイプして【+】(新しいミー文字)をタップ

iOS 12から追加された、ミー文字の作成方法を紹介。ミー文字は、メッセージAppから作成します。

ミー文字を作成して【完了】をタップミー文字を作成して【完了】をタップ
ミー文字を作成して【完了】をタップ

肌の色やそばかすの有無、髪型・髪色を変えたり、メガネや帽子を追加することもできます。

メニューから編集・複製・削除が可能メニューから編集・複製・削除が可能
メニューから編集・複製・削除が可能

使い方まとめ:iOS 12から追加された新機能も試してみよう

iPhone XSを使う上で便利だと思う機能や設定を紹介しました。iOS 12になって追加された新機能・進化して使いやすくなった機能もあるので、iPhone Xを使っているという人もぜひ参考にしてみてください。

iPhone XSで初めてホームボタンのないiPhoneを使うという人は、最初のうちはジェスチャー操作になれなかったりすると思いますが、慣れるとホームボタンを押さなくていいのがラクだと思うようになると思いますよ。

販売サイトはこちら

この記事を書いた人

でこい

でこい
スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。

  • 目次

Appleの商品

iPhoneの商品