モバレコTOP MOTOROLA Moto G6 Moto G6のレビュー

MOTOROLA Moto G6のレビュー

カラー
発売日
2018年6月

コスパ◎のミドルレンジ機「Moto G」シリーズの2018年モデル。スタンダードな5.7インチ版です。

  • 画面サイズ
    5.7インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1200+500万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    153.8mm× 72.3mm× 8.3mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    非対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
Moto G6 レビュー!! コスパ◎でおなじみのGシリーズ最新モデルが日本に上陸!

老舗通信端末メーカー「MOTOROLA(モトローラ)」から2018年6月8日に発売されたミドルクラスのSIMフリースマホ「Moto G6」をレビュー。

ベゼルレス設計の縦長ディスプレイ、デュアルカメラ、顔認証といった最近のスマホの流行をしっかりと押さえているのが特徴です。また、SIMスロットは2枚のSIMとmicroSDカードを同時に使えるトリプルスロット構造を採用。DSDSと同時に、microSDカードを外部ストレージとして使用することができます。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

Moto G6のデザインとサイズ感をチェック!!

Moto G6は迫力のある縦長ディスプレイを搭載。流行のノッチ式ではなく、驚くほどの狭額縁設計ではありませんが、5.7インチの 2,160×1,080(FHD+ / 424ppi)とかなりの面積があります。情報量の多さでは他機種に見劣りしません。

カラーは「ディープインディゴ」の1色展開。背面は単色のようにも見えますが、光にかざすとわずかながらの“色味のゆらぎ”が見えて美しいです。背面までガラス製なので値段以上の高級感があります。ただし、手触りがつるつるなので、手元から滑り落ちないように気をつけましょう。

カメラは1,200万画素(f/2.0)+500万画素(f/2.2)のデュアルカメラ仕様。標準とズームというわけではなく、サブカメラは被写界深度や明暗の表現をサポートしているようです。

SIMスロットは上面にあり、2枚のnano SIM+microSDが同時に使えるトリプルスロット構造を採用。DSDSに対応しており、国内では4G・3Gといった使い分けになりますが、3キャリア対応でVoLTEにも対応しています。

5.7インチという大型ディスプレイながら、片手でも持てるサイズ感です。左右の端はゆるやかなカーブを描いていて、握ったときのホールド性のアップに貢献してくれています。

前面の下部には、横長タイプの指紋センサーを配置。認証の精度・速度は非常に高レスポンスなので、ストレスを感じずにロックを解除できます。なお、指紋センサーはホームボタンやバックキーの代わりとして利用できる「ワンボタンナビ」に対応しています。

Moto G6 / 顔情報の登録も一瞬で終わりました
顔情報の登録も一瞬で終わりました

また、Moto G6は顔認証も搭載。フロントカメラをまっすぐに見つめるだけで、すぐに顔情報を登録できました。精度はとても高く、指紋センサーと併用できるのも便利です。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

Moto G6のスペック性能・パフォーマンスを確認

■Moto G6のスペック情報(参照:公式ページ
OS Android 8.0
SoC Snapdragon 450 1.8GHz ×8 オクタコア(Adreno 506)
対応バンド (4G)
B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
(3G)
B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
RAM 3GB
ROM 32GB
外部メモリ micrSDカード(最大128GB)
サイズ 高さ約153.8mm x 幅約72.3mm x 厚さ約8.3mm(最薄部)
重さ 約162.5g
ディスプレイ 5.7インチ、 2160×1080(FHD+、424ppi)
バッテリー 3,000mAh
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth® 4.2 BR/EDR+BLE
その他通信 NFC / FMラジオ
SIMカード 2スロット-nano SIM、(DSDS)
カメラ (アウトカメラ)
1,200万画素(f/2.0)+500万画素(f/2.2)デュアルカメラ、
LEDフラッシュ
(インカメラ)
1,600万画素(f/2.2)、LEDフラッシュ
カラー ディープインディゴ

前モデルの「Moto G5」がSnapdragon 430(1.4Ghzオクタコア)、メモリ2GB、ストレージ16GBだったことを考えると、順当にスペックアップしているといった印象です。また、ディスプレイが5.7インチに拡大されたことで一度に表示できる情報量が増加。さらに、前モデルから200mAh増の3,000mAhとバッテリー容量も大容量化しています。

一方で、重量の増加をわずか13gに留めている点は非常に優秀です。また、新たにデュアルカメラが採用されており、カメラ機能に関しても前モデル以上に期待できます。

ハイエンドクラスと比べてしまうと3Dゲームなどでは物足りなさを感じるかもしれませんが、“普段使い”の範囲であれば操作にストレスは感じませんでした。

Moto G6 / YouTube動画をフルHD画質固定で60分マラソンしてみました
YouTube動画をフルHD画質固定で60分マラソンしてみました

バッテリーは単一の動作だけではそれなりに長持ちするものの、画面の大きさのせいか意外と早く消費されるイメージです。

画面の明るさを最高にした状態で、バッテリー50%の状態からWi-Fi接続でYouTubeのHD動画を1時間ほど流してみたところ、バッテリーは33%まで低下。明るさMAXとはいえ、なかなかの消費量なので、モバイルバッテリーは携帯したほうが良いでしょう。

急速充電はかなり早い!
急速充電はかなり早い!

ただし、急速充電に対応しているので、USB-PD対応ケーブルと充電器があれば、みるみるうちに回復していきます。自宅だけでなく、職場にもUSB-C充電器を備えておくと便利でしょう。

ミドルクラスながら発色の良い液晶
ミドルクラスながら発色の良い液晶

初めて起動したときに、「有機ELかな」と思ってスペック表を二度見したくらい液晶は美しいです。黒色の部分を見ると有機ELとの違いがわかりますが、表現の方向性としてはリアル感のある色再現だと思います。画面の大きさも手伝って、写真や動画も十二分に楽しめるでしょう。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

Moto G6搭載の便利機能を紹介

Moto G6 / 便利なジェスチャー設定など、4つの機能があるMoto G6 / 便利なジェスチャー設定など、4つの機能がある
便利なジェスチャー設定など、4つの機能がある

Moto G6にはモトローラオリジナルの「Moto」アプリが備わっていて、さまざまな便利機能を利用できます。

① Motoキー…指紋でパスワード認証
ウェブサイトやアプリ、デバイスへ指紋認証を使ってログインできるパスワード管理機能です。また、Windowsデバイスのロックを指紋で解除することができます。日常のなかでのパスワード入力シーンが楽になりますね。

② Motoアクション…ジェスチャー操作
Motoアクションは、画面や端末に対するジェスチャー操作。3本指でスクリーンショットを撮影したり、端末を振ってフラッシュライトのON/OFFをしたり、手首を捻ってカメラを起動させるなど、便利なショートカットのON/OFFを切り替えられます。

③ Motoディスプレイ…ブルーライトカット
色温度を下げることで、夜間の目疲れを防止するブルーライトカット機能です。時間指定で夜間のみ実行するといった設定が可能です。

④ Motoボイス…音声操作(日本版は非対応)
音声コマンドを使ってハンズフリーで操作できるのが「Motoボイス」。しかし、原稿執筆時点では日本版は非対応でした。今後のアップデートでの導入に期待しましょう。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

Moto G6のカメラ性能をチェック!!

アウトカメラはデュアル構成で1,200万画素(f/2.0)と500万画素(f/2.2)。500万画素のカメラはサブカメラで、被写界深度や明暗表現の補助として動くようです。

作例を交えて詳しく紹介していきたいと思います。作例はクリックまたはタップで大きな画像が見られます。

Moto G6 / 日中の撮影 Moto G6 / 日中の撮影 Moto G6 / マクロと料理を撮影 Moto G6 / マクロと料理を撮影

「自動」モードで撮影した日中の作例では、明暗差がある場合にHDRモードが適用されました。拡大すると解像感はやや控えめですが、“作りすぎた絵”ではありません。最近のスマホのカメラにはビビットなハイコントラストに寄せて現像する傾向が強い端末もありますが、Moto G6のカメラはやや色味が強調される傾向があるものの、あくまでも自然味を残しつつの描画になっています。

接写では、10cm前後まで寄ることができました。また、薄暗いロケーションが多い料理の作例も、比較的明るく補正されて実際の暗さを感じさせません。両方ともHDRはオフになりました。

Moto G6 / 夜間撮影(右の作例はHDRオン)Moto G6 / 夜間撮影(右の作例はHDRオン)
夜間撮影(右の作例はHDRオン)

では、「夜間ではどうだろう?」と試してみたところ、暗所の撮影はやや苦手な印象でした。暗所にフォーカスを合わせると明るい部分が白飛びしてしまい、かといって明るい場所に合わせると黒つぶれが発生するという、いわゆる「ごく普通のスマホのカメラで夜景を撮りました」といったレベルの表現。夜間撮影ではHDRオフで撮影されていたため、HDRを強制的にオンにしてみたところ、白飛びは軽減されましたが今度は高感度ノイズが発生してしまっています。

スマホにお任せの「自動」モード+手持ちでの撮影という条件では、夜間はあまり得意ではなさそうです。夜間でもパリッとした写真を撮りたいという場合には、三脚での固定+マニュアルモードでの設定が必要だと思われます。

Moto G6 / ポートレートモードにも対応
ポートレートモードにも対応

撮影モードは豊富ではないもの、最近のトレンドである「ポートレートモード」を備えています。被写体の背景をボカして撮影するだけでなく、撮影後にフォーカスの操作を行なったり、特定の色のみを残すといったアーティスティックな加工も楽しめます。

Moto G6 / カットアウトの精度はイマイチ…
カットアウトの精度はイマイチ…
Moto G6 / フェースフィルタはLINEっぽい
フェースフィルタはLINEっぽい

被写体と背景を自動認識し、背景だけを自動的に切り抜いて合成する「カットアウト」はユニークな機能の1つで、簡単に写真合成が楽しめます。また、LINEのように顔にエフェクトをかけられる「フェースフィルタ」など、ガチガチのビジネス向けスマホと思いきや遊び心も感じられます。

Moto G6 / 「モノ」を認識させると、おもしろいことになることもMoto G6 / 「モノ」を認識させると、おもしろいことになることも
「モノ」を認識させると、おもしろいことになることも

さまざまなモノを画像認識する機能も搭載。たとえば、QRコードにかざせば自動でスキャンされますし、ランドマークなども認識するようですね。なお、こちらはパンにかざしてみたところですが、思わず「ちげーよ!」と突っ込みたくなる微笑ましいシーンもあるので、お昼休みにでもワイワイしながら遊んでみましょう。

このように写真性能に特化したスマホではないものの、現代のスマホニーズを満たすであろう実用的&ユニークな機能が揃っているのも特徴です。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

Moto G6の販売価格を比較

「Moto G6」はコストパフォーマンスの高さも大きな魅力のスマホです。以下に、MVNOやオンラインショップでの販売価格をまとめてみました(※価格は2018年6月26日時点の金額)。ただし、「Moto G6」は兄弟機の「Moto G6 Plus」よりも取り扱っているMVNOが少なめなので選択肢は限られます。

主要MVNOのセット販売価格を比較

MVNO 一括価格(税込) 24回分割(税込)
IIJmio 28,944円 1,242円/月
NifMo 28,800円 1,201円/月
DMMモバイル 31,104円 1,653円/月

わずかな差ですが、端末とセットで買うならばNifMoがお得です。ただし、NifMoの一括価格は現金価格となります。なお、IIJmioでは2018年7月31日まで3,000円分のAmazonギフト券が付属するキャンペーンを実施しています。そちらを加味すると、ややIIJmioがお得かもしれません。

価格帯としてはスマホ単体で購入するよりも比較的安価な印象なので、取り扱いのあるMVNOへの契約を考えている人にはオススメです。

オンラインショップのスマホ単体の販売価格を比較

ショップ 一括価格(税込) 24回分割(税込)
Amazon 28,264円 なし
ヨドバシカメラ 31,100円 なし
ビックカメラ 31,093円 なし
ソフマップ 31,093円 なし
モバレコ バリューストア 31,091円 1,296円/月

モバレコバリューストアでは24回分割払いでも購入できるので、分割での購入を検討していた人にはオススメです。

既に契約している格安SIMがある方、好きな組み合わせで格安SIMを使いたい方はスマホ単体の購入がオススメです。

★Moto G6をスマホ単体で購入したい方はこちら

Moto G6
Moto G6

Moto G6

使い勝手のいいデュアルカメラを装備
ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応
指紋認証・顔認証に対応

モバレコ特価:31,091円(税込)

評価まとめ:Moto G6はお手頃価格で実用的な賢い選択肢!

「安くても使えるスマホはある!」を体現
「安くても使えるスマホはある!」を体現

ミドルクラスとあって、やはりコストパフォーマンスの高さが目立った印象です。

SoCやカメラ性能をギンギンに研ぎ澄ましたフラッグシップモデルと同じステージで戦うことはできないかもしれませんが、Moto G6でも上位機種と同じようなことはできます。そこに価格差を加味すると、十分な検討を見せてくれているといえるでしょう。

各社のフラッグシップモデルの3分の1以下の値段で、画面が広く、DSDSで2回線を使い分けられて、デュアルカメラを活かした撮影も楽しめる。そんな実用的なスマホがわずか3万円前後で買えるのであれば、とても賢い選択肢なのではないでしょうか。

★Moto G6のポイント

  • 高い質感と高いコストパフォーマンス
  • 美しく大きな画面
  • DSDSでSIMの切り替えが可能
  • USB-Cの高速充電
  • 遊び心も感じられるデュアルカメラ

Moto G6をお得に購入する方法

Moto G6をネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

Moto G6
Moto G6

Moto G6

使い勝手のいいデュアルカメラを装備
ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応
指紋認証・顔認証に対応

モバレコ特価:31,091円(税込)

この記事を書いた人

小暮ひさのり

小暮ひさのり
群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。

  • 目次

Motorolaの商品

Moto Gの商品