モバレコTOP ASUS ZenFone 4 (ZE554KL) ZenFone 4 (ZE554KL)の設定

ASUS ZenFone 4 (ZE554KL)の設定

カラー
発売日
2017年9月

ZenFoneシリーズの4世代目となる本機種は、前世代よりもワンランク上のミッドハイレンジに相当する「Snapdragon 660」を採用しスペックアップ。背面にはデュアルカメラも搭載しました。

  • 画面サイズ
    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+800万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3300mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    155.4mm× 75.2mm× 7.5mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
ASUS ZenFone 4を購入したらはじめに確認したい9つの設定と機能

ASUSのフラグシップスマートフォン「ZenFone 4」を購入したら最初に確認しておきたい設定項目、覚えておきたい便利な機能を一挙紹介。

ユーザーインターフェースのバージョンが「ZenUI 3.0」から「ZenUI 4.0」へアップグレードされたことで、ZenFone 4には新機能も追加されています。ぜひ参考にしてみてください。

目次:

1. SIMカードの挿入場所を確認する

使い始めるにあたって、まずはSIMカードを挿入しましょう。

カードスロットは本体の左側
カードスロットは本体の左側
SIMカードを2枚挿して使う場合の乗せ方
SIMカードを2枚挿して使う場合の乗せ方

ZenFone 4は4G+3Gの同時待ち受け(DSDS/デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカードは2枚同時に挿すことが可能です。

ただし、カードスロット2(枠が大きい方)はSIMカードとmicroSDメモリカードの排他設計(どちらか片方のみで使う兼用設計)になっています。そのため、使い方は以下の3通りになります。

■セットできるカードの組み合わせ
①nano SIMカード 1枚
②nano SIMカード 1枚 + microSDカード 1枚
③nano SIMカード 2枚

上記の中からご自身の使い方に合ったものを選びましょう。

2. APN情報を設定する

SIMカードを挿し、初回起動時のチュートリアルを済ませたら、モバイルデータ通信の利用に必要なAPN情報を設定します。

ZenFone 4 設定:APN情報を設定するZenFone 4 設定:APN情報を設定する
ZenFone 4 設定:APN情報を設定する
アプリ一覧から【設定】→【もっと見る】→【モバイルネットワーク】の順に進む

SIMカードを2枚挿して使う場合、それぞれのSIMごとにAPN情報の設定が必要に鳴ります。

ZenFone 4 設定:APN情報を設定する
設定するSIMカードスロットを選び【アクセスポイント名】を選択

メジャーな回線事業者を使用する場合はAPN情報がプリセットされているケースが多いのですが、今回は手動で設定する方法をご紹介します。

ZenFone 4 設定:APN情報を設定する
APN一覧画面で新規追加(右上のプラスマーク)を押す
ZenFone 4 設定:APN情報を設定する
APN(アクセスポイント名)の登録・編集画面

APN情報として登録する内容は、SIMカード(回線)ごとに異なります。多くの場合、回線事業者の公式サイト、またはSIMのパッケージにAPN情報が記載されているので、そちらを確認して入力しましょう。

ZenFone 4 設定:APN情報を設定するZenFone 4 設定:APN情報を設定する
入力が完了したら、右上のメニューボタンから保存する

APN情報を保存したら、APN一覧画面に戻ります。新たに入力したAPN情報を選択してみて、モバイルデータ通信に接続できれば設定完了です。

ZenFone 4 設定:APN情報を設定するZenFone 4 設定:APN情報を設定する
画面右上のアイコンでモバイルデータ通信を使えているか確認しましょう

SIMカードを2枚挿して使う場合、同様の流れで2枚目のSIMカードのAPN情報も設定してください。

3. 2枚のSIMカードに役割を設定する

ZenFone 4は4G+3Gの同時待ち受けに対応。2枚のSIMカードで「同時に音声通話の待ち受けをする」、2枚のSIMカードを「それぞれ通話用とデータ通信用に割り当てる」といった使い方ができます。

ZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定するZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定する
設定画面で【デュアルSIMカード設定】を選ぶと詳細画面が開く
ZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定するZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定する
【SIMカード情報】の項目では、各SIMカードに任意の名称を付けられる
ZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定するZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定する
ZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定するZenFone 4 設定:2枚のSIMカードに役割を設定する
【優先SIMカード】の項目で「音声通話(発信時)」「SMS送信」「データ通信」をそれぞれどちらのSIMカードで行うか設定できる

4. 認証に使う指紋情報を登録する

ZenFone 4はディスプレイの下部に指紋認証センサーを搭載しており、あらかじめ指紋認証の設定をしておくと、素早くロック解除することができます。とても便利な機能なので、ぜひ使ってみましょう。

ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録するZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
設定画面から【セキュリティ】→【指紋】の順に進む
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
指紋以外にもう1つ予備のロック解除方法を選ぶ
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録するZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
起動時の動作、予備のロック解除方法の設定、ロック画面での通知表示内容を設定
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
この画面が出たら【次へ】を押して指紋の登録に進む
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録するZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
画面の指示に従い、登録する指の腹(指紋)をセンサーに押し当てる
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
この画面が表示されれば登録完了。【完了】を選び、次の画面に進みましょう
ZenFone 4 設定:認証に使う指紋情報を登録する
すると、指紋の管理画面に移行します。【端末のスリープを解除する】を忘れずにオンにしておきましょう

登録できる指紋の数は最大5つ。「手に持って使う」「テーブルなどに置いて使う」といった使用するシチュエーションを考えると、両手の親指と人差し指の計4本を登録しておくと便利。です

5. タッチジェスチャーを有効にする

ZenFoneシリーズ全機種に搭載されている独自のユーザーインターフェース「ZenUI」には使い勝手が向上する便利な機能が備わっています。

なかでも、事前に設定・見直ししておきたいのが、この項で紹介する「タッチジェスチャー」、次項で紹介する「マルチタスクボタン長押し時の機能」の2つです。

ZenFone 4 設定:タッチジェスチャーを有効にするZenFone 4 設定:タッチジェスチャーを有効にする
ZenFone 4 設定:タッチジェスチャーを有効にする
設定画面から【ASUSカスタマイズ設定】→【ZenMotion】→【タッチジェスチャー】と進む
ZenFone 4 設定:タッチジェスチャーを有効にする
最上段の「ON」を有効にすればタッチジェスチャーが使えるように

上の画像の赤枠で囲んだ箇所で、以下の3つの機能を設定できます。

■画面点灯時、画面をダブルタップしてスクリーンをオフ(消灯)にする
■画面消灯時、画面をダブルタップしてスクリーンをオン(点灯)にする
■画面消灯時、画面をスワイプアップしてスクリーンをオン(点灯)にする

すべての機能をオンにしたくなるかもしれませんが、指紋認証を設定済みであれば、2つ目(画面のタブルタップでスクリーンオン)と3つ目(スワイプアップでスクリーンオン)は無効にしておいたほうがいいかもしれません。

指紋認証を有効にしていると、ダブルタップやスワイプアップでスクリーンをオンにしても指紋でのロック解除が必要になるので、操作の手間が増えてしまうことになってしまいます。

6. マルチタスクボタンの長押しで動作する機能を見直す

機種によってボタンの組み合わせは異なりますが、「電源ボタン」「音量ボタン」「ホームボタン」のいずれか2つを同時に押す操作がAndroid端末でスクリーンショットを撮影する一般的な方法です。

しかし、ZenUIではスクリーンショットの撮影を1つのボタンに割り当てることができます。

ZenFone 4 設定:マルチタスクボタン長押し時の機能を見直す
設定画面から【ASUSカスタマイズ設定】→【マルチタスクボタン】と選択
ZenFone 4 設定:マルチタスクボタン長押し時の機能を見直す
マルチタスクボタンで操作したい内容を「スクリーンショットを保存」を含めた4種類から選べる

実際に設定して使ってみたところ、ボタン1つでスクリーンショットが撮影できるのはとても便利でした。

7. ツインアプリを設定する

ZenFone 4を含む「ZenFone 4シリーズ」は、ASUS独自のユーザーインターフェース「ZenUI 4.0」を搭載。ZenFoneならではの機能が満載です。

ツインアプリ」はSNSサービスのアプリを擬似的に複製し、1台のスマホで2つのアカウントを使い分けられるようにする機能です。

ZenFone 4 設定:ツインアプリを設定する
設定画面から【ASUSカスタマイズ設定】→【ツインアプリ】の順に進む
ZenFone 4 設定:ツインアプリを設定するZenFone 4 設定:ツインアプリを設定する
写真左が初期の状態。プリインストールアプリ以外にもツインアプリ機能を利用できるサービスがあるのでインストールしましょう
ZenFone 4 設定:ツインアプリを設定する
Instragramでツインアプリを有効にしてみると……
ZenFone 4 設定:ツインアプリを設定する
アプリ一覧のInstagramが2つになり、それぞれ異なるアカウントでログインすれば使い分けが可能に

投稿するテーマでアカウントを変えていたり、SNSを複数のアカウントで活用している人にはとても便利な機能です。

8. ページマーカーを使う

「ページマーカー」はブラウザでWebページを閲覧している際に表示内容のコピーを端末内にダウンロードし、あとから確認できるようにする機能。マーカーを引いて、気になるポイントに印を付けておくこともできます。

ZenFone 4 設定:ページマーカーを使うZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
設定画面から【ASUSカスタマイズ設定】→【ページマーカー】→【フローティングボタンを有効にする】をオンにし、機能を有効にする
ZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
ページマーカー機能が有効な場合、ブラウザ(写真はGoogle Chrome)の画面端にマークが表示される
ZenFone 4 設定:ページマーカーを使うZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
マークをタップし【ダウンロード】を選択すると、記事を端末内に保存できる
ZenFone 4 設定:ページマーカーを使うZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
【ページマーカー】を選ぶと、保存した内容のリストが表示される
ZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
保存した記事の閲覧画面
ZenFone 4 設定:ページマーカーを使うZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
範囲を指定して右上のボタンを押すと、マーカーを引くこともできる
ZenFone 4 設定:ページマーカーを使うZenFone 4 設定:ページマーカーを使う
マーカーを引いてからダウンロードする場合は【プレビュー】を選択。編集画面を呼び出せる

9. オーディオウィザードを設定する

最後に紹介するのは「オーディオウィザード」。こちらは、「音楽を再生する際に好みに合ったエフェクトを加える」「使っているヘッドホンに合わせて、再生音質を調整する」といった機能です。

ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
設定画面から【音とバイブレーション】→【オーディオウィザード】の順に選ぶ
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
中央に円形に配置されたボタンで、ジャンルに合わせてエフェクトを設定
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
右上の青いボタンを押すと、ヘッドホン装着時の音の届き方が選択できる
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ヘッドホンマークを押すと、ヘッドホンごとの詳細な音質設定画面に
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
【ヘッドホンプロファイル】では、使っているヘッドホンの機種を選択して音質を最適化することができる
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定するZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
【リスニングプロファイル】では、自身の耳に合わせて音質を最適化できる
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
リスニングプロファイル設定後、音の聴き比べもできる。【リスニングプロファイル】が音質調整後、【オリジナル】が音質調整前
ZenFone 4 設定:オーディオウィザードを設定する
ヘッドホンプロファイルおよびリスニングプロファイルは最大5つまで保存可能

ヘッドホンプロファイルで選べる機種の種類は、11画面分で96ブランド。ブランドごとにさらに複数の機種が登録されているので、ダメ元で自分のヘッドホンを探してみる価値は十分にあります。

もし使っている機種が見つからなかった場合でも、ヘッドホンプロファイルで【汎用】を選択してからリスニングプロファイルを設定すれば、耳に届く音の印象が大きく向上します。

スマホで音楽を聴く機会が多い人なら、ぜひとも設定しておきたい機能です

使い方まとめ:ZenFoneシリーズを使ったことがある人も、設定できる項目を改めてチェックしよう

ZenUIに従来から備わっていた便利な機能に加え、ZenUI 4.0へのアップデートによりZenFone 4には新たな機能が追加されています。これまでZenFoneシリーズを使ってきたという人も、設定画面からいじれる項目を改めてチェックしておきたいところです。

もちろんZenFone 4が初めてのZenFoneシリーズ(あるいはSIMフリースマホ)という人は、ぜひ今回紹介した内容を参考にして、より自分にとって使いやすいスマートフォンに仕上げてみてくださいね。

この記事を書いた人

まきはら とよかず

まきはら とよかず
スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

ASUSの商品

ZenFoneの商品