モバレコTOP HUAWEI HUAWEI P20 HUAWEI P20の設定

HUAWEI HUAWEI P20の設定

カラー
発売日
2018年6月

人気のSIMフリースマホ、Huawei Pシリーズの2018年フラッグシップモデルが登場!

  • 画面サイズ
    5.8インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+2000万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3400mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    149.1mm× 70.8mm× 7.65mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
HUAWEI P20を購入したら確認しておきたい7つの設定・便利機能

2018年6月15日にHUAWEI Pシリーズのスタンダードモデル「HUAWEI P20」が発売されました。SIMフリースマートフォンの中ではかなりハイスペックで、コストパフォーマンスの高い機種です。

そのまま使っても不便はありませんが、今回は見直すと快適になる設定や便利機能のセットアップ方法などを紹介していきます。

目次:

1. SIMカードをセットしてAPNを設定

SIMトレイにSIMカードをセット
SIMトレイにSIMカードをセット

本体左側面にSIMカードスロットがあります。小さな穴にピンを差し込むとトレイを取り出すことができます。2つの番号で同時にメチ受けできるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)を使う場合は、SIM1とSIM2にSIMカードをセットしましょう。

【設定】→【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】【設定】→【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】
【設定】→【無線とネットワーク】→【モバイルネットワーク】
【アクセスポイント名】からAPNを選択【アクセスポイント名】からAPNを選択
【アクセスポイント名】からAPNを選択

使うSIMカードに合致したAPNを選択し、モバイルネットワークで通信ができればOKです。一覧にない場合は、右上のメニューから新たにAPNを追加できます。ここで入力する情報は、お使いの通信事業者のWebページを参照してください。

2. バッテリー残量をパーセント表示

【設定】→【アプリと通知】→【通知とステータスバー】【設定】→【アプリと通知】→【通知とステータスバー】
【設定】→【アプリと通知】→【通知とステータスバー】
【電池残量表示位置】を選択【電池残量表示位置】を選択
【電池残量表示位置】を選択

バッテリー残量をパーセントで見たいという方も多いはず。デフォルトでは表示されませんが、「電池残量アイコンの隣」か「電池残量アイコン内」に表示できます。

ノッチによりステータスバーのスペースが少し狭いので、「電池残量アイコン内」がおすすめです。

3. 省電力モードで電池長持ち

【設定】→【電池】【設定】→【電池】
【設定】→【電池】

消費電力を抑える「省電力モード」と「ウルトラ省電力モード」の2種類を搭載しています。

4. 電池使用を最適化

【設定】→【電池】→【電池使用を最適化】【設定】→【電池】→【電池使用を最適化】
【設定】→【電池】→【電池使用を最適化】
最適化するための設定項目を提案
最適化するための設定項目を提案

電池仕様を最適化は、電池の消費を減らすための設定を提案してくれます。中にはモバイルデータ通信オフや自動同期オフなど、著しく不便になるものもありますので注意してください。利便性を損なわない程度に見直してみるといいでしょう。

5. ホーム画面のスタイルを切り替え

【設定】→【画面】→【ホーム画面のスタイル】【設定】→【画面】→【ホーム画面のスタイル】
【設定】→【画面】→【ホーム画面のスタイル】
【標準】か【ドロワー】を選べる
【標準】か【ドロワー】を選べる

EMUIはホーム画面にアプリアイコンを並べるスタイルがスタンダートです。しかし、標準Androidでおなじみのドロワーを使いたいという方もいると思うので、切り替えられるのは良いですね。

6. ノッチを隠す

【設定】→【画面】→【ノッチ】【設定】→【画面】→【ノッチ】
【設定】→【画面】→【ノッチ】
【ノッチ部分を隠す】を選択
【ノッチ部分を隠す】を選択

ノッチ周辺を暗くしてノッチを隠す機能が搭載されています。元々ノッチの幅が短くてあまり目立たないようにはなっているのですが、この機能をONにするとさらに目立たなくなります。

7. 全画面表示でFullViewディスプレイを最大限に活用

【設定】→【画面】→【全画面表示】【設定】→【画面】→【全画面表示】
【設定】→【画面】→【全画面表示】
全画面表示したいアプリを選択
全画面表示したいアプリを選択
全画面に最適化されていないアプリは、画面下部から直接切り替えることも可能全画面に最適化されていないアプリは、画面下部から直接切り替えることも可能
全画面に最適化されていないアプリは、画面下部から直接切り替えることも可能

アスペクト比 18.7:9のワイドなFullViewディスプレイを搭載していますが、最適化されていないアプリでは周囲に黒い線が表示されます。これではせっかくのFullViewディスプレイが勿体無いので、ぜひ全画面表示を活用してほしいです。

8. 指紋と顔を登録

【設定】→【セキュリティとプライバシー】→【指紋ID】【設定】→【セキュリティとプライバシー】→【指紋ID】
【設定】→【セキュリティとプライバシー】→【指紋ID】
【新しい指紋】から指紋を登録【新しい指紋】から指紋を登録
【新しい指紋】から指紋を登録

必須といっても過言ではないのが指紋IDの設定です。指紋IDは、画面ロックの解除、Safeボックスへのアクセス、アプリのロック設定とアクセス制御に使うことができます。

特に画面ロックの解除は高いセキュリティ性と素早く快適な認証速度を両立できるので、最初に設定しておくのがおすすめです。

【設定】→【セキュリティとプライバシー】→【顔認証】【設定】→【セキュリティとプライバシー】→【顔認証】
【設定】→【セキュリティとプライバシー】→【顔認証】
枠内に収まるように顔を写して登録
枠内に収まるように顔を写して登録

インカメラで顔を認識して識別する顔認証も搭載されています。電源ボタンを押して顔の前に持ってくればロックが解除されます。これもなかなか使い勝手が良く、指紋IDと併用できるので設定しておくといいでしょう。

9. システムナビゲーションを指紋センサーに割り当て

【設定】→【システム】→【システムナビゲーション】【設定】→【システム】→【システムナビゲーション】
【設定】→【システム】→【システムナビゲーション】
ナビゲーションタイプを選択
ナビゲーションタイプを選択

システムナビゲーションのタイプを3種類から選ぶことができます。おすすめは指紋センサーに割り当てる「画面外ナビゲーションボタン」です。

操作には少し慣れが必要ですが、ナビゲーションバーもナビゲーションキーも表示されないため、画面を広く使えます。

使い方まとめ:知らなきゃ損!新機能を活用しよう

「HUAWEI P20」を購入したら確認しておきたい設定項目と便利機能を紹介しました。Pシリーズで採用されたノッチを隠す機能、EMUI 5.0から搭載されたホーム画面のスタイル変更など、新しい項目が多めでした。

ぜひ今回紹介した内容を参考にセットアップしてみてください。箱から出した時よりもずっと便利で快適に使えると思います。

この記事を書いた人

あさひな

あさひな
マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。

HUAWEIの商品

HUAWEI Pの商品