モバレコTOP ASUS ZenFone 4 Pro (ZS551KL) ZenFone 4 Pro (ZS551KL)の設定

ASUS ZenFone 4 Pro (ZS551KL)の設定

カラー
発売日
2017年10月

ZenFone 4 シリーズの最上位モデルとなる本機種は、ハイエンドSoC「Snapdragon 835」によって高い処理能力を実現。背面には望遠レンズ付きのデュアルカメラを搭載します。

  • 画面サイズ
    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+1600万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3600mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    156.9mm× 75.6mm× 7.6mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
「ASUS ZenFone 4 Pro」を購入したら確認しておきたい便利な設定・使い方10選

ZenFone 4 Pro」は、ASUSから発売されている人気SIMフリースマホ「ZenFone」シリーズのハイエンドモデル。スペックの高さと標準レンズと望遠レンズを切り替えて撮影できるデュアルカメラが大きな特長です。

2枚の音声SIMで同時待ち受けする設定や大画面でも簡単に片手操作ができる設定、ASUS独自のUI「ZenUI 4.0」ならではの機能の設定など、ZenFone 4 Proを購入したら確認しておきたい設定項目をご紹介します。

目次:

1. SIMカードをセットする

ZenFone 4 Proを使い始めるために、まずはSIMカードをセットしましょう。

本体の左側にある穴に、付属のピンを挿入
本体の左側にある穴に、付属のピンを挿入
ピンを押し込むとカードトレイが取り出せる
ピンを押し込むとカードトレイが取り出せる

トレイにはnano SIMカードとmicroSDカード、またはnano SIMカード2枚の組み合わせでセットすることができます。

SIMカードとmicroSDを挿して使う場合の乗せ方
SIMカードとmicroSDを使う場合の乗せ方
SIMカードを2枚挿して使う場合の乗せ方
SIMカードを2枚使う場合の乗せ方

2枚目のSIMカードとmicroSDカードは排他構造になっているため、SIMカードを2枚入れた場合はmicroSDカードを同時に利用することができません。セットできるカードの組み合わせは以下の通りです。

■セットできるカードの組み合わせ
①nano SIMカード 1枚
②nano SIMカード 1枚 + microSDカード 1枚
③nano SIMカード 2枚

なお、SIMカード1枚だけをセットする場合はトレイのどちら側にセットしても利用できます。

2. APN設定をして通信できるようにする

SIMカードを挿入して電源を入れたら、モバイルデータ通信をするためのAPN設定をしましょう。

設定画面から「もっと見る」「もっと見る」→「モバイルネットワーク」
設定画面から「もっと見る」→「モバイルネットワーク」の順にタップ
「SIM 1」または「SIM 2」を選び、「アクセスポイント名」をタップ
「SIM 1」または「SIM 2」を選び、「アクセスポイント名」をタップ

2枚のSIMカードを挿入した場合は、SIMカードごとに設定が必要です。

使いたいSIMに合った設定を選択する
使いたいSIMの名前の設定を選択する

APN情報は利用するSIMによってそれぞれ決まっています。上の画像はUQ mobileのSIMカードを使う場合の例です。

ZenFone 4 Proの場合、主要な格安SIMを使うための設定があらかじめ用意されているので、「アクセスポイント名」の画面を開いたときに出てくる候補の中にお使いのSIMがあれば、右側のボタンで選択するだけでAPN設定は完了です。

候補にない場合は「+」マークを押すと手動で設定できる候補にない場合は「+」マークを押すと手動で設定できる
候補にない場合は「+」マークを押すと手動で設定できる

もし候補の中にお使いのSIMに合った設定が無かった場合は、画面右上の「+」マークをタップすると手動で設定できます。多くの場合、APN情報はSIMカードのパッケージや回線事業者のサイトに掲載されているので、そちらを参考に入力してください。

手動でAPN設定をする場合はこちらもチェック

3. DSDSの設定方法

ZenFone 4 Proは4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、2つの電話番号で同時に着信を待ち受けることが可能。2枚のSIMカードを使う場合はそれぞれ上記のAPN設定をしたあと、「デュアルSIMカード設定」を行います。

設定画面から「デュアルSIMカード設定」をタップ
設定画面から「デュアルSIMカード設定」をタップ
2枚のSIMのキャリア名・電話番号などが表示される
2枚のSIMのキャリア名・電話番号などの情報が表示される

設定画面では2枚のSIMをそれぞれ「SIM 1」「SIM 2」と記載していますが、セットしたSIMのどちらを指しているのか分からない場合もあると思います。この画面でSIMのキャリア名と電話番号(※サンプル画像では消しています)がそれぞれ表示されるので、設定に移る前に確認しておくとスムーズです。

「優先SIMカード」内の3項目の設定は必須
「優先SIMカード」内の3項目の設定は必須

「デュアルSIMカード設定」では通話転送の設定やBluetoothヘッドセットで通話するための設定など、さまざまな設定を利用スタイルに合わせて変更できます。なかでも、最低限設定しておきたいのは「優先SIMカード」の中にある「音声呼び出し」「SMSメッセージ」「データサービスネットワーク」の3項目です。

「音声呼び出し」では電話を発信する際に使うSIMを設定できる
「音声呼び出し」では電話を発信する際に使うSIMを設定できる
「常に確認する」を選択した場合は発信時に使うSIMを選ぶ
「常に確認する」を選択した場合は発信時に使うSIMを選ぶ

「音声呼び出し」では、電話をかける際にSIM 1とSIM 2のどちらから発信するかを設定できます。「常に確認する」を選択した場合は、発信時にその都度どちらの番号から電話をかけるか選択できるようになります。

「SMSメッセージ」「データサービスネットワーク」の設定も同様「SMSメッセージ」「データサービスネットワーク」の設定も同様
「SMSメッセージ」「データサービスネットワーク」の設定も同様

「SMSメッセージ」ではSMS送信時に使うSIMを、「データサービスネットワーク」ではモバイルデータ通信に使うSIMをそれぞれ指定できます。

通話+SMS用のSIMとデータ通信用のSIM、あるいはメインのSIMと通信制限に備えたサブのSIMなど、同じように2枚のSIMをセットしていても使い方はそれぞれだと思います。ご自身の使い方に合うように、通話・SMS・データ通信の3つの機能でのSIMの役割分担を決めておきましょう。

4. 片手モード・キーボード調整

5.5インチの大画面を搭載する機種のなかでも、比較的持ちやすい印象のあるZenFone 4 Pro。しかし、片手で操作したい場合には、やはり大きく感じてしまうこともあるでしょう。そんなときに便利な機能が、画面を縮小して片手でも隅々まで指が届きやすくする「片手モード」です。

以下の手順で、片手モードをいつでも簡単に呼び出せるように設定できます。

設定画面から「ASUSカスタマイズ設定」「ASUSカスタマイズ設定」→「ZenMotion」をタップ
設定画面から「ASUSカスタマイズ設定」→「ZenMotion」の順にタップ
「片手モード」を選択
「片手モード」を選択
「クイック起動」にチェックを入れる
「クイック起動」にチェックを入れる

クイック起動の設定をしておけば、どの画面からでもホームボタンを2回続けてタップするだけで片手モードへの切り替えができるようになります。

「片手モード」の使用例

片手モードを起動すると画面全体が縮小されて端に寄るので、片手でも無理なく操作ができます。また、片手モードを利用しない場合でも、ぜひおすすめしたいのがキーボードの調整。こちらを設定しておくと文字入力の際の操作性が大きく向上します。

なお、今回ご紹介するのはプリインストールされている文字入力ソフト「ATOK for ASUS」を例にした調整方法です。他のIMEをインストールして使っている場合には各アプリでの設定となります。

文字入力のできる画面で「あA1」ボタンを長押し
文字入力のできる画面で「あA1」ボタンを長押し

メールやSNS、メモ帳など、どのようなアプリでも構わないので文字入力画面を開いてください。キーボードが表示されたら「あA1」ボタンを長押しします。

「高さ調節」をタップ
「高さ調節」をタップ
キーボードの上にボタンが追加された
キーボードの上にボタンが追加される

「高さ調節」をタップすると、キーボードの上に先ほどまでなかった白いバーが表示されます。このバーの左右にあるボタンを押しながら横方向にスライドするとキーボードの幅を、中央にあるボタンを押しながら上下にスライドするとキーボードの高さを調整できます。

キーボード調整の例キーボード調整の例
キーボード調整の例

例えば、上の画像のように左のボタンを押しながら右に引っ張るとキーボードを右側に寄せることができ、さらに中央ボタンを押しながら下に引っ張るとキーボードの高さも低くなります。

画面全体を片手の親指だけで操作したい場合は片手モード、大画面で使いながらも文字入力だけ片手で素早く操作したい場合はキーボード調整が役立ちます。

5. 指紋認証を設定する

スマートフォンには自分だけでなく家族・友人・知人の連絡先なども含めてたくさんの個人情報が詰まっています。万が一に備えて、指紋認証機能は必ず設定しておきましょう

紛失・盗難などのトラブル時に情報を保護してくれるだけでなく、スリープ状態から指紋センサーに登録した指を当てるだけで認証・ロック解除できるので非常に便利です。普段の使い勝手を犠牲にすることなく、セキュリティを高められるので、設定して損することはまず無いでしょう。

設定画面から「セキュリティ」「セキュリティ」→「指紋」をタップ
設定画面から「セキュリティ」→「指紋」の順にタップ
「次へ」をタップ
「次へ」をタップ
予備のロック解除方法を選択
予備のロック解除方法を選択

まず、指紋認証が使えないときのために予備のロック解除方法を登録する必要があります。
「パターン」「PIN」「パスワード」の3種類から選択できますが、ここではPIN(暗証番号)を使う場合を例に説明します。

起動時の保護を選択し、PIN(暗証番号)を決める起動時の保護を選択し、PIN(暗証番号)を決める
起動時の保護を選択し、PIN(暗証番号)を決める
通知内容の表示設定を選ぶ
通知内容の表示設定を選ぶ

通知内容の表示設定の違いは以下の通りです。
「すべての通知内容を表示する」を選んだ場合は、ロック画面に着信・メールなどの通知内容が表示されます。「通知をすべて表示しない」を選んだ場合は、指紋認証または予備の方法でロック解除するまでは通知を確認できません。

続いて、認証に使う指紋を登録します。

画面中央の表示が100%になるまで、繰り返し指紋センサーに指を置く
画面中央の表示が100%になるまで、繰り返し指紋センサーに指を置く
完了後、「別の指紋を登録」から次の指を続けて登録することもできる
完了後、「別の指紋を登録」から次の指を続けて登録することもできる

指紋認証の機能は1本の指を登録した時点から利用できますが、手に持った場合は親指、机に置いた場合は人差し指など、状況によって使いやすい指で認証できるように複数登録しておくとより便利です

6. スクリーンショットの撮影方法

音量ダウン・電源ボタンの同時押しでスクリーンショット可能
音量ダウン・電源ボタンの同時押しでスクリーンショットができる

ZenFone 4 Proでは、「音量ダウン+電源ボタンの同時押し」でスクリーンショットを撮影できます。大きいサイズのスマートフォンなので、本体を握ってこの操作をするのが手間に感じる方もいらっしゃるかもしれません。より簡単な撮影方法も用意されているのでご紹介します。

もう1つのスクリーンショットの撮影方法を使う場合は、事前に以下の手順で設定する必要があります。

設定画面から「ASUSカスタマイズ設定」「ASUSカスタマイズ設定」→「マルチタスクボタン」をタップ
設定画面から「ASUSカスタマイズ設定」→「マルチタスクボタン」の順にタップ
「ボタンの長押しで、スクリーンショットを保存する」を選択する
「ボタンの長押しで、スクリーンショットを保存する」を選択する

この設定をしておくと、本体右下のマルチタスクボタンを長押しするだけでスクリーンショットが撮れるようになります。デフォルトのスクリーンショットの操作が難しいと感じた人はぜひ試してみてください。

7. フリック入力の設定方法

ZenFone 4 Proには「ATOK for ASUS」という文字入力ソフトがプリインストールされています。ATOKはGoogle Playストアで購入すると通常1,500円するアプリなので、無料で使えるのは非常にお得ですね。

フラワータッチ入力のイメージ
フラワータッチ入力のイメージ

変換精度の高さやさまざまにカスタマイズできることがATOKの魅力。しかし、初期状態では一般的なフリック入力ではなく「フラワータッチ入力」という変わった入力方法になっているので、他のIMEに慣れているとなじみにくく感じるかもしれません。そんなときは、以下の手順で一般的な「フリック入力」に変更できます。

ホーム画面から「ATOK」を起動
ホーム画面から「ATOK」を起動
「テンキー」→「入力方式」をタップ「テンキー」→「入力方式」をタップ
「テンキー」→「入力方式」の順にタップ
「フリック入力」を選択
「フリック入力」を選択

指の移動方向を覚えやすいことや濁音・半濁音の入力が速いことなど、フラワータッチ入力にもメリットはあるのですが、既にフリック入力をある程度使い慣れている方ならこちらの設定を行っておいたほうが操作しやすいと思います。

8. ツインアプリの設定方法

ZenFone 4シリーズに搭載されている「ZenUI 4.0」から、「ツインアプリ」機能が搭載されました。

Twitterのように1つのアプリで複数のアカウントを切り替えられるSNSもありますが、LINEやFacebookなどは通常1アカウントでしかログインできず、1台のスマホで複数アカウントを使うのは難しくなっています。

そこでツインアプリ機能を使うと、対応のSNSアプリを擬似的にコピーして1台のスマホに同じアプリが2つインストールされている状態にすることができます。1台でSNSアプリの使い分けができるので、便利に感じる人も多いのではないでしょうか。

設定画面から「ASUSカスタマイズ設定」「ASUSカスタマイズ設定」→「ツインアプリ」をタップ
設定画面から「ASUSカスタマイズ設定」→「ツインアプリ」の順にタップ
対応アプリの一覧が表示されるので、複製したいアプリの右側にあるスイッチをONにする
対応アプリの一覧が表示されるので、複製したいアプリの右側にあるスイッチをONにする
ホーム画面に戻ると、複製したアプリが2つになっている
ホーム画面に戻ると、アプリのアイコンが2つになっている

ツインアプリの設定手順は以上になります。あとは複製したそれぞれのアプリでログインし、通常と同じ設定をすれば利用できます。DSDS機能と合わせて、2台持ちせざるを得なかった状況もZenFone 4 Proなら1台にまとめることができるので、スマホの使い方の可能性がさらに広がりますね。

9. OptiFlexの設定方法

「OptiFlex」は、メモリを最適化することで使用頻度の高い10個までのアプリの起動を高速にできる機能です。元々、高性能で動作の速いハイエンドモデルのZenFone 4 Proですが、より快適に利用するために設定しておいて損はないでしょう。

設定画面から「OptiFlex」を開く
設定画面から「OptiFlex」を開く
「起動を加速」の右にあるスイッチをONにする
「起動を加速」の右にあるスイッチをONにする

これでOptiFlexを使う準備は整いました。どのアプリを高速化するかは、自動・手動の2つの方法があります。

自動で高速化したい場合は「使用状況に基づいてアプリを自動選択」をONにする
自動で高速化したい場合は「使用状況に基づいてアプリを自動選択」をONにする

よく使うアプリは、スマートフォンを長く使っていくうちに変化することもあると思います。自動選択にしておけば使用状況から判断してくれるので、設定をその都度見直す必要もなく、簡単にOptiFlex機能の恩恵が受けられます。

高速化するアプリは個別に指定することも可能
高速化するアプリは個別に指定することも可能

特に高速化しておきたいアプリがあれば、OptiFlex設定画面内のアプリ一覧から選んで個別に指定しておくことも可能です。

10. ZenUIセーフガードの設定方法

必要になってからでは遅い機能なので、ZenFone 4 Proを使い始めたら忘れないうちにぜひ設定しておいていただきたいのが、ZenUI 4.0から搭載された新機能「ZenUIセーフガード」。

緊急時にあらかじめ指定しておいた連絡先へ電話をかけたり、SMSを使った位置情報の送信などが、簡単な操作で行える機能です。

設定画面から「ZenUIセーフガード」を開く
設定画面から「ZenUIセーフガード」を開く
機能の説明が表示されるので「次へ」を押して読み進める
機能の説明が表示されるので「次へ」を押して読み進める
利用規約を読み、同意のチェックを入れてから「完了」をタップ
利用規約を読み、同意のチェックを入れてから「完了」をタップ

電話やSMS、位置情報に関わる機能なので、利用規約を確認したあとにアクセス許可をする必要があります。

「許可する」をタップ
「許可する」をタップ
画面中央にポップアップが出てくるので、内容を確認して「許可」を押す
画面中央にポップアップが出てくるので、内容を確認して「許可」を押す
「SOS」をタップ
「SOS」をタップ

ZenUIセーフガードには2種類の機能がありますが、ここでは特に重要な「SOS」の設定方法を説明します。

右上のスイッチをONにする
右上のスイッチをONにする

この状態でSOS機能を呼び出しても、まだ緊急通報をかけることしかできません。緊急連絡先への電話、SMSの送信先など、それぞれの設定を済ませておきましょう。

「緊急連絡先」左側の丸をタップし、右側の歯車マークを押して緊急時に電話する相手を選ぶ
「緊急連絡先」左側の丸をタップし、右側の歯車マークを押して緊急時に電話する相手を選ぶ

これで電話の設定は完了。いざという時に電源ボタンを素早く3回押すと指定しておいた相手にSOSコールをすることができます

「メッセージグループ」下の+マークをタップして緊急時にSMSを送る相手を選ぶ
「メッセージグループ」下の+マークをタップして緊急時にSMSを送る相手を選ぶ

SMSの設定は相手を指定するだけでなく、「プリセットメッセージ」の欄から実際に送信するメッセージの内容を編集することも可能です。

電話とSMSの両方を設定した場合は、電源ボタンを素早く3回押すと緊急連絡先に電話をかけたあとにSMSで自分の位置情報を送ることができます。セーフガード機能を利用する場合は両方を併用した方がより安心でしょう。

他社で採用されている同様の機能として、iPhoneにiOS 11から追加されたばかりの「緊急SOS」という機能があります。そちらでは設定していたおかげで一命を取り留めたというケースも報告されていて大きな話題になっていました。非常事態はいつ誰に起きるか分かりませんので、スマートフォンのちょっとした設定だけでできる備えとして活用してみてはいかがでしょうか?

使い方まとめ:ZenUならではの機能も活用して、自分好みのスマートフォンに

ZenFoneシリーズのZenUIは以前から豊富な機能も魅力でしたが、ZenFone 4 Proなどに搭載されているZenUI 4.0からの新機能も加わり、さらにパワーアップしています。

まずはこの記事を参考に使い始めていただければと思いますが、今回ご紹介しきれなかった便利な機能も多数搭載されています。徐々にZenFone 4 Proを使いこなして自分好みのスマートフォンを作り上げてみてください

この記事を書いた人

agar

agar
スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar

ASUSの商品

ZenFoneの商品