モバレコTOP FREETEL Priori 5 Priori 5のレビュー

FREETEL Priori 5のレビュー

カラー
発売日
2018年2月

着せ替え可能な7色のバックカバーが同梱されたFREETELのエントリーモデル。スワイプアップランチャーなどの操作性を高める機能が充実した「FREETEL UI」を搭載します。

  • 画面サイズ
    5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    800万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    2300mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    140mm× 70mm× 8.5mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
FREETEL Priori 5をレビュー!“道具”としてシンプルに使える低価格モデル

2018年2月にFREETEL(フリーテル)ブランドから発売されたスマートフォン「Priori 5」。初代モデル「Priori」の発売が2014年であり、4年間にわたって新モデルが定期発表されているFREETELの定番シリーズです。

今回はこのFREETEL Priori 5をレビュー。スマホとしての性能は決して高くありませんが、シンプルさと安く買えることは魅力。連絡手段やネットでの情報検索など、ライトな用途でシンプルに使える“道具”としてのスマホを探しているなら、“チェックしてみる価値アリ!”な一台です。

外観デザイン:扱いやすいサイズとデザイン。きせかえも楽しめる

デザインの印象は「とにかくシンプル」。凝った装飾はありませんが、質感をマットに仕上げるなどのさりげない工夫が施されています。

7色の背面カバーが同梱されています
7色の背面カバーが同梱されています

本体カラーはブラック1色となっていますが、パッケージにはブラックを含めた全7色の背面カバーが同梱され、好みの色にきせかえて楽しめます

背面カバーやバッテリーは取り外して交換できる
背面カバーやバッテリーは取り外して交換できる
カードスロットは3つある
カードスロットは3つある

SIMカードやmicroSDメモリカードのスロットも背面カバーの中に配置されています。SIMカード用のスロットが2つ、それとは別個にmicroSDメモリカード用のスロットが1つ。計3枚のカードは同時に挿して使えます

端末スペックをおさらい

■スペック情報(参照:製品ページ
本体カラー ブラック
(マットブラック/パールホワイト/シャンパンゴールド/レッド/メタルグリーン/スカイブルー/ピンクゴールド)
※パッケージに7色のバックカバーを同梱。きせかえ可能
サイズ 高さ 約140 × 幅 約70 × 奥行き 約8.5mm
質量 約135g
ディスプレイ 5.0型 HD(1280×720)IPS LCD
プラットフォーム Android 7.1.2 Nougat
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 210(クアッドコア)
メインメモリ / 内蔵ストレージ 2GB / 16GB
外部ストレージ 最大256GBまで
背面カメラ / 前面カメラ 800万画素 / 500万画素
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.1
SIMカード nanoSIM × 2
通信方式 FDD-LTE:B1/3/8/19
TD-LTE:-
W-CDMA:B1/5/6/8/19
GSM/EDGE:850/900/1800/1900 MHz
バッテリー 2,300 mAh

Priori 5は低価格帯のローエンドモデル(エントリーモデル)という位置づけであり、スペックはかなり抑えられた内容です。とくに目立つ仕様や機能はありませんが、価格と実用性のバランスを取ってうまくまとめられた製品といった印象です。

ソフトウェア:低価格でも4G+3Gで待受可。負荷の軽い用途向き

音声通話をドコモ、データ通信をauで設定した様子
音声通話をドコモ、データ通信をauで設定した様子
NTTドコモのSIMでVoLTEを試した様子
NTTドコモのSIMでVoLTEを試した様子

Priori 5の魅力としてチェックしておきたいのが、2つの電話番号で同時に音声着信が待ち受けできる“4G+3Gのデュアルシム・デュアルスタンバイ”に対応していること。対応する周波数の幅は広くないものの、異なるキャリア・異なるプランで契約したSIMカードを組み合わせて1台のスマホで使えます。

4G通信を用いて高品質の通話が使えるVoLTE(ボルテ)についても、NTTドコモとSoftBankが提供するVoLTEをサポートしています(※auのVoLTEには非対応)。

プロセッサにはローエンドモデル向けのSnapdragon 210を搭載。システムメモリ容量も2GBと抑えた内容であり、処理性能は正直言って高くありません。

さまざまなアプリで動作を試してみましたが、メールやメッセージアプリ、SNS、ネット検索、YouTubeでの動画視聴などは「動きが遅い」などのストレスを感じず使えました。

負荷の軽い用途なら問題なく使える
負荷の軽い用途なら問題なく使える
そこまで負荷の大きくないモンスト。遊べるが表示にややストレスを感じた
そこまで負荷の大きくないモンスト。遊べるが表示にややストレスを感じた

ただし負荷が高くなりがちなゲームは、さすがに厳しめ。モンスト(モンスターストライク)で動作を試してみたところ、画面の切り替わりにやや時間がかかったり、プレイ中にフレーム落ちで表示がカクついたり、という場面に遭遇しました。

当然ながら常に画面の表示が動き続けるモノ、3Dグラフィックをゴリゴリに使ったモノを楽しむ端末としてはかなり力不足と感じることでしょう。ゲームを満喫する目的でスマホを買うのであれば、スペックの優れたミドルレンジ機以上が断然オススメです。

片手持ち時も親指を伸ばしやすい画面下から展開できる「スワイプアップランチャー」
片手持ち時も親指を伸ばしやすい画面下から展開できる「スワイプアップランチャー」

使い勝手に目を向けると、独自インターフェース「FREETEL UI」にはシンプルながら便利に使える機能が搭載されていました。たとえば片手操作時にも親指でサッと展開できる「スワイプアップランチャー」は、本体サイズがコンパクトなPriori 5との相性が◯。

就寝前に活用したいブルーライトのカット機能就寝前に活用したいブルーライトのカット機能
就寝前に活用したいブルーライトのカット機能

また、就寝前のスマホ使用にうれしいブルーライトカット機能なども搭載。ただし、こちらは機能のオン/オフがもう少しかんたんに切り替えられるとベターとも感じました。

カメラ機能:効果抜群のHDR機能。食べ物を撮影するカメラとしては不向き

Priori 5では背面に800万画素のカメラ、前面に500万画素のカメラを搭載。いずれも仕様としては “価格相応”です。

撮影画面は操作も直感的にイメージできるシンプルなつくり。HDR機能がワンタッチで「オン」→「オフ」→「オン」と交互に切り替わる設計はかなり便利でした。

Priori 5のカメラ操作画面。HDR機能は左の「HDR」ボタンをタップするとオン/オフを切り替えられる
Priori 5のカメラ操作画面。HDR機能は左の「HDR」ボタンをタップするとオン/オフを切り替えられる

ここからは実際にPriori 5の背面カメラで撮影した作例を載せていきます。クリックorタップすると大きなサイズで表示できます。

Priori 5の背面カメラで撮影した作例:曇天の日中に撮影した風景(HDRオフ)
曇天の日中に撮影した風景(HDRオフ)
Priori 5の背面カメラで撮影した作例:曇天の日中に撮影した風景(HDRオン)
曇天の日中に撮影した風景(HDRオン)

魅力として感じたのはHDR機能の効果。上の2枚の写真を見比べるとお分かりになると思いますが、効果はハッキリしています。2枚目の写真では全体的に明るく、白飛びや黒つぶれを抑えた仕上がりになっています。

「HDRオンは単純に露出をあげただけかも?」と気になり、HDRオフの状態で、露出を上の2枚目の写真に近く設定して撮影したのが次の写真。

Priori 5の背面カメラで撮影した作例:HDRオフ、露出を先ほどの写真に近づけて撮影してみたもの
HDRオフ、露出を先ほどの写真に近づけて撮影してみたもの

HDRオンの場合と比べると、背景は完全に白く飛んでいます。この点からもHDR機能の効果を再確認できました。

Priori 5の背面カメラで撮影した作例:HDRオフ(1枚目)。仕上がりはかなり変わってくるPriori 5の背面カメラで撮影した作例:HDRオン(2枚目)。仕上がりはかなり変わってくる
HDRオフ(1枚目)とオン(2枚目)。仕上がりはかなり変わってくる

別のシーンで撮影した写真をもう1組。こちらでもHDR機能の効果は抜群。ただし、HDRオンにて撮影した写真ではディテールがやや甘くなる(輪郭が柔らかくなる)傾向も見て取れました。

Priori 5の背面カメラで撮影した作例:夜間に「HDRオン」「手持ち」で撮影した写真。全体的にブレ気味
夜間に「HDRオン」「手持ち」で撮影した写真。全体的にブレ気味

夜間など光量が不足するシーンでの撮影においては「HDRを使わない」「使う場合には三脚で固定する」などひと工夫くわえたいですね。

シーンを変えてほかにもいくつか撮影してみました。

被写体にかなり接近してもピントが合う。色鉛筆の発色も悪くない 公園にあった遊具。鉄柱も1本1本きちんと記録できた HDRオンで撮影。全体のバランスもよく、細部までよく撮れている 明るい屋内で撮影したタルト。もう少し明るく温かみがあるほうが好み やや暗めの屋内で撮影した唐揚げ。食べ物の撮影には向かないかも

色鉛筆の作例は被写体にかなり接近しましたがピントも合い、発色も悪くない印象。公園にあった遊具の作例では、鉄柱も1本1本きちんと記録できています。花はHDRオンで撮影しましたが全体のバランスもよく、細部まできちんと撮れています。

明るい屋内で撮影したタルトは、もう少し明るく温かみが出れば…という印象。唐揚げはやや暗めの屋内で撮影しましたが、イマイチな仕上がりに。食べ物の撮影には向かないかもしれません。カメラは仕様とともに、実際の性能も“価格相応”の印象です。

使ってみると「HDR機能がしっかり効く」「接写に強い」というメリット「暗い場面ではノイズやブレが出る」「食べ物をおいしそうに撮るためには工夫が必要」というデメリットを感じました。

スマホを“道具”としてシンプルに使いたい人にオススメ

低価格帯で手が出しやすいPriori 5。仕様面も価格どおりのローエンドですが、シンプルなデザインでシーンを選ばず合わせることができる、2枚のSIMカードを同時に有効化できるなどの魅力も

より高い機能を求めればミドルレンジやハイエンドモデルの選択が間違いありません。ですが連絡手段やネットでの情報検索、SNSの利用など軽めの用途で使うモノとしては十分な製品だと感じました。

スマホを“道具”としてシンプルに使いたい。そんな人ならチェックしてみる価値アリの一台です。

この記事を書いた人

まきはら とよかず

まきはら とよかず
スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

  • 目次

FREETELの商品