【忘れ物防止IoTタグ】MAMORIO S 購入者でLINE友だちになっていただいた方にはamazonギフト券500円分プレゼント!
対象商品はこちら

モバレコTOP ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL) ZenFone 4 Max (ZC520KL)の口コミ・評判

ASUS ZenFone 4 Max (ZC520KL)の口コミ・評判

カラー
発売日
2017年12月
  • 大容量バッテリーで安心の電池持ち
  • 2枚のSIMカードとmicroSDを同時利用できるトリプルスロット
  • メインカメラ 1300+500万画素
  • フロントカメラ 800万画素
  • 画面サイズ

    5.2インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1300+500万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    4100mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    150.5mm× 73.3mm× 8.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    非対応

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • SIMフリー

    ZenFone 4 Max (ZC520KL)

    21,282円 (税込)

    品切れ中

カートに入れる
ASUS ZenFone 4 Maxの口コミ・評判まとめ!電池持ちバツグンのエントリーモデルを皆はどう評価してる?

2017年12月8日に発売されたASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max」は、2万円台半ばの低価格なエントリーモデルでありながら、アルミボディに指紋センサーやデュアルレンズカメラ、そして大容量のバッテリーを搭載した注目の機種です。

この記事では、ZenFone 4 Maxの口コミや評判を通して、どんな人におすすめできる機種なのかチェックしていきたいと思います。

※記事中の情報・口コミは2018年4月(記事執筆時点)のものです。

目次:

ZenFone 4 Maxのデザインに関しての口コミ・評判

まずはZenFone 4 Maxのデザインを見てみましょう。

前面
前面
背面
背面

ZenFone 4 Maxはアルミ合金製のメタルボディで、画面下にホームボタンとしても使用できる指紋センサーを搭載。背面の左上にはデュアルカメラが組み込まれています。

多くのASUS製品に採用されている象徴的な「スピンデザイン」が施されていないことや、同じZenFone 4シリーズの上位機種である「ZenFone 4」や「ZenFone 4 Pro」のようなガラス素材を用いた筐体ではないことからか、デザインに関しては「あまりASUSっぽくない」という意見も。非常にシンプルなデザインなので、ZenFoneらしさを求めると物足りない印象があるかもしれませんが、広く受け入れられやすいデザインかと思います。

ZenFone 4 Maxのスペックに関しての口コミ・評判

ZenFone 4 Maxのスペック情報(参照:メーカー公式サイト

OS Android 7.1.1
SoC Qualcomm Snapdragon 430 1.4GHz オクタコア
RAM 3GB
ROM 32GB
外部メモリ microSD
サイズ 約150.5 × 73.3 × 8.7mm
重さ 約156g
ディスプレイ 5.2インチ 1,280×720(HD) IPS液晶
バッテリー 4,100mAh
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.2
通信方式 LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28/38/41
W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1,800/1,900MHz
SIMカード nano SIM ×2
カメラ アウトカメラ:約1,300万画素(標準)+約500万画素(広角)
インカメラ:約800万画素
カラー ネイビーブラック / サンライトゴールド / ローズピンク

エントリーモデルということでスペックは控えめですが、4,100mAhの大容量バッテリーを搭載していることは特筆すべき点。また、充実した対応バンドとauおよびワイモバイルのVoLTE対応、そして2枚のSIMカードで同時に待ち受けできるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、さまざまなSIMで使いやすい仕様も魅力です。

Snapdragon 430のCPU/GPU性能はそう高くはないので、ゲームアプリをよく遊ぶ方は不満が出やすいかもしれません。SNSの利用やウェブサイトの閲覧などの使い方が中心であったり、あるいは同価格帯の機種を使い慣れている方であれば納得できるレベルでしょう。

最低限の使い方でそこそこ快適に使えれば良いということであれば、性能面でも価格に見合った機種と言えます。

ZenFone 4 Maxのカメラ性能に関しての口コミ・評判

ZenFone 4 Maxのカメラ性能は?
ZenFone 4 Maxのカメラ性能は?

ZenFone 4 Maxの背面カメラは、低価格な機種ながら約1,200万画素の標準カメラと約500万画素の広角カメラを組み合わせたデュアルカメラ。インカメラも約800万画素の高解像度センサーを採用するだけでなく、LEDフラッシュを備えるなど抜かりない仕様です。

実際に筆者がZenFone 4 Maxで撮影してみました。画像をクリック・タップすると大きなサイズを表示できます。

東京駅
東京駅

日中・屋外で撮影した風景写真は、やや暗めな印象を受けます。

東京駅の駅舎
東京駅の駅舎

空がやや白飛びしてますが、建物のディテールは十分に出ています。

新丸ビル
新丸ビル

HDR機能のテスト。雰囲気をよく捉えた仕上がりになっています。

ナポリタン
ナポリタン

室内で撮った料理の写真は、やや暗めだが発色は悪くありません。

進化が目覚ましい昨今のハイエンド機のカメラと比べてしまうとさすがに見劣りしますが、「携帯のカメラ」として十分使えるだけの性能はあります。ちょっとした記録用や、加工を施した上でのSNSへの投稿程度であれば十分ではないでしょうか。

ZenFone 4 Maxのカメラに関する口コミをチェックしてみましょう。

カメラ性能そのものに関しては、やや暗いといった評価が目立つものの、超広角レンズを搭載したサブカメラと切り替えて撮影できる機能面での楽しさは好評。撮影後の加工である程度補う前提で割り切って使う分には、お得に楽しめると思います。

ZenFone 4 Maxの使い心地や機能についての口コミ・評判

多彩な機能もZenFone 4 Maxの魅力。機能や使い心地についての口コミをチェックしてみましょう。

DSDSとmicroSDを同時に利用できる
DSDSとmicroSDを同時に利用できる

ZenFone 4 Maxに2枚のSIMカードをセットしておくと、4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)が可能です。

仕事用とプライベート用など、2つの電話番号を1台で使い分けられる便利な機能で、最近は対応している機種も多くなってきました。多くのDSDS対応機ではSIMカードを2枚入れるとmicroSDカードを入れられない仕様が一般的。

ZenFone 4 Maxのカードトレイはnano SIMカード2枚microSDカードの計3枚を同時にセットできるようになっている珍しい仕様です。DSDSの利用大容量のデータ保存、どちらも犠牲にせずフル活用できるのはうれしいですね。

長時間の動画再生でも安心の電池持ち
長時間の動画再生でも安心の電池持ち

普段使いには十分な高すぎないスペックと、4,100mAhの大容量バッテリーによって電池持ちは抜群。電池消費の多い長時間の動画再生などでも安心です。

バッテリーに関してはかなり好評。新品状態での持ちの良さはもちろん、「メールやLINEができれば十分」とコストパフォーマンス重視で選ぶ方なら1つの機種を長い期間使う方も多いはず。

大容量のバッテリーを搭載しているということは、見方を変えればバッテリーがある程度劣化しても、普通の機種ぐらいには電池が持つと考えることもできます。「桁違いの電池持ちは別に求めていないよ」という方にとっても“寿命”という観点からすると価値があるのではないでしょうか。

急速充電にも対応
急速充電にも対応

バッテリーが大きいと充電に時間がかかるのでは?と気になる方もいるかと思いますが、心配は無用。付属のACアダプターを使って、約3.5時間で満充電、15分の充電でも約2時間の通話が可能です。

充電関連ではもう1つ、「リバースチャージ」という一風変わった機能があります。大容量バッテリーを活かし、ZenFone 4 Maxをモバイルバッテリー代わりに他の機器を充電できるというもの。スマホ以外にもUSB充電できる機器を持ち歩いている方なら意外と役立つ場面はありそうな機能です。

持ちやすさも重要です
持ちやすさも重要です

ボディ形状は角を落としたラウンド形状となっており、持ちやすさが評価されています。

筆者も実際に使ってみましたが、大容量のバッテリーを搭載している割には、厚さや重さを抑えられていることも持ちやすさの理由の1つでしょう。

口コミ・評判から分かったZenFone 4 Maxの良い点・イマイチな点

口コミ・評判から分かったZenFone 4 Maxの良い点、イマイチな点を整理
口コミ・評判から分かったZenFone 4 Maxの良い点、イマイチな点を整理

●ZenFone 4 Maxの良い点

Maxシリーズの最大の特徴である「大容量バッテリー」は人気のポイント。電池持ちの良さには驚きの声も多く見られ、満足している方が多いようです。大容量バッテリーを搭載しながら、決して大きすぎず重すぎない扱いやすいサイズに収められているのも良い点ですね。

また、1台の端末で2つの電話番号を使えるDSDS機能に対応し、さらにmicroSDカードとの同時利用ができる数少ない機種の1つであることも高く評価されています。どちらかといえば通好みな機能ではありますが、こういった細かい部分までよく考えられた良質な機種ということでしょう。

良い点まとめ

・大容量バッテリーで電池持ちがバツグンによい
・扱いやすいちょうどよいサイズ
・DSDS機能で2つの電話番号を使える
・microSDカードとの同時利用が可能

●ZenFone 4 Maxのイマイチな点

一方、評判のあまり良くなかった点としては、CPU性能やRAM容量などの基本性能はエントリーモデルとしての価格相応のスペックなので、ある程度割り切りが必要です。カメラについても、機能面ではデュアルカメラやフラッシュ付きインカメラなど面白い機能が揃っているものの、画質面では同様のことが言えます。

イマイチな点まとめ

・CPU性能やRAM容量など基本性能は価格相応のスペック
・カメラ機能は豊富だが、画質面では割り切る必要がある

自分の使い方や用途、利用頻度に合っているか購入の前に検討しましょう。

まとめ

ZenFone 4 Maxは控えめな性能ながら、大容量バッテリーによって実現された驚異的な電池持ち、そしてバッテリーの重さを感じさせない扱いやすいボディなどのバランスは絶妙。「動作はそこそこで良いけれど、電池はとにかく長持ちして欲しい!」といったニーズに対してはこの上ない機種でしょう。

これから格安スマホデビューを考えている方や、コストパフォーマンス重視のライトユーザーにオススメです。

この記事を書いた人

agar

agar
スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar

  • 目次

ASUSの商品

ZenFoneの商品