モバレコTOP FREETEL REI 2 Dual REI 2 Dualの設定

FREETEL REI 2 Dualの設定

カラー
発売日
2018年2月

MAYA SYSTEMによる新生FREETELの第1弾として登場した本機種は、Snapdragonを採用し流行のデュアルカメラも搭載。曲面ガラスを用いた美しいデザインも特徴です。

  • 画面サイズ
    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1300+1300万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3300mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    152mm× 75mm× 7.9mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
FREETEL REI 2 Dualを便利に使うために設定しておきたい8つのこと

MAYA SYSTEMのFREETELブランドのスマートフォン「REI 2 Dual」を購入したら、使い始めるに確認しておきたい8つの設定を紹介。

独自デザインのユーザーインターフェース「FREETEL UI」やデュアルカメラなど、特徴的な機能を便利に楽しく使うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

目次:

はじめに:SIMカードを挿そう

「SIMフリースマートフォンを使うのは初めて」という人のために、まずはSIMカードの挿し込み方を確認しておきましょう。

SIMカードスロットがあるのは左側面
SIMカードスロットがあるのは左側面
挿すSIMカードが1枚なら奥のみ、2枚のなら2つのカードスロットを使う
挿すSIMカードが1枚なら奥のみ、2枚のなら2つのカードスロットを使う

カードトレイの取り出しにはパッケージに同梱されるSIMカードトレイの取り出しピン(SIMピン)を使用。穴にピン先を差し込むとトレイが飛び出すので、そのまま引っ張りましょう。

REI 2 Dualは、SIMカードを挿せるスロットを2つ搭載。SIMカードを2枚同時に挿し込み、2つの番号で同時に音声着信を待ち受けることもできます。

1. APN情報を設定する

SIMカードを挿したら、電源をオン。初期設定として必須なのが、モバイルデータ通信をおこなうために必要となるAPN情報の設定です。

設定画面から【SIMカードとモバイル通信】→【モバイルネットワーク設定】の順に選ぶ設定画面から【SIMカードとモバイル通信】→【モバイルネットワーク設定】の順に選ぶ
設定画面から【SIMカードとモバイル通信】→【モバイルネットワーク設定】の順に選ぶ
APN情報を設定するSIMカードのスロットを選び【アクセスポイント名】をタップ
APN情報を設定するSIMカードのスロットを選び【アクセスポイント名】をタップ
設定したいAPN情報がリストに見つかれば選ぶだけでOK。手動で登録する場合は右上の「+(プラス)」ボタンを押す
設定したいAPN情報がリストに見つかれば選ぶだけでOK。手動で登録する場合は右上の「+(プラス)」ボタンを押す
回線事業者から提供された情報を元にAPN情報を入力。指定された項目“だけ”すべて入力を終えたら、右上のメニューから【保存】することも忘れずに回線事業者から提供された情報を元にAPN情報を入力。指定された項目“だけ”すべて入力を終えたら、右上のメニューから【保存】することも忘れずに
回線事業者から提供された情報を元にAPN情報を入力。指定された項目“だけ”すべて入力を終えたら、右上のメニューから【保存】することも忘れずに
回線事業者から提供された情報を基にAPN情報を入力。指定された項目“だけ”すべて入力を終えたら、
右上のメニューから【保存】することも忘れずに
登録したAPN情報をタップし有効化。内容が正しければ「4G」などの表示が出てモバイルデータ通信がつながるように
登録したAPN情報をタップして有効化します。内容が正しければ「4G」などの表示が出て、
モバイルデータ通信がつながるように

なおSIMカードを2枚同時に挿し、「用途に合わせてSIMカードを手動で切り替えながらモバイル通信を使いたい!」という場合は各SIMカードごとにAPN情報を設定する必要があります

カードスロット2のAPN情報設定も同じ手順でできる
カードスロット2のAPN情報設定も同じ手順でできる

今回の記事では「NTTドコモ」「au(KDDI)」系のSIMカードを使用。特にNTTドコモ系のSIMカードを挿した際には、プリインストール済みのAPN情報が多数表示されました。

プリインストールされていたドコモ系回線のAPN情報は34種類!プリインストールされていたドコモ系回線のAPN情報は34種類!
プリインストールされていたドコモ系回線のAPN情報は34種類!プリインストールされていたドコモ系回線のAPN情報は34種類!
プリインストールされていたドコモ系回線のAPN情報は34種類!
プリインストールされていたドコモ系回線のAPN情報はなんと34種類!

実際、ドコモ系SIMカードを挿して使う場合は、ほとんどの人が「探して選ぶだけ」でAPN情報の設定が完了すると思います。

カードスロット1にau系SIM、スロット2にドコモ系SIMを差し込んで設定した様子。ロック画面では2キャリアの名前と通信状況が表示される
カードスロット1にau系SIM、スロット2にドコモ系SIMを差し込んで設定した様子。
ロック画面では2キャリアの名前と通信状況が表示される

2. 優先的に使用するSIMカード(スロット)を選ぶ

2枚のSIMカードを同時に挿して使う場合、「モバイルデータ通信」「電話(音声通話)」「SMSメッセージ(電話番号を使ったメッセージ)」の3機能に関して、それぞれどちらのSIMカードを優先して使うのか割り当てることができます。

あらかじめ用途が定まっている場合は事前設定しておくと、毎回の手間がちょっぴり省けるので便利です。

設定画面から【SIMカードとモバイル通信】を開き【優先SIM】の欄で割当をおこなう
設定画面から【SIMカードとモバイル通信】を開き【優先SIM】の欄で割当する
データ通信の場合は2つのスロットから、電話とSMSメッセージは「毎回選ぶ」パターンも含めた3通りから設定できる
データ通信の場合は2つのスロットから、電話とSMSメッセージは「毎回選ぶ」パターンも含めた3通りから設定できる

3. データ使用量を管理する

「契約しているプランに設定されている高速データ容量を毎月賢く使いたい」と、携帯ユーザーなら誰しもが思っていることでしょう。そこで活用したいのがAndroid標準機能の「データ使用量の集計」です。1ヶ月単位で利用したデータ通信量を自動的に集計でき、あらかじめ指定した通信量に到達した場合は通知を出すことも。

データ通信量の無駄遣いや意図せぬデータ通信の発生に気が付きやすくするためにも、ぜひ活用してみましょう。

設定画面から【データ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【設定(歯車のマーク)】の順に選択設定画面から【データ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【設定(歯車のマーク)】の順に選択
設定画面から【データ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【設定(歯車のマーク)】の順に選択設定画面から【データ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【設定(歯車のマーク)】の順に選択
設定画面から【データ使用量】→【モバイルデータ使用量】→【モバイルデータ使用量】→
【設定(歯車のマーク)】の順に選択
【請求期間】と【データ警告】の設定を見直す
【請求期間】と【データ警告】の設定を見直す
多くの回線事業者はデータ通信量を「1日~月末」でカウントしているので、ここでは毎月のリセット日を【1(1日)】にする
多くの回線事業者はデータ通信量を「1日~月末」でカウントしているので、
ここでは毎月のリセット日を【1(1日)】にする
気づかないうちの無駄遣いで困らないよう、到達したら通知を表示する警告値も設定しておくのがオススメ
自覚が無いまま無駄遣いして困らないよう、通知を表示する警告値も設定しておきましょう
設定を終えたら使用量の集計画面上で表示が変わっていることを確認
設定を終えたら使用量の集計画面上で表示が変わっていることを確認
集計は2枚のSIMカード(2つのスロット)それぞれでおこなえる
2枚のSIMカード(2つのスロット)それぞれで集計できる

4. FREETEL UIをカスタマイズする

REI 2 Dualをはじめとした新生FREETELスマホの特徴は、独自のユーザーインターフェース「FREETEL UI」を搭載していること。便利に使える機能もたくさんある一方、他のAndroid機に慣れていると「使い勝手が変わるのがイヤ」という人もいると思います。

そこでFREETEL UIの機能を必要に合わせて有効化・無効化し、より自分好みの使いやすい設定にしてみましょう。ポイントとなる使い方(操作方法)と併せて紹介します。

設定画面から【FREETEL UI】を選ぶとカスタマイズできる項目が表示される
設定画面から【FREETEL UI】を選ぶとカスタマイズできる項目が表示される

ホームアプリを選ぶ

初期状態で設定されているホームアプリ「FREETEL Launcher」はインストールされているアプリがホーム画面上にずらりと並ぶ設計。他のAndroid機のように「ホーム画面には必要なアプリ・ウィジェットだけを表示」したい場合にはホームアプリを変更しましょう。

【ホーム】を選ぶとインストールされているホームアプリから使うものを指定できる
【ホーム】を選ぶとインストールされているホームアプリから使うものを指定できる
はじめから入っているのは4種類。もちろんGoogle Playなどで好きなアプリも追加できる
最初から入っているのは4種類。もちろんGoogle Playなどから好きなアプリも追加できる
FREETEL Launcherではインストールしたアプリがすべてホーム画面上に表示されるFREETEL Launcherではインストールしたアプリがすべてホーム画面上に表示される
FREETEL Launcherではインストールしたアプリがすべてホーム画面上に表示される
はじめから入っている「Android UI」を選択。ホーム画面はすっきりしたはじめから入っている「Android UI」を選択。ホーム画面はすっきりした
「Android UI」を選択すると、すっきりしたホーム画面に

ナビゲーションキーの配置と機能を変える

「ホーム」「戻る」「アプリ履歴表示」という3つの操作キーが常時表示されるナビゲーションバー。こちらもキーの並びの変更やホームキーを使った操作の割り当てができます。

【ナビゲーションバー】を選ぶ
【ナビゲーションバー】を選ぶ
キーの配置は2種類から選ぶ。変更するとすぐ反映されるキーの配置は2種類から選ぶ。変更するとすぐ反映される
キーの配置は2種類から選ぶ。変更すると、すぐ反映される
ホームキーの「長押し」「ダブルタップ」には用意された中から任意に機能を割り当てられるホームキーの「長押し」「ダブルタップ」には用意された中から任意に機能を割り当てられる
ホームキーの「長押し」「ダブルタップ」には用意された中から任意に機能を割り当てられる

スワイプアップランチャーを無効化・有効化する

一般的なAndroid機と異なり、FREETEL UIは通知パネルとクイック設定パネルが分離しています。クイック設定パネルは「スワイプアップランチャー」として画面下端から表示できるので、片手でも親指で呼び出しやすい点は操作性抜群。

しかし、他のAndroid機を同時に使っているような場合は、「同じように操作したい!」と感じることも多いと思います。そんなときはスワイプアップランチャーを無効化してしまうのも1つの方法です。

【スワイプアップランチャー】を選びスイッチをオフにすれば画面上から通知パネル/クイック設定パネルが呼び出せる【スワイプアップランチャー】を選びスイッチをオフにすれば画面上から通知パネル/クイック設定パネルが呼び出せる
【スワイプアップランチャー】を選んでスイッチをオフにすれば、
画面上から通知パネル/クイック設定パネルを呼び出せる

イージーアクセスを有効化・無効化する

片手操作を助けてくれる独自機能の1つが「イージーアクセス」。画面上に小さなボタンが常駐するようになり、タップするだけで頻繁に使う機能にアクセスできます。最大のポイントは、片手持ちした際に親指で操作しやすい範囲にボタンが表示されることです。

FREETEL UIならではのランチャー機能を使いこなしてみたいと思った人は、プリインストールされているイージーアクセスから試してみましょう。

【イージーアクセス】を選ぶ
【イージーアクセス】を選ぶ
スイッチをオンにするとボタンが出現
スイッチをオンにするとボタンが出現
タップするとランチャーが展開。設定項目や任意のアプリ、機能にアクセスできるタップするとランチャーが展開。設定項目や任意のアプリ、機能にアクセスできる
タップするとランチャーが展開。設定項目や任意のアプリ、機能にアクセスできるタップするとランチャーが展開。設定項目や任意のアプリ、機能にアクセスできる
タップするとランチャーが展開。設定項目や任意のアプリ、機能にアクセスできる
タップするとランチャーが展開。設定項目や任意のアプリ、機能にアクセスできる
ボタンはドラッグ操作で場所を動かせるほか、長押しで一時的に画面から消すことも。再表示は通知パネルからボタンはドラッグ操作で場所を動かせるほか、長押しで一時的に画面から消すことも。再表示は通知パネルから
ボタンはドラッグ操作で場所を動かせるほか、長押しで一時的に画面から消すことも可能。
再表示は通知パネルから

親指モードを有効化・無効化する

「イージーアクセス」とともに、片手操作時に活用したいのが「親指モード」。こちらは画面を縮小表示し、端まで指を伸ばしやすくできる機能です。

いったん機能だけ有効化しておき、実際に使いたいときだけ起動するのもよいかもしれません。

【親指モード】を選ぶ
【親指モード】を選ぶ
機能の有効化・無効化、および左右のどちらに寄せて縮小表示するかを選ぶ
機能の有効化・無効化、および左右のどちらに寄せて縮小表示するかを選ぶ

有効化したあとの呼び出し方法は複数。確実に押さえておきたいのは「スワイプアップランチャーから起動」「ジェスチャー操作で起動」の2つです。

スワイプアップランチャーから「親指モード」をオンにすれば画面が縮小表示される
スワイプアップランチャーから「親指モード」をオンにすれば画面が縮小表示される
左右いずれかの端から「端→中央(①)」「中央→端(②)」と素早くスワイプでジェスチャーしても縮小表示に切り替わる
左右いずれかの端から「端→中央(①)」「中央→端(②)」と素早くスワイプで
ジェスチャーしても縮小表示に切り替わる
右側に寄せて縮小表示した様子
右側に寄せて縮小表示した様子

5. 指紋認証を設定する

REI 2 Dualの背面には、端末のロック解除などに使える指紋認証センサーが搭載されています。セキュリティを高めるとともに、スピーディーにロック解除できる便利な機能なので、ぜひ設定して使ってみましょう。

設定画面から【セキュリティ】→【指紋】の順に選ぶ設定画面から【セキュリティ】→【指紋】の順に選ぶ
設定画面から【セキュリティ】→【指紋】の順に選ぶ
画面の指示に従って予備のロック解除方法などを設定していく画面の指示に従って予備のロック解除方法などを設定していく
画面の指示に従って予備のロック解除方法などを設定していく画面の指示に従って予備のロック解除方法などを設定していく
画面の指示に従って予備のロック解除方法などを設定していく
画面の指示に従って予備のロック解除方法などを設定していく
「センサー位置の確認」と表示されたら……
「センサー位置の確認」と表示されたら……
指紋を登録したい指でセンサーにタッチ
指紋を登録したい指でセンサーにタッチ
指の腹(指紋)を当てて、離して、当てて……と繰り返せば登録は完了指の腹(指紋)を当てて、離して、当てて……と繰り返せば登録は完了
指の腹(指紋)を当てて、離して、当てて……を繰り返せば登録は完了

登録できる指紋情報は5つまで。同じ指で複数回登録することもできるので、よく使う指が限られている場合には複数回登録しておくとより精度が高まります。

6. 省電力機能の使い方を確認する

Android標準の省電力設定とは別に、REI 2 Dualには独自の節電アプリが備えられています。

機能を制限して節電につなげるアプリなので常時使うことはないかもしれませんが、覚えておくといざというときに役立つはず。使い方だけでも確認しておきましょう。

【節電】と書かれたアプリを起動するとメイン画面に【節電】と書かれたアプリを起動するとメイン画面に
【節電】と書かれたアプリを起動するとメイン画面に
画面上のボタンで機能をオン・オフしてみると、残り時間が変わる
画面上のボタンで機能をオン・オフしてみると、残り時間が変わる
節電用の動作モードは3種類用意されている
節電用の動作モードは3種類用意されている
【節電モード】は通信系の機能をオフにして節電。通信を使わないアプリは普段どおり使える
【節電モード】は通信系の機能をオフにして節電。通信を使わないアプリは普段通り使える
【超節電モード】では使える機能が最小限になる
【超節電モード】は使える機能が最小限に制限される
【カスタムモード】は機能毎にオン・オフを選び設定できる
【カスタムモード】は機能毎にオン・オフを選んで設定できる

7. カメラを素早く起動できるようにする

REI 2 Dualの目玉機能といえばデュアルカメラ。キレイに撮れるカメラは使うのが楽しく、ついつい起動する機会も多くなりがち。

そんな場合に便利なのが「電源ボタンの2度押し」で素早くカメラを起動できる設定です。

設定画面から【ユーザー補助】を開き【カメラの起動】をオンにすればOK設定画面から【ユーザー補助】を開き【カメラの起動】をオンにすればOK
設定画面から【ユーザー補助】を開き【カメラの起動】をオンにすればOK

8. カメラの設定を見直す

カメラのクイック起動とともに、カメラ自体の撮影設定もカスタマイズしておきましょう。ここではオススメしたい3つの項目「シャッター音の消音」「グリッド線の表示」「指紋センサを使用した撮影」をピックアップして紹介します。

カメラを起動し【設定(歯車マーク)】を開く
カメラを起動し【設定(歯車マーク)】を開く
赤枠で囲った3つを有効化する
赤枠で囲った3つを有効化する

上記の3つの設定のうち「指紋センサを使用した撮影」はセンサーにタッチすることでシャッターが切れる機能。背面のメインカメラでも前面のサブカメラでも使うことができます。

ただし、センサーにタッチすると即座に撮影されるため、じっくりピントを合わせたいシーンには不向き。実際に使ってみて、「自分の使い方には合わないな」と感じた場合はオフにしてください。

使い方まとめ:設定して再認識させられる独自UIの存在感

今回紹介した8つの項目のうち「FREETEL UI」に触れたのは1つだけでしたが、独自UIを採用してユーザーの使いやすさを意識した細かな機能を備えようというメーカーの取り組みは感じでいただけたのではないでしょうか?

ぜひ「FREETEL UI」ならではの機能・設定もひと通り試してみてください。そのうえでご自身にとって使いやすい設定をピックアップし、自分専用のREI 2 Dualにカスタマイズしてみましょう。

この記事を書いた人

まきはら とよかず

まきはら とよかず
スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

  • 目次

FREETELの商品