【忘れ物防止IoTタグ】MAMORIO S 購入者でLINE友だちになっていただいた方にはamazonギフト券500円分プレゼント!
対象商品はこちら

モバレコTOP KYOCERA DIGNO W DIGNO Wのレビュー

KYOCERA DIGNO Wのレビュー

カラー
発売日
2017年3月
  • 落としても、汚れても、洗っても。安心して使える高耐久設計。
  • メインカメラ 1300万画素
  • フロントカメラ 500万画素
  • 画面サイズ

    5.0インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1300万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    3000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    142mm× 71mm× 10.4mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    対応

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • SIMフリー

    DIGNO W

    SIMフリー端末はお取扱いございません

カートに入れる
UQモバイルの「DIGNO W」をレビュー!お風呂でも洗って使える安心設計スマホ

UQモバイルより2017年3月3日に発売された「DIGNO W」。防水・防塵に加えて耐衝撃性にも優れているので、シーンを選ばずに使えるのが最大の特徴です。故障や破損に強いので、1台のスマホを安心して長く使うことができます。

他にも、ワンセグやおサイフケータイといった、あると便利な国内向け機能も完備。性能と価格のバランスが良く、コストパフォーマンスは優秀です。本記事では実際に「DIGNO W」を使ってみた感想を踏まえて、特徴やオススメのポイントをレビューしていきます。

デザイン・外観をチェック

丸みを帯びたデザインになっているので握りやすく、片手でも持ちやすくなっています。

本体上部には、オーディオ端子とmicroSDカードスロットを搭載。本体下部にはmicro USB端子とストラップホールが配置されています。また、本体右側に電源キーとボリュームキーがついています。

端末のスペックをチェック

■DIGNO Wのスペック情報(参照:製品ページ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約142×71×10.4mm
本体重量 約159g
ディスプレイ 約5.0インチ HD TFT液晶
カメラ メイン : 約1,300万画素CMOS
サブ : 約500万画素CMOS
電池容量 3,000mAh
OS Android™ 7.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430
(1.4GHZ/4コア+1.1GHz/4コア)
本体メモリ容量 ROM : 16GB
RAM : 2GB
おサイフケータイ/ワンセグ
防水/防塵/耐衝撃
Bluetooth® Ver4.2
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング

CPUは「Snapdragon 430」(1.4GHz+1.1GHzのオクタコア)。スペックはミドルレンジ相当です。メモリが2GBなのでカクつくシーンもありましたが、メールやSNS、ブラウジングなどの日常的な使い方で不満を感じることはないでしょう。

おサイフケータイ、ワンセグ、耐衝撃、防水、防塵といった、国内向けの機能が網羅されているのは嬉しいポイント。OSにはAndroid7.0を搭載しており、セキュリティ面でも非常に安心出来る製品に仕上がっています。

カメラの作例を確認!

青菜も色味が綺麗に撮れ美味しそう 麻婆豆腐 餃子も見たままに撮れています 暗い所は苦手な感じです 屋内でも明るいと綺麗に撮れます

実際に作例を撮影してみましたので、ご紹介します(写真はクリック or タップで大きなサイズで見られます)。

特に、両栄の写真がキレイに撮れた印象。見たままに近い色合いを再現できており、とても美味しそうです。一方、暗い所での撮影は苦手な印象でした。料理の写真や明るい日中での撮影であれば、SNSに気軽にアップできるレベルの写真を撮影できるでしょう。

DIGNO Wの主な特徴をチェック!

お風呂で安心して使えます!
温水防水にも対応しているので、お風呂の中でも安心して使えます!

DIGNO W の主な特徴は、防水・防塵&耐衝撃のタフネス設計。単なる防水仕様というだけでなく、温水防水にも対応してます。普通の“防水”はお風呂場での使用を想定したものではありませんが、DIGNO Wなら安心してお風呂の中でも使うことができます。

水浸しになっても大丈夫
水浸しになっても大丈夫
泡で洗ってもへっちゃら!
泡で洗ってもへっちゃら!

さらに、DIGNO Wはハンドソープやボディソープで洗うことまでできてしまいます。スマホの画面は毎日指が触れるので。実はかなり汚いんです。丸洗いできれば清潔な状態で使うことができますね。

DIGNO Wはこんな使い方・こんな人にオススメ

可能な防水・防塵機能に加えて、耐衝撃性まで備えるDIGNO Wはシーンを選ばずに使うことができるスマートフォン。

水周りの作業やガーデニング、アウトドアなど、シーンを選ばずに安心して使える丈夫なスマホが欲しいという方にオススメしたい機種です。

また、DIGNO Wに搭載されたい便利機能「クックビュー」は主婦の方にイチオシ。こちらはスマホに触れずとも手のジェスチャーで画面をスクロールしたり、タイマーのオン・オフを切り替えたり、電話に応答したりできる機能です。

スマホでレシピを見ながら料理をしていて、汚れた手で触りたくないと思うタイミングはありませんか? そんなときに活躍するのが、このクックビューです。

クックビューではレシピを参考にできます
クックビューではレシピを参考にできます

画面右上に搭載されている「近接センサー」を上からなぞるだけで勝手にスクロールするので使い方も簡単。また、料理中に電話がかかってきても手を触れずにジェスチャー操作をすることで応答することができます。

画面右上の近接センサー
画面右上の近接センサー

慣れるまではうまく動きませんでしたが、30分も練習すれば簡単に使用できるようになります。ジェスチャーで操作している動画もアップしていますので、どのように動くのか見てみてください。

ジェスチャーで動作可能

評価まとめ

お風呂で使えてこそ真の防水端末だと思います
お風呂で使えてこそ真の防水端末だと思います

ワンセグやおサイフケータイといった国内向けの機能が一通り揃っているのもDIGNO Wの魅力。まだまだニーズも高い機能ので、しっかりと押さえているのは高く評価できます。

そして、お風呂でも使える防水機能の効果でハンドソープで丸洗いまでできるのも他機種にはない魅力です。お手頃価格で普段使いには十分なスペックを有しているので、初めてのスマホやセカンドスマホとしてもオススメです。

この記事を書いた人

こんち

こんち
関西在住のテクノロジーとデザインに興味があるブロガー。今までに使用してきたPC、ケータイ・スマホは1000台以上。現在はスマホと連動するテクノロジーにものすごく興味があります。モバレコでは1歩先ゆく未来をご紹介したいと思っています。ブログ「こんちのバウハウス」を運営中。Twitter:@ko_nchi

  • 目次

KYOCERAの商品