モバレコTOP Google Google Pixel 3 XL Google Pixel 3 XLの設定

Google Google Pixel 3 XLの設定

カラー
発売日
2018年11月
  • 快適なスペック、ディスプレイ性能
  • 防水・防塵、おサイフケータイ対応
  • メインカメラ 1220万画素
  • フロントカメラ 800万画素
  • 画面サイズ

    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1220万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    2915mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    145.6mm× 68.2mm× 7.9mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    Google Pixel 3 XL

    SIMフリー端末はお取扱いございません

    ※SoftBankの支払い回数については48回払いになります。
    ※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
    プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。

カートに入れる
Google Pixel 3 XLを使い始めるときにまず確認したい設定・使い方8選

国内ではGoogle直販のSIMフリーモデル、またキャリアのNTTドコモやSoftBank(ソフトバンク)からもSIMロック付きモデルが発売されているGoogleのスマホ「Pixel 3 XL」。

このGoogle Pixel 3 XLを使い始めるにあたり、まず確認しておくべきことを8つ紹介します。

ソフトウェアのシンプルさが特徴である“Googleのスマホ”を確実に使いこなすためにも、ぜひ参考にしてみてください。

販売サイトはこちら

目次:

はじめに:Android 9 Pieでのナビゲーション操作方法をおさらい

Pixel 3 XLは国内ではまだ数が少ない、Android OSの最新バージョン「Android 9 Pie」を出荷時点から搭載するスマホ。UIデザインや機能面もほぼ“素のAndroid”となっていますが、Android 9 Pieから新たに採用された新しいナビゲーション操作(基本操作)に対応しています。

Androidスマホを使う上で欠かすことのできない、新しくなったナビゲーション操作の方法をまずはおさらいしておきましょう。

「ホーム」はボタンを1回タップ

Android 9 Pieを搭載するスマホの場合、標準で画面下に表示されるナビゲーションボタンは楕円形のもの1つだけ。

このボタンを短く1回タップすることが、ホーム画面に戻る「ホーム」の操作となります。

ホーム画面に戻る場合は画面下端のボタンを1回タップする
ホーム画面に戻る場合は画面下端のボタンを1回タップする

「アプリ履歴」はボタンを上方向に短くスワイプ

直近で起動した他のアプリを選んで呼び出す「アプリ履歴(マルチタスク)」の画面は、ボタンを上方向に短くスワイプ(はじく操作)で表示できます。

上方向に短くはじくとアプリ履歴の画面が表示できる
上方向に短くはじくとアプリ履歴の画面が表示できる
直近で使ったアプリは横並びに。左右へのスワイプで呼び出したいアプリを探し、タップで選ぼう
直近で使ったアプリは横並びに。左右へのスワイプで呼び出したいアプリを探し、タップで選ぼう

なお直近でひとつ前に使っていたアプリを表示するだけなら、アプリ履歴を開かず、ボタンを左方向にスワイプするだけでOKです。

ボタンを左方向に弾けば……
ボタンを左方向に弾けば……
「直近でひとつ前に使っていたアプリ」をすぐ呼び出せる
「直近でひとつ前に使っていたアプリ」をすぐ呼び出せる

「戻る」は画面左下に出る矢印をタップ

一つ前の画面やアプリに戻る際に使う「戻る」の操作は、操作が有効なときにのみ現れる、画面左下の矢印マークをタップすることでおこないます。

「戻る」の操作が使える場面でのみ、左下に矢印が表示される
「戻る」の操作が使える場面でのみ、左下に矢印が表示される

アプリドロワーの表示はボタンを上方向に長くスワイプ

インストール済みのアプリをずらりと表示するアプリドロワー(アプリ一覧)画面は、ボタンを上方向に長くスワイプすると表示できます。

同じ「上方向へのスワイプ操作」でも、短くスワイプすると「アプリ履歴」が、長くスワイプすると「アプリドロワー」が表示されるため、使い分けを少し練習してみるとよいでしょう。

上方向に長くスワイプすると……
上方向に長くスワイプすると……
アプリドロワー(アプリ一覧)が表示できる
アプリドロワー(アプリ一覧)が表示できる

1. バッテリーセーバーの使い方を確認する

Pixel 3 XLは搭載するバッテリーの容量が3,430mAhと大きいほか、急速充電やQi(チー)規格でのワイヤレス充電など、充電方法も便利なものを複数サポート。ただし使い方によっては「外出中」「モバイルバッテリーを持っていない」場面に出くわす機会があるかもしれません。

そんなときのために、一部機能を制限する代わりに電池消費量を抑えるバッテリーセーバーの有効化・無効化方法も確認しておきましょう。

設定画面から【電池】→【バッテリーセーバー】の順に選ぶ
設定画面から【電池】→【バッテリーセーバー】の順に選ぶ
スイッチのオン/オフで簡単に切り替えが可能
スイッチのオン/オフで簡単に切り替えが可能

2. 自動調整バッテリー機能を設定する

Pixel 3 XLには使用頻度の低いアプリの電池使用量を自動で制限(コントロール)する機能も備わっています。余計な心配をせず、ストレス無くスマホを使うためにも、ぜひ機能が有効になっているか確認しておきましょう。

設定画面から【電池】→【自動調整バッテリー】の順に選ぶ
設定画面から【電池】→【自動調整バッテリー】の順に選ぶ
スイッチがオンになっていることを確認しよう
スイッチがオンになっていることを確認しよう

3. アンビエント表示を設定する

Pixel 3 XLでは、前面に搭載する有機ELディスプレイの「画面自体が発光する」しくみを活かした「アンビエント表示」機能が備わっています。他機種ではAOD(Always on Display)などとも呼ばれるもので、画面が消灯した状態でも日時や通知の有無を省電力に表示できる機能です。

時刻や通知の有無の確認が都度画面をつけずともにおこなえる便利な機能なので、ぜひ設定して使ってみましょう。

設定画面から【ディスプレイ】→【詳細設定】→【アンビエント表示】の順に選ぶ設定画面から【ディスプレイ】→【詳細設定】→【アンビエント表示】の順に選ぶ
設定画面から【ディスプレイ】→【詳細設定】→【アンビエント表示】の順に選ぶ
「常にON」を選ぶとアンビエント表示を有効化できる
「常にON」を選ぶとアンビエント表示を有効化できる
画面消灯時の様子(アンビエント表示:オン)
画面消灯時の様子(アンビエント表示:オン)

4. 指紋認証を設定する

Pixel 3 XLでは端末のロック解除などに使える生体認証機能として、背面のセンサーを使った指紋認証をサポートします。セキュリティ性を担保しつつ、ロック解除をすばやく行える便利なものですので、ぜひ設定しておきましょう。

設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【Pixel Imprint】の順に選ぶ
設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【Pixel Imprint】の順に選ぶ
設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【Pixel Imprint】の順に選ぶ設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【Pixel Imprint】の順に選ぶ
設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【Pixel Imprint】の順に選ぶ設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【Pixel Imprint】の順に選ぶ
画面の指示にしたがい「予備のロック解除方法」と「認証につかう指紋」を登録する画面の指示にしたがい「予備のロック解除方法」と「認証につかう指紋」を登録する
画面の指示にしたがい「予備のロック解除方法」と「認証につかう指紋」を登録する

5. Digital Wellbeingの使い方を確認する

Pixel 3 XLで新搭載されたAndroid OSの新機能「Digital Wellbeing(デジタルウェルビーイング)」。ユーザーのスマホ利用状況を記録し、使い方の改善や使いすぎの予防に役立てられるものです

Digital Wellbeingの起動は、設定画面にある【Digital Wellbeing】から。メイン画面には「スマホの使用時間(操作時間)」「スマホのロックを解除した回数」「スマホに届いた通知の件数」が表示され、それぞれをタップすると詳細を確認できます。

メイン画面にはおもに3つの情報が並ぶ
メイン画面にはおもに3つの情報が並ぶ
メイン画面にはおもに3つの情報が並ぶメイン画面にはおもに3つの情報が並ぶ
各項目をタップすると内訳も確認できる
各項目をタップすると内訳も確認できる

【設定画面】→【Digital Wellbeing】と選ぶのが面倒な場合には、Digital Wellbeingをワンタップで起動できるショートカットアイコンをホーム画面に追加することも可能です。Digital Wellbeingを定期的に確認する場合はぜひ設定してみてください。

設定画面から【Digital Wellbeing】を選び【アプリリストにアイコンを表示】をオンにすれば……
設定画面から【Digital Wellbeing】を選び【アプリリストにアイコンを表示】をオンにすれば……
ホーム画面にショートカットアイコンを追加できる
ホーム画面にショートカットアイコンを追加できる

またDigital Wellbeingにはタイマー機能も用意されており、任意のアプリに「1日で利用できる時間の制限」も設けられます。スマホの利用内容を振り返る中で「このアプリは使いすぎかも」「無意識に時間を奪われているかも」なんて思うことがあれば、タイマー機能も活用してみましょう。

詳細画面で各アプリ横にある【タイマーなし】をタップすると、1日あたりの利用可能時間を指定できる詳細画面で各アプリ横にある【タイマーなし】をタップすると、1日あたりの利用可能時間を指定できる
詳細画面で各アプリ横にある【タイマーなし】をタップすると、1日あたりの利用可能時間を指定できる
タイマーを設定すると、アプリの利用時間に応じて通知が出る
タイマーを設定すると、アプリの利用時間に応じて通知が出る
タイマーが切れるとアプリは強制終了される
タイマーが切れるとアプリは強制終了される
タイマー切れのアプリはアプリドロワー上ではグレーアウト表示に。タイマー設定を変更しないかぎり、同日内では起動できないタイマー切れのアプリはアプリドロワー上ではグレーアウト表示に。タイマー設定を変更しないかぎり、同日内では起動できない
タイマー切れのアプリはアプリドロワー上ではグレーアウト表示に。タイマー設定を変更しないかぎり、同日内では起動できない

6. ソフトウェアの更新方法を覚える

“Googleのスマホ”であるPixel 3 XLの魅力といえば、最新バージョンのOSや最新の機能がいち早く体験できること。この魅力をしっかり楽しむためにも、ソフトウェアのアップデートがあるかどうか、確認の方法もかかさず覚えておきましょう。

設定画面から【システム】→【詳細設定】→【システムアップデート】と選ぶ設定画面から【システム】→【詳細設定】→【システムアップデート】と選ぶ
設定画面から【システム】→【詳細設定】→【システムアップデート】と選ぶ
【アップデートをチェック】をタップすれば、ソフトウェア更新の有無を手動で確認できる
【アップデートをチェック】をタップすれば、ソフトウェア更新の有無を手動で確認できる

7. おサイフケータイ機能を設定する

SIMフリー版、キャリア版を問わず、日本で発売されているPixel 3 XLは海外モデルと異なりFeliCa(フェリカ)チップを搭載。スマホをかざして支払いができるおサイフケータイ機能をサポートします。

ちなみにPixel 3 XLでおサイフケータイ機能を使うためには、公式アプリストアのGoogle Playから「Google Pay」アプリのインストールが必要です。おサイフケータイ機能も目当てにPixel 3 XLを選んだなら、忘れず設定しておきましょう。

おサイフケータイ機能を使うには「Google Pay」のインストールが必要
おサイフケータイ機能を使うには「Google Pay」のインストールが必要
1台の本体に複数の電子マネーを登録できる
1台の本体に複数の電子マネーを登録できる

使い方まとめ:シンプルながら“新しさ”や“楽しさ”があるスマホ

“素のAndroid”に近い、最新バージョンのOSを搭載するPixel 3 XL。ソフトウェアはシンプルながらも、従来モデルと比べてナビゲーション操作の方法が変わっていたり、Digital Wellbeingのように新機能が入っていたり。慣れと新たな楽しみ方が用意されています。

今回紹介した内容も参考に、ぜひ最新OSと機能がいち早く楽しめる“Googleのスマホ”を満喫してみてください。

販売サイトはこちら

この記事を書いた人

まきはら とよかず

まきはら とよかず
スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

  • 目次

Googleの商品

Pixelの商品