モバレコTOP MOTOROLA moto z3 Play moto z3 Playのレビュー

MOTOROLA moto z3 Playのレビュー

カラー
発売日
2018年10月

薄くて高級感のあるスタイリッシュなデザイン、Moto Zシリーズは初のデュアルカメラを搭載。moto modsにも対応していることで、機能も多彩で万能なスマートフォンです。

  • 画面サイズ
    6.01インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+500万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    156.5mm× 76.5mm× 6.75mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
モトローラ「moto z3 play」レビュー!スリムなデザインにデュアルカメラを搭載

2018年10月13日に発売された、モトローラ「moto z3 play」を前モデル「Moto Z2 Play」と比較しながらレビューします。デザイン、スペック、撮影モードの充実したデュアルカメラの性能、使ってみて分かった特徴をピックアップして紹介します。

「moto z3 play」は厚さ約6.75mm(最薄部)の薄型ボディ設計が特徴です。さらに専用アクセサリーの「Moto Mods」を装着することによって、様々な機能を拡張して楽しむことができます。

注目の最新ミドルレンジ機をじっくりレビューしていきます。

目次:

moto z3 playのデザイン・外観

moto z3 playは、前モデル「Moto Z2 Play」同様、Moto Modsに対応しているため、デュアルカメラやMoto Mods接続用端子の配置は、ほとんど変わっていません。

Moto Z2 Playは背面が金属でしたが、moto z3 playは2.5Dゴリラガラスになっており、側面はメタル(金属)フレームが採用されています。光沢感の有るディープインディゴのガラスボディーなので、残念ながら指紋などの汚れはかなり目立つ印象です。

フロントパネルはほぼブラック1色。Moto Z2 Playよりもベゼルが細くなっており、指紋センサーが正面下部から右側の側面に移動されたので、スッキリとしたデザインに仕上がっています。またmoto Z3 Playは、Moto Z2 Playでは対応していなかった顔認証にも対応しています。

リアパネルのデュアルカメラは、本体部分から飛び出しています。筆者はモトローラらしさを感じるデザインに仕上がっているなと感じました。またこの部分には、デュアル相関色温度LEDフラッシュが組み込まれています。下部にはMoto Mods接続用の端子が配置されています。

ヘッドセット、USB Type-Cイヤホンジャック変換ケーブルが付属
ヘッドセット、USB Type-Cイヤホンジャック変換ケーブルが付属

Moto Z2 Playは3.5mmのイヤホンジャックが搭載されていましたが、moto Z3 Playでは非搭載になりました。筆者はスマートフォンで音楽鑑賞したり動画鑑賞する機会が多いのでこの点は非常に残念に感じましたが、付属のヘッドセット(リモコンマイク付きカナル型イヤホン)と、USB Type-Cイヤホンジャック変換ケーブルを使用することより、イヤホンで音を聴くことが可能です。

moto z3 playを手に持った様子moto z3 playを手に持った様子
moto z3 playを手に持った様子
moto z3 playを手に持った様子

moto z3 playを実際に手に持ってみましたが、スマートフォンを持っているというよりも薄いガラスの板を持っているかのよう。重量も約156gと非常に軽くて持ちやすく、女性が使うのにも適しているスマートフォンだと感じました。

moto z3 playのスペック・性能

スペック情報(参照:製品ページ
OS Android 8.1
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon 636 (SDM636)
1.8GHz ×8 オクタコアCPU
Adreno 509
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
外部ストレージ microSD(最大 2TB)
本体サイズ 高さ約156.5mm x 幅約76.5mm x 厚さ約6.75mm(最薄部)
重量 約156g
ディスプレイ 6.01インチ 2,160×1,080(FHD+ 403ppi)
Super AMOLED
CORNING® GORILLA® GLASS
バッテリー 3,000mAh
ネットワーク
(対応バンド)
通信方式(4G)
B1 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12/ B17 / B18 / B19 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
通信方式(3G)
B1 / B2 / B4 / B5 / B6/ B8 / B19
通信方式(2G)
850 / 900 / 1800 / 1900MHz
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 5.0
SIMカード nanoSIM
スロット数 2
(DSDS デュアルSIMデュアルスタンバイ)
カメラ アウトカメラ
1,200万画素(f/1.7)+ 500万画素デュアルカメラ
デュアル相関色温度LEDフラッシュ

インカメラ
800万画素(f/2.0 広角84°)
カラー ディープインディゴ
本体価格 61,344円(税込)

前モデルのMoto Z2 Playと比較すると、全体的にボディーの大きさは僅かにmoto z3 playの方が大きく、本体重量も11g程重いのですが、これはディスプレイの大きさが5.5インチ フルHD(1,920x1,080ドット / 16:9)から6.01インチ フルHD+(2,160x1,080ドット / 18:9)と大型化した事が理由です。

Wi-FiはIEEE802.11ac(5GHz)に対応し、ネットワーク(対応バンド)も新たに増えており、Bluetoothも4.2から5.0に上がっています。バッテリー容量、メモリ(RAM)、ストレージ(ROM)はMoto Z2 Playと同じです。

急速充電に対応

急速充電に対応したUSB充電器が付属
急速充電に対応したUSB充電器が付属

moto z3 playは前モデルのMoto Z2 Play同様3,000mAhのバッテリーを搭載しており、同梱の18W TurboPower充電器を使用することで、急速充電することが可能です。前モデルのMoto Z2 Playは急速充電に対応していませんでしたが、moto z3 play1回の充電で、最長1日分の充電が可能となっています

ただ、実際に18W TurboPower充電器を使ってmoto z3 playを充電してみた所、充電中moto z3 play本体がかなり熱を持つ(触ると熱い)のが筆者は気になりました。

DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応

DSDSに対応
DSDSに対応

moto z3 playはMoto Z2 Playは2枚のSIMカードを利用して2回線同時に待ち受けができる、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しています。SIMカードスロットはどちらもnanoSIMですが、1枚はmicroSDと排他利用になります。

4Gと3Gでの同時待ち受けが可能で、両スロットともにLTEをサポートしているので、仕事とプライベート用など、1台で使い分けが可能です。

シンプルなソフトウェア

ほぼ素の状態のAndroid
ほぼ素の状態のAndroid

moto z3 playに搭載されているOSはAndroid 8.1 Oreo、CPUはオクタコアのSnapdragon 636 (1.8GHz)です。

実際に使ってみた感想としては、3Dを多用する様なゲームをしなければ、サクサク動いてくれ快適に使えます。ただ、同時にいくつかのアプリを立ち上げて20分ほど使っていると、本体が熱く(発熱)なってくるのが気になりました。

ソフトウェアは非常にシンプルで、無駄なアプリは一切入っていません。各キャリアから販売されているスマートフォンと違い、初期の段階でほとんど内部ストレージを圧迫していないのが印象的でした。ほぼ素の状態のAndroidが搭載されているので、ユーザーによって柔軟なカスタマイズが可能です

moto z3 playの特徴・使い勝手

独自機能「Motoエクスペリエンス」

Motoエクスペリエンス
Motoエクスペリエンス

Motoエクスペリエンス」と総称される独自機能のうち、moto z3 playでは簡単なジェスチャーで電話を操作する「Moto アクション」、通知と夜間表示の設定が出来る「Moto ディスプレイ」の2種類を利用できます。

「Moto アクション」クイックスクリーンショット
「Moto アクション」クイックスクリーンショット

筆者は特に「Moto アクション」のクイックスクリーンショット(3本の指で画面を長押ししてスクリーンショット撮影)が、素早くメモをとりたい時に直感的に操作が可能なので、便利だと感じました

「Moto Mods」で機能を拡張

Moto ModsはMoto Zシリーズで使用することの出来る機能(オプション)です。専用のモジュールを装着して様々な機能をmoto z3 playに付加することが出来ます。

Moto Modsのラインナップですが、どこでも高音質なJBLサウンドを体験できる「JBL SoundBoost」、バッテリー内臓のゲームパッド「Moto ゲームパッド」、360°撮影が可能な「Moto 360カメラ」、ワイヤレス充電に対応させる「ワイヤレス充電キャップ」、バッテリー駆動時間を延長させる「Turbo Power パック」、車載ホルダーの「ビークルドック」、最大70インチの大画面を投影できる「moto insta-share projector」などが存在します。

その中でも筆者が特に気になったMoto Modsをいくつかピックアップしてご紹介させて頂きたいと思います。

Polaroid インスタプリンター
Polaroid インスタプリンター

Polaroid インスタプリンターをMoto Zシリーズに装着すると、ポラロイドカメラの様に撮影した写真をその場で印刷(プリント)することが可能

用紙はインクが不要な2×3インチ ZINKフォトペーパーを使用しており、印刷後は背面のシールをはがして、様々な場所に貼り付けることが可能です。また、印刷前に加工フィルターを使ったり、縁取りしたりすることも出来ます。

Hasselblad True Zoom
Hasselblad True Zoom

Hasselblad True ZoomをMoto Zシリーズに装着すると、10倍光学ズームでの写真撮影が可能になります。キセノンフラッシュを搭載しており、どのような環境でも被写体を均一に照らし出して、鮮明でクリアな写真を撮影できます。

また、最高レベルの画質と鮮明さを実現するRAW 形式で撮影にも対応しています。Hasselblad True Zoomを使うことによって、Moto Zシリーズをコンパクトデジタルカメラさながらに使用することが可能となります。

6.01インチ FHD+ Max Vision 有機ELディスプレイ

鮮やかなディスプレイ
鮮やかなディスプレイ

moto z3 playはミドルクラスのスマートフォンですが、各社の上位モデルが採用している有機ELディスプレイを搭載しています。

実際に使ってみると、やはり液晶のスマートフォンよりも色が鮮やかで、文字が読みやすいです。筆者はスマートフォンを選ぶ際、ディスプレイ品質を最も重視します。左右のベゼル幅が若干太めな点が気になりましたが、moto z3 playはミドルスペックのスマートフォンながら、非常に満足のいくディスプレイ品質でした

moto z3 playのカメラ性能

カメラ性能と仕様

存在感の有るデュアルカメラ
存在感の有るデュアルカメラ

moto z3 playのカメラは、アウトカメラが1,200万画素 F1.7+500万画素のデュアルカメラ、インカメラが800万画素 f/2.0という構成です。前モデルMoto Z2 Playは、背面にシングルカメラを搭載していましたが、moto z3 playはデュアルカメラを搭載しています。

デュアルカメラを搭載したことにより、背景をぼかすことが出来る「ポートレートモード」や、写真の一部だけをアニメーションの様に動かす事の出来る「シネマグラフ」に対応しています。

また、Googleレンズ(AIを使って画像に写っているもの情報を教えてくれるアプリ)にも対応しています。

moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能 moto z3 playのカメラ性能

実際にmoto z3 playのカメラを使用して撮影した作例です。全てオートモードで撮影し、加工・修正などは一切行っていない状態になります。(画像をタップ・クリックすると大きなサイズで表示されます)

撮影日があいにくの曇りだった為、全体的に薄暗い写真になってしまいましたが、薄暗い条件下でもフォーカスの合う速度は非常に早く、過度に味付けをしない写真が撮れました。実際に自分の目で見た色味と実際に撮影した写真を見比べると、撮影した写真は全てやや青白っぽく仕上がっている様な印象を受けましたが、フルオートでこれだけ撮れれば筆者は十分だと感じました

料理の写真に関しては、オートのままだと少し青白く写ってしまう印象でしたので、マニュアルモードで、WB(ホワイトバランス)をしっかりと設定して撮影したほうが良いと思います。

「ポートレート」と新しく追加された「シネマグラフ」機能について

背景をぼかすことの出来るポートレートモード
背景をぼかすことの出来るポートレートモード

ポートレートモードで撮影すると、一眼レフカメラで撮影したような背景にボケ味を作ることが出来ます。撮影後にボケ具合の変更やピントの修正が可能です

動きのある写真が撮影できるシネマグラフ
動きのある写真が撮影できるシネマグラフ

moto z3 playは新たな撮影機能として、連続撮影で写真の一部分だけを動画にすることが出来る「シネマグラフ」が搭載されています。筆者も実際に撮影してみましたが、シネマグラフを上手く撮影するにはある程度練習が必要。コツを掴めば非常に面白い動画が作れると思います。

評価まとめ

満足度の高いミドルスペックのスマートフォンでした
満足度の高いミドルスペックのスマートフォンでした

moto z3 playは素の状態のAndroidに近いシンプルなソフトウェアや、独自機能のMotoエクスペリエンスなど、使いやすさを意識したミドルスペック機という印象を受けました。

また、今回は実際に試せませんでしたが、装着することによって様々な機能を追加できるMoto Modsにも対応していたり、厚さ約6.75mm(最薄部)の薄型ボディ設計で本体重量も約156gと非常に軽いのもポイントの1つです

3.5mmイヤホンジャックは非搭載ですが、付属のUSB Type-Cイヤホンジャック変換ケーブルを使用することによってイヤホンを使うことが出来ますし、moto z3 playはBluetooth 5.0にも対応しているので、実際に使ってみるとそこまで気になりませんでした。

筆者の様に3Dを多用したゲームなどをされない方であれば、満足度の高いミドルスペックのSIMフリースマートフォンです。

moto z3 playのポイント

・薄くて軽いボディー
・美しい有機ELディスプレイ
・様々な機能を使えるMoto Modsに対応している
・シネマグラフなど多彩な機能が楽しめるデュアルカメラ

この記事を書いた人

rev

REV
イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV

  • 目次

Motorolaの商品