モバレコTOP Apple iPhone X iPhone Xの設定

Apple iPhone Xの設定

カラー
発売日
2017年11月

画面上部にノッチと呼ばれる切り欠きを設け、本体サイズの限界まで拡大された狭額縁ディスプレイが特徴。従来の「Touch ID」に代わり、顔認証機能の「Face ID」を搭載しました。

  • 画面サイズ
    5.8インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+1200万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    -

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    143.6mm× 70.9mm× 7.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    Apple Pay

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
他のキャリア・MVNOの料金も確認する
※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。
iPhone Xを購入したら設定しておきたい7つの項目&新しい操作方法

2017年11月3日に発売されたiPhone Xは、これまでのiPhoneシリーズに大きな変革を取り入れた“まったく新しいiPhone”として注目を集めました。iOSなので従来と共通の部分もありますが、一部は2017年発売のiPhoneから搭載された設定項目もあります。ホームボタンがなくなったiPhone Xならではの使い始める前に知っておきたい操作方法もまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

歯車マークの「設定」をタップ
歯車マークの「設定」をタップ

まず最初に、ホーム画面の設定をタップして設定画面を開きます。ここから、以下の手順を参考に設定してみてください。

目次:

1. Face IDで顔を登録

【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】
【設定】→【Face IDとパスコード】→【Face IDを設定】
3万以上のドットを顔に投射して深度マップを作成する
3万以上のドットを顔に投射して深度マップを作成する

Face IDはTouch IDの代わりに搭載された生体認証です。必須といっても過言ではない便利な機能で、設定手順も簡単。購入したら、最初に設定しておきましょう。

枠内に顔が収まる位置でグルッと回す動作をすれば深度マップが作成され、ロック解除や決済などができるようになります。

2. コントロールセンターをカスタマイズ

コントロールセンター
コントロールセンター
【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールセンターをカスタマイズ】【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールセンターをカスタマイズ】
【設定】→【コントロールセンター】→【コントロールセンターをカスタマイズ】
新しいコントロールを配置したり、整理できる
新しいコントロールを配置したり、整理できる

コントロールセンターは、すばやく設定を操作したりAppが使える画面。操作しやすいように位置を変更したり、使用頻度に合わせて項目の追加・削除を行えばもっと便利に活用できます。自分好みにカスタマイズしてみましょう。

3. 夜は目にやさしいNight Shiftを使おう

【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】
【設定】→【画面表示と明るさ】→【Night Shift】
時間を指定したり、色温度を調整できる
時間を指定したり、色温度を調整できる

Night Shift は、ディスプレイの色を目にやさしい暖色系の色域に切り替える機能です。初期設定では日の入りから日の出までオンになりますが、任意の時刻に変更可能。また、スライドバーを動かして色温度を調整することもできます。

4. 表示色を最適化するTrue Tone

【設定】→【画面表示と明るさ】→【True Tone】【設定】→【画面表示と明るさ】→【True Tone】
【設定】→【画面表示と明るさ】→【True Tone】

ディスプレイの色と明度を周囲の光に合わせてより自然に表示してくれるTrue Tone。デフォルトではONになっていますが、やや黄色味がかった色になるので好みが分かれそうなところです。一度切り替えてみて、気に入った方に設定するといいでしょう。

5. 寝るときはおやすみモード

【設定】→【おやすみモード】【設定】→【おやすみモード】
【設定】→【おやすみモード】

おやすみモードを有効にすると、通知音や着信音が鳴らなくなります。マナーモードとの違いは、通知の有無です。集中したいときや、ゆっくり寝たいときにとても便利。細かく設定すれば、重要な着信には対応するようにもできます。

【時間帯を指定】
【時間帯を指定】

指定した時間帯だけ、自動でオンにすることもできます。バイブだけでも起きてしまうという人は、ぐっすり寝たい時間帯に設定しておくのがオススメです。

【着信を許可】【着信を許可】
【着信を許可】

許可した人からの着信だけを受けられるようにする設定方法です。「全員」を選択してしまうと、おやすみモードの意味があまりないので、自然と「だれも許可しない」「よく使う項目」「グループ」の3択になると思います。

「よく使う項目」は連絡先Appでよく使う項目に追加した人、グループは連絡先Appで設定したグループです。これらを指定する場合は、あらかじめ連絡先Appで設定しておきましょう。

6. 低電力モードで電池長持ち

【設定】→【バッテリー】→【低電力モード】【設定】→【バッテリー】→【低電力モード】
【設定】→【バッテリー】→【低電力モード】

メールの取得やAppのバックグラウンド更新ができなくなるなどの一部機能に制限がかかりますが、低電力モードをオンにするとバッテリーを長持ちさせることができます。バッテリー残量が心もとないとき、すぐ充電できない場所にいるのであれば低電力モードに切り替えておくと安心です。

7. いざという時に備えてメディカルIDを設定

【設定】→【緊急SOS】→【”ヘルスケア”で緊急連絡先を設定】【設定】→【緊急SOS】→【”ヘルスケア”で緊急連絡先を設定】
【設定】→【緊急SOS】→【”ヘルスケア”で緊急連絡先を設定】
メディカルIDで健康関連の情報と緊急連絡先を設定
メディカルIDで健康関連の情報と緊急連絡先を設定

まず、緊急SOSで使用する連絡先を設定します。ヘルスケアAppでは生年月日、身長、血液型などの健康関連の情報を入力し、メディカルIDを設定します。この情報はロックを解除しなくても見ることができるため、万が一に備えて設定しておきましょう。

iPhone Xを使うなら知っておきたい操作方法

一番右がiPhone X。ホームボタンがなくなっています
一番右がiPhone X。ホームボタンがなくなっています

ホームボタンが廃止されたiPhone X。それに伴い、操作方法が大幅に変更されています。これまでホームボタンを使用していた操作はもちろんですが、コントロールセンターを開く方法などの基本操作にも一部変更が出ています。

操作方法
ホームに戻る 下部から上にスワイプ
マルチタスク 下部から上にスワイプしてホールド
Appの中で別のAppに切り替え 下部にそって右にスワイプ
簡易アクセス 下部から下にスワイプ
Siriを起動 サイドボタンを長押し
Apple Payを使う サイドボタンを2回押す
スクリーンショットを撮る サイドボタンとボリュームアップボタンの同時押し
コントロールセンター 右上から下にスワイプ
電源を切る サイドボタンとボリュームボタンの同時長押し

上記の操作はiPhone Xから採用されました。ホームに戻るなど基本的な操作はすぐに覚えられると思いますが、スクリーンショットや電源を切るなど使用頻度が低い操作も頭の片隅に置いておくと役に立つかもしれません。

使い方まとめ:設定と同時にiPhone Xの操作方法も押さえておきましょう

iPhone Xは本体が小さく、画面が大きいため、片手操作や文字サイズなどの設定よりも重要度が高いと感じたオススメ設定を7項目ご紹介しました。購入したら参考に設定してみてください。

また、従来のiPhoneから変更された操作も表にまとめました。慣れ親しんだ操作が使えず、新しい操作方法を知っていなければ使えないので、設定と同時におさえておきたいポイントです。

この記事を書いた人

あさひな

あさひな
マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。

Appleの商品

iPhoneの商品