モバレコTOP MOTOROLA Moto Z Moto Zのレビュー

MOTOROLA Moto Zのレビュー

カラー
発売日
2016年10月
  • 拡張モジュール「Moto Mods」で可能性が広がる
  • 厚さ5.19mmの超薄型ボディー
  • メインカメラ 1300万画素
  • フロントカメラ 500万画素
  • 画面サイズ

    5.5インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1300万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    2600mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    155mm× 75.3mm× 5.19mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    Moto Z

    32,659円 (税込)

    販売終了

カートに入れる
待望のMotorolaハイエンド「Moto Z」レビュー!スリムボディはMoto Modsとの相性も抜群!

2016年10月中旬から発売された、Lenovo傘下Motorola Mobility(以下、Motorola)の最新ハイエンドモデルのSIMフリースマホ「Moto Z」。機種自体のスペックの高さはもちろん、シリーズ専用アクセサリーとして開発されたMoto Mods(モト・モッズ)の存在も大きな話題になりました。

Moto Zの厚さ5.19mmの薄型ボディ設計が特徴。そこに専用アクセサリー「Moto Mods」を装着することでさまざまな機能拡張を楽しむことができます。

フロントパネルはほぼブラック1色となっており、スピーカーや指紋認証センサーの縁にアクセントとしてシルバーが用いられています。ディスプレイの下にはタッチ式の指紋認証センサーを搭載。

本体側面(フレーム)素材は金属。DSDS対応のSIMカード/SDカードスロットが配置されていますが、片側のスロットはmicroSDカードとの排他設計です。アンテナラインなどもシンプルに処理されており、音量ボタンと電源ボタンは表面の形状を変えることで触った感触だけで認識することができます。

3.5mmイヤホンジャックを廃止したことで実現した“薄さ”が特徴的。個性のあるデザインに仕上がっていることは大きな魅力といえるでしょう。

リアパネルは、ひょっこりと飛び出したメインカメラがかなり目立つ印象。ここにはレーザーAF対応カメラとフラッシュ用のLEDライトが組み込まれています。下部にはMoto Mods装着時に機能する接続端子が配置されています。

また、Moto Zにはパッケージ同梱物の中に木製素材を用いたMoto Mods「Moto Style Shell」が含まれます。Moto Modsの装着はマグネット式で、Moto Mods側の4箇所に内蔵されたマグネットがMoto Z本体に張り付く仕様です。

Moto Style Shellを装着してみたところ、冷たい金属感が和らぎ、手にも優しくなじむ印象を受けました。また、装着することでメインカメラの突起も感じなくなります。

スリムボディに詰め込まれたスペックと特徴をおさらい

■スペック情報(参照:製品ページ
OS Android 6.0.1 Marshmallow(Android™ 8.0 Oreoにアップデート可能)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820 クアッドコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 32GB/64GB
外部ストレージ microSDカード対応(最大2TB)
寸法 高さ:153.3 mm
幅:75.3 mm
厚さ:5.19 mm
重量 136 g
ディスプレイ 5.5インチ Quad HD(2560x1440
AMOLEDディスプレイ
バッテリー 2,600 mAh
ネットワーク 4G LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/25/28/38/40/41
UMTS/HSPA+:850/900/1700/1900/2100 MHz
GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/1900 MHz
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz + 5GHz)、MIMO
Bluetooth Version 4.1 LE
SIMカード Nano SIM x 2
カメラ メイン:1,300万画素
サブ:500万画素
その他 ナノコーティングによる撥水仕様

プロセッサにはQualcomm社のハイエンド向けモデル「Snapdragon 820」を採用。Quad HD(2K)解像度の有機ELディスプレイを搭載しています。

最大の特徴であるシリーズ専用アクセサリー「Moto Mods」による機能拡張をよりスマートに実現するため、厚さ5.19mmのボディ設計に。本体に設けられた外部入出力端子はUSB Type-C端子のみで、イヤホンジャックは排除されています。

シンプル高性能なソフトウェアはDSDSもサポート

Motorola製スマートフォンのソフトウェア面での魅力といえば、ピュアAndroid搭載のシンプル設計。ソフトウェアアップデートもかなり早いタイミングで適用されるようになっています。

プリインストールアプリの数もかなり少なめプリインストールアプリの数もかなり少なめ
プリインストールアプリの数もかなり少なめ

またソフトウェアがシンプルということで、初期状態でのメモリ(RAM)や内蔵ストレージ(ROM)の空き容量が大きいこともポイントです。

メモリは全体4GBに対し、空きが約2.5GB
メモリは全体4GBに対し、空きが約2.5GB
内蔵ストレージは全体64GBに対し、空きが約52GB
内蔵ストレージは全体64GBに対し、空きが約52GB

処理性能の目安として、ベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」でスコアを測定してみました。ベンチマーク測定中に再生される映像を確認すると、3Dグラフィックの処理はかなり滑らかな印象でした。

トータルスコアは133,248トータルスコアは133,248
トータルスコアは133,248

Moto Zの指紋認証は、最大5つの指(指紋)を登録可能。指紋認証センサーは全方位からのアクセスに対応しており、認証速度もスピーディー。また、センサーは「タッチでスリープ解除(指紋認証)」、「ロングタッチでディスプレイ消灯」といった機能もサポート。ホームキーや戻るキーなどのナビゲーションキーはオンスクリーンキーになっています。

その他気になったポイントを2つ。ひとつめは指紋認証センサーの認証精度

認証は全方位対応。認証速度も◯
認証は全方位対応。認証速度も◯

Moto ZではG+3Gの同時待ち受けDSDS/デュアルシム・デュアルスタンバイ)に対応。実際にドコモのSIMで通信、着信はソフトバンクで受けるといった形で試してみました。

データ通信(4G)にドコモ、音声通話(3G)はソフトバンクでアンテナが立つ
データ通信(4G)にドコモ、音声通話(3G)はソフトバンクでアンテナが立つ

カメラは及第点ながら気になる部分も

純正カメラアプリの画面UI
純正カメラアプリの画面UI
設定には消音できそうな項目もあるのだが......
設定には消音できそうな項目もあるのだが......

Motorola純正のカメラアプリがインストールされています。左の写真で説明すると、卵の黄身部分に重なっているサークルを動かしてピントを合わせ、縁の明かりマークを動かすと露出(照度)も調整できます。

カメラの設定内には【シャッター音】の項目を見つけることができたものの、こちらはスイッチをオフにしても撮影音が鳴ってしまいました。

ここからは作例をいくつか紹介していきます。写真はクリック or タップで大きなサイズで見られます。

ここからは撮影例をいくつか紹介していきます。

昼の仙台駅前(HDRオフ)
昼の仙台駅前(HDRオフ)
昼の仙台駅前(HDRオン)
昼の仙台駅前(HDRオン)
夜の仙台駅前(HDRオフ)
夜の仙台駅前(HDRオフ)
夜の仙台駅前(HDRオン)
夜の仙台駅前(HDRオン)
牛すき釜玉うどん
牛すき釜玉うどん
サンドイッチ
サンドイッチ

景色を撮影してみたところ、HDRオフとオンではっきり違いが現れており、撮影時の待ち時間(固定時間)もさほど感じませんでした。料理の写真では汁のツヤ感が記録できており、色味も美味しそうです。

しかし、使ってみて少し気になったのがフォーカス(ピント合わせ)精度。フォーカス速度とは別に、昼間の屋外での撮影においてもフォーカスがなかなか合わないケースが何度かありました。

Quick Capture機能(本体を手に持ち2回捻るアクションでカメラを起動できる機能)を利用すればスピーディーにカメラを起動できますが、フォーカス→撮影といったその後の流れを考えると、とっさのシャッターチャンスまで確実にものにできるかは少し不安を感じました。

シリーズ最大の特徴「Moto Mods」を試す

ハッセルブラッド トゥルーズーム(右)とJBLサウンドブースト・スピーカー(左)
ハッセルブラッド トゥルーズーム(右)とJBLサウンドブースト・スピーカー(左)

専用アクセサリー「Moto Mods」による機能拡張のうち、「ハッセルブラッド トゥルーズーム」と「JBLサウンドブースト・スピーカー」の2つを試してみました。

ハッセルブラッド トゥルーズーム
ハッセルブラッド トゥルーズーム

1つ目は、スウェーデンのカメラメーカー・ハッセルブラッド社とのコラボで開発された「トゥルーズーム」。Moto Zシリーズに装着すれば、光学10倍ズームに対応できることが最大の魅力です。

トゥルーズームを装着。グリップの見た目も含めもはやスマホには見えない
トゥルーズームを装着。グリップの見た目も含めもはやスマホには見えない
起動ボタン、シャッターボタン、ズームレバーを装備。シャッターは半押しにも対応
起動ボタン、シャッターボタン、ズームレバーを装備。シャッターは半押しにも対応
メインカメラ部にはクッションの当てられた開口が設けてある
メインカメラ部にはクッションの当てられた開口が設けてある

実際に装着してみたところ、ややサイズは大きいものの、見た目はまさにコンパクトデジタルカメラへと変貌しました。装着面(裏面)を確認してみると、Moto Zのメインカメラはカバーで塞がれています。

端子で接続が確認されると、スマホ側からカメラアプリを起動した場合を含め、トゥルーズーム側のカメラが立ち上がる仕組みです。

Moto Mods 初回装着時の案内Moto Mods 初回装着時の案内
トゥルーズームに限らず、一部のMoto Modsは初回装着時に説明が表示される
装着してカメラを起動すると、レンズ部分がニョキッと飛び出す
装着してカメラを起動すると、レンズ部分がニョキッと飛び出す

トゥルーズームは光学10倍ズームに対応していますが、デジタルズームも利用可能。光学ズームのみに比べれば画質は落ちますが、それでも組み合わせることで最大40倍のズームに対応します。

光学ズームとデジタルズームを併用すると最大40倍のズームも
光学ズームとデジタルズームを併用すると最大40倍のズームも

まずはズームの性能がどの程度のものかを確認するため、ズーム(1倍)とズーム(最大)をトゥルーカメラとMoto Z内蔵メインカメラで撮り比べてみました。

トゥルーズームで撮影(倍率:1倍)
トゥルーズームで撮影(倍率:1倍)
トゥルーズームで撮影(倍率:光学10倍)
トゥルーズームで撮影(倍率:光学10倍)
内蔵カメラで撮影(倍率:1倍)
内蔵カメラで撮影(倍率:1倍)
内蔵カメラで撮影(倍率:デジタル8倍)
内蔵カメラで撮影(倍率:デジタル8倍)

画角やズームの倍率は異なりますが、ズーム使用時の写真を見比べてみれば差は歴然。カメラを外付けしているとはいえ、スマートフォンでここまで精細にズームできる点は大きな魅力に感じてもらえると思います。

メインカメラでは気になったフォーカス精度も良好なので、筆者としては近距離撮影やHDRが必要な場面でなければトゥルーズームの使用がオススメです。

以下に、作例もご紹介します。

ターゲットは中央にそびえる鉄塔 ズームはもちろん、格子の細かいディテールも確認できる 中央のモニュメント横には文字が書いてあるプレートがあるが読めない ズームすればこちらもしっかりと確認・撮影が可能 夜の仙台駅前。遠くに見えるビルの看板に寄ってみることに ややノイズ感もあるが、十分に満足できる写り ズーム前に白飛びしていたビルの入り口もきれいに撮れた 飲食店などの看板がたくさん並ぶ仙台駅前 夜間でも被写体自体に明るさがあればズームは十分使える 食事の撮影はピントを合わせるためにやや仰け反る必要も 少し遠いがこの距離なら食べ物も撮れる

スマートフォンのカメラで10倍ズームをキレイに撮れる点は、まさに新境地。倍率変更時の動作も違和感がなく、コンパクトデジタルカメラと同じような感覚で使用できました。

一方で、料理の撮影など被写体に接近しての撮影が好ましい状況においては、素直にトゥルーズームではなく内蔵カメラ(メインカメラ)を使用したほうが賢明でしょう。

マグネット式なので、着脱も簡単。場面に応じて「取り外す」「装着する」といった使い分けがオススメです

取り外す際は手順に気をつける
取り外す際は手順に気をつける
片手で構えると指紋認証センサーに指が触れて誤動作することも
片手で構えると指紋認証センサーに指が触れて誤動作することも

トゥルーズーム側にはバッテリーが内蔵されていないので、トゥルーズームの電源をオフにしてから取り外さないと、レンズが飛び出たままになってしまうので要注意です。

また、カメラグリップで片手持ちをしたい際、親指に指紋認証センサーが当たってしまい誤動作するケースが何度かありました。さらに、グリップ自体もがっしりと持てるものではなく、手のサイズが大きい筆者でも片手持ちは怖いなと感じてしまいました。

JBL サウンドブースト・スピーカー
JBL サウンドブースト・スピーカー

2つ目は、アメリカ・ハーマンカードン社の音響ブランドJBLとコラボした「サウンドブースト・スピーカー」。

最近はBluetoothでワイヤレス接続するタイプが多くなっていますが、こちらはMoto Zシリーズの背面端子で接続することにより、ペアリング不要で高音質の音楽を楽しむことが可能です。。デザインはスピーカー内蔵ということもあり、かなり厚め。

メインカメラ用開口部の深さを見ると厚さがわかる
メインカメラ用開口部の深さを見ると厚さがわかる
装着時の厚みはMoto Z単体の3~4倍ほどに
装着時の厚みはMoto Z単体の3~4倍ほどに
中央のオレンジ色のパーツはキックスタンドになっている
中央のオレンジ色のパーツはキックスタンドになっている
スタンド素材は金属製。結合も含め、頑丈な印象
スタンド素材は金属製。結合も含め、頑丈な印象
Moto Z Mods サウンドブーストスピーカースタンドの角度は1段階のみとシンプル
スタンドの角度は1段階のみとシンプル

サウンドブースト・スピーカーは個別にバッテリーを搭載しており、装着面(裏面)側の端子から充電が可能。

Moto Zシリーズ同様、端子の種類はUSB Type-C
Moto Zシリーズ同様、端子の種類はUSB Type-C
装着すると画面上にはスマホ本体とMoto Modsそれぞれのバッテリー残量が表示される
装着すると画面上にはスマホ本体とMoto Modsそれぞれのバッテリー残量が表示される
こちらは初回装着時の説明はとてもシンプル
こちらは初回装着時の説明はとてもシンプル

試しにYoutubeなどでいくつか動画を再生してみると、未装着時と装着時の音質の差は歴然。単に音が大きく鳴るだけでなく、臨場感や迫力といった点でも違いを感じ取ることができます

大型かつ高精細な画面と組み合わせることで動画視聴との相性は◯
大型かつ高精細な画面と組み合わせることで動画視聴との相性は◯
音楽を聴く際はスピーカー面を手前に
音楽を聴く際はスピーカー面を手前に

大型かつ高精細(5.5インチ/2K解像度)なディスプレイを搭載していることもあり、動画視聴はかなり快適。動画視聴時にスピーカーが反対方向を向いてしまう点のみ気になったものの、相性はとても良かったです。音楽を聴くだけであれば、スピーカー面を手前側に向けるといいでしょう。

また、装着時に厚みがでることも加えると、個別に相性の良さを感じたのが「ゲーム」。処理性能が高いので動作的なストレスもなく、音の迫力が加わることでさらにゲームを楽しめる環境ができあがります。

音の迫力が増すだけでなく、厚くなった分、本体も両手で持ちやすい
音の迫力が増すだけでなく、厚くなった分、本体も両手で持ちやすい

重量の増加はあるものの、本体の厚さがぐっと増えることで、両手での持ちやすさが大きく向上します。外出先での利用は難しいかもしれませんが、自宅でスマホゲームを楽しむ人にとってはオススメな使い方です。

まとめ:デザインと性能を兼ね備えたハイエンド。今後の展開にも期待

高級感のある素材選択とデザインに文句のない処理性能を兼ね備えたMoto Zは、単体としても非常に完成度は高い印象を受けました。機能面ではややシンプルすぎる面もありますが、そこはむしろMoto Modsによる機能拡張のための伸びシロと捉えるべきでしょう。

ストレスなく動作するという前提を確保したうえで、使う人の要望に併せて機能が選択できる「楽しさ」は、これまでのスマホとは異なった魅力を抱かせてくれます。

この記事を書いた人

まきはら とよかず

まきはら とよかず
スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

  • 目次

Motorolaの商品