特集

格安SIM特集

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

IIJmioのSIMカード

これでまるわかり! 格安SIM特集

NifMoのSIMカード

01. そもそも、格安SIMってなに?

格安SIMを理解する前に、まず「SIMカード」を理解しましょう!
SIMカード(シムカード)とは、携帯電話やスマートフォンなどに挿入して使う小型のICカードのこと。普通に携帯電話を使っている場合、SIMカードを抜き挿しすることはほとんどないためSIMカードを目にする機会は少ないと思います。

では、格安SIMって?
「格安SIM」とは、ドコモやauから通信回線を借りているMVNO(仮想移動体通信事業者)がキャリアよりも安い価格で提供しているSIMカードのことです。

ズバリ!この記事をチェック!

今話題の「格安SImってなに?」

いま話題の「格安SIM」とは?格安SIMの選び方とメリット・デメリット全まとめ

多数のSIMカードのパッケージ

02. ここがイイ! 格安SIMの魅力

  • スマートフォンとお金

    スマホ代が安くなる!

    格安SIMはプランが豊富なので自分の利用状況にあったプランを選択すれば、月々のスマホの料金をキャリアスマホよりも安くすることができます。

  • 様々なデータ容量のSIMカード

    プランが豊富!

    格安SIMだと音声通話サービスの有無やデータ通信量のプランの選択肢が豊富にあるため、自分の使うデータ量に合わせて柔軟にプランが選択できます。

  • 通信するスマートフォン

    安心・快適!

    格安SIMは、ブランドによって異なりますが、docomoやauなどの回線を利用しているので、つながりやすさやエリアなどの回線品質はキャリアと同じです。

03. まるわかり!格安SIMの選び方

STEP 1 毎月、自分が利用しているデータ量を調べる

格安SIMはデータ量によって料金が異なるため、まず自分が毎月どのくらいデータ利用量があるかを確認しましょう。

各キャリアのデータ量の確認方法
docomo docomo公式サイト データ通信量確認方法
au au公式サイト スーパーカケホ月間利用データ量の確認方法
SoftBank SoftBank公式サイト ご利用データ量の見方を確認する

各キャリア確認方法が異なります。

STEP 2 格安SIMの種類を選ぶ

格安SIMを大きくわけると、「データ通信専用格安SIM」、「SMS機能付き格安SIM」、「音声通話対応格安SIM」の3種類があります。SMS機能付き・データ通信専用SIMでもIP電話サービスに加入したり無料通話アプリを利用すれば通話は可能です。

「データ通信専用格安SIM」

音声通話無しの、インターネット接続のみのプランです。データ通信は3種類とも共通で、ここにSMS機能あるいは音声通話機能をプラスするイメージ。たまに通話をしたい場合は、LINEの無料通話や050 plusなどの通話サービスを利用しましょう。
契約期間もない為、お試しで利用したい方や2台目のスマホを持ちたい方にオススメです。

「SMS機能付き格安SIM」

電話番号による簡単なメッセージのやりとりが出来ます。また、LINEの新規登録に必要な「SMS認証」に使うことが可能です。

「音声通話対応格安SIM」

「090」や「080」から始まる電話番号で発着信が可能なプランです。データ通信専用プランに音声機能がついたプランで、この中には上記のSMS機能も含まれています。ドコモやauなどからMNP(同じ電話番号で乗り換え)が出来ます。
料金を安くしたいが、電話番号は残しておきたいという方にオススメです。

データ通信専用SIMカード or SMS機能付きSIMカード or 音声通話対応のSIMカード

STEP 3 格安SIMのサイズを選ぶ

SIMカードのサイズは、大きい順から標準SIM、micro SIM(マイクロシム)、nano SIM(ナノシム)の3種類となっており、挿入する端末によってそのサイズが異なります。必ず、格安SIMで利用予定の端末がどのサイズになるか確認して選びましょう。

  • 「標準SIM」

    標準サイズ(15mm×25mm)のSIMカード

  • 「micro SIM」

    マイクロサイズ(12mm×15mm)のSIMカード

  • 「nano SIM」

    ナノサイズ(8.8mm×12.3mm)のSIMカード

どのサイズのSIMになるか確認

STEP 4 自分に合った、プランの格安SIMを選ぶ

格安SIMにはさまざまなプランがあります。また、プランによって毎月の料金もことなるので自分に合ったプランの格安SIMを選びましょう。
選ぶ際のポイントは、「データ通信専用orSMS機能付きor音声通話対応」「毎月のデータ量」「SIMのサイズ」の3点です。

「データ通信専用orSMS機能付きor音声通話対応」

格安SIMの種類よって利用できる機能が異なります。
例えば、仕事で090から始まる電話番号を使用したいとしてもデータ通信専用だと090から始まる電話番号は使用できません。種類を選ぶ際には十分気をつけましょう。

「毎月のデータ量」

自分に見合った通信プランを選びましょう。
例えば、現状毎月5GB使用している場合は5GB以上の通信プランを選びましょう。

「SIMのサイズ」

挿入する端末によってそのサイズが異なります。必ず、格安SIMで利用予定の端末がどのサイズになるか確認して選びましょう。

豊富なプランからピッタリのものを選択

STEP 5 さっそく、自分に合った格安SIMを選びましょう!

STEP1やSTEP2、STEP3、STEP4、に書いてあったことを踏まえ、さっそく自分に合った格安SIMを探しましょう!

格安SIMを探す

格安SIM一覧を見る

さっそく、探そう!

このページの先頭へ