SIMパッケージは、午前11時までのご注文分を最短即日で発送しています。(※土日祝除く。受発注商品除く)会員登録をしなくても注文可能です。

モバレコTOP SHARP AQUOS sense lite AQUOS sense liteの設定

SHARP AQUOS sense liteの設定

カラー
発売日
2017年12月

おサイフケータイや防水防塵、シャープ独自のAI「エモパー」など、充実した機能が特徴の国産SIMフリースマホです。全7色の豊富なカラーバリエーションも魅力。

  • 画面サイズ
    5.0インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1310万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    2700mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    144× 72× 8.5

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    おサイフケータイ

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。

分割払いも可能です(カート内で2回、12回、24回から選択できます)

売切れ次第、販売終了予定

シャープ「AQUOS sense lite」を買ったら設定しておきたい12のこと

1. SIMカードを挿入してAPNを設定する

AQUOS sense liteにSIMカードを挿入するには左側面のキャップを外します。

SIMカードトレイは左側面の上部にあるキャップを外す
SIMカードトレイは左側面の上部にあるキャップを外す

SIMカードを挿入したらスマートフォンが再起動するので再起動後、設定画面から「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順に進み、表示の中からお使いになる事業者を選択します。

該当の事業者が表示されていない場合は、右上の「+」ボタンをタップして事業者を追加しましょう。

「設定」から「もっと見る」→「モバイルネットワーク」を選ぶ「設定」から「もっと見る」→「モバイルネットワーク」を選ぶ
「設定」から「もっと見る」→「モバイルネットワーク」を選ぶ
アクセスポイント名を選択するアクセスポイント名を選択する
アクセスポイント名を選択する

事業者が表示されていない場合、画面右上の「+」ボタンをタップして手動で設定する必要があります。手動設定の場合は下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2. ディスプレイの点灯時間を長く/短くする

購入時のデフォルトでは、ディスプレイの点灯時間がわずか30秒に設定されています。このままの設定だと使用中にすぐに消灯してしまうので、長くするのがオススメ。

設定から「ディスプレイ」→「スリープ」と進んで、スリープ時間を変更します。いったんは2分に設定してみて、あとで好みに合わせて変更しましょう。

「設定」→「ディスプレイ」→「スリープ」と進む「設定」→「ディスプレイ」→「スリープ」と進む
「設定」→「ディスプレイ」→「スリープ」と進む
点灯時間を変更する
点灯時間を変更する

3. 満員電車でも安心して使える「のぞき見ブロック」

シャープのスマートフォンといえば「のぞき見ブロック」。他人に横からスマホ画面をのぞかれたりしても、見えづらくなっているので安心です。通勤・通学の満員電車などでも活躍しような機能ですね。

のぞき見ブロックを利用するには、まず設定画面から「ディスプレイ」→「のぞき見ブロック」に進んで表示パターンや強弱を自分の好みに合わせます。

「設定」→「ディスプレイ」→「のぞき見ブロック」の順に進む「設定」→「ディスプレイ」→「のぞき見ブロック」と順番に進む
「設定」→「ディスプレイ」→「のぞき見ブロック」の順に進む
のぞき見ブロックの設定のぞき見ブロックの設定
のぞき見ブロックの設定

また、クイックパネルを表示して「のぞき見ブロック」を選択すると、素早くオンにすることもできます。

のぞき見ブロックはクイックパネルからオンにできる
のぞき見ブロックはクイックパネルからオンにできる

4. 動画の画質をアップする「バーチャルHDR」

AQUOS sense liteが対応している「バーチャルHDR」は、自分で撮影した動画はもちろん、YouTubeなどで視聴する動画(一部アプリをのぞく)をハイダイナミックレンジ、いわゆる「HDR」画質に変換することで陰影がクッキリとした立体感のある映像を楽しむことができる機能です。

バーチャルHDR映像を楽しむためには、設定が必要になります。方法はとても簡単で、「ディスプレイ」→「画質モード」の順に進んで一番下にある「バーチャルHDR」のスイッチをオンにするだけ。

「設定」→「ディスプレイ」→「画質モード」とタップ「設定」→「ディスプレイ」→「画質モード」とタップ
「設定」→「ディスプレイ」→「画質モード」とタップ
バーチャルHDRをオンにする
バーチャルHDRをオンにする

5. GPSの精度を「高精度」に変更する

AQUOS sense liteでGPSを利用するアプリを使う際、現在地が正しく表示されないことが多く発生するかもしれません。これは初期設定でGPSの精度が低く設定されていることが原因になっています。

GPSの精度を変更するには設定から「位置情報」→「モード」と進んで「高精度」をタップ。確認メッセージが表示されるので「はい」を選択します。

「設定」→「位置情報」→「モード」と進む「設定」→「位置情報」→「モード」と進む
「設定」→「位置情報」→「モード」と進む
GPSの精度を「高精度」に変更するGPSの精度を「高精度」に変更する
GPSの精度を「高精度」に変更する

6. 指紋認証を設定する

指紋認証はパスコードやパターンよりもセキュリティが高く、ロック画面もスムーズに解除できるので必ず設定しておきましょう。

設定画面から「ロックとセキュリティ」→「指紋」と進んで「指紋を追加」をタップ。あとは画面の案内に従って、指紋を登録しましょう。なお、指紋認証を初めて登録する場合は指紋認証と併用する認証方法を選択・設定する必要があります。

「設定」→「ロックとセキュリティ」→「指紋」と順番にタップしていく「設定」→「ロックとセキュリティ」→「指紋」と順番にタップしていく
「設定」→「ロックとセキュリティ」→「指紋」と順番にタップしていく
指紋認証を設定する指紋認証を設定する
指紋認証を設定する

指紋認証の精度が悪い場合でも、同じ指を複数回登録することで精度をアップすることができます。

7. 自宅や職場でロックを常に解除「Smart Lock」

指紋認証に対応しているAQUOS sense liteでも画面ロックの解除が面倒に感じることもあるかもしれません。在宅中や職場のデスクワーク中など、安全が確保されている状態のときに画面ロックを常に解除しておける「Smart Lock」を利用すると便利です。

Smart Lockをオンにするは設定画面から「ロックとセキュリティ」→「Smart Lock」の順に進んで「OK」をタップします。

設定画面から「ロックとセキュリティ」→「Smart Lock」と進む設定画面から「ロックとセキュリティ」→「Smart Lock」と進む
設定画面から「ロックとセキュリティ」→「Smart Lock」と進む
「OK」をタップしSmart Lockにアクセスする
「OK」をタップしSmart Lockにアクセスする

次にロックを常に解除するケースを選択します。今回は「信頼できる場所」を選択して「自宅」または「信頼できる場所の追加」をタップしましょう。

自宅をタップした場合は、「この場所を有効にする」をタップ。信頼できる場所の追加をタップした場合は、地図上で信頼できる場所を表示して「この場所を選択」をタップし、最後に「選択」をタップすれば設定が完了します。

これでスマートフォンが自宅や職場などの信頼できる場所にある場合、ロック画面を常に解除しておくことができます。

「信頼できる場所」を選択し「自宅」または「信頼できる場所の追加」をタップ「信頼できる場所」を選択し「自宅」または「信頼できる場所の追加」をタップ
「信頼できる場所」を選択し「自宅」または「信頼できる場所の追加」をタップ
自宅であれば「この場所を有効にする」。「信頼できる場所の追加」をタップしたら「この場所を選択」をタップ自宅であれば「この場所を有効にする」。「信頼できる場所の追加」をタップしたら「この場所を選択」をタップ
自宅であれば「この場所を有効にする」。「信頼できる場所の追加」をタップしたら「この場所を選択」をタップ
自宅を登録するか信頼できる場所を地図上で選択する
自宅を登録するか信頼できる場所を地図上で選択する

8. フォントの種類、文字サイズを変更する

AQUOS sense liteでは文字表示を変更して、好みのフォントや文字サイズにすることができます。

設定から「ディスプレイ」→「文字フォント設定」→「文字フォント切替」の順に進んで【モリサワ 新ゴ/LC明朝/SHクリスタルタッチ/Noto Sans CJK JP】の4種類から好みのフォントを選択します。

フォントを選択したら「再起動して変更」をタップすると、端末の再起動後にフォントが切り替わります。

「ディスプレイ」→「文字フォント設定」と順番に進む「ディスプレイ」→「文字フォント設定」と順番に進む
「ディスプレイ」→「文字フォント設定」と順番に進む
「文字フォント切替」をタップし好みのフォントを選択「文字フォント切替」をタップし好みのフォントを選択
「文字フォント切替」をタップし好みのフォントを選択
「再起動して変更」をタップすればフォントの変更は完了
「再起動して変更」をタップすればフォントの変更は完了

文字サイズを変更する場合は、設定から「ディスプレイ」→「文字フォント設定」→「フォントサイズ」の順に進んでサイズを選択します。

文字サイズの変更の変更も可能文字サイズの変更の変更も可能
文字サイズの変更の変更も可能

9. ホームをかんたんモードに切り替える

AQUOS sense liteには、スマートフォン初心者やシニアでも使いやすいように「AQUOSかんたんホーム」という簡易なホーム画面が用意されています。「AQUOSかんたんホーム」をオンにすると、ホーム画面上のアプリのショートカットが大きく表示されます。

左:AQUOSかんたんホーム
左:AQUOSかんたんホーム
 右:AQUOS HOME
右:AQUOS HOME

設定から「ホーム切替」に進んで「AQUOSかんたんホーム」を選択するだけで簡単に切り替えることができます。

「設定」から「ホーム切り替え」をタップし、ホーム画面の切替をする「設定」から「ホーム切り替え」をタップし、ホーム画面の切替をする
「設定」から「ホーム切り替え」をタップし、ホーム画面の切替をする

10. 片手でスクリーンショットを撮れる「Clip Now」をオンに

AQUOSならではのスクリーンショットをカンタンに撮影できる便利機能「Clip Now」も非常に便利。スクリーンショットを撮る通常の操作は電源ボタンとボリュームダウンキーの同時押しですが、なかなかうまくいかなかったり片手で撮影するのが難しいケースもありますよね。

そんなときに利用したいのが、この「Clip Now」です。画面上部をなぞるだけで、簡単にスクリーンショットを撮影できます。Clip Nowの設定方法は下記の通りです。

設定から「AQUOS便利機能」→「Clip Now」に進んで「ON/OFF設定」のスイッチをオンにします。

設定から「AQUOS便利機能」→「Clip Now」とタップする設定から「AQUOS便利機能」→「Clip Now」とタップする
設定から「AQUOS便利機能」→「Clip Now」とタップする
Clip Nowの設定をオンにする
Clip Nowの設定をオンにする

11. ブルーライトをカットする「リラックスビュー」を自動でオンに

近年のスマートフォンに搭載されていることが多いブルーライトカットモード。AQUOS sense liteの場合、音声アシスタント機能「エモパー」と連動させれば、就寝時間を学習して自動的にオン・オフを切り替えてくれます。

設定から「ディスプレイ」→「リラックス設定」に進んで「リラックスオート」にチェックを入れて、「時間設定」に進んで「エモパー連動」を選択します。

「設定」→「ディスプレイ」→「リラックス設定」と進む「設定」→「ディスプレイ」→「リラックス設定」と進む
「設定」→「ディスプレイ」→「リラックス設定」と進む
「リラックスオート」にチェックし「時間設定」をタップ。エモパーを連動させる「リラックスオート」にチェックし「時間設定」をタップ。エモパーを連動させる
「リラックスオート」にチェックし「時間設定」をタップ。エモパーを連動させる

エモパーが就寝時間をうまく学習してくれない場合は時間を手動設定することもできます。エモパー連動ではなく、「手動設定」を選択して開始時刻と終了時刻を変更しましょう。

「手動設定」を選ぶ「手動設定」を選ぶ
「手動設定」を選ぶ
リラックスビューの自動起動を時間で設定する
リラックスビューの自動起動を時間で設定する

12. 省電力モード「長エネスイッチ」を自動でオンに

IGZO液晶による省電力性能が特徴の1つでもある、AQUOS sense lite。しかし、それでも使用するに連れて電池持ちが悪いと感じるようになったり、充電を忘れて電池残量がピンチになってしまうときもあると思います。そんなときは、省電力モード「長エネスイッチ」を利用しましょう。

設定から「省エネ&バッテリー」→「長エネスイッチ」と進んで「詳細設定」をタップし、各項目のスイッチをオフにします。

設定から「省エネ&バッテリー」→「長エネスイッチ」と進む設定から「省エネ&バッテリー」→「長エネスイッチ」と進む
設定から「省エネ&バッテリー」→「長エネスイッチ」と進む
「詳細設定」を選び→長エネスイッチで制限する項目を設定する「詳細設定」を選び→長エネスイッチで制限する項目を設定する
「詳細設定」を選び→長エネスイッチで制限する項目を設定する

さらに「電池残量で切替」をオンにして「切替条件設定」をタップ後、長エネスイッチを自動でオンにする電池残量を設定します。

「電池残量で切替」をオンにして「切替条件設定」「電池残量で切替」をオンにして「切替条件設定」
「電池残量で切替」をオンにして「切替条件設定」
長エネスイッチを自動オンにする時間を設定する
長エネスイッチを自動オンにする時間を設定する

使い方まとめ:AQUOSならではの機能も活用して自分好みの1台に仕上げよう

AQUOS sense liteを買ったら設定しておきたいオススメの設定を12通り紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

GPSの精度やディスプレイのスリープ時間といった基本的なものから、フォント変更やエモパーを利用したブルーライトカットモードの設定方法、動画の映像画質をアップするバーチャルHDRといったAQUOSならではの機能も盛りだくさんです。

ぜひ、この記事を参考にして自分好みの1台に仕上げてみてください。

この記事を書いた人

Yusuke Sakakura

Yusuke Sakakura
スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!

  • 目次

SHARPの商品

AQUOSの商品