モバレコTOP Apple iPhone XR iPhone XRの設定

Apple iPhone XRの設定

カラー
発売日
2018年10月
  • 豊富なカラーバリエーション
  • ホームボタンのない大画面ディスプレイ
  • メインカメラ 1200万画素
  • フロントカメラ 700万画素
  • 画面サイズ

    6.1インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1200万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    -

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    150.9mm× 75.7mm× 8.3mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    iPhone XR

    91,584円~ (税込)

    ※SoftBankの支払い回数については48回払いになります。
    ※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
    プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。

カートに入れる
iPhone XRを快適に使うための9つの設定&便利機能を徹底解説!!

2018年10月26日にApple(アップル)から発売された、「iPhone XR(アイフォーン・テン・アール)」。iPhone最新モデルのなかでも、ポップなカラーリングと普及を狙った価格設定で注目されている端末です。

ここでは、iPhone XR購入後に見直しておきたい設定項目や、追加された新機能などを徹底チェック! これを見ておけばiPhone XR購入後の設定やiOS12の注目機能をバッチリ押さえられますよ。ぜひ参考にしてみてください。

販売サイトはこちら

目次:

1. 「Face ID」を設定する

【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】の順に進む【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】の順に進む
【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】の順に進む
画面の指示に従って、顔の情報を登録する
画面の指示に従って、顔の情報を登録する

iPhone XRではホームボタンが廃止されており、生体認証が従来の指紋認証から顔認証の「Face ID」へと変わりました。画面を見つめるだけでロック解除できる便利な機能なので、まずはこちらを設定していきましょう。

設定画面を表示したら、画面の指示に従ってグルッと顔を回しましょう。すると、あなたの顔を正確にマッピングして記録することができます。一度設定しておけばロック解除はもちろん、ApplePay支払い時の認証、パスワードの自動入力など、さまざまなシーンで素早く認証を行えます。

2.新機能「Haptic Touch」をマスターする

ロック画面のLEDライトやカメラを長押しで素早く起動させることができます
ロック画面のLEDライトやカメラを長押しで素早く起動させることができます
キーボードのカーソル合わせなどでも利用できます
キーボードのカーソル合わせなどでも利用できます

最新モデルのiPhone XS / XS Maxを含む、iPhone 6以降(iPhone SEを除く)の機種では、画面を押し込む「3D Touch」という操作が採用されていました。しかし、iPhone XRでは「Haptic Touch」という新機能に置き換えられています。

具体的な違いは、従来の「押し込む」操作から「長押しする」操作に変更されたこと。例えば、ロック画面のLEDライトやカメラのアイコンを長押しで素早く起動させることができます。また、キー入力時ではスペースキーを長押しすると、カーソル合わせ機能として活用することも。他にも、コントロールセンターの設定グループを展開する際などでも利用できます。

こちらは「3D Touch」採用のiPhone XS Maxの画面。「押し込む」操作に対応していますこちらは「3D Touch」採用のiPhone XS Maxの画面。「押し込む」操作に対応しています
こちらは「3D Touch」採用のiPhone XS Maxの画面。「押し込む」操作に対応しています

しかし、現状の利用シーンは、非常に限定的。「3D Touch」では画面を押し込むことで、アプリのショートカットメニューを表示したり(写真左)、URLのプレビューを表示できました(写真右)が、こうした機能は利用できません。iPhone XRの場合は「押し込む」強さを認識できず、画面をタッチしている時間で判断して該当する操作とフィードバックを返している挙動になっています。

現状では「3D Touch」から機能がシュリンクされているだけという印象ですが、将来的に対応機能・アプリも拡張されていくと思われるので、今のうちから使い方をマスターしておきましょう。…と言っても、特に設定が必要な部分は無く、長押しするだけなので簡単です。

3.詳細なバッテリー残量やコントロールセンターを表示する

画面右上から下にスワイプすると、コントロールセンターを表示できる
画面右上から下にスワイプすると、コントロールセンターを表示できる

ホームボタンがあった頃のiPhoneは、設定からバッテリー残量を%で表示することができました。しかし、iPhone XRではアイコン表示のみで、常時表示ではなくなっています。

バッテリー残量を%で詳細に確認したいときは、画面右上から下にスワイプしてコントロールセンターを開きましょう。コントロールセンターの機能と同時に、バッテリー残量が%で表示されます。

4.カメラの画質設定を見直す

【設定】→【カメラ】の順に進むと、カメラの各種設定を見直せます【設定】→【カメラ】の順に進むと、カメラの各種設定を見直せます
【設定】→【カメラ】の順に進むと、カメラの各種設定を見直せます

カメラの画質をAndroidほど柔軟に変更することはできませんが、カメラの設定項目は用意されています。こちらではグリッドの表示やビデオ撮影、スローモーション撮影時の記録サイズ(動画の大きさ)、フレーレート(滑らかさ)が変更可能。また、HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影機能である「スマートHDR」のオン・オフ切替なども行えます。

基本的には初期設定のままで問題ありませんが、ビデオ撮影を高画質でなめらかに行ないたい場合は記録サイズやフレームレートを調整しましょう。

5.画面の消灯時間を見直す

【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】の順に進む【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】の順に進む
【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】の順に進む
画面の消灯時間を好みのものに変更
画面の消灯時間を好みのものに変更

初期設定ではすぐに画面が消えてしまうため、こちらも初めに見直しておきたい設定です。【画面表示と明るさ】から【自動ロック】を開くと、消灯時間を変更することができます。Face IDの認識は高速なものの、すぐにスリープ状態になってしまうとストレスになるので、好みの時間に見直しておくと快適さがアップします。

なお、同時に【手前に傾けてスリープ解除】を有効にすると、iPhoneを持ち上げるだけでスリープが解除されるのでおすすめです。また、【画面表示と明るさ】の項目では、画面の明るさや後述する「Trune Tone」などの設定も行えます。

6.表示色を最適化する「TrueTone」

【設定】から【画面表示と明るさ】を開くと、【True Tone】のオン・オフが切り替えられます【設定】から【画面表示と明るさ】を開くと、【True Tone】のオン・オフが切り替えられます
【設定】から【画面表示と明るさ】を開くと、【True Tone】のオン・オフが切り替えられます

消灯時間と同時に画面の設定でチェックしておきたいのが、環境光に合わせて画面の見た目を均一に保ってくれる「True Tone」。朝・昼・夜、環境や時間帯によって光の色や強さが変わります。その時々のシーンに合わせて最適な表示にしてくれるので、ぜひ有効にしておきたい機能です。

初期設定ではオンになっているので特に調整は不要ですが、もし写真や画面の明るさを見比べたい場合など、調整前の色合いをチェックしたい場合は機能をオフにすることもできます。

7.片手で操作できるようにキーボードの位置を変更

キーボードの地球マークを長押しすると、キーボードを左右に寄せることができますキーボードの地球マークを長押しすると、キーボードを左右に寄せることができます
キーボードの地球マークを長押しすると、キーボードを左右に寄せることができます

片手操作派にはぜひともチェックしてほしい機能が、「キーボードの右寄せ・左寄せ」です。キーボード画面の地球マークを長押しすると、キーボードを左右に寄せることができます。iPhone XRはギリギリ片手入力ができないサイズなので、片手で入力したい場合はこの機能を利用しましょう。

8.iPhoneの使用状況を「スクリーンタイム」でモニタリング

【設定】→【スクリーンタイム】の順にタップ【設定】→【スクリーンタイム】の順にタップ
【設定】→【スクリーンタイム】の順にタップ

「スクリーンタイム」は“どれだけiPhoneを利用しているか?”“どんな用途で利用しているのか?”をモニタリングできるiOS12の新機能です。自分のiPhoneの使い方などを細かくチェックできるうえに、必要に応じて利用制限をかけることもできます。

1日単位や過去7日間のデータがチェックできる。ウィジェットから確認することも可能1日単位や過去7日間のデータがチェックできる。ウィジェットから確認することも可能
1日単位や過去7日間のデータがチェックできる。ウィジェットから確認することも可能

「よく使われたもの」の項目を見ると、自分が日常的にどんなアプリやコンテンツを楽しんでいるのか、はたまた“もしかしたら依存しているのでは…”なんてことまでチェックできるユニークな機能です。

「スクリーンタイム」はウィジェット画面からも確認できるので、1日の終わりに今日はiPhoneとどんな体験をして過ごしたのか、振り返ってみてはいかがでしょうか。

9.自分だけの顔文字「ミー文字」を作ってみよう

「メッセージ」アプリで自分だけの顔文字が作れます「メッセージ」アプリで自分だけの顔文字が作れます
「メッセージ」アプリで自分だけの顔文字が作れます

「メッセージ」アプリで利用できる、顔認証機能を活用したアニメーション絵文字「アニ文字」。iPhone XRではその進化系である「ミー文字」を作成できます。これは自分でオリジナルのキャラクターを作成できる機能。顔の形、肌の色、髪型、目や鼻の形など、さまざまな要素を組み合わせて、自分にそっくりなキャラクターを作ってみましょう!

うまくできたらメッセージで相手に送ってみましょう
うまくできたらメッセージで相手に送ってみましょう

自分そっくりなキャラクターに表情や声を乗せて相手に送れるので、新しいコミュニケーションの方法としてユニークな機能です。iPhone同士の会話でしかやり取りできませんが、ぜひ利用してみましょう。

使い方まとめ:変更点が多いものの、持ち前の使いやすさはそのまま!

これまでホームボタンがあるiPhoneを利用していた方がiPhone XRに機種変更すると、最初は操作に戸惑う部分があるかもしれません。しかし、使い始める前に簡単に操作を覚えられるチュートリアルもきちんと用意されています

しっかりとしたフォローをしてくれるうえに、ちょっと設定画面をいじれば、さらに自分好みのスマホへとカスタマイズできるのもiPhone XRの強み。ぜひ気になるポイントを見直して、iPhoneライフを充実させていきましょう!

販売サイトはこちら

この記事を書いた人

小暮ひさのり

小暮ひさのり
群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。

  • 目次

Appleの商品

iPhoneの商品