モバレコTOP MOTOROLA Moto G6 Moto G6の設定

MOTOROLA Moto G6の設定

カラー
発売日
2018年6月
  • ガラスデザインで高級感がアップした人気シリーズのスタンダードモデル
  • 18:9のワイドディスプレイを搭載
  • メインカメラ 1200+500万画素
  • フロントカメラ 1600万画素
  • 画面サイズ

    5.7インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1200+500万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    3000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    153.8mm× 72.3mm× 8.3mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    Moto G6

    23,900円 (税込) 7,731円OFF

    分割払いも可能です(カート内で2回、12回、24回から選択できます)

    売切れ次第、販売終了予定

    <残り1台!!>

カートに入れる
Moto G6を快適に使うための9つのポイント 初期設定からカスタマイズ方法まで解説!

2018年6月8日に発売された、MOTOROLA(モトローラ)の最新モデル「Moto G6」。ミドルクラスのスマホながらデュアルカメラを装備し、DSDSにも対応。用途の幅が広いコストパフォーマンスに優れた機種です。

さらに、18:9の大画面ディスプレイを採用するなど、最新のトレンドをしっかり取り入れているのがポイント。今回はそんなMoto G6を快適に使うための設定を紹介していきます。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

目次:

1. SIMカードの挿入場所を確認する

Moto G6 / SIMカードトレイは端末の右上にある
SIMカードトレイは端末の右上にある

Moto G6のSIMカードトレイは端末の右上に配置されています。丸い穴に付属のSIMピンを差し込むとトレイが飛び出てくるので引き出しましょう。

トレイはnanoSIMカードが2枚、microSDカードが1枚が挿入できるトリプルスロット構造。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しているので、プライベートと仕事で回線を分けたり、音声通話とデータ通信で使用するSIMを分けることができます。

2. SIMカードの用途とAPN情報を設定する

SIMカードがセットできたら、まずはそれぞれのSIMカードの用途や優先度を決めます。

SIMカードの用途を設定する

Moto G6 / 設定画面から「ネットワークとインターネット」Moto G6 / 「SIMカード」の順に選択
設定画面から「ネットワークとインターネット」→「SIMカード」の順に選択
Moto G6 / SIMカードの使用用途を決めるMoto G6 / SIMカードの使用用途を決める
SIMカードの使用用途を決める

2枚のSIMカードを挿入して使用する場合、デュアルSIMの使用用途を決めます。下記の3種類から自分の用途に近いものを選択肢し、設定しましょう。

■スマートSIM
通話履歴に基づいて、音声通話のSIMカードが選択される。

■個人用と仕事用
ライベートと仕事用として使い分ける場合に選択。それぞれ連絡先を個別に関連付けたり、連絡に使うSIMをアカウントごとに設定する。

■手動
データ・SMS・通話に使うSIMをそれぞれ手動で設定する。連絡に使うSIMを連絡先ごとに設定する。

Moto G6 / SIMの名前を設定しておくと、わかりやすいMoto G6 / SIMの名前を設定しておくと、わかりやすい
SIMの名前を設定しておくと、わかりやすい

設定が完了すると「SIMカード」の画面に現在のSIMの設定状況が表示されるので確認しておきましょう。

SIMカードに対応したAPNを設定

SIMカードの用途が設定できたら、続けてモバイルデータ通信を行うためのAPNを設定します。

Moto G6 / アクセスポイントを設定していくMoto G6 / アクセスポイントを設定していく
アクセスポイントを設定していく

設定画面から「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」の順に開くと、SIMカードごとにモバイルネットワークの設定を行なえます。まずは、設定するSIMカードを選び、「アクセスポイント名」をタップしてください。

Moto G6には主要キャリア・MVNOのAPNがプリセットされているので、該当するものがあればそちらを選ぶだけでOK。もし該当するAPN情報が無い場合は「+」ボタンからAPNを手動で追加します。MVNOの場合、APN情報はSIMカードのパッケージや公式サイトから確認できます。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

3. 指紋認証に使う情報を登録する

Moto G6には指紋認証機能が搭載されています。PINやパターン、パスワードでのロック解除よりも手軽にロックを解除できるので、ぜひ設定しておきましょう。

Moto G6 / 設定画面から「セキュリティと現在地情報」Moto G6 / 「指紋」の順にタップ
設定画面から「セキュリティと現在地情報」→「指紋」の順にタップ
Moto G6 / 指をずらしながら、「指を当てる・離す」を繰り返すMoto G6 / 指をずらしながら、「指を当てる・離す」を繰り返す
指をずらしながら、「指を当てる・離す」を繰り返す

画面の指示に従って進めていくと、指紋の登録を促されます。本体の指紋センサーに「指を当てる・離す」動作を繰り返して指紋を登録していきましょう。なお、指紋情報は最大5つまで登録することができます。

4. 顔認証に使う情報を登録する

続いて、スマホの画面を見つめるだけでロックを解除できる「顔認証」を利用する方法を紹介します。なお、顔認証は指紋認証と併用することができます。

Moto G6 / 設定画面から「セキュリティと現在地情報」Moto G6 / 「顔認証でロック解除」→「次へ」の順にタップ
設定画面から「セキュリティと現在地情報」→「顔認証でロック解除」→「次へ」の順にタップ
Moto G6 / 画面を正面から見つめると、すぐに登録完了Moto G6 / 画面を正面から見つめると、すぐに登録完了
画面を正面から見つめると、すぐに登録完了

登録方法はとても簡単。画面の指示に従って「次へ」をタップすると、顔情報の登録画面になります。スマホを正面から見つめていれば、すぐに顔情報が登録されるので、「ロック画面のスキップ」をオンにして「完了」をタップしましょう。設定が完了すると、電源キーを押したあとにディスプレイを見つめるだけでロック画面を解除できます。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

5. ワンボタンナビを有効にする

Moto G6を使ううえで、必ず覚えておきたいのがこの「ワンボタンナビ」。指紋センサーがタッチセンサーを兼ねていて、指紋センサーをホームボタンやバックキー、履歴キーのように活用することができます。まずは機能を有効にしていきましょう。

Moto G6 / Motoアプリの「機能」から「Motoアクション」Moto G6 / 「ワンボタンナビ」のスイッチをオンに
Motoアプリの「機能」から「Motoアクション」→「ワンボタンナビ」のスイッチをオンに
Moto G6 / 画面のガイダンスに従って操作を覚えていきましょうMoto G6 / 画面のガイダンスに従って操作を覚えていきましょう
画面のガイダンスに従って操作を覚えていきましょう

設定画面にワンボタンナビのジェスチャーが紹介されているので、そちらを確認しながらセンサー部を操作していきましょう。ワンボタンナビのジェスチャーは以下の通りです。

■ホームに戻る…センサー部をすばやくタップ
■戻る…左にスワイプ
■アプリ履歴…右にスワイプ
■画面ロック…振動するまで長押しして離す
■Googleアシスタント起動…長めに振動するまで長押しして離す

Moto G6 / ワンボタンナビを有効にすると画面が広く使えるMoto G6 / ワンボタンナビを有効にすると画面が広く使える
ワンボタンナビを有効にすると画面が広く使える

ワンボタンナビを設定するとホームキーやバックキーなどの画面下部に表示されていたアイコンが不要になるので、そのぶん画面を広く使えます。縦長の大画面がさらに広くなり、一度に表示される情報量が増えるのがポイントです。

6. さまざまなMotoアクションを覚える

Moto G6 / Motoアプリの「機能」から「Motoアクション」を確認できるMoto G6 / Motoアプリの「機能」から「Motoアクション」を確認できる
Motoアプリの「機能」から「Motoアクション」を確認できる

Motoアプリでは、便利なショートカット機能「Motoアクション」を有効化することができます。設定ページにはそれぞれの項目ごとに、アクションの方法と効果が解説されています。画面に従って操作しながらアクションを覚えていきましょう。

前項で紹介したワンボタンナビを除く、Motoアクションを解説していきます。

3本指でスクリーンショットを撮る

Moto G6 / 画面を3本の指でタップ
画面を3本の指でタップ

すばやくスクリーンショットを撮影したいときに便利なショートカット。なお、ボリュームキー(-)+サイドボタンの組み合わせでもスクリーンショットを撮影できます。

フラッシュライト操作

端末をすばやく2回振り下ろすことで、フラッシュライトをON/OFFできます。懐中電灯として利用したいときに便利です

手首をひねってクイックキャプチャー

端末を持った手を2回ひねることでカメラが起動します。一瞬のシャッターチャンスを逃したくないなら、この起動方法を覚えておきましょう。なお、カメラが起動している状態で同じ動作を行なうと、インカメラ・アウトカメラの切り替えができます。

スワイプして画面縮小

Moto G6 / 片手操作をサポートしてくれる便利機能
片手操作をサポートしてくれる便利機能

画面中央から左下、もしくは右下にスワイプすると、画面が縮小されて片手で操作しやすくなります。画面の端や上まで指が届かないという場合に便利な機能です。

持ち上げて着信音停止

机の上などに置いてある状態で着信中の端末を持ち上げると、着信音からバイブに切り替わります。

下向きで無音化

いわゆるマナーモードです。画面を下に向けて置くと、アラーム以外の着信音と通知が無音になります。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

7. ディスプレイの便利機能を設定する

Moto G6 / Motoアプリの「機能」から「Motoディスプレイ」を選択
Motoアプリの「機能」から「Motoディスプレイ」を選択

Motoアプリの「Motoディスプレイ」には、画面表示を快適に行なうための設定がまとめられています。未設定でも問題なく利用できますが、設定しておいたほうがより使いやすくなるので初めに見直しましょう。

夜間表示

Moto G6 / ブルーライトカットフィルタの状態Moto G6 / ブルーライトカットフィルタの状態
ブルーライトカットフィルタの状態

「夜間表示」では時間帯を指定して、画面の色温度を低めに変更できます。いわゆる、ブルーライトカットです。ブルーライトには視力低下だけでなく、安眠妨害などの悪影響もあるので気になる人は設定しておきましょう。

親切ディスプレイ

画面を見ている間は自動スリープせず、画面をオンにした状態でキープしてくれる機能です。メールやSNSでの返信を長考している時に便利なので、有効にしておきましょう。

Motoディスプレイ

Moto G6 / 手をかざすと通知が表示される
手をかざすと通知が表示される

画面がオフになっているときに、手をかざすだけで通知を浮かび上がらせてくれる省電力通知機能。通知するアプリや表示する通知のレベルなど、細かく設定できます。

8. サウンド関連の設定を見直す

Moto G6 / Dolby Audioを有効にすると迫力アップ!
Dolby Audioを有効にすると迫力アップ!

Moto G6はDolby Audioに対応しており、「Dolby Audio」アプリにて効果のオン・オフが設定可能。また、ジャンルに合わせてイコライザー調整も行なえます。有効にするだけでも、サウンドの迫力が段違いに上がるので、ぜひ設定しておきましょう。

通知音がいちいち恐ろしいのが少々難点。大音量で鳴り響いて、最初はなんの音かわからずに、「地震か!?」と身構えたほど。Dolby Audio設定にしていると2割増しくらいでビックリします。

Moto G6 / 設定画面から「音」→「詳細設定」Moto G6 / 「デフォルトの通知音」
設定画面から「音」→「詳細設定」→「デフォルトの通知音」

1日にたくさんメールが届くという人はたびたび驚くハメになるので、落ち着いた通知音に変更しておくといいかもしれません。「Soft」あたりがオススメです。

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

9. システムアップデートを行う

Moto G6 / 設定画面から「システム」Moto G6 / 「システムアップデート」
設定画面から「システム」→「システムアップデート」

Moto G6のAndroid OSは、ほぼ手が加えられていないピュアな状態です。デフォルトで搭載されているのはAndroid 8.0ですが、今後Moto G6が対象の更新が配布された場合は「システムアップデート」からアップデートしましょう。

使い方まとめ:スマホを効率的かつ便利に使うための選択肢が満載!

Moto G6のレビューはいかがでしたか?
Moto G6のレビューはいかがでしたか?

用途が広がるDSDSへの対応といったギークな顔を見せつつ、ビギナーでも直感的に操作できるジェスチャー機能も搭載。このようにMoto G6は幅広いユーザーに向けて、スマホを効率的かつ便利に使うための選択肢を提示してくれる1台です。

今回の記事で紹介した以外にもアプリ単位で便利な機能はたくさんあるので、基本的な設定を行なったあとは自分好みのMoto G6へとカスタマイズしていきましょう!

▼Moto G6をお得に購入する方法はこちら

Moto G6をお得に購入する方法

Moto G6をネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

Moto G6
Moto G6

Moto G6

使い勝手のいいデュアルカメラを装備
ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応
指紋認証・顔認証に対応

モバレコ特価:31,091円(税込)

この記事を書いた人

小暮ひさのり

小暮ひさのり
群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。

  • 目次

Motorolaの商品

Moto Gの商品