モバレコTOP Apple iPhone X iPhone Xのレビュー

Apple iPhone Xのレビュー

カラー
発売日
2017年11月

画面上部にノッチと呼ばれる切り欠きを設け、本体サイズの限界まで拡大された狭額縁ディスプレイが特徴。従来の「Touch ID」に代わり、顔認証機能の「Face ID」を搭載しました。

  • 画面サイズ
    5.8インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+1200万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    -

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    143.6mm× 70.9mm× 7.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    Apple Pay

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
他のキャリア・MVNOの料金も確認する
※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。
注目機種「iPhone X」を徹底レビュー!10周年を節目に史上最大の変化を遂げたプレミアムモデル

2017年11月3日に発売された「iPhone X」。初代iPhoneから10周年を記念して、Xはテンと読みます。あえてローマ数字にしているのがなんともAppleらしいですね。

iPhone 7 / 7 Plusの後継機はiPhone 8 / 8 Plusで、iPhone Xはプレミアムモデルという位置付けです。iPhoneの基礎を築き上げたと言っても過言ではないホームボタンが削ぎ落とされ、外観と操作方法が大きく変わっています。

ホームボタンの廃止やOLEDパネルのオールスクリーンを搭載するなど、これまでに無い新たな取り組みが存分に詰まった機種です。

外観・デザインをチェック

限界まで表示領域を広げて画面占有率を高めたオールスクリーンは、大画面をコンパクトに収めています。狭額縁やベゼルレスとも言われていて、スマートフォン業界では主流になりつつあるデザインです。

背面の素材はガラスで、メタルボディでは実現できなかったワイヤレス充電(Qi)に対応しています。細かいことですが、今までiPhoneロゴの下に入っていた細かい文字やマークがなくなりました。

フレーム部分はiPodを彷彿とさせる鏡面仕上げです。高級感はありますが、指紋や傷が目立つので、注意して扱いたいところ。

驚異的で圧倒的なスペックを確認

サイズ 高さ 約143.6 × 幅 約70.9 × 厚さ 約7.7mm
重量 約174g
OS iOS 11
チップ A11 Bionic + M11モーションコプロセッサ
RAM 3GB
ROM 64GB / 256GB
ディスプレイ 対角5.8インチ HDRディスプレイ
解像度 2,436×1,125
カメラ アウトカメラ:約1,200万画素(広角カメラおよび望遠カメラ)
インカメラ:約700万画素
カラー スペースグレイ / シルバー
備考 防沫・耐水・防塵 / Face ID/ Apple Pay / ワイヤレス充電 / 高速充電
AnTuTu Benchmark v6.3のスコアGeekbench 4のスコア
AnTuTu Benchmark v6.3(左)とGeekbench 4(右)のスコア

ベンチマークアプリを走らせてみたところ、とてつもない高スコアを叩き出しました。iPhone 7 / 7 PlusのA10 Fusionと比較してCPUが最大70%、GPUは25%高速化されています。これだけの性能があれば何をしても快適です。

A11 Bionicチップは性能が向上しただけでなく、機械学習の専用ハードウェアとしてニューラルエンジンを搭載しています。後述するFace IDやアニ文字など、新機能のバックボーンとして重要な役割を担っています。

新機能と特徴をまとめてチェック

隅々までディスプレイ
隅々までディスプレイ

本体の形状に合わせてディスプレイがカーブしており、前面はほぼ画面です。大画面ながらコンパクト。まるで画面を持っているようで、今までのiPhoneでは感じたことがない新鮮な感覚です。

プリインストールのマップGoogle マップ
プリインストールのマップ(左)とGoogle マップ(右)

iPhone Xに非対応のアプリは上下に黒帯が表示され、オールスクリーンの恩恵を受けることができません。発売直後なので仕方ないのですが、近いうちに大半のアプリが対応すると思うので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

LCDでは表現できない美しさ
LCDでは表現できない美しさ

iPhone XはOLED(有機EL)を採用しており、従来のLCD(液晶)より格段に綺麗です。OLEDはそれぞれの画素が自発光するという特徴があり、特に純黒は発光させないため、沈み込んだような深い黒を表現できます。写真ではわかりにくいので、ぜひ実機を見てください。

ホームインジケータがホームボタンの代わり
ホームインジケータがホームボタンの代わり

ホームボタンがあったところにホームインジケータが表示されています。ここをスワイプしたり、サイドボタンを使うことで同等の操作ができます。最初は戸惑いましたが、慣れてしまえば意識しなくても自然に使えます。操作方法を表にまとめました。

ホームボタン ジェスチャーとサイドボタン
ホームに戻る 1回押す 下部から上にスワイプ
マルチタスク 2回押す 下部から上にスワイプしてホールド
Appの中で別のAppに切り替え 該当操作なし 下部にそって右にスワイプ
簡易アクセス 2回タップ 下部から下にスワイプ
Siriを起動 長押し サイドボタンを長押し
ロック画面でApple Payを使う 2回押す サイドボタンを2回押す
スクリーンショット サイドボタンと同時押し サイドボタンとボリュームアップボタンの同時押し

使ってみて意外と便利だったのは、Appの中で別のAppに切り替えです。要するに、マルチタスクで別のAppに切り替えるのと同じですが、スワイプだけでポンポン切り替えられるのは便利です。

一方で不便になった操作もあります。画面を下げる簡易アクセスの操作は、そもそも下部から下にスワイプというジェスチャーが少し難しく、ケースを装着すると指が当たって使いづらいです。

置くだけで充電できる
置くだけで充電できる

ワイヤレス充電にはいくつか規格があって、その中でもポピュラーなQiに対応しています。Qiの充電パットは製品数が多いのも嬉しいポイント。充電速度は有線より遅いものの、やはり無線で充電できるのは便利です。

顔を登録しておくと、見るだけでロック解除や支払いができる
顔を登録しておくと、見るだけでロック解除や支払いができる

ホームボタンと共にTouch ID(指紋認証)は無くなってしまいましたが、Face ID(顔認証)が使えます。3万以上のドットを顔に投射して深度マップを作成することで、正確に認識します。

赤外線カメラを搭載しており、暗所でも使用可能です。また、機械学習で外見の変化を識別できるので、帽子を被ったりメガネをかける程度であれば問題なく認識してくれますが、マスクなど顔の大半を覆っていると認識できません。

所有者だけが通知内容を確認できる仕組み所有者だけが通知内容を確認できる仕組み
所有者だけが通知内容を確認できる仕組み

今までロック画面の通知内容は丸見えでしたが、iPhone XはFace IDで認証後に表示されるためセキュアです。Touch IDはホームボタンで復帰して認証すると通知を見る間もなくホーム画面に遷移してしまい、通知を確認するためにはわざわざサイドボタンを押す必要があったので、地味ですが便利だと感じた部分です。

プリインストールされているメッセージでアニ文字を作成
プリインストールされているメッセージでアニ文字を作成
一度送信したアニ文字はロングタップすると保存できる
一度送信したアニ文字はロングタップすると保存できる
顔の動きとキャラクターが連動する

メッセージでしかアニ文字を作成できませんが、カメラロールに動画として保存できます。表情と声を伝えることができるので、TwitterやFacebookなどのSNSで使っても面白いと思います。

切り欠きは好みが分かれそう
切り欠きは好みが分かれそう

切り欠き部分(センサーハウジング)にはスピーカーとフロントカメラ、TrueDepthカメラのセンサー群が並んでいます。ディスプレイはこのセンサーハウジングを避けているため、凹んだ形状になっています。

ここの切り欠きについては発売前から賛否両論あります。実際手にしてもイケてないなと感じているのが正直なところですが、慣れると案外気にならないものです。しかし、せっかく有機ELなのだから切り欠き周辺を黒くしてベゼルと同化してほしいと思っているのは筆者だけではないはず。

ステータスバーの比較
ステータスバーの比較

見た目の好みは個人の主観なので置いておいて、重要なのはステータスバーの領域です。左右の隅だけになったので、今までよりも表示できる領域が狭くなります。よって、バッテリー残量(%)やBluetoothアイコンなどは表示されません

溢れた分はコントロールセンターに表示される
溢れた分はコントロールセンターに表示される

入りきらない情報やアイコンは、右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開くと確認できます。イケてない切り欠きによって一手間増えましたが、頻繁に確認するわけではないので割り切るしかありません。

カメラ性能をチェック

広角と望遠のデュアルカメラ
広角と望遠のデュアルカメラ

広角カメラに加え、2倍で撮影できる望遠カメラが縦に配置されています。同じくデュアルカメラを搭載しているiPhone 7 Plus / 8 Plusよりも、平面に置いた時は不安定でガタガタします。気になったらケースでフラットにするのがおすすめです。

それでは本題のカメラ性能を見ていきましょう。広角カメラと望遠カメラ、ポートレートの作例を用意しました。写真をクリックまたはタップすると大きなサイズで表示されます。

ローストビーフ丼 肉汁が溢れ出すハンバーグ 極厚のラム肉 壺漬け 新宿御苑 新宿御苑 夜景 イルミネーション

全て広角カメラで撮影した作例です。iPhoneのカメラは以前から高く評価されているだけあって、適当に撮ってもいい感じになるのがすごいところ。広角カメラの性能は従来モデルから据え置きですが、食べ物や風景、夜景も綺麗に撮影できました。

iPhone X カメラ作例:広角
広角
iPhone X カメラ作例:望遠(2倍)
望遠(2倍)
iPhone X カメラ作例:デジタルズーム(10倍)
デジタルズーム(10倍)

iPhone Xではカメラ性能もかなり改善されています。F値が小さくなり光の取り込み量が増えたことと、光学式手ブレ補正を搭載した効果を実感できました

進化したポートレート撮影
進化したポートレート撮影

ポートレートモードはデュアルカメラのiPhone 7 Plusから追加された機能で、被写体の背景をぼかします。iPhone XとiPhone 8 Plusでは、新たにポートレートライティングが利用できます。撮影時は望遠カメラに切り替わるので、距離を取るのがコツです。

iPhone X カメラ作例:自然光
自然光
iPhone X カメラ作例:スタジオ証明
スタジオ証明
iPhone X カメラ作例:輪郭強調証明
輪郭強調証明
iPhone X カメラ作例:ステージ照明
ステージ照明
iPhone X カメラ作例:ステージ照明(モノ)
ステージ照明(モノ)

ポートレートモードで撮影した写真は、後でライティングを変更できます。5種類あるので、被写体の魅力を引き出すものを選ぶといいでしょう。

iPhone X カメラ作例:ポートレート成功例
ポートレート成功例
iPhone X カメラ作例:ポートレート失敗例
ポートレート失敗例

成功すると凄くいい写真になりますが、ソフトウェアでボケを処理しているため、失敗してしまうことも。特に細い部分がある被写体は苦手で、変なところがボケてしまいます。

評価まとめ

iPhone Xはホームボタンの廃止やOLEDパネルのオールスクリーンを搭載するなど、今までほとんど手付かずだった部分が大胆に変更されました。無くなったものについては代替機能が用意されているため、操作に慣れてしまえば快適に使えました。

新たに搭載されたFace IDの認証速度は、思っていたよりも高速で実用的。筆者はTouch IDの代替としてすんなり受け入れることができましたが、マスクをよく着用する人や持った瞬間にロック解除したい人にはネックになるかもしれません。

気になる方はぜひ実機を触っていただいて、操作感を把握してから検討してみてください。

この記事を書いた人

あさひな

あさひな
マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。

Appleの商品

iPhoneの商品