【忘れ物防止IoTタグ】MAMORIO S 購入者でLINE友だちになっていただいた方にはamazonギフト券500円分プレゼント!
対象商品はこちら

モバレコTOP KYOCERA DIGNO Phone DIGNO Phoneのレビュー

KYOCERA DIGNO Phoneのレビュー

カラー
発売日
2017年3月
  • 欲しい機能が詰まった堅牢設計のケータイ
  • ケータイならではの機能も充実
  • メインカメラ 800万画素
  • 画面サイズ

    3.4インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    800万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    1500mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    113mm× 51mm× 16.7mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    対応

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • SIMフリー

    DIGNO Phone

    SIMフリー端末はお取扱いございません

カートに入れる
DIGNO Phoneの魅力を徹底レビュー!フィーチャーフォンが好きな人にこそオススメ

2017年3月17日にUQ mobileから発売された京セラ製の「DIGNO Phone」は「ガラホ」とも呼ばれる新世代のフィーチャーフォンです。

1,500mAhとバッテリー容量も大容量で、高解像度な3.4インチ・FWVGA液晶を搭載。さらには、防水・防塵、耐衝撃、おサイフケータイなど、あると便利な機能が充実しています。

また、カメラも800万画素と従来のフィーチャーフォンと比べて、かなり高性能。格安SIMといえば「スマホ」のイメージを覆す、フィーチャーフォンが大好きな人も唸らせるかなり優秀な一台に仕上がっています

DIGNO Phoneのスペックをチェック!

DIGNO Phone スペック情報( DIGNO Phone 製品ページ)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 51×113×16.7mm
重量 約130g
電池容量 1,500mAh
CPU Qualcomm MSM8909 (1.1GHz × 4)
内蔵メモリ(RAM) 1GB
保存メモリ(ROM) 8GB
外部メモリ microSDカード (最大32GB)
ディスプレイ 3.4インチ FWVGA液晶
Wi-Fi規格 IEEE802.11 b/g/n (2.4GHz帯)
Bluetooth Bluetooth v4.1
カメラ 約800万画素
防水・防塵・耐衝撃 IPX5/IPX8・IP5X・MIL-STD-810G
その他 ワンセグ・赤外線・おサイフケータイ対応

DIGNO Phoneは「ガラホ」とも呼ばれる新世代のフィーチャーフォンで、スマートフォンにも採用されている高速なクアッドコアCPUを搭載しています。

バッテリー容量も1,500mAhと大容量とで、ディスプレイサイズもフィーチャーフォンとしては大型で高解像度な3.4インチ・FWVGA液晶を搭載しています。800万画素のカメラまで装備しており、「より高性能なフィーチャーフォンが欲しい」と考えていたユーザーには嬉しいポイントが盛りだくさんです。

他にも、防水・防塵、MILスペックの耐衝撃、ワンセグ、赤外線といった、フィーチャーフォンには欠かせない機能にも対応している「全部入り」のフィーチャーフォンです

DIGNO Phoneの外観をチェック

閉じた状態でも時計やマナーモードの設定状態を確認できるサブディスプレイが用意されています。使い慣れると手放せないフィーチャーフォンの便利機能がしっかりとDIGNO Phoneにも受け継がれています。

光沢のある表面と違い、背面側はマットな塗装になっているのもポイント。おサイフケータイやカメラ、赤外線の送受光部分も背面側に搭載されています。

二つ折りのスタイルは、往年のフィーチャーフォンそのもの。キーレイアウトなども使い慣れた配置になっているので、基本的な操作で困ることはないでしょう。

DIGNO Phoneのキーの下段にある「F1~3」のカスタマイズキーは、よく通話する相手を指定したり、よく使う機能を割り当てることが可能。フィーチャーフォンでも人気だった機能をしっかりと搭載しているので、操作に不慣れなユーザーでも安心して使えます

最も使用頻度の高い「カメラ」をチェック

約800万画素と、DIGNO Phoneはフィーチャーフォンとしてはかなり高画素なカメラを搭載。安価なスマートフォンと比較しても十分なレベルです。本体をパッと開いて写真を撮る「写メ」のスタイルはもちろん、DIGNO Phoneでも今までのフィーチャーフォン通りに使用できます。

簡単にいくつか写真を撮影してみましたので、今お使いのフィーチャーフォンの画質との違いをチェックしてみましょう。

都内の駅前、屋外にて撮影
都内の駅前、屋外にて撮影
夜間の撮影もフィーチャーフォンとしては十分
夜間の撮影もフィーチャーフォンとしては十分

屋外の撮影は曇り空の下でしたが、さすがは約800万画素のカメラといったところ。フィーチャーフォンに多い200万画素~500万画素のカメラよりも、細部のディテールをハッキリと捉えられたと思います。

駅のホームから東京タワーが見えたので、夜景を試しに撮影してみました。従来のフィーチャーフォンだとでは、もっとノイズの乗った写真になってしまいますが、DIGNO Phoneのカメラでは綺麗に撮影することができました。

DIGNO Phoneと従来のフィーチャーフォンのカメラを比較してみると、やはり約800万画素の「高画素」であることが一番メリットを感じる部分でしょう。

赤外線通信、Bluetooth、そしてmicroSDカードにも対応しているので、家電量販店などに設置されたフォトプリント機での現像も簡単に行えます。高画素なので引き延ばしてもキレイに現像できるのは嬉しいポイントですね。

中身はフィーチャーフォン、そのまま!

日々使用していくなかで大切なのが「使い勝手」。特に長く親しんできたフィーチャーフォンからの買い換えとなると、「ガラホ」に属するDIGNO Phoneを今まで通り操作性できるのか最も気になる部分だと思います。

キー配置はフィーチャーフォンとほぼ同じ
キー配置はフィーチャーフォンとほぼ同じ

まず、最初にチェックしておきたいのがボタンの配置。DIGNO Phoneも「フィーチャーフォン」「ガラケー」として販売されているだけあって、従来機種と比べて基本的な配置はそのままです。ボタンに割り当てられた機能にも大きな違いは無いので、従来のフィーチャーフォンから買い換えた際に戸惑うことはないでしょう。

待ち受け画面はフィーチャーフォンそのもの
待ち受け画面はフィーチャーフォンそのもの
メインメニューは待ち受け→決定ボタンですぐ開く
メインメニューは待ち受け→決定ボタンですぐ開く

本体を開いたら、最初に目に入る「待ち受け画面」。ここにもフィーチャーフォンではおなじみの以下の機能がしっかり備わっています。

・お気に入りの画像を壁紙に設定する
・時計を表示する
・新着メールなどを通知する

また、DIGNO Phoneの独自機能としてよく使う機能のショートカットを配置できますできます。

待ち受け画面を表示した状態で、カーソルキーの中央に位置する決定キーを押すことでメインメニューが開き、各種機能へアクセスできます。

メール作成画面もほぼ「そのまんま」
メール作成画面もほぼ「そのまんま」
文字入力画面も見慣れた画面です
文字入力画面も見慣れた画面です

フィーチャーフォンを好んで使うユーザーには「電話とメールしか使わない」という人も多いでしょう。

スマートフォン要素を取り入れた「ガラホ」と呼ばれるDIGNO Phoneですが、メール作成画面は従来のフィーチャーフォンから大きく変わっていません。今まで通りにメールを作成できます。

メールの作成画面以外に、電話帳の入力やメモの入力など、文字入力が必要となる場面での操作性も従来型のフィーチャーフォンそのままです。

DIGNO Phoneの基本的な操作性はフィーチャーフォンそのものと言えるでしょう。例えば、「メインメニューを開いた後、数字キーの「0」を押すとプロフィール画面が開く」といった、各社共通のショートカットもDIGNO Phoneで再現されていました。いい意味で「新しいケータイ」と思わずに使えるのは「すごい」とハッキリ言える作り込みっぷりです。

電話がとにかくきれい、クリアな音声に感動

DIGNO PhoneはUQ mobileとの組み合わせで、auのネットワークを利用した高音質通話「au VoLTE」が利用できるため、通話音質は今までのフィーチャーフォンとは比較にならないほど高音質です

スピーカーの穴がないのに、しっかり音が聞こえるんです
スピーカーの穴がないのに、しっかり音が聞こえるんです

DIGNO Phoneの液晶ディスプレイの上には、本来あるはずの「受話スピーカー」がありません。

ディスプレイ全体をスピーカーとして音を鳴らす「スマートソニックレシーバー」が搭載されているため、受話スピーカーと耳の位置があっていなくて聞こえづらいなんてことがありません。しっかり本体を握り、耳に当てやすい位置に合わせれば相手の声がしっかり聞こえるため、高音質な「au VoLTE」との相性は抜群。

「通話が多いので、フィーチャーフォンの方がいい」と考えている人にこそ、DIGNO Phoneはオススメです。

DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応!

DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応DIGNO Phoneはおサイフケータイに対応
おサイフケータイに対応

おサイフケータイに対応しているのも、DIGNO Phoneの魅力の1つ。フィーチャーフォンではおなじみの機能であり、電話とメールを中心に月々安く使っているユーザーでも「おサイフケータイは活用している!」という人は結構多いのではないでしょうか。

DIGNO Phoneでは、交通系ICカードでもあるEdy、クレジットカードをおサイフケータイとして利用できるQUICPay、利用できる店舗の多い楽天Edyなどに対応しています。おサイフケータイを使いたいがために格安SIMへの乗り換えを躊躇していた人には、これだけでも朗報と言えるでしょう。

まとめ:DIGNO Phoneはフィーチャーフォンをもっと便利にしてくれる

「ガラホ」や「SIMフリー」なんて聞くと、どうしても抵抗を持ってしまいがちですが、DIGNO Phoneこそフィーチャーフォンが好きな人、フィーチャーフォンを使い続けたい人には「もっと便利に使える1台」とハッキリ言い切れる機種です。

フィーチャーフォンへのこだわりとして、より高性能な機種を求めている人でも満足できる大容量バッテリーや高画素カメラを搭載しているため、久しく高性能な機種が出てきていなかったフィーチャーフォンの買い換え先としても最適

さらに、通話やメールといった限定的な用途だから…と、月額料金を安くに済ませるべく古い機種や古いプランを利用していたユーザーも、DIGNO PhoneとUQmobileの組み合わせは、よりお買い得な価格設定になっていますので、こちらもかなり魅力的と言えます。

「あまり使わない自分には、格安SIMやSIMフリースマホは関係ない」と考えていたのであれば、一度DIGNO Phoneを検討してみてはどうでしょうか。

この記事を書いた人

迎 悟

迎 悟
三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon

  • 目次

KYOCERAの商品