モバレコTOP 楽天モバイル 楽天モバイルのSIMカード情報 楽天モバイルの設定

楽天モバイルの設定

  • フリー

    カウントフリーの有無
    対象サービスへの通信については通信量をカウントしないサービスです。 ※対象のサービスのみ無制限に利用できます。
  • データ量追加

    対応

    データ量の追加
    各プランで設定されている通信量を超えた場合に、速度制限がかかっても追加料金などを支払うことで容量を増やす事ができます。
  • テザリング

    対応

    テザリング
    スマートフォンを介してパソコンなど他の機種へのインターネット接続を可能にします。
  • 高速通信

    対応

    高速通信のON/OFF
    高速は通常のサービスとしての速度が出ますが、低速に設定することで通信容量の消費を抑えて利用できます。
  • 公衆無線LAN

    楽天モバイルWiFi by エコネクト

    公衆無線LANサービスの提供
    キャリア・MVNOが提供している公衆無線LANを利用することができます。
  • データ量繰越

    対応

    データ量の繰り越し
    契約プラン分の容量を使いきれなかった場合に、翌月へその分の容量を繰り越すことができます。
  • SIMカード

    (購入サイト先でプラン選択)

    初期費用3,240円(税込)

カートに入れる
楽天モバイルの設定ガイド!メールもテザリング設定もこれでもう大丈夫!

申し込みガイドはこちら

数多くある格安SIMの中でも人気のある楽天モバイルを契約してみたものの、格安SIMを使うには初期設定が必要らしい。説明を聞いてみてもAPNとかよく分からない…という方のために、楽天モバイルを契約した後の初期設定や楽天メールの使い方、テザリングの方法をご紹介します

目次:

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

初期設定方法

SIMカードが届いたら、本体にセットして初期設定を行います
SIMカードが届いたら、本体にセットして初期設定を行います

楽天モバイルのSIMが届いたら、本体にSIMカードを挿入してAPN設定という初期設定を行います。端末セットで申し込みした場合は初期設定が完了した状態で届くため、この項目はスキップしてもOKです。

APNとはアクセスポイントネームの略、つまりインターネットの接続先を指定することです。ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルなどキャリアで購入した機種であれば、そのキャリアに応じたサーバーへ接続するための情報が登録されているので、SIMカードを挿入しただけで自動的に繋がります。

格安SIMではキャリアと同じ回線を利用していても、接続先は事業者ごとに異なります。楽天モバイルなら楽天モバイルのサーバーに接続するように、利用者が自分で接続先を指定してあげる必要があります。

楽天モバイルはAPNが2種類存在する

楽天モバイルのAPNは「rmobile.jp」と「rmobile.co」の2種類存在します。割り当ては申込種別によって異なり、メンバーズステーションからページ下部【登録情報・設定変更】内にある【ご契約さま情報】をクリックして申し込み種別を確認して下さい。

申し込み種別が006または007の時は「rmobile.jp」を、008または009の時は「rmobile.co」の設定を確認して下さい。以前は「vdm.jp」というAPNもありましたが、2016年11月30日で「rmobile.co」に移行しています。

AndroidのAPN設定方法

まずは販売端末の多いAndroidから見ていきましょう。

【設定】→【その他】【その他】→【モバイルネットワーク】
【設定】→【その他】→【モバイルネットワーク】と順に選択していく
【アクセスポイント名】をタップ
最後に【アクセスポイント名】をタップします

【設定】→【その他】→【モバイルネットワーク】→【アクセスポイント名】から設定します。端末によっては項目名が異なることがありますが、ほとんどの場合Wi-FiやBluetoothなどの設定項目付近にあります。

リストの中から楽天モバイルを探す
リストの中から楽天モバイルを探す

プリインストールされたAPNの中に楽天モバイルがあればそれを選択し、もし無ければ新たに追加します。

リストになければ右上の︙から新たにAPN情報を追加するリストになければ右上の︙から新たにAPN情報を追加する
リストになければ右上の︙から新たにAPN情報を追加する

リストの中に無かったときは、右上の︙から【新しいAPN】を選択して楽天モバイルのAPNを追加します。

アクセスポイントの編集画面
アクセスポイントの編集画面

アクセスポイントの編集画面に移動しました。何やら沢山の項目がありますが、必要なのは【名前】【APN名】【ユーザー名】【パスワード】【認証タイプ】の5つだけでOK。入力する内容はパッケージや公式サイトにも書かれています。

APN名以外はどちらも同じ内容になっています。

●rmobile.jp(申し込み種別が006または007)

楽天モバイル AndroidのAPN設定楽天モバイル AndroidのAPN設定
名前 任意(例:楽天モバイルなど)
APN名 rmobile.jp
ユーザー名 rm
パスワード 0000
認証方法 PAPまたはCHAP

以下は必要に応じて設定してください。既に入力されている場合は不要です。

接続方法(PDP Type) IP接続
MCC 440
MNC 10

●rmobile.co(申し込み種別が008または009)

楽天モバイル AndroidのAPN設定楽天モバイル AndroidのAPN設定
名前 任意(例:楽天モバイルなど)
APN名 rmobile.co
ユーザー名 rm
パスワード 0000
認証方法 PAPまたはCHAP

以下は必要に応じて設定してください。既に入力されている場合は不要です。

接続方法(PDP Type) IP接続
MCC 440
MNC 10
楽天モバイル AndroidのAPN設定

設定が完了したら右上のチェックを入れてリストに戻ります。先ほど設定したAPNが追加されているのでそちらを選択するとLTEに繋がると思います。

もし繋がらない場合はAPN設定を再度見直し、問題なければ一度機内モードにするか再起動してみましょう。

iPhoneのAPN設定方法

iPhoneの場合、APNを直接編集することができないため「構成プロファイル」という設定ファイルをダウンロード・インストールして書き換えます。構成プロファイルのダウンロードはWi-Fi経由で行う必要があるため、自宅にWi-Fi環境がない場合はフリーWi-Fiスポットなどで試してみましょう。

楽天モバイル iPhone APN設定楽天モバイル iPhone APN設定
iPhoneのAPN設定は「構成プロファイル」をダウンロード・インストールする必要があります
楽天モバイル iPhone APN設定
「構成プロファイル」は1種類しか持てない

iPhoneの構成プロファイルは1種類しか持てません。通信キャリアを変更するには現在適用されているプロファイルを削除してからダウンロードします。【設定】→【一般】→【プロファイル】から現在適用されているプロファイルを選択します。

楽天モバイル iPhone APN設定楽天モバイル iPhone APN設定
既に違う通信キャリアが適用になっている場合は一度削除する

下にあるプロファイルを削除を選ぶと削除されます。ここでようやく楽天モバイルのプロファイルを入れられます。Safariで下記URLにアクセスしてダウンロードします。Safari以外のブラウザでアクセスすると上手くダウンロードできません。

●申し込み種別が006または007の人はこちら
rmobile.jp

●申し込み種別が008または009の人はこちら
rmobile.co

右上の【インストール】→【次へ】を順番にタップします右上の【インストール】→【次へ】を順番にタップします
右上の【インストール】→【次へ】を順番にタップします
最後に【インストール】を選択します最後に【インストール】を選択します
最後に【インストール】を選択します

ページにアクセスするとすぐにプロファイルのインストール画面に移動します。右上の【インストール】→【次へ】を押して最後に【インストール】を押すと完了です。しばらくするとLTEの電波をつかむようになります。

インストールをしても上手く電波を掴まないときは、一度機内モードにするか再起動してみると問題なく繋がると思います。

>>楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルのメール設定

APN設定が完了したら一緒に楽天メールも設定してみましょう。格安SIMでは@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpなどのキャリアメールが使えないため、新たにメールアドレスを取得しなければいけません。

LINEやSNSの影響でメールをする機会は減っても、アプリやWEBサービスを登録する際はメールアドレスの登録が一般的。楽天メールでは@rakuten.jpのアドレスが1つ取得できるので、1度設定してしまえばこれまで通りメールを楽しめます。

楽天モバイル メール設定楽天モバイル メール設定

楽天モバイルメンバーズステーションにログインして、ページ中央にある楽天メールご登録の「お申込みへ」ボタンを押します。ページをスクロールするとメールアドレスの入力欄が出てくるので、好きなアドレスを入力します。

楽天モバイル メール設定楽天モバイル メール設定

メールアドレスを確認して問題なければ登録ボタンを押します。登録完了画面にはメールの設定に必要な情報が表示されているため、メモをとるかページを印刷して保存しておきましょう。

初期設定が完了したら、楽天メールのアプリをインストールして起動してみましょう。

楽天モバイル メール設定楽天モバイル メール設定
初期設定が完了したら楽天メールを起動してみましょう

アプリを起動すると初回起動時のみ使用許諾契約が表示されるので、「同意する」を選択して下さい。規約に同意するとサービスの選択画面に移動します。楽天メール以外にもGmailやOutlookも設定可能。

楽天モバイル メール設定楽天モバイル メール設定
設定はいたって簡単です
楽天モバイル メール設定
メールアドレスとパスワードの入力だけで設定完了

楽天メールアプリでは面倒なアカウント追加も不要で、メールアドレスとパスワードさえ設定したら送受信ができるようになります。

楽天メールの「メール作成画面」楽天メールの「メール作成画面」
楽天メールの「メール作成画面」
メール作成画面で絵文字やファイル添付もできる
メール作成画面で絵文字やファイル添付もできる

メール作成画面は上記のキャプチャのように至ってシンプル。絵文字の挿入やファイルの添付なども行えます。

詳しくはこちら:楽天メール

楽天モバイルのテザリング設定

外出時に便利なテザリング
外出時に便利なテザリング

楽天モバイルでもテザリングは使えますが、使用する端末によって対応状況が異なります。テザリングが使えるのは、SIMフリースマートフォンとiOS8以降のiPhone、ドコモ端末は2016年夏モデル以降のAndroidです。

iOS Android
SIMフリー ◯(iOS8以降)
ドコモ端末 ◯(iOS8以降) △(2016年夏モデル以降※)

※一部SHARPのAndroid端末(SH-03G、SH-04G、SH-01H、SH-02H、DM-01H)では2015年夏モデルから対応しています

キャリア契約でテザリングを使うときは本来、数百円程度の月額料金を支払う必要がありますが、契約から2年間はキャンペーンなどで無料になっている事が多いです。格安SIMでテザリングをするといつでも追加料金なしで使えて便利です。

便利な半面、格安SIMでは通信容量が少ないプランに加入している方も多いため、PCと接続してしまうと通信量が一気に増えてしまうことも。速度制限に掛からないように気をつけながら使用しましょう。

「そもそもテザリングって何?」という方は以下の記事を参考にして下さい。

まとめ:楽天モバイルに乗り換えてもこれまでと変わらずスマホを使えます

格安SIMにしたら安い分だけ不便なことも多くなりそうなイメージがありますが、実はそうでもありません。

初期設定も説明を見ながら順序よく設定したら意外と簡単でした。メールアドレスについても、楽天モバイルユーザー向けに専用のアドレスを発行してくれるので心配無用です。専用アプリで誰でも簡単に設定できます。

一度設定しておけばこれまで通り普通にスマホが使えるので、まだ乗り換えていない方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

申し込みガイドはこちら

>>楽天モバイル公式サイトはこちら