モバレコTOP OPPO OPPO R17 neo OPPO R17 neoのレビュー

OPPO OPPO R17 neoのレビュー

カラー
発売日
2018年11月
  • 日本初、ディスプレイ指紋認証
  • 水滴型ノッチスクリーン
  • メインカメラ 1600万画素
  • フロントカメラ 2500万画素
  • 画面サイズ

    6.4インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1600万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    3600mA

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    158.3mm× 75.5mm× 7.4mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    OPPO R17 neo

    SIMフリー端末はお取扱いございません

カートに入れる
OPPO R17 Neo レビュー! 日本初のディスプレイ指紋認証スマホはコスパも良し?

2018年11月22日に発売された「OPPO R17 Neo」。

UQ mobileが独占販売していますが、実はSIMロックの掛かっていない隠れSIMフリー機で、大手3キャリアのSIMが使える非常にコストパフォーマンスの高いスマートフォンです。

今回はそんな大注目のOPPO R17 Neoを、発売直後に購入した筆者が、実際に使ってみて感じた感想を交えつつ様々な角度から詳しくレビューしていきます!

>>UQモバイル公式サイトはこちら

目次:

OPPO R17 Neoのデザイン・外観

まずはじめに、OPPO R17 Neoのデザインと外観を様々な角度からチェックしていきます。

R17 Neoは6.4インチ(画面占有率91%)のディスプレイを搭載し、水滴型ノッチスクリーンを採用しています。

ディスプレイには、あらかじめ保護フィルムが貼り付けられていますが、若干指紋が付きやすい印象でしたので、お好みで防指紋加工が施された保護フィルムやガラス製の保護フィルムに張り替えても良さそうです。

R17 Neoの本体カラーはレッドとブルーの二色展開で今回レビューするのはレッドです。どちらも光の当たる角度にによって様々な変化を楽しめる「3Dグラデーションカラー」が採用されていて、非常に美しい仕上がりです。

背面にはA.I.デュアルアウトカメラが搭載されており、被写体やシチュエーションを自動でカメラが認識して最適な写真を撮影することが可能です。また、デュアルカメラを活かしたA.I.ポートレートモード(自然な背景ぼかし効果が得られる)を搭載し、背景をボカした一眼レフカメラの様な写真を撮影することも可能です

上部にはボタン類は無く、下部を見ていくとMicroUSB端子・イヤホンジャック・スピーカー(モノラル)が備わっています。USB端子がType Cではないのがやや残念ですが、最近のスマートフォンには珍しくイヤホンジャックが搭載されています。

右側面には電源ボタンが備わっています。左側面にはSIMスロット(トリプルスロット)・音量ボタン(+/マイナス)が備わっています。

R17 Neoを実際に手に持ってみましたが、とにかく軽い!という印象でした。6.4インチという本体サイズに対して本体重量が約156gしかないので、女性が片手で使うのにも適したスマートフォンではないでしょうか。

本体の厚みは7.4mmで非常に薄く持ちやすいスマートフォンです。R17 Neoは、ミドルクラスの端末とは思えない高級感のあるデザインとなっております。

OPPO R17 Neoのスペック・パフォーマンス

OPPO R17 Neo スペック情報(製品ページ
OS ColorOS 5.2(Based on Android8.1)
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約158.3 × 75.5 × 7.4mm
重さ 約156g
ディスプレイ 6.4インチ / AMOLED / 2,340 x 1,080
カメラ アウト 1,600万+200万画素
イン 2,500万画素
バッテリー 3,600mAh
プロセッサ Snapdragon 660(SDM660)
1.95GHz/4コア + 1.8GHz/4コア
ROM / RAM 128GB / 4GB
対応外部メモリ
(規格/最大容量)
microSD、microSDHC、microSDXC、最大256GB
Bluetooth Bluetooth5.0
Wi-Fi規格 a / b / g / n / ac
SIM トリプルスロットデュアルナノSIM
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41
デザリング
おサイフケータイ ×
防水 ×
防塵 ×
カラー レッド ブルー

OPPO R17 NeoにはQualcommのSnapdragon 660シリーズのプロセッサ(ミドルレンジ)が搭載されています。実際にR17 Neoを二ヶ月ほどメイン機として筆者は使用していますが、アプリの切り替えやマップ、ゲームを使用していても動作が重くなることが無く快適に使用することが出来ています

また、R17 Neoには3,600mAhと大容量のバッテリーが搭載されていますが、スペック表以上にバッテリー持ちが良く、筆者の使い方(SNS、LINE通話、WEB観覧合計8時間程度)だと丸一日余裕で持ちます。さらに、アプリを同時に複数起動したり負荷をかけても本体の発熱が非常に少ない点も素晴らしいです。

しかし残念ながら、USB端子が最新のType C規格ではなくmicroUSB規格ということもあって、OPPOの急速充電規格「VOOC」には対応していません。(5V/2Aでの充電には対応しています)最近のフラッグシップ級のスマートフォンの充電速度に慣れている方だと、R17 Neoの充電速度はやや遅く感じてしまうと思います。

OSはAndroid8.1をベースにしたOPPO独自の「ColorOS 5.2」採用されており、標準のAndroidとは機能面がやや異なっており、残念ながら海外製の端末ということで、防水・防塵・おサイフケータイには非対応です。

UQ mobile専売のSIMフリースマートフォン

SIMトレイはトリプルスロット仕様
SIMトレイはトリプルスロット仕様

R17 NeoはUQ mobile専売のスマートフォンですが、実はSIMロックが掛けられていないSIMフリーのスマートフォンで、大手3キャリア(au・docomo・Softbank)の通信網に対応しています

SIMスロットはトリプルスロット(MicroSDカード・SIM 1・SIM2)でデュアルSIM仕様になっていて、両方の回線でVoLTEで待受する「DSDV」にも対応しているので、仕事とプライベート回線の使い分けなどが可能な汎用性の高いスマートフォンとなっております。

OPPO R17 Neoの特徴・使ってみた感想

続いてOPPO R17 Neoの特徴を筆者が実際に使ってみた感想を踏まえて解説していきます。

ディスプレイ指紋認証機能

日本初のディスプレイ指紋認証を搭載日本初のディスプレイ指紋認証を搭載
日本初のディスプレイ指紋認証を搭載

R17 Neoには日本初のディスプレイ指紋認証が搭載されています。ディスプレイの中に指紋センサーが内蔵されているスマートフォンは非常に希少ですが、実際に使ってみると指紋を読取る速度や精度に関しては今ひとつで、物理的な指紋センサーの方がストレス無くロックを解除出来る印象でした。

顔認証にも対応
顔認証にも対応

ディスプレイ指紋認証に注目しがちですが、インカメラを利用した顔認証でのロック解除にも対応しています。自身の顔を登録しておけばディスプレイ指紋認証よりもスムーズにロックの解除が可能です

スマートサイドバーについて

画面の横に配置された「スマートサイドバー」画面の横に配置された「スマートサイドバー」
画面の横に配置された「スマートサイドバー」

OPPO製スマートフォンでお馴染みの、スマートサイドバー(ショートカット機能)という便利機能が搭載されています。

ディスプレイの側面に白い半透明のバーが表示され(左側の画像赤丸の部分)、そこをスワイプすると右の画像の様なメニュー画面が表示されます。

スマートサイドバーはカスタマイズする事が可能で、任意のアプリや設定などをショートカットとして設定することが出来るので非常に便利です。スマートサイドバーの位置は好きな場所に移動することが出来るのもポイントです。

有機ELパネル搭載のディスプレイ

美しい表示の有機EL
美しい表示の有機EL

R17 Neoはミドルクラスながら有機ELディスプレイを搭載しています。この価格帯の端末で有機ELを搭載しているスマートフォンはかなり希少だと思いますし、筆者がR17 Neoを購入した最大のポイントもここです。

非常に発色が良く、黒がしまってみえるので、YouTubeなどの動画鑑賞に向いている端末です

画面占有率91%の極細ベゼル
画面占有率91%の極細ベゼル

画面占有率が91%でベゼルが非常に細いので、今風のスマートフォンという印象です。また水滴型のノッチ部分の表示はアプリごとに設定可能です。

価格面(コストパフォーマンス)について

R17 Neoのコストパフォーマンスは?
R17 Neoのコストパフォーマンスは?

R17 Neoの価格は税込で38,988円。ミドルクラスながら、ハイエンド機に迫る仕様のスマートフォンです。

筆者は発売開始後直ぐに「これだ!」と思い購入しましたが、動作もサクサクでストレスを感じるシーンも無いですし、バッテリー持ちもよく、液晶は有機EL、そしてSIMフリー&DSDV対応と、数多く存在するミドルクラスのスマートフォンの中でも最もコストパフォーマンスに優れ、長く使える1台と感じています。

>>UQモバイル公式サイトはこちら

OPPO R17 Neoのカメラ性能

R17 Neoのアウトカメラ性能は?
R17 Neoのアウトカメラ性能は?

OPPOはカメラに力を入れているメーカーなので、ミドルクラスであるOPPO R17 Neoのカメラ性能も抜かりがないか気になる所です。

インカメラは2,500万画素と非常に高精細なものが搭載されており、アウトカメラは1,600万画素のメインカメラ+200万画素のサブカメラを搭載していて、どちらも今流行りのAIに対応しています。

今回はアウトカメラの性能を検証するために、いくつかの作例を見ながら解説していきたいと思います。

※全てAIオンの状態の作例になります。
※以下、作例はタップまたはクリックすると大きいサイズで表示されます。

風景を撮影風景を撮影
風景を撮影

まず逆光で風景を撮影してみましたが、かなり大きなゴーストが発生。同じ構図で5枚ほど撮影した写真全てにゴーストが発生していたのでR17 Neoのアウトカメラは逆光にあまり強くない様です。通常の風景撮影(右側)に関してはゴーストは発生しませんでした。

寿司と和菓子を撮影寿司と和菓子を撮影
寿司と和菓子を撮影

どちらの写真も実物より白っぽい仕上がりになるものの、オートでもある程度美味しそうな雰囲気の料理写真が撮れそうなので、料理の撮影には比較的向いていると感じました。

HDR OFF / ONの比較HDR OFF / ONの比較
HDR OFF / ONの比較

アプリ内でHDRオン・オフの切り替えが出来るのでそれぞれ比較してみました。左側がHDRオフの状態で、右側がHDRオンの状態です。HDRオンの状態だと全体的に写真が明るく補正されます。

夜景
夜景

R17 Neoは夜景や暗い場所での撮影が苦手なようで、非常にノイジーで精細感に欠ける写真しか撮影できませんでした。今回はフラッシュを使用せずに撮影しましたが、暗所での撮影の際は設定をマニュアルで設定して撮影するか、フラッシュを使用する必要が有りそうです。

ポートレートモードで撮影
ポートレートモードで撮影

ポートレートモードで撮影してみました。自然な背景のボケ感を得られるので人物撮影や物撮りに最適な撮影モードです。ポートレートモードで撮影すると不自然な写真に仕上がる機種もありますが、R17 Neoは比較的自然な仕上がりになります。

色々と撮影してみた結果、ミドルクラスの端末としてはまずまず使えるカメラ性能という印象でしたが、R17 Neoの標準カメラアプリは(現時点で)AIをオフに出来ない仕様なので、AIオンの状態でしか写真を撮影することが出来ない点は注意が必要です。

評価まとめ:OPPO R17 Neoはコスパ良し

OPPO R17 Neoは非常に満足度の高い端末でした!
OPPO R17 Neoは非常に満足度の高い端末でした!

OPPO R17 Neoのおすすめポイント!

・ミドルクラスのスマートフォンとしてトップクラスのスペック
・SIMフリー(3キャリア対応)& DSDV対応
・バッテリーの持ちが良く本体の発熱が少ない
・ミドルクラスながら有機ELディスプレイを搭載
・AIカメラを搭載
・2,500万画素のインカメラを搭載

OPPO R17 Neoは、コストパフォーマンスに優れたミドルクラスのスマートフォンです。

UQモバイル独占販売なので販路が限らている点と、防水・防じん・おサイフケータイに非対応な点は残念ですが、格安SIMと一緒にスマートフォンをお探しの方であれば、非常にオススメ出来る1台です!

>>UQモバイル公式サイトはこちら

この記事を書いた人

rev

REV
イヤホン、カメラ、デジタルガジェットなどを扱ったブログ「REV69.COM」を運営しています。Twitter:@forREV

  • 目次

OPPOの商品