モバレコTOP BlackBerry KEY2 Silver KEY2 Silverの設定

BlackBerry KEY2 Silverの設定

カラー
発売日
2018年9月

Android OSとQWERTY配列の物理キーボードを組み合わせた、BlackBerry注目の最新モデル

  • 画面サイズ
    4.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200万+1200万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3500mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    151.4mm× 71.8mm× 8.5mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
BlackBerry KEY2を使い始める際にまず確認したい7つの設定・使い方

2018年9月に日本で発売されたTCLコミュニケーション「BlackBerry KEY2」を使い始めるにあたり、まず確認しておきたいポイントを7つ紹介します。

数多く用意された便利な機能の活用を目指すにあたり、その基礎としてぜひチェックしておきましょう。

目次:

1. はじめに:SIMカードの装着方法

BlackBerry KEY2へのSIMカード装着は、機種の左側面に差し込まれたカードスロットを用います。

パッケージ同梱のSIMカードイジェクトピンなどで左側面にある丸い穴を押し込み、カードトレイを取り出しましょう。

左側面に差し込まれたカードトレイ
左側面に差し込まれたカードトレイ
ブラック(BBF100-9)とシルバー(BBF100-8)でトレイのつくりが異なる
ブラック(BBF100-9)とシルバー(BBF100-8)でトレイのつくりが異なる

カードトレイのつくりはモデル(BBF100-9/BBF100-8)ごとに異なります。

トレイに乗せられる(同時に装着できる)内容は、本体カラーがブラック(BBF100-9)の場合はSIMカード1枚とSDカードメモリカード1枚。

シルバー(BBF100-8)の場合はSIMカード2枚またはSIMカード1枚とSDメモリカード1枚です。

2. APN情報を設定する

SIMカードを装着したら電源をONに。初回設定が済んだ後にまずおこなうことはモバイルデータ通信の利用に必要なAPN情報(アクセスポイント名情報)の設定です。

ここではSingle SIMモデルでの設定方法、続いてDual SIMモデルでの設定方法についても補足します。Dual SIMモデルを購入した場合は、両方の設定方法をあわせてチェックしてみてください。

Single SIMモデル(BBF100-9)の場合

設定画面から【ネットワークとインターネット】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】の順に進みます。

【アクセスポイント名】の項目を開く【アクセスポイント名】の項目を開く
【アクセスポイント名】の項目を開く

プリインストール(初期登録)されているAPN情報が表示されます。使用するSIMカードの提供事業者から指定された情報が見つかる場合はその項目を選ぶだけで設定完了です。

ここからは「使いたいAPN情報が見つからない」場合を想定し、手動で情報を入力していきます。

APN情報を新規に登録するので、右上のプラスマークをタップします。

APN情報の手動入力は右上の+(プラス)マークから
APN情報の手動入力は右上の+(プラス)マークから
APN情報の入力(編集)画面
APN情報の入力(編集)画面

APN情報の入力(編集)画面が開くので、SIMカードの提供事業者に指定された情報を入力していきます。多くの場合は以下5~6項目の入力が必須で、このほかにも指定されているものがあれば追加で入力していきましょう。指定のない項目は入力不要です。

・名前
・APN
・ユーザー名
・パスワード
・認証タイプ

必要な情報をひととおり入力し終えたら、忘れず画面右上から入力内容を保存してください。

必要項目の入力を終えたら【保存】を忘れずに!必要項目の入力を終えたら【保存】を忘れずに!
必要項目の入力を終えたら【保存】を忘れずに!

APN情報の一覧画面に戻るので、今登録したAPN情報にチェックを付けます。少し待った後、右上のアンテナピクトと「4G」などのマークが出れば設定は完了です。

「4G」などの文字が色濃く表示されればOK
「4G」などの文字が色濃く表示されればOK

Dual SIMモデル(BBF100-8)の場合

Dual SIMモデル(BBF100-8)の場合はAPN情報の設定画面へのアクセス方法が若干異なります。

設定画面から【ネットワークとインターネット】→【SIMカードとモバイルネットワーク】→【モバイルネットワーク】の順に進みます。

Single SIMモデルとは画面が異なるSingle SIMモデルとは画面が異なる
Single SIMモデルとは画面が異なる

ネットワークの設定画面が開いたら、設定を変更したいSIMカード(SIMカードスロット)を選び【アクセスポイント名】を選択。これでSingle SIMモデル同様にAPN情報の設定画面が開きます。ここから先の設定手順は先に紹介しているSingle SIMモデルと同じです。

設定するSIMを選んでから【アクセスポイント名】をタップする設定するSIMを選んでから【アクセスポイント名】をタップする
設定するSIMを選んでから【アクセスポイント名】をタップする
SIMカードごとにAPN情報の設定が必要SIMカードごとにAPN情報の設定が必要
SIMカードごとにAPN情報の設定が必要

またDual SIMモデルで2枚のSIMカードを同時に挿して使う場合は「モバイルデータ通信」「音声通話」「SMS(ショートメッセージサービス)」の機能をそれぞれどちらのSIMカードで使うかの割り当てもおこないます。

設定は【SIMカードとモバイルネットワーク】の下部にある項目にて
設定は【SIMカードとモバイルネットワーク】の下部にある項目にて
データ通信、通話、SMSにそれぞれどのSIMカードを使うか設定するデータ通信、通話、SMSにそれぞれどのSIMカードを使うか設定する
データ通信、通話、SMSにそれぞれどのSIMカードを使うか設定する
データ通信、通話、SMSにそれぞれどのSIMカードを使うか設定する

3. データ使用量の集計機能を設定する

Android OSには標準機能としてデータ使用量を集計する機能が備わっています。普段から「どういった傾向で」「どのくらいモバイルデータ通信を使っているか」を後から振り返ることができるよう、まずは集計期間を設定(見直し)しておきましょう。

設定画面から【ネットワークとインターネット】→【データ使用】→【請求期間】→【請求期間】の順に進むと、使用サイクルのリセット日が変更できます。契約しているSIMカードのプランに応じてリセット日を設定しましょう。

リセット日=集計期間の初日ですリセット日=集計期間の初日です
リセット日=集計期間の初日ですリセット日=集計期間の初日です
リセット日=集計期間の初日です

例えば「毎月のデータ使用量が1日~月末日」で計算される場合であれば、毎月のリセット日は【1】にすればOKです。毎月どのくらいモバイルデータ通信を使用しているのか、気になる人はここも設定しておくと確認できるので便利ですよ。

4. キーボードショートカットを割り当てる

BlackBerry KEY2と特徴であるQWERTY配列の物理キーボードは文字入力だけでなく、すばやくアプリを起動するショートカット操作にも使えます。頻繁に使うアプリ・機能がある場合には、このキーボードショートカット機能もぜひ活用してみましょう。

設定画面から【ショートカットとジェスチャ】→【キーボードショートカット】の順に進むと各キーに割り当てるアプリ・機能の設定画面が開きます。

【キーボードショートカット】の項目を開く
【キーボードショートカット】の項目を開く

「A」「B」……と上から順番に並んでいますが、これは(キーボード上の)「ショートカットキー+Aを押した場合に起動するアプリ」「ショートカットキー+Bを押した場合に起動するアプリ」……という意味です。

ショートカットは各キーに最大2種類(長押し/短押し)割り当てられるショートカットは各キーに最大2種類(長押し/短押し)割り当てられる
ショートカットは各キーに最大2種類(長押し/短押し)割り当てられる
キーボード右下に配置されたショートカットキー
キーボード右下に配置されたショートカットキー

なお普段使っている中でふと「このキーにこのアプリのショートカットを割り当てたい」と思うことがあるかもしれません。そんなときはショートカットキー+任意のキー(アプリ・機能を割り当てたいキー)を押してみましょう。まだ機能が割り当てられていないキーであれば、その場ですぐアプリ・機能が割り当てられます。

まだアプリや機能が割り当てられていないキーであれば、設定画面を開かずともすぐに割当できる
まだアプリや機能が割り当てられていないキーであれば、設定画面を開かずともすぐに割当できる

5. 便利キーにアプリや機能を割り当てる

BlackBerry KEY2の右側面には音量キーや電源キーと並んでもうひとつ「便利キー」と呼ばれる物理キーが設けられています。このキーにもアプリ・機能を呼び出すためのショートカット割当が可能です。

設定画面から【ショートカットとジェスチャ】→【便利キー】の順に進むと、便利キーを押した際に表示するアプリ・機能のショートカットをシーン別に設定できます。

【便利キー】の項目を開く
【便利キー】の項目を開く
シーンによって異なるアプリ・機能のショートカットを表示できるシーンによって異なるアプリ・機能のショートカットを表示できる
シーンによって異なるアプリ・機能のショートカットを表示できるシーンによって異なるアプリ・機能のショートカットを表示できる
シーンによって異なるアプリ・機能のショートカットを表示できる

6. 指紋認証を設定する

BlackBerry KEY2に搭載されたQWERTY配列の物理キーボードには、スペースキー部分に指紋認証センサーが内蔵されています。端末のロックをすばやく解除できるよう、指紋認証も忘れず設定しておきましょう。

設定画面から【セキュリティと位置情報】→【指紋認証】の順に進むと、認証に使う指紋をデバイスに登録できます。

【指紋認証】の項目を開く
【指紋認証】の項目を開く
画面の指示に従い、まずは予備のロック解除方法などを登録していく画面の指示に従い、まずは予備のロック解除方法などを登録していく
画面の指示に従い、まずは予備のロック解除方法などを登録していく画面の指示に従い、まずは予備のロック解除方法などを登録していく
画面の指示に従い、まずは予備のロック解除方法などを登録していく
「センサーを探す」と表示されたら、スペースキーに登録したい指を押し当てる
「センサーを探す」と表示されたら、スペースキーに登録したい指を押し当てる
スペースキーは物理キーボードの最下段中央にある横に長い形のキー
スペースキーは物理キーボードの最下段中央にある横に長い形のキー
画面の指示に従って指を数回押し当てていくと登録が完了する画面の指示に従って指を数回押し当てていくと登録が完了する
画面の指示に従って指を数回押し当てていくと登録が完了する

7. DTEK by BlackBerryの基本操作を知る

BlackBerry KEY2を含む“Android OS採用のBlackBerryスマホ”には「DTEK by BlackBerry」という名の専用アプリがプリインストールされています。

このアプリはデバイスのセキュリティ状態をチェックしたり、インストール済みのアプリに付与した権限をあとからチェックしたり、といった際に使える便利なもの。ぜひ基本的な操作方法だけでも覚えておきましょう。

まずはアプリ一覧から「DTEK by BlackBerry」を起動します。

黒字に白で文字の入った「DTEK by BlackBerry」のアプリ
黒字に白で文字の入った「DTEK by BlackBerry」のアプリ
起動後に「何ができるのか?」簡単な説明があるので、目を通しておきましょう起動後に「何ができるのか?」簡単な説明があるので、目を通しておきましょう
起動後に「何ができるのか?」簡単な説明があるので、目を通しておきましょう起動後に「何ができるのか?」簡単な説明があるので、目を通しておきましょう
起動後に「何ができるのか?」簡単な説明があるので、目を通しておきましょう
起動後に「何ができるのか?」簡単な説明があるので、目を通しておきましょう
起動時に求められる「連絡先」「位置情報」へのアクセス権限はいずれも「許可」する起動時に求められる「連絡先」「位置情報」へのアクセス権限はいずれも「許可」する
起動時に求められる「連絡先」「位置情報」へのアクセス権限はいずれも「許可」する

メイン画面上部の【スキャン】をタップすると、デバイスの現在のセキュリティ状態をスキャンできます。

【スキャン】を押すだけでデバイスの状態をひととおりチェックしてもらえる【スキャン】を押すだけでデバイスの状態をひととおりチェックしてもらえる
【スキャン】を押すだけでデバイスの状態をひととおりチェックしてもらえる

個人情報などを含め“とにかく安全にスマホを使いたい”場合は、新しいアプリをインストールしたタイミングなどで都度スキャンをおこなうクセをつけておくとよいかもしれません。

メイン画面中央の【システム】をタップすると、スキャンによって確認された現在のデバイスの状態を閲覧できます。

直近のスキャン結果を詳しく閲覧できる【システム】の項目直近のスキャン結果を詳しく閲覧できる【システム】の項目
直近のスキャン結果を詳しく閲覧できる【システム】の項目直近のスキャン結果を詳しく閲覧できる【システム】の項目
直近のスキャン結果を詳しく閲覧できる【システム】の項目

【システム】の右隣にある【アプリケーション】をタップすると、インストール済みの各アプリに許可したアクセス権限、直近でその権限が利用された時期を追跡できます。

使っていて「何か動作がおかしいかも?」と感じたら【アプリケーション】からチェックしてみよう使っていて「何か動作がおかしいかも?」と感じたら【アプリケーション】からチェックしてみよう
使っていて「何か動作がおかしいかも?」と感じたら【アプリケーション】からチェックしてみよう
使っていて「何か動作がおかしいかも?」と感じたら【アプリケーション】からチェックしてみよう

DTEK by BlackBerryはデバイスのセキュリティを維持するために便利なアプリですが、ただ「入っているから大丈夫」という存在ではなく、ユーザーが定期的に操作することで最新の状態を確認し、必要に応じて警告を促してくれるものです。

まずは定期的に【スキャン】する習慣をつけ、いち早く問題に気がつける体制を整えましょう。

使い方まとめ

今回はBlackBerry KEY2を使い始めるにあたり、まず確認したいポイントを7つ紹介しました。

ただしBlackBerry KEY2には(キーボードまわりを中心に)カスタマイズできることが他にも多く用意されています。正直、使い始めの段階ですべての設定を完璧に済ませよう!と意気込むと、疲れてしまう可能性も大です。

そこでまずは今回紹介した7つのポイントから始めてみることをオススメします。

その上でしばらく使用し慣れてきたら、改めて設定画面をひととおり覗きながら、自分に“さらなる便利さをもたらしてくれそう”と思った項目を見直していきましょう。

ぜひじっくり時間をかけながら、BlackBerry KEY2が備える魅力を堪能してみてください。

この記事を書いた人

まきはら とよかず

まきはら とよかず
スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

BlackBerryの商品