【忘れ物防止IoTタグ】MAMORIO S 購入者でLINE友だちになっていただいた方にはamazonギフト券500円分プレゼント!
対象商品はこちら

モバレコTOP ASUS ZenFone Max (M1) ZenFone Max (M1)の設定

ASUS ZenFone Max (M1)の設定

カラー
発売日
2018年9月
  • 4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、モバイルバッテリーとしても活躍
  • 超狭額ベゼル設計で、コンパクトな本体に5.5型のディスプレイを搭載
  • デュアルSIMとmicroSDカードが同時利用できるトリプルスロットを搭載
  • メインカメラ 1300万+800万画素
  • フロントカメラ 800万画素
  • 画面サイズ

    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1300万+800万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    4,000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    147.3mm× 70.9mm× 8.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    非対応

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
カートに入れる
「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」を快適に使うために知っておきたい8つの設定・便利機能

2018年9月21日(金)に発売されたASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」。2万円台で購入できる低価格のスマホながら本体の質感が高く、普段使いにピッタリな性能を持ち合わせたコスパに優れたモデルです。

画面占有率82%のフルビューディスプレイや標準・望遠を切り替えられるデュアルレンズカメラ、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、指紋認証と顔認証の両方に対応しています。

ASUS独自の便利機能も多数内蔵されているので、全部の機能を使いこなすのは正直難しいかもしれません。そこで本記事では「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」を購入したら設定しておきたい8つの初期設定・便利機能をピックアップしてご紹介します。

▼ZenFone Max (M1)をお得に購入する方法はこちら

目次:

1. SIMカードの挿入とAPNの設定

SIMカードの挿入位置は左側面にある
SIMカードの挿入位置は左側面にある

まずは、「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」にSIMカードを挿入しましょう。SIMトレイは、左側面に配置されています。付属のSIMピンをトレイの穴に向かって挿入すると、SIMトレイが飛び出てきます。

SIMピンを使ってトレイを取り出し、SIMカードを載せる
SIMピンを使ってトレイを取り出し、SIMカードを載せる

SIMトレイを取り出したら、上の写真のようにSIMカードを載せて元の位置に戻します。左の空きスペースはmicroSDを挿入するスペースなので、間違えないようにご注意ください。

SIMカード挿入後、設定画面からAPN設定を行っていきます。

設定画面から【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】の順に選択設定画面から【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】の順に選択
設定画面から【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】の順に選択
SIM(SIM1 / SIM2)の【アクセスポイント名】を選択
SIM(SIM1 / SIM2)の【アクセスポイント名】を選択
使用する通信事業者を選択
使用する通信事業者を選択

設定画面から【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順に進んで、使用する通信事業者の名前を探して選択します。しばらくして、右上に「LTE」もしくは「3G」マークが表示されれば設定完了です。

該当する通信事業者が無いときは、右上の【+】をタップして手動で追加しましょう該当する通信事業者が無いときは、右上の【+】をタップして手動で追加しましょう
該当する通信事業者が無いときは、右上の【+】をタップして手動で追加しましょう

もしリストの中に使用する通信事業者の名前が見当たらない場合は、手動でAPN情報を入力して追加しましょう。手動でAPN設定をする方法は以下の記事を参考にしてください。

2. 指紋認証の設定方法

背面に指紋認証センサーを内蔵
背面に指紋認証センサーを内蔵

「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」は背面に指紋認証センサーを内蔵しており、指紋認証を使って画面ロック解除や有料アプリの決済などが実行できます。スマートフォンの中には個人情報が多く含まれているので、セキュリティ面でも購入したら最初に設定しておきたい項目です。

指紋認証を設定する際は、設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【指紋認証】の順に進んでください。あとは画面の指示に従って、指紋情報を登録していきましょう。

設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【指紋認証】の順に進む設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【指紋認証】の順に進む
設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【指紋認証】の順に進む
指紋の登録の前に、代替手段を登録します指紋の登録の前に、代替手段を登録します
指紋の登録の前に、代替手段を登録します
端末の起動時の保護や通知内容の表示を設定端末の起動時の保護や通知内容の表示を設定
端末の起動時の保護や通知内容の表示を設定
指紋センサーに指を置いて放す動作を完了するまで繰り返す指紋センサーに指を置いて放す動作を完了するまで繰り返す
指紋センサーに指を置いて放す動作を完了するまで繰り返す
指の位置を少しずらしながら登録していきます指の位置を少しずらしながら登録していきます
指の位置を少しずらしながら登録していきます
10回程度繰り返すと登録完了。【OK】を押すと、設定が有効になります10回程度繰り返すと登録完了。【OK】を押すと、設定が有効になります
10回程度繰り返すと登録完了。【OK】を押すと、設定が有効になります
指紋の登録は最大5つまで。名称の変更も可能指紋の登録は最大5つまで。名称の変更も可能
指紋の登録は最大5つまで。名称の変更も可能

指紋は、最大5本の指まで登録可能です。左右どちらの手で操作しているときでもロック解除ができるように、左右の人差し指と中指を登録するのがオススメです。

どの指を登録したか後から見ても分かりやすいように、登録した指紋情報に名前を付けておくと便利です。登録する指を変更したいときは、この画面で登録情報の削除ができるので覚えておきましょう。

その他の指紋センサーを使った機能として、着信に応答する機能も搭載されています。こちらの設定を有効にしておくと、スムーズに着信に対応できるので便利です。

▼ZenFone Max (M1)をお得に購入する方法はこちら

3. 顔認証の設定方法

「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」は顔認証にも対応しています。利用シーンに応じて指紋認証と併用できるので、一緒に設定しておきましょう。

顔認証を設定する際は、設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【顔認証】の順に進んで、顔データを登録してください。

設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【顔認証】の順に進む設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【顔認証】の順に進む
設定画面から【セキュリティと画面ロック】→【ロック画面】→【顔認証】の順に進む
注意事項を読んだら、【次へ】をタップ
注意事項を読んだら、【次へ】をタップ

顔認証はマスクやサングラスを着用していたり、厚化粧をしていると正しく認識できません。注意事項の内容に気をつけながら顔データを登録しましょう。

インカメラを使い、画面の枠の中に顔全体を収めるインカメラを使い、画面の枠の中に顔全体を収める
インカメラを使い、画面の枠の中に顔全体を収める
通知の表示を設定。【OKにする】を押せば、顔認証が有効になる。通知の表示を設定。【OKにする】を押せば、顔認証が有効になる。
通知の表示を設定。【OKにする】を押せば、顔認証が有効になる。
顔データの削除も同じフローから行える
顔データの削除も同じフローから行える

画面の指示に従い、インカメラを使って画面に表示される枠の中に自分の顔が収まるように位置を調整します。登録はアッという間に終わるので、すぐに顔認証が使えるようになります。

4. バッテリーモードを変更する

4,000mAhの大容量バッテリーを内蔵している「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」ですが、充電を忘れたりしてバッテリー残量が心配なときもあると思います。そんなときはバッテリーモードを省電力モードに変更して節約しましょう。

設定画面から【電池】→【バッテリーセーバー】の順に進むと、任意のバッテリーモードに切り替えられます。

設定画面から【電池】→【バッテリーセーバー】の順に進む設定画面から【電池】→【バッテリーセーバー】の順に進む
設定画面から【電池】→【バッテリーセーバー】の順に進む
任意のモードに変更する
任意のモードに変更する
【カスタマイズ】では画面の明るさとネットワークを変更できる
【カスタマイズ】では画面の明るさとネットワークを変更できる

バッテリーモードは「パフォーマンス」「スマート」「省電力」「スーパー節約」「カスタマイズ」の5つから選択可能。カスタマイズを選択すると、画面の明るさとネットワークを個別で設定することもできます。

バッテリーモードの下にある「スマート切り替え」の項目では、指定した電池残量や時間になるとスーパー節電モード(電話、SMS、アラームをスリープ状態にする)に自動で切り替わるように設定できます。電池残量が少なくなった緊急時に、とても助かる便利機能ですね。

反対に、ゲームや映像再生のパフォーマンスを重視する方は「パフォーマンス」モードにするとCPUに高負荷がかかる動作の際に性能向上が見込めます

▼ZenFone Max (M1)をお得に購入する方法はこちら

5. ナビゲーションバーの並び順を変更する

デフォルトのナビゲーションバーは、「バック」「ホーム」「タスク」の並び順になっています。この順番をGalaxyシリーズなどのように、逆にすることができます。

変更したい場合は設定画面から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】→【ナビゲーションボタンの配置】の順に進み、任意の並び順を選択します。

【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】の順に進む【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】の順に進む
【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】の順に進む
【ナビゲーションボタンの配置】から並び順を選択【ナビゲーションボタンの配置】から並び順を選択
【ナビゲーションボタンの配置】から並び順を選択
マルチタスクボタン長押し時の動作も選択可能マルチタスクボタン長押し時の動作も選択可能
マルチタスクボタン長押し時の動作も選択可能

その他にも「マルチタスクボタンを長押し」した時の動作も「起動中のアプリを表示する」「マルチウィンドウ機能を有効にする」「スクリーンショットを保存する」の中から選択できます。筆者は、マルチウィンドウ機能を有効にして活用していました。

6. ツインアプリで2つのアカウントを使い分ける

ツインアプリは、1つのアプリを複製してそれぞれを独立したアプリとして使える機能です。別々のアカウントで同じアプリを利用できるので、LINEやFacebookなどのマルチアカウントに対応していないアプリでもアカウントを使い分けできます。

ツインアプリを有効にするには、設定画面から【拡張機能】→【ツインアプリ】と進み、対象アプリの設定をオンにします。

設定画面から【拡張機能】→【ツインアプリ】の順に進む設定画面から【拡張機能】→【ツインアプリ】の順に進む
設定画面から【拡張機能】→【ツインアプリ】の順に進む
アプリを追加するには少し時間が掛かるアプリを追加するには少し時間が掛かる
アプリを追加するには少し時間が掛かる
アプリが追加されるとドロワー画面にアプリが2つ並ぶアプリが追加されるとドロワー画面にアプリが2つ並ぶ
アプリが追加されるとドロワー画面にアプリが2つ並ぶ

設定をオンにすると、ドロワー画面に同じアプリのアイコンが2つ並びました。複製したアプリには左下にオレンジのアイコンが表示されるので、どちらのアカウントでログインしているか判別することができます。

▼ZenFone Max (M1)をお得に購入する方法はこちら

7. ZenMotion(タッチ / モーションジェスチャー)を有効にする

「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」には、ASUS製スマートフォンの特徴的な機能として知られる「ZenMotion」も搭載されています。タッチやモーションを使ったジェスチャーショートカットを使いこなせば、操作性が格段に向上するのでぜひ活用してみてください。

設定を有効にするには、設定画面から【拡張機能】→【クイック起動】→【ZenMotion】と進み、各ジェスチャーの設定をオンにします。

【拡張機能】→【クイック起動】→【ZenMotion】の順に進む【拡張機能】→【クイック起動】→【ZenMotion】の順に進む
【拡張機能】→【クイック起動】→【ZenMotion】の順に進む
使用したい項目をオンにすれば設定は完了です
使用したい項目をオンにすれば設定は完了です
チュートリアルで使い方を確認することができるチュートリアルで使い方を確認することができる
チュートリアルで使い方を確認することができる

タッチジェスチャーでは、画面のダブルタップでディスプレイの点灯・消灯を行う「スクリーンオン・オフ」、スリープ状態で画面を上方向にスワイプすると画面が点灯する「スワイプアップで起動」といった動作を実行できます。

モーションジェスチャーでは、着信時に端末を裏返すと着信音がミュートになる「ひっくり返してミュート」、着信時に端末を耳に当てると自動で電話に応答できる「もしもし着信応答」といった機能が利用できます。

スリープ状態でもアプリをクイック起動
スリープ状態でもアプリをクイック起動

さらに、スリープ状態のときにアプリをクイック起動できるジェスチャー機能も用意されています。指を使ってディスプレイ上で「W」「S」「e」「C」「Z」「V」の文字を描くと、それぞれのアルファベットに対応したアプリを起動することができます。

実際に試してみたところ、少し雑に文字を書いても正しく認識してくれるので、使い勝手は非常に良かったです。

8. 片手モードを有効にする

画面が縦長になって持ちやすくなった反面、片手操作時にステータスバーやナビゲーションバーがある画面の端まで指が届きにくくなりました。そんなときは画面の表示領域を小さくする「片手モード」が便利です。

片手モードを有効にするには、設定画面から【拡張機能】→【クイック起動】→【片手モード】の順に進み、設定をオンにします。

設定画面から【拡張機能】→【クイック起動】→【片手モード】の順に進む設定画面から【拡張機能】→【クイック起動】→【片手モード】の順に進む
設定画面から【拡張機能】→【クイック起動】→【片手モード】の順に進む
ホームボタンをダブルタップすると画面が縮小するホームボタンをダブルタップすると画面が縮小する
ホームボタンをダブルタップすると画面が縮小する

設定を有効にすると、ホームボタンのダブルタップで片手モードの有効・無効が切り換えられます。画面左端の矢印部分をドラックすると位置の調整、右端の三角部分を斜めにドラックすると表示領域の拡大・縮小が可能です。

電車でつり革につかまっているときやカバンを持っているときなど、片手しか使えない状態で操作するときに重宝します。元に戻したいときは表示領域の外枠をタップするか、ホームボタンのダブルタップしてください。

▼ZenFone Max (M1)をお得に購入する方法はこちら

使い方まとめ:豊富な設定項目を見直して、より便利に活用してみよう

まとめ

「ZenFone Max (M1) (ZB555KL)」を購入したら設定したい項目と便利機能をご紹介しました。特別な設定をしなくても十分に使いやすい機種ですが、設定を見直すことでさらに使いやすさが向上します。

安価なモデルですがカスタマイズできる項目が多く、指紋認証・顔認証といったセキュリティにも対応しているため、長く安心して使えるスマホだと思います。

ここで紹介しきれなかった項目も多数搭載されているので、本記事を参考にして自分好みにカスタマイズしてみてください。

ZenFone Max(M1)をお得に購入する方法

ZenFone Max (M1)をネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

ZenFone Max (M1)
ZenFone Max (M1)

ZenFone Max (M1)

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載
縦横比18:9の縦長ディスプレイを搭載
指紋認証&顔認証に対応

モバレコ特価:24,084円

この記事を書いた人

とくめい

とくめい
WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi

  • 目次

ASUSの商品

ZenFoneの商品