モバレコ バリューストア 数量限定セール開催中!
(8/17 17:00~8/20 9:59)

モバレコTOP ASUS ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL) ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)の設定

ASUS ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)の設定

カラー
発売日
2017年9月

ZenFone 4シリーズの自撮り機能を強化したモデル。デュアルカメラ仕様のインカメラを搭載し、他のZenFone 4シリーズとは異なるデザインの薄型メタルボディーも特徴です。

  • 画面サイズ
    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1600万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    154mm× 74.8mm× 6.85mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
ASUS ZenFone 4 Selfie Proを買ったら設定しておきたい8つの設定・使い方

ZenFone 4 Selfie Proは、その名の通り「自撮り(セルフィー)」に特化したスマートフォン。とはいえ、その他の部分が劣っているかというと、そうではありません。

ZenFone 4 Selfie Proは基本性能にも要注目の1台です。エントリーモデルのZenFone SelfieやZenFone Liveと比べ、サクサク動作するようになりました。

ASUSのチューニングによりデフォルトの設定でも十分に使いやすくなっていますが、自分好みにカスタマイズすればもっと使いやすくすることができます。独自の機能も多数搭載しているので、今回は知っておきたい便利な機能を重点的に紹介します。

目次:

1. SIMカードを挿入する

SIMピンでSIMスロットを取り出すSIMピンでSIMスロットを取り出す
SIMピンでSIMスロットを取り出す

ZenFone 4 Selfie ProのSIMカード挿入口は本体正面から見て左上に配置されています。SIMスロットの横にある穴にSIMピンを挿入して取り出し、SIMトレイにSIMカードを載せて元に戻します。

最大で2枚までnanoSIMを挿入することができます。microSDカードを使用する場合は、SIM2と挿入口が兼用となるためnanoSIMは1枚しか使用できません。

2. APN設定を行う

SIMカードを挿入しただけでは、まだネットに接続することはできません。APN(アクセスポイント名)設定を行うことで、インターネット接続が可能になります。

設定から【もっと見る】、【モバイルネットワーク】と進みます設定から【もっと見る】、【モバイルネットワーク】と進みます
設定から【もっと見る】、【モバイルネットワーク】と進む

【設定】→【もっと見る】→【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】の順に進みます。

【アクセスポイント名】を選択
【アクセスポイント名】を選択

「SIM1」「SIM2」のいずれかを選択して【アクセスポイント名】を選択すると、初期状態で入っているAPN(アクセスポイント名)が一覧表示されます。この中に使用する回線事業者の名前が入っていれば、そのまま選択するだけで使えるようになります。

使用する会社がない場合は画面右上の+ボタンをタップ使用する会社がない場合は画面右上の+ボタンをタップ
使用する回線事業者名が無い場合は画面右上の+ボタンをタップ

一覧の中に入っていない場合、新規で手動登録する必要があります。右上の+ボタンをタップして、APN情報を入力していきましょう。入力内容は各社の公式サイトやエントリーパッケージ内に記載されています。

新規でAPN情報を登録する新規でAPN情報を登録する

APN名、ユーザー名、パスワード、認証方式などの必要事項を入力したら「保存」を選び、一覧から先ほど入力したAPNを選択してください。数秒待っても繋がらない場合は「1度、機内モードにして解除する」、または「再起動してみる」を試してみてください。

手動でAPN設定をする場合はこちらもチェック

3. 表示サイズを変更する

ZenFone 4 Selfie Proの画面サイズは5.5インチと大きめです。標準の表示サイズでは文字が小さすぎると感じる人や、逆にもっと画面を広く使いたいという人は表示サイズを変更するといいでしょう。

設定から【ディスプレイ】、表示サイズと選ぶ設定から【ディスプレイ】、表示サイズと選ぶ
設定から【ディスプレイ】、表示サイズと選ぶ

【設定】→【ディスプレイ】→【表示サイズ】から調整できます。

表示サイズを3種類から選べる表示サイズを3種類から選べる
表示サイズを3種類から選べる
3種類の表示サイズから選べる

スライダーを「小」に変更すると、1画面でより多くの情報が閲覧できるようになります。「大」にすると大きめの文字サイズで表示されるので、文字が小さくて読みづらいという人はこちらに設定すると見やすくなるでしょう。

4. Always-on Panelを有効にする

ガラケーのサブディスプレイのように使える「Always-on Panel」
ガラケーのサブディスプレイのように使える「Always-on Panel」

Always-on Panelは、有機ELの特性を活かして画面上に時計やカレンダーなどを常時表示できる機能です。情報が表示されている箇所以外は発光しない特性を利用しているので、電池消費も抑えられています。

実際に使ってみて感じたのですが、現在時刻や通知をパッと確認したいときに、わざわざボタンを押す必要がないのはとても便利でした。

設定から【ディスプレイ】、【Always-on Panel】を選択設定から【ディスプレイ】、【Always-on Panel】を選択
設定から【ディスプレイ】、【Always-on Panel】を選択
OFF→ONに切り替える
OFF→ONに切り替える

【設定】→【ディスプレイ】→【Always-on Panel】から設定をONにすればOK。

時計のデザインは全部で5種類
時計のデザインは全部で5種類

時計のデザインは全部で5種類から選べます。アナログ時計やデジタル時計など、お好みで選んでみてください。

5. 指紋認証を有効にする

ホームボタンとしても機能する指紋認証センサーを内蔵
ホームボタンとしても機能する指紋認証センサーを内蔵

ZenFone 4 Selfie Proの正面下部には、ホームボタンと兼用の指紋認証センサーが内蔵されています。

ZenFone 3では背面にセンサーが付いていたため、しっかり指を当てないとうまく読み取れないことがありました。ZenFone 4シリーズでは前面に移動したことで、机上に置いた状態でも、正確に指紋情報が読み取れるようになっています。

設定から【セキュリティ】、【指紋】を選択設定から【セキュリティ】→【指紋】と選択
設定から【セキュリティ】→【指紋】と選択
次へをタップ
次へをタップ

【設定】→【セキュリティ】→【指紋】から指紋情報を登録します。

指紋認証と組み合わせてロックパターンの設定をする指紋認証と組み合わせてロックパターンの設定をする
指紋認証と組み合わせてロックパターンの設定をする

指紋認証がうまく読み取れなかったときのために、代替のロック解除パターンの設定を行います。「パターン」「PIN」「パスワード」から好みのものを選択すると、起動時に指紋認証と同時にこれらの認証も利用するか問われます。

センサーに10回程度タップするだけで登録完了センサーに10回程度タップするだけで登録完了
センサーに10回程度タップするだけで登録完了

初期設定は指紋認証センサーに登録したい指を軽く乗せるだけ。時折、指の置き方を変えて10回~15回程度読み取られせると、あっさり登録することができました。

登録できる指紋の数は最大で5つまで。センサーの位置を考慮して、両手の親指と人差し指、利き手の中指を登録してみました。スマートフォンには個人情報がたくさん詰まっているので、紛失したケースを考えていち早く設定しておくことをオススメします

6. ZenMotionを活用する

ASUSの独自機能「ZenMotion」を使うと、モーションジェスチャーでアプリを直接起動したりアラームを止めることができるようになります。かゆいところに手が届く便利な機能なので、設定して活用してみましょう。

設定から【ASUSカスタマイズ設定】、【ZenMotion】をタップ設定から【ASUSカスタマイズ設定】、【ZenMotion】をタップ
設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選択し、【ZenMotion】をタップ
設定できるZenMotionは3つ
設定できるZenMotionは3つ

【設定】→【ZenMotion】からタッチジェスチャー、モーションジェスチャー、片手モードの設定が行なえます。

タッチジェスチャー
タッチジェスチャーの設定画面

タッチジェスチャーの項目では、ダブルタップまたはスワイプでスリープモードにする設定や、ジェスチャーでアプリをショートカット起動させる設定が行えます。

初期設定では「W」で天気、「S」でインカメラ、「e」で時計、「C」でカメラ、「Z」でギャラリー、「V」で電話が起動するように割り当てられています。お好みに応じて好きなアプリに変更してみてください。

モーションジェスチャー
モーションジェスチャー

モーションジェスチャーは電話着信時に端末を裏返すだけで着信音をミュートにできる機能や、耳に当てるだけで着信応答できる機能など、自然な動作でスムーズに電話を受け取れる設定が行えます。

片手モードをONにすると、ホームボタンの2度押しで画面が縮小表示に切り替わるようになります。ZenFone 4 Selfie Proは画面サイズが大きいので、手の小さな人だと指が届きにくく感じる範囲がありますが、片手モードにすれば片手操作も楽々です。

7. 省電力機能「バッテリーモード」「スマートチャージ」で電池持ちを良くする

スマホユーザーなら誰しもが気になる電池持ちに関する設定を紹介。カメラ機能は特にバッテリーの消費が激しいので、ずっと使いつづける場合は設定を見直すことでバッテリーを節約することができます。

設定、【電池】画面右上「︙」を選択設定、【電池】画面右上「︙」を選択
設定、【電池】画面右上「︙」を選択

【設定】→【電池】と進むと、現在のバッテリー残量のグラフやバッテリー消費量の多いアプリが一覧で表示されます。

5つのバッテリーモードから変更可能5つのバッテリーモードから変更可能
5つのバッテリーモードか選択できる

右上のメニューボタンで「バッテリーモード」をタップすると、5種類のバッテリーモードを選択することができます。これらのモードはCPUやパフォーマンス、画面の明るさ、ネットワーク、バックグラウンドアプリの起動状況を変更して電池消費を抑えてくれます。ご自身の端末の状況や使い方にマッチするモードを選びましょう。

スマートチャージを有効にするスマートチャージを有効にする
スマートチャージを有効にする

スマートチャージは充電を80%までに抑え、スマホの使用状況に応じて充電を再開してくれる機能。過充電を防ぎ、バッテリーの劣化を抑える効果があります。充電しながら端末を使用している場合は、スマホの操作を止めるまで充電し続けます。

8. ツインアプリで2つのアカウントを同時に利用する

最後にご紹介する「ツインアプリ」は、1つのアプリを2つのアカウントで同時利用する機能。リアルの友達との交流用や趣味専用など、SNSのアカウントを使い分けている人には非常に便利な機能です。

設定、【ASUSカスタマイズ設定】【ツインアプリ】と選択設定、【ASUSカスタマイズ設定】【ツインアプリ】と選択
設定→【ASUSカスタマイズ設定】→【ツインアプリ】と選択
標準で入っているアプリ
標準で入っているアプリ

【設定】→【ASUSカスタマイズ設定】→【ツインアプリ】から利用したいアプリをONにします。「Facebook」「Instagram」「Messenger」「Twitter」にはデフォルトの状態で対応しています。

設定すると、Twitterのアイコンが2つに!マルチウィンドウも便利設定すると、Twitterのアイコンが2つに!マルチウィンドウも便利
設定すると、Twitterのアイコンが2つに! マルチウィンドウも便利です

試しにTwitterをオンにしてみると、ドロワー画面にTwitterのアイコンが2つ並び、同時に起動することができました。今回は分かりやすいようにマルチウィンドウ機能で縦に並べましたが、それぞれ単体で起動することも可能です。

使い方まとめ::多数の便利な機能がシンプルな設定で使いやすくなる

ZenFone 4 Selfie Proの基本設定と便利な機能を紹介してきましたが、いかがでしたか? ここでは紹介しきれなかった機能が他にも多数搭載されているので、ご自身でいろいろと触ってみて確かめてみてください。シンプルな設定画面なので分かりやすく、初めてのSIMフリースマホだったとしても安心して使えますよ

指紋認証やバッテリーの節約機能などは最初に設定しておき、Always-on PanelやZenMotionなどはお好みに応じて変更していくといいでしょう。

この記事を書いた人

とくめい

とくめい
WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi

ASUSの商品

ZenFoneの商品