モバレコTOP HUAWEI HUAWEI P20 lite HUAWEI P20 liteのレビュー

HUAWEI HUAWEI P20 liteのレビュー

カラー
発売日
2018年6月

SIMフリー市場で圧倒的な支持を受けた「HUAWEI P10 lite」の後継モデル。

  • 画面サイズ
    5.84インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1600+200万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    149mm× 71mm× 7.4mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
他のキャリア・MVNOの料金も確認する
※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。
HUAWEI P20 liteをレビュー! 手軽に“印象的な”写真が撮れるダブルレンズカメラ搭載

2018年夏モデルとしてHUAWEI P20シリーズが2018年6月15日に発売されました。おそらく最も売れるのは低価格ながら高いパフォーマンスを発揮する「HUAWEI P20 lite」。

この記事ではダブルレンズカメラやノッチ付きのフルビューディスプレイなどドレンドを取り入れつつ、性能や機能も大幅に進化した「HUAWEI P20 lite」をレビューします

デザインはフルビューディスプレイに注目

「HUAWEI P20 lite」はアルミフレームをガラスでサンドイッチした高級感あるガラスボディを採用。フチがわずかに湾曲した2.5Dガラスが手にフィットし、約5.84インチの大画面ながらベゼルを無駄なく削ぎ落とした縦長の「フルビューディスプレイ」によって横幅がスリムに抑えられ片手でも持ちやすくカンタンに操作できます。

フルビューディスプレイは“ノッチ”と呼ばれるフロントカメラ付近まで液晶が伸びることで、同じ画面サイズのiPhone Xよりもディスプレイ面積が広く没入感に優れます。また、ノッチは設定で隠すことも可能です。

バックにはカメラと指紋認証センサーを搭載。カメラは2つのレンズを搭載したダブルレンズのカメラになったことで一眼レフで撮影したような背景ぼかしを適用した写真撮影が可能に。ただ、ボディから突き出た突起型になったことで机に置いたまま操作するとガタつくのが難点です。指紋認証センサーは四角形から円形になったことでセンサーに指を乗せやすくなりました。

ボトムには独自の急速充電規格に対応したUSB Type-Cとイヤホン端子を搭載。お気に入りのイヤホンをそのまま使用することができます。サイドには右に電源キーとボリュームキー、左にデュアルSIMカードスロットが配置されています。

カラーバリーエーションはアーティストのイブ・クラインが開発した「クラインブルー」を参考に着色したクラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラックの3色。クラインブルーは光の当たる角度によって見え方が異なる仕掛けが施されています。

スペック詳細、パフォーマンスを確認

HUAWEI P20 liteのスペック(参照:製品ページ
OS Android 8.0
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約149mm × 約71mm × 約7.4mm
重さ 約145g
ディスプレイ 約5.84インチ
フルHD+(2,280×1,080ピクセル)
プロセッサ HUAWEI Kirin 659
4×2.36GHz + 4×1.7GHz
オクタコア
メモリ / ストレージ 4GB / 32GB
microSD 最大256GB
メインカメラ ダブルレンズカメラ
1,600万画素+約200万画素
フロントカメラ 1,600万画素
バッテリー 3,000mAh
充電 USB 2.0 Type-C
SIM スロット数:2
スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.4.2
VoLTE au / SoftBank
防水、防じん ×
おサイフケータイ ×
ワンセグ/フルセグ ×/×
指紋認証・顔認証 ○ / ○
通信方式 LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26/28/41
W-CDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
カラー クラインブルー / サクラピンク / ミッドナイトブラック

性能ではプロセッサがHUAWEI Kirin 658からKirin 659、メモリが3GBから4GB、OSがAndroid 7.0(EMUI 5.1)からAndroid 8.0(EMUI 8.0)になり、前モデルのP10 liteから全体的にパフォーマンスアップされています。

パワフルな使い心地が続くEMUI 8.0
パワフルな使い心地が続くEMUI 8.0

オクタコア仕様のHUAWEI Kirin 659はHUAWEI nova lite 2/Mate 10 lite/nova 2といった国内でも既に発売されているHUAWEIスマートフォンにも搭載されているライトモデル向けのチップセットです。

性能を数値化するベンチマークスコアを測定したところ約85,000点を記録。決して高いスコアではありませんが3万円の価格相応といった感じです。

オクタコアプロセッサのKirin 659
オクタコアプロセッサのKirin 659

OSはAndroid 8.0ベースのEMUI 8.0でAIを使用することによりパフォーマンスは12%、反応スピードは15%アップしているとのことですが実際に使ってみても大きな不満はありませんが、時々Googleマップなど地図アプリの描画が遅いと感じたり、アプリの切り替え時にモタつきを感じました。致命的なものではありませんが小さなストレスがあります。

Android 8.0になったことでパスワードやメールアドレスなどのログイン情報をカンタンに自動入力できる「オートフィル」に対応。パスワードを使い回している人も多いと思いますが同機能を利用することで使い回しの防止はもちろん、複雑なパスワードを覚える必要がなくなるため予測されにくく不正アクセスなどを防止することも可能です。

バッテリーは大容量の3,000mAh。画面の明るさを最大にしてYouTubeの動画を3時間連続で視聴しても残量は48%と満足の電池持ちです。

なお、付属のHUAWEI Quick Chargerを使用すると約100分でフル充電が可能な急速充電(9V/2A)が可能。残念ながら防水・防じん・おサイフケータイ・ワンセグ/フルセグには対応していません。

HUAWEI p20 liteのカメラ性能をチェック

HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラ
HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラ

前モデルP10 liteはシングルレンズを搭載していましたが、HUAWEI P20 liteは16メガピクセルの高解像度カメラと正確な距離を計測する専用レンズのダブルレンズを搭載。一眼レフで撮影したようなキレイな背景ぼかしを適用した印象的な写真をカンタンに撮影できます。

背景ぼかしを適用できる撮影モードは人物撮影に特化した「ポートレート」と、料理や花などにも適用できて撮影後にフォーカス位置やぼかし具合を自由に変更できる「ワイドアパーチャー」の2種類に対応。さらに、10段階でナチュラルに美肌補正ができる「ビューティー補正」にも対応しています。

実際にHUAWEI P20 liteのダブルレンズでいくつか撮影してみました。画像をタップorクリックすると大きなサイズで表示できます。

HUAWEI P20 lite カメラ作例:よく晴れた日に撮影。青、赤、黄色いずれも鮮やかに再現されている HUAWEI P20 lite カメラ作例:背景ぼかしのワイドアパーチャでかき氷を撮影。かなり難易度が高い輪郭のぼかしも合格 HUAWEI P20 lite カメラ作例:逆光をオートモードで撮影。光の中心部は白でつぶれているが満足の出来 HUAWEI P20 lite カメラ作例:水族館など暗い館内ではシャッタースピード。でも被写体は動きが早いという難しいシーンでもキレイに撮影できる HUAWEI P20 lite カメラ作例:暗い環境でのイルミネーションも低ノイズで明るく撮影できた HUAWEI P20 lite カメラ作例:色鮮やかなグラデーションも見た目に近い色彩で再現されている HUAWEI P20 lite カメラ作例:暗い館内で撮影。f2.2でハイエンドスマホと比べれば決して明るいレンズではないが明るく撮れる HUAWEI P20 lite カメラ作例:ワイドアパーチャを使えば印象的なキラキラの玉ボケ写真も撮れる

HUAWEI P20 lite カメラ作例:背景ぼかしあり(ワイドアパーチャで撮影)HUAWEI P20 lite カメラ作例:背景ぼかしなし(オート)
左が背景ぼかしあり(ワイドアパーチャで撮影)、右が背景ぼかしなし(オート)

青、赤、黄色いずれも鮮やかに再現されています。水族館など暗い館内にて、動きの速い被写体という難しいシーンでもキレイに撮れ、暗い環境でのイルミネーションも低ノイズで明るく撮影できました。背景ぼかしのワイドアパーチャを使えば印象的な写真も残せます。

なお、フロントカメラは画角約78°の広角仕様でセルフィーはもちろん、グループショットにも最適。画素数はメインカメラと同じ高解像度の16メガピクセルです。

カメラ機能ではポートレートや10段階のビューティー補正、ノイズを低減し最適な色温度で光るスクリーンフラッシュ、薄暗い場所でも明るく撮影できる4in1ライトフュージョンに対応しています。

評価まとめ:低価格でも高性能なカメラ性能が魅力的

HUAWEI P20 lite
HUAWEI P20 lite

これまで2万円〜3万円台のスマートフォンを購入する場合は、カメラの性能を大きく妥協する必要がありましたが「HUAWEI P20 lite」ならば価格もカメラも妥協する必要がありません

ダブルレンズのカメラによって一眼レフのような背景ぼかしを適用したキレイなポートレート写真を撮影できるカメラ機能に加えて、少し前の機種とは比較にならないクオリティで撮影できるなどカメラ性能も両立。低価格モデルでもカメラは譲れない人にとって非常に魅力的な選択肢になります

機能も性能も充実したダブルレンズカメラ
機能も性能も充実したダブルレンズカメラ

カメラに並ぶ大きな変化となったフルビューディスプレイは約5.84インチとかなり大型ですが縦横比19:9の縦長形状のため横幅は71mmとスリムで持ちやすく、片手操作も画面を縮小表示できる「ワンハンドUI」を使えば困ることはありません

デザインで賛否あるフロントカメラ周りの“ノッチ”については、設定を変更してノッチを隠すこともできるなどユーザーの声を汲み取りつつトレンドが抑えられています。

ゲームなど全画面表示時はノッチまでコンテンツが表示されない
ゲームなど全画面表示時はノッチまでコンテンツが表示されない

トレンドを取り入れつつ大きく進化した「HUAWEI P20 lite」にライバルはなくP10 liteに続き今年もロングヒットになりそうです。

◆HUAWEI P20 liteのポイントはココ

・キレイな背景ぼかしを適用した写真がカンタンに撮れるダブルレンズカメラ
・片手で操作しやすい縦長のフルビューディスプレイ
・高級感のあるガラスボディ
・高いコストパフォーマンス
・スマホの代金も毎月の料金も抑えたい人

この記事を書いた人

Yusuke Sakakura

Yusuke Sakakura
スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!

  • 目次
  • UQモバイル

    月額1,296

    ※おしゃべりプランMの場合の月額料金

  • au

    月額6,645

    ※おしゃべりプランMの場合の月額料金

HUAWEIの商品

HUAWEI Pの商品