【忘れ物防止IoTタグ】MAMORIO S 購入者でLINE友だちになっていただいた方にはamazonギフト券500円分プレゼント!
対象商品はこちら

モバレコTOP MOTOROLA Moto E5 Moto E5のレビュー

MOTOROLA Moto E5のレビュー

カラー
発売日
2018年6月
  • お手頃価格のエントリーモデルながらトレンド機能が充実
  • 18:9のワイドディスプレイを搭載
  • メインカメラ 1300万画素
  • フロントカメラ 500万画素
  • 画面サイズ

    5.7インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1300万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    4000mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    154.4mm× 72.2mm× 8.9mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    非対応

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    非対応

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • SIMフリー

    Moto E5

    17,900円 (税込)

    販売終了

    分割払いも可能です(カート内で2回、12回、24回から選択できます)

    ※お取り寄せ商品につき、お届けに1週間前後お時間頂戴します。 また、ご注文後の変更・キャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

カートに入れる
Moto E5 レビュー!! 大容量バッテリー&カメラ性能も満足なコスパ◎のエントリーモデル

2018年6月8日にMOTOROLA(モトローラ)からリリースされた「Moto E5」。

2万円を切る低価格ながら4,000mAhの大容量バッテリーを装備し、1,300万画素の高性能カメラを搭載。さらに、最近のトレンドの縦横比18:9の縦長ディスプレイを装備するなど、エントリーモデルの中でもコスパの良さが群を抜いていると注目の1台です。

UIもシンプルで使いやすいのでスマートフォン初心者の方でも安心して使うことができます。安価で使いやすいスマホをお探しの方にオススメ!

▼Moto E5をお得に購入する方法はこちら

Moto E5のデザインと特徴をチェック!!

Moto E5のアウトカメラは、背面中央に配置されています。最近のスマホは背面の左上にアウトカメラを配置した機種が多く、撮影時に「手がレンズに被ってしまった…」という経験がある人も多いのではないでしょうか。Moto E5のように中央にカメラがあると、手が被りにくいというメリットがあります。

アウトカメラの下に配置されているのは、MOTOROLAのロゴが入った指紋認証ボタン。実際に認証精度を試してみたところ、ロック解除の速度も素早く、不便に感じることはありませんでした。

ディスプレイは、画面占有率75.2%のFHD+Max Vision。フルディスプレイに近い大画面の縦長ディスプレイは迫力満点です。上部にノッチはなく、万人受けするスッキリとしたデザインに仕上がっています。

Moto E5 2枚のSIMとMicroSDを同時に利用できるトリプルスロット構造
2枚のSIMとMicroSDを同時に利用できるトリプルスロット構造

Moto E5は2枚のSIMを本体に挿して同時待ち受けができるDSDSに対応しています。DSDS対応機種は2枚目のSIMとMicroSDカードが排他構造になっていることも多いのですが、Moto E5のSIMトレイはトリプルスロット構造。DSDSを利用しながら、同時に外部ストレージを活用することができます。

片手でも持ちやすいサイズ感という印象ですが、操作に関してはひと工夫したほうがより快適になりそうです。搭載されている画面縮小機能を活用すれば画面表示を小さくできるので、片手でもスムーズに操作できるようになります。

Moto E5 付属のイヤホンを使ってFMラジオが聴けるMoto E5 付属のイヤホンを使ってFMラジオが聴ける
付属のイヤホンを使ってFMラジオが聴ける

本体上面には、イヤホンジャックを設置。Moto E5では 付属のイヤホンをアンテナ代わりにして、FMラジオを聴くこともできます。インターネットで聴けるラジオは多々ありますが、データ通信が使えない環境でも聴けるので緊急時や災害時にも役立ちます。

▼Moto E5をお得に購入する方法はこちら

Moto E5のスペック性能・パフォーマンスを確認

■Moto E5のスペック情報(参照:公式ページ
項目 スペック
OS Android™ 8.0
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon™ 425 (MSM8917)
1.4GHz ×4 クアッドコアCPU Adreno 308
内蔵メモリ RAM:2GB/ROM:16GB
外部メモリ microSDカード(最大128GB)
ディスプレイ 5.7インチ、 1,440×720(HD+、283ppi、IPS)
カメラ(画素数/タイプ) アウトカメラ:1,300万画素(f/2.0)、LEDフラッシュ
インカメラ:500万画素(f/2.2)、LEDフラッシュ
無線LAN通信規格 IEEE802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth® 4.2 LE
センサー 指紋認証、加速度計、近接センサー、環境照度センサー
通信方式 通信方式(4G)
B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
通信方式(3G)
B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
通信方式(2G)
850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
サイズ(W×D×H) 高さ約154.4mm x 幅約72.2mm x 厚さ約8.9mm(最薄部)
重さ 約173g
バッテリー 4,000mAh
発売時期 2018年3月25日
メーカー価格 19,800円(税別)

スペック表から感じた特徴は、OSに最新のAndroid8.0、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載している点。これだけのスペックで約2万円という販売価格なのは素晴らしいですね。コストパフォーマンスは非常に優秀です。

SoCには、Snapdragon 425を搭載。エントリークラス向けではありますが、日常的な使い方で不満を感じるようなことは無いと思います。

バッテリー持ちは非常に優秀。かなりヘビーな使い方をしない限り、丸1日使っても余裕で電池持ちすると思います。Wi-Fi環境でYoutubeの連続再生を行って検証してみましたが、2時間連続視聴してバッテリーの減りは約10%程度でした。

Moto E5 Battery MIXで検証してみた
Battery MIXで検証してみた

バッテリーの使用状況をグラフ化してくれるBatteryMIXを使って検証してみたところ、約90%の電池残量で20時間は使用できるという結果になりました。日帰りの旅行であればモバイルバッテリーが無くても問題なさそうです。

純正のAndroidに近いUIなので操作に困ることは無さそう
純正のAndroidに近いUIなので操作に困ることは無さそう
待受画面もいたってベーシック
待受画面もいたってベーシック

Moto E5のUIは純正のAndroidに近い操作体系になっているので、普段Androidを使っている人であれば操作面で困ることは無さそうです。シンプルかつベーシックな作りなので、初めてAndroidを使う人でも戸惑うことなく使えると思います。

▼Moto E5をお得に購入する方法はこちら

Moto E5のカメラ性能をチェック

1300万画素のアウトカメラ、500万画素のインカメラを搭載したデュアルカメラ仕様もMoto E5の大きな特徴。実際にオート設定で撮影した作例を交えてMoto E5のカメラ性能について解説していきます。(※画像はクリック or タップで大きなサイズで見られます。)

前菜の盛り合わせ アクアパッツァ 花(深夜) 花(日中) 針葉樹(屋内) 砂利道の小石 コカ・コーラのワールドカップ限定ボトル

シチュエーションや被写体を変えて作例を撮影してみましたが、「意外とキレイに撮れるな」というのが正直に感じた印象でした。約2万円のエントリーモデルのカメラと考えると、性能はお値段以上といえるレベルでしょう。

特に料理の写真はお店の照明は暗めだったものの、色味もはっきりと再現できていて良い写真が撮れたと思います。作例のコカ・コーラのワールドカップ限定ボトルのように、色鮮やかな被写体を撮影してみると発色の良さを実感できると思います。

晴れの日の屋外も期待以上の出来でしたが、反対に夜間撮影の撮影は厳しい印象。とはいえ、ノイズが入って画質は荒くなってしまうものの、街灯などの明かりに頼ればそれなりには撮影できると思います。

▼Moto E5をお得に購入する方法はこちら

Moto E5の販売価格を比較

Moto E5 Moto E5を一番安く買えるのはどこ?
Moto E5を一番安く買えるのはどこ?

メーカー価格19,800円とMoto E5はコストパフォーマンスに優れたスマホですが、購入方法・場所を検討することでさらに安価で入手することができます。以下に、MVNOやオンラインショップでの販売価格情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

主要MVNOのセット販売価格を比較

IIJmio LINEモバイル NifMo
一括:18,144円
分割:810円×24回
一括:20,304円
分割:886円×24回
一括:19,200円
分割:1,600円×12回
BIGLOBEモバイル DMMモバイル
分割:799円×24回 一括:19,980円
分割:984円×24回

※価格は2018年7月4日の情報。すべて税込表記

上記の表はキャンペーンを適用していない通常価格です。通常価格で比較してみると、IIJmioが比較的安価といえそうです。

しかし、MVNOの販売価格で加味しなければいけないのが、音声通話SIMの新規契約を条件に大幅な割引を行っていることが多々あること。

例えば、BIGLOBEの場合は3GB以上の音声通話SIMとの同時契約で毎月290円×24回(2018年8月5日まで)、IIJmioの場合は3,000円分のAmazonギフト券が付属する(2018年7月31日まで)など、相場以下の価格でお得に購入することができます。ただし、音声通話SIMの場合、途中で解約すると違約金が発生するので注意が必要です。

Moto E5を取り扱っているMVNOへの契約を元々考えていたという人にはMVNOでのセット購入がオススメ。スマホ単体で購入するよりも安く購入できるのでかなりお得になりますよ。

オンラインショップのスマホ単体の販売価格を比較

Amazon ヨドバシカメラ ビックカメラ
18,162円 19,980円 19,980円
ソフマップ モバレコ バリューストア
19,980円 17,254円

※価格は2018年7月4日の情報。すべて税込表記

オンラインショップのスマホ単体の販売価格を比較してみたところ、モバレコバリューストアが最安値という結果になりました。家電量販店のオンラインショップでは10%のポイント還元がありますが、それを加味しても1,000円以上安い価格設定になっています。なお、モバレコバリューストアでは24回の分割払いでも購入可能です。

既に契約している格安SIMがある方、好きな組み合わせで格安SIMを使いたい方はスマホ単体の購入がオススメです。

★Moto E5をスマホ単体で購入したい方はこちら

Moto E5
Moto E5

Moto E5

2万円を切る驚きのコストパフォーマンス
4,000mAhの大容量バッテリーを装備
指紋認証・DSDSに対応

モバレコ特価:17,254円(税込)

評価まとめ:お値段以上の機能性と使いやすさでコスパに大満足!

Moto E5を語る上で最も注目すべき点は、圧倒的なコストパフォーマンスの良さ。正直、2万円を切る価格帯で、このレベルの性能を持つ機種はあまり無いと思います。バッテリー容量が豊富なので多少ヘビーに使用しても十分に電池持ちしますし、カメラに関してもスペック以上に使い勝手がいい印象です。

そして、何よりも評価したいのが、Moto E5のデザイン性。エントリークラスでありながら最新のトレンドである18:9の縦長ディスプレイを装備していたり、MOTOROLAならではのスタイリッシュな見た目は安っぽさをまったく感じさせません。

UIも非常にシンプルな作りなので初めてスマホを持つ人にもオススメできますし、サブ機としても最適なスマホだと思います。

★Moto E5のポイント

・2万円を下回る低価格を実現!
・今流行の18:9縦長ディスプレイを搭載
・スペック以上に使いやすいデュアルカメラ
・トリプルスロット構造でDSDSに対応

Moto E5をお得に購入する方法

Moto E5をネットで購入するなら、モバレコが運営するSIMフリースマホ・格安SIMの通販サイト「モバレコ バリューストア」が便利でお得です。

各MVNOでのセット販売とは異なり、モバレコ バリューストアならスマホ本体単体での購入も可能。店舗型のショップに買いに行く時間がないという人には、24時間受付しているので便利です。

すでに契約しているSIMで使用したい方やお好きな格安SIMとの組み合わせで楽しみたい方はこちらがオススメです。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

Moto E5
Moto E5

Moto E5

2万円を切る驚きのコストパフォーマンス
4,000mAhの大容量バッテリーを装備
指紋認証・DSDSに対応

モバレコ特価:17,254円(税込)

この記事を書いた人

こんち

こんち
関西在住のテクノロジーとデザインに興味があるブロガー。今までに使用してきたPC、ケータイ・スマホは1000台以上。現在はスマホと連動するテクノロジーにものすごく興味があります。モバレコでは1歩先ゆく未来をご紹介したいと思っています。ブログ「こんちのバウハウス」を運営中。Twitter:@ko_nchi

  • 目次

Motorolaの商品