モバレコ バリューストア 数量限定セール開催中!
(9/21 17:00~9/24 9:59)

モバレコTOP ASUS ZenFone Max Plus (M1) (ZB570TL) ZenFone Max Plus (M1) (ZB570TL)の設定

ASUS ZenFone Max Plus (M1) (ZB570TL)の設定

カラー
発売日
2018年2月

本体幅の増加を抑え、持ちやすさを保ちつつ大画面化できる18:9のワイドディスプレイを採用。他のMaxシリーズと同様に、4000mAh以上の大容量バッテリーを搭載します。

  • 画面サイズ
    5.7インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1600+800万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    4130mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    152.6mm× 73mm× 8.8mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
ASUS ZenFone Max Plus(M1)を買ったら設定しておきたい10のこと

1. SIMカードを挿入してAPNを設定する

ZenFone Max PlusにSIMカードを挿入するには左側面のキャップを外します。

SIMカードトレイは右側面の上部にあるキャップを外す
SIMカードトレイは右側面の上部にあるキャップを外す

SIMカードを挿入したら設定画面から【もっと見る】→【モバイルネットワーク】の順に進んでタブメニューからどちらかのSIMを選択。その後、【アクセスポイント名】に進み、表示されている中からお使いになる通信事業者を選択します。

設定から【もっと見る】→【モバイルネットワーク】を選ぶ設定から【もっと見る】→【モバイルネットワーク】を選ぶ
設定から【もっと見る】→【モバイルネットワーク】を選ぶ
【アクセスポイント名】を選択する【アクセスポイント名】を選択する
【アクセスポイント名】を選択する

該当する通信事業者名が表示されていない場合は右上の「+」ボタンをタップして、主導で事業者を追加しましょう。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

2. ディスプレイの点灯時間を長く/短くする

購入時のデフォルトでは、ディスプレイの点灯時間が短めに設定されています。このままですと、すぐに消灯してしまうので長めに設定しておくのがオススメ

設定画面から【ディスプレイ】→【スリープ】の順に進んでスリープ時間を変更します。ここでは、いったん2分に設定しておいて、あとから好みに合わせて変更しましょう。

設定から【ディスプレイ】→【スリープ】と進み点灯時間を変更する設定から【ディスプレイ】→【スリープ】と進み点灯時間を変更する
設定から【ディスプレイ】→【スリープ】と進み点灯時間を変更する

3. バッテリー残量をパーセント表示にする

デフォルトの状態のZenFone Max Plusは、バッテリー残量がアイコンのみの表示になっています。わかりにくく感じる人も多いと思いますので、パーセント表示に変更しましょう。

バッテリー残量をパーセントで表示したい場合は、設定画面から【電池】を選択したあとに、画面右上のアイコンをタップして【電池残量をパーセントで表示する】をタップしてチェックを入れてください/span>。すると、電池アイコンの横にパーセント形式でバッテリー残量が表示されるようになります。

設定から【電池】をタップ
設定から【電池】をタップ
【電池残量をパーセントで表示する】にチェックを入れる【電池残量をパーセントで表示する】にチェックを入れる
【電池残量をパーセントで表示する】にチェックを入れる

4. 戻る/アプリスイッチキーを入れ替える

ZenFone Max Plusでは、ナビゲーションバーに表示される戻るキーとアプリスイッチキーの表示を入れ替えることができます。前に使っていたスマートフォンと表示が違っていて使いにくいと感じる人は設定画面から変更しましょう。

設定画面から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】→【ナビゲーションボタンの配置】の順に進んでボタンの並び順を変更します。

設定から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】と進む設定から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】と進む
設定から【ディスプレイ】→【ナビゲーションバー】と進む
ナビゲーションバーの並び順が変更できるナビゲーションバーの並び順が変更できる
ナビゲーションバーの並び順が変更できる

5. 指紋認証の精度を改善・顔認証を設定する

ZenFone Max Plusでは指紋認証に対応しています。もし指紋認証の精度が悪いと感じる場合は同じ指を複数登録して精度を改善しましょう。

設定画面で【セキュリティ】→【指紋設定】の順に進んで【指紋を追加】をタップ。続けて、画面の案内に従って指紋を追加登録します。

設定から【セキュリティ】を選ぶ
設定から【セキュリティ】を選ぶ
【指紋設定】に進んで【指紋を追加】をタップする【指紋設定】に進んで【指紋を追加】をタップする
【指紋設定】に進んで【指紋を追加】をタップする
指紋を追加で登録する指紋を追加で登録する
指紋を追加で登録する

なお、ZenFone Max Plusは顔認証も対応。「顔認証」は指紋認証と同じ画面から設定できます。iPhone Xのように精度が高いものではないため、セキュリティ上の注意はありますが、気になる方は一度設定してみましょう。

顔認証の設定も可能です
顔認証の設定も可能です

6. 電池節約・パフォーマンス遅延を防ぐ「自動起動マネージャー」

4,000mAhを超えるバッテリーを搭載するZenFone Max Plusですが、「自動起動マネージャー」を使うことで電池持ちをさらに延長したり、データ消費量を節約することができます

一部のアプリはバックグラウンドで自動起動してメモリを占有し、システムが遅延したりバッテリーが消耗する原因になることがあります。「自動起動マネージャー」を使えば自動起動アプリを管理してメモリをより多く解放することができるので、これらのトラブルを防ぐことができます。

自動起動マネージャーをしたい場合は、設定画面から【電池】を選択し、画面右上のアイコンをタップ。続けて、【自動起動マネージャー】を選択します。あとはスイッチをオフにして自動起動を無効にするだけです。以下の画像ではすべての自動起動を無効にしています。

なお、バックグラウンド動作を前提としたアプリで自動起動を無効にすると不具合が出てしまうので注意が必要です。

設定から【電池】を選ぶ
設定から【電池】を選ぶ
スイッチをオフにすると自動起動を無効にしてメモリの占有を防止できるスイッチをオフにすると自動起動を無効にしてメモリの占有を防止できる
スイッチをオフにすると自動起動を無効にしてメモリの占有を防止できる

7. スクリーンショットの通知をオフにする

すべてのAndroidではスクリーンショットを撮影すると通知が表示されます。通知からスクリーンショットを共有したり削除できるというのが理由なのですが、使っている人はほとんどいないでしょう。

通知やステータスバーに表示されるのが嫌という人も多いはず。ZenFone Max Plusなら非表示にすることができます。

設定画面から【ASUSカスタマイズ設定】を選択して“スクリーンショット設定”の項目にある【通知の表示を有効にする】のスイッチをオフにすると、スクリーンショット撮影後に通知が表示されなくなります。

スクリーンショットの通知をオフにスクリーンショットの通知をオフに
スクリーンショットの通知をオフに

8. 画面オフからアプリをショートカット起動する「タッチジェスチャー」

Zenfone Max Plusではスリープ状態で画面を操作して、お気に入りのアプリをショートカット起動できる「タッチジェスチャー」を使うことができます。

設定画面から【ASUSカスタマイズ】→【ZenMotion】→【タッチジェスチャー】の順に進んでスイッチをONにします。これでスリープ状態で画面に「W」を書くと天気アプリが、「S」を書くとカメラが起動します。起動したいアプリは自由に変更することができます。

設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選ぶ
設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選ぶ
【ZenMotion】→【タッチジェスチャー】と進む【ZenMotion】→【タッチジェスチャー】と進む
【ZenMotion】→【タッチジェスチャー】と進む
アプリをショートカット起動できる「タッチジェスチャー」アプリをショートカット起動できる「タッチジェスチャー」
アプリをショートカット起動できる「タッチジェスチャー」

9. 耳に近づけて電話に自動応答「モーションジェスチャー」

便利なジェスチャー機能としてもう一つ「モーションジェスチャー」が利用できます。モーションジェスチャーでは、着信時にスマートフォンの画面を下に向けて着信音をミュートにしたり、着信時にスマートフォンを耳に近づけるだけで応答することができます。

モーションジェスチャーモーションジェスチャー
モーションジェスチャー

設定画面から【ASUSカスタマイズ】→【ZenMotion】→【モーションジェスチャー】の順に進んでスイッチをONにします。

設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選ぶ
設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選ぶ
モーションジェスチャーの設定方法モーションジェスチャーの設定方法
モーションジェスチャーの設定方法

10. 片手でも快適な操作ができる「片手モード」

ZenFone Max Plusにはアスペクト比18:9の縦長ディスプレイが搭載されています。迫力のある映像が楽しめるのは魅力的ですが、大画面が原因で指が届かないことも多々あります。そんなときに便利なのが画面を縮小表示する「片手モード」です。

設定画面から【ASUSカスタマイズ】→【ZenMotion】→【片手モード】の順に進んで【クイック起動】にチェックを入れれば設定は完了。ホームボタンを2回押すと片手モードが起動します

設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選ぶ
設定から【ASUSカスタマイズ設定】を選ぶ
画面を縮小表示する片手モードが設定できます画面を縮小表示する片手モードが設定できます
画面を縮小表示する片手モードが設定できます

使い方まとめ:基本設定に加えて、ASUS独自のカスタマイズ設定も取り入れよう

ZenFone Max Plusを買ったら設定しておきたいオススメの設定を10通りほど紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

APNの設定やディスプレイの点灯時間調整、バッテリー残量のパーセント表示など基本的なものから、ASUS独自のカスタマイズ設定まで紹介しています。この記事を参考に自分好みのスマートフォンに仕上げてみてください。

この記事を書いた人

Yusuke Sakakura

Yusuke Sakakura
スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!

ASUSの商品

ZenFoneの商品