モバレコTOP ASUS ZenFone 5Q (ZC600KL) ZenFone 5Q (ZC600KL)のレビュー

ASUS ZenFone 5Q (ZC600KL)のレビュー

カラー
発売日
2018年5月
  • 使うのが楽しくなるポップなデザイン
  • 使い方を選ばないトリプルスロット仕様
  • メインカメラ 1600+800万画素
  • フロントカメラ 2000+800万画素
  • 画面サイズ

    6インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1600+800万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    3300mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    160.5mm× 76mm× 7.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • ハイレゾ

    ハイレゾ
    LIVE会場で聴いているような臨場感を味わえる段違いの音質が楽しめます。 ※ハイレゾ音源、ハイレゾ対応ヘッドホンやイヤホンで体験できます。
  • ワイヤレス充電

    ワイヤレス充電
    スマホを置くだけで充電できる無線充電器です。 充電ケーブルを挿す手間がなく差込口も安全。 ケーブル断線からも開放されます。スマート充電!!
  • DSDS

    nano SIM + nano SIM

    DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    ZenFone 5Q (ZC600KL)

    31,800円 (税込) 7,471円OFF

    分割払いも可能です(カート内で2回、12回、24回から選択できます)

    売切れ次第、販売終了予定

    ※カラーはミッドナイトブラックとムーンライトホワイトのみ

カートに入れる
ASUS ZenFone 5Q レビュー!! 4つのレンズを搭載したクアッドカメラが様々なシーンで大活躍

2018年5月18日に発売された「ZenFone 5Q」は、ASUSの最新モデル「ZenFone 5」シリーズの1機種。フラッグシップモデルのZenFone 5 / 5Zの単なる廉価版ではなく、前面・背面の両方に2つずつ、計4つのレンズを搭載したカメラ機能を強化したモデルになっています。

縦横比18:9のフルビューディスプレイを装備し、指紋認証と顔認証の両方に対応。トリプルスロット構造を採用しているので、2枚のSIMと同時にmicroSDカードを利用できるのも大きな特徴です。

▼ZenFone 5Qをお得に購入する方法はこちら

ZenFone 5Qのデザインとサイズ感をチェック

縦横比18:9のフルビューディスプレイを搭載。6インチのフルHD+液晶で、ZenFone 5 / 5Zのようなノッチ(画面の切り欠き))はありません。他の2018年モデルと同様、画面内に各種キーを表示するオンスクリーンキーに変更されているため、前面は大半をディスプレイが占めるシンプルなデザインに。背面には光沢のあるパネルを採用し、中心にカメラや指紋センサーが縦一列に並んでいます。

左側面にあるSIMスロットは付属のピンを使って取り出すトレイ式。nano SIMカードを2枚とmicroSDカードを同時にセットできるトリプルスロット仕様になっています。4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、microSDカードとの同時使用も可能です。

ZenFone 5Qのカメラは前面・背面にそれぞれ2つずつレンズを搭載したクアッドカメラ仕様。指紋センサーは背面に組み込まれており、認証の速さ、成功率ともに申し分なく快適に使用できました。また、指紋認証と並ぶもう1つの生体認証機能として、ZenFone 5Qにはインカメラを使用した顔認証機能も搭載されています。

▼ZenFone 5Qをお得に購入する方法はこちら

ZenFone 5Qのスペック性能・パフォーマンスを確認

ZenFone 5Qのスペック情報(参照:製品ページ

OS Android 7.1.1
SoC Snapdragon 630 2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メモリ microSDXC
サイズ 約160.5 × 76 × 7.7mm
重さ 約168g
ディスプレイ 6.0インチ 2,160×1,080(FHD+)
バッテリー 3,300mAh
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
SIMカード nano SIM ×2
カメラ (アウトカメラ)
約1,600万画素+約800万画素
(インカメラ)
約2,000万画素+約800万画素
カラー ミッドナイトブラック / ルージュレッド / ムーンライトホワイト

ZenFone 4 Selfie」と比較すると、カメラの進化だけでなく全体的にパワーアップしていることが分かります。核となるSoCは、より高速処理ができる「Snapdragon 630」に変更。18:9ディスプレイの採用、バッテリー容量のアップなど、実用性を向上させながらもしっかりとトレンドも押さえている印象です。

メールやSNS、Webブラウジングといった日常的なスマホの使い方は快適に行えるでしょう。ミドルスペックながら、設定次第ではゲームなども十分プレイできるクラスです。スペックと価格のバランスを考えると、コスパが優れている部類の機種といえます。

▼ZenFone 5Qをお得に購入する方法はこちら

ZenFone 5Qのカメラ性能をチェック

ZenFone 5Q最大の特徴であるクアッドカメラの性能をチェック
ZenFone 5Q最大の特徴であるクアッドカメラの性能をチェック

ZenFone 5Qはアウトカメラもインカメラもデュアルカメラ、つまり計4つのカメラを搭載している少々珍しい機種。

アウトカメラは標準レンズを搭載した約1,600万画素のメインカメラと、広角レンズを搭載した約800万画素のサブカメラという組み合わせ。インカメラは、約2,000万画素の標準カメラと約800万画素の広角カメラの組み合わせになっています。

同じ被写体をそれぞれのカメラで撮影して比べてみました。

ZenFone 5Q アウトカメラ(標準)
アウトカメラ(標準)
ZenFone 5Q アウトカメラ(広角)
アウトカメラ(広角)
ZenFone 5Q インカメラ(標準)
インカメラ(標準)
ZenFone 5Q インカメラ(広角)
インカメラ(広角)

このようにZenFone 5Qでは、アウトカメラ・インカメラともに標準と広角の2つの画角を切り替えて撮影できるというわけです。アウトカメラで旅先の壮大な景色を収めたい時、あるいはインカメラで集合写真を撮りたい時などに重宝するでしょう。

特徴はレンズの多さだけにとどまらず、アウトカメラには0.03秒でピントが合う高速な像面位相差オートフォーカスを搭載。さらに、動画撮影時には電子式手ぶれ補正も使用できます。

ここからは、実際にZenFone 5Qのカメラを使用して様々な場面で撮影した作例をご紹介します。すべてオートモードで撮影し、加工・修正などは行っていない状態の写真です。
(※クリックすると大きな画像で見られます)

日中の風景写真(ZenFone 5Q) 日中の風景写真(ZenFone 5Q) 夕方の風景写真(ZenFone 5Q) 夕方の風景写真(ZenFone 5Q) 夜景の写真(ZenFone 5Q) 夜景の写真(ZenFone 5Q) 料理の写真(ZenFone 5Q) 料理の写真(ZenFone 5Q)

屋内でのテーブルフォトなど、やや暗めの仕上がりになりやすい場面もありましたが、全体的に色乗りはハッキリとしています。軽く明るさだけ補正すれば、簡単に見栄えの良い写真に仕上げられます。

電子式手ぶれ補正も搭載されていますが、こちらは動画撮影時のみ機能します。そのため、夜景を撮影する時は柵や手すりなどを使って固定するなど、安定して端末を支えられるような工夫が必要。高感度でのノイズは比較的少なく、空の暗さと夜景の対比をしっかり捉えることができています。

▼ZenFone 5Qをお得に購入する方法はこちら

販売価格を比較

ZenFone 5Q 気になる販売価格をチェック!!
気になる販売価格をチェック!!

ミドルスペックのZenFone 5Qは、ZenFone 5 / 5Zと比較した本体価格の安さ、コストパフォーマンスの良さも魅力です。MVNOやオンラインショップでのZenFone 5Qの販売価格をまとめました(※2018年6月1日時点の金額です)。

主要MVNOのセット販売価格を比較

★MVNOの「ZenFone 5Q」セット販売価格(税込)

IIJmio 40,824円
NifMo 40,800円
DMM mobile 42,984円
LINEモバイル 42,984円
LinksMate 42,984円

MVNOでの販売価格は4万円台前半に集中しており、発売直後の時点では大きな差は見られませんでした。僅差ではありますが、NifMoが若干ですがお得になっています。

後述するオンラインショップでの価格と比べると、ややMVNOでのセット販売価格の方が安くなっていますので、SIMとスマホを同時に購入しようと考えている方はこちらがお得でしょう。

ただし、フラッグシップモデルのZenFone 5に比べて取り扱っているMVNOが少ないので、使いたい格安SIMと自由に組み合わせたい方や既に契約している格安SIMをお持ちの方は次項のスマホ単体での購入を検討してください。

オンラインショップのスマホ単体の販売価格を比較

★オンラインショップの「ZenFone 5Q」スマホ単体の販売価格(税込)

Amazon 42,580円
ヨドバシカメラ 42,980円
ビックカメラ 42,973円
ソフマップ 42,973円
ノジマ 42,973円
モバレコ バリューストア 38,731円

まだ発売から間もない機種ということもあり、オンラインショップでのスマホ単体の販売価格は42,000円台のところがほとんどでした。モバレコ バリューストアでは他のショップより1,000円以上安く購入できるので、スマホ単体の購入はこちらがおすすめです。

★ZenFone 5Qをスマホ単体で購入したい方はこちら

ASUS ZenFone 5Q
ASUS ZenFone 5Q

ASUS ZenFone 5Q

4つのカメラを搭載したクアッドカメラシステム
18:9のフルHD+ ディスプレイ
顔認証機能を搭載

モバレコ特価:38,731円

評価まとめ:ZenFone 5Qはカメラ性能を重視する人におすすめ

カメラ性能が話題のZenFone 5Qのレビューはいかがでしたか?
カメラ性能が話題のZenFone 5Qのレビューはいかがでしたか?

ZenFone 5Qは6インチの大画面ながら持ちやすさを兼ね備えた幅65mmのボディに、普段使いには十分なミドルスペック性能を装備したSIMフリースマホ。なんといっても最大の特徴は、前面・背面に2つずつレンズを搭載したクアッドカメラです。

上位機種のZenFone 5 / 5Zも先進的な機能を搭載した機種ではありますが、コストを考えて全体的にバランスの取れたミドルレンジ機のZenFone 5Qを選択するのもアリだと思います。

注目はやはりカメラ機能で、自撮り中心の人も含め、安価でカメラを重視した機種が欲しい人には最適でしょう。

★ZenFone 5Qのポイント

・18:9のフルビューディスプレイを採用。6インチの大画面でも持ちやすいサイズ感
・Snapdragon 630にRAM 4GBを搭載した普段使いに十分なミドルスペック
・バッテリー容量はゆとりのある3,300mAh
・ZenFoneといえば、やはり“赤”! 選べる3色のカラーバリエーション
・アウトカメラもインカメラも楽しいクアッドカメラ

ZenFone 5Qをお得に購入する方法

ZenFone 5Qをネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

ASUS ZenFone 5Q
ASUS ZenFone 5Q

ASUS ZenFone 5Q

4つのカメラを搭載したクアッドカメラシステム
18:9のフルHD+ ディスプレイ
顔認証機能を搭載

モバレコ特価:38,731円

この記事を書いた人

agar

agar
スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar

  • 目次

ASUSの商品

ZenFoneの商品