モバレコTOP SHARP AQUOS R2 AQUOS R2の設定

SHARP AQUOS R2の設定

カラー
発売日
2018年6月
  • 臨場感あふれる高画質ディスプレイ
  • AQUOSならではの「ハイスピードIGZOディスプレイ」
  • メインカメラ 2260+1,630万画素
  • フロントカメラ 1630万画素
  • 画面サイズ

    6インチ / 約156×74×9mm

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    2260+1,630万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    3130mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    156mm× 74mm× 9mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    AQUOS R2

    SIMフリー端末はお取扱いございません

    ※SoftBankの支払い回数については48回払いになります。
    ※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
    プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。

カートに入れる
シャープ「AQUOS R2」を買ったら設定しておきたい8つのこと

ドコモ・au・ソフトバンクから2018年6月に発売されたシャープ製のフラグシップスマートフォン「AQUOS R2」をより使いやすくできるオススメの設定方法・使い方をまとめました

AQUOSで共通する設定項目がほとんどなので「AQUOS R2」以外のAQUOSスマートフォンでも役にたつはずです。この記事を見ながら設定してみてください。

販売サイトはこちら

目次:

1. ディスプレイの点灯時間を長く/短くする

購入時はディスプレイの点灯時間が短く設定されていてすぐに消灯してしまうので長くするのがオススメです。

設定から【ディスプレイ】→【スリープ】に進んでスリープ時間を変更します。とりあえず2分に設定しておいて後で好みに合わせて変更しましょう。

【ディスプレイ】→【スリープ】【ディスプレイ】→【スリープ】
【ディスプレイ】→【スリープ】
ディスプレイの点灯時間を変更する
ディスプレイの点灯時間を変更する

2. 満員電車でも安心して使える「のぞき見ブロック」

シャープのスマートフォンには満員電車などで横からのぞかれた時にディスプレイが見づらくなる「のぞき見ブロック」の機能が搭載されています。

のぞき見ブロックを利用するには、まず設定画面から【ディスプレイ】に進んで【詳細設定】をタップ後、【のぞき見ブロック】に進んでスイッチをオンにします。表示パターンや強弱は自分の好みに合わせて変更しましょう。

【ディスプレイ】→【詳細設定】【ディスプレイ】→【詳細設定】
【ディスプレイ】→【詳細設定】
【のぞき見ブロック】のスイッチをオンにし、好みの表示パターンを選ぶ【のぞき見ブロック】のスイッチをオンにし、好みの表示パターンを選ぶ
【のぞき見ブロック】のスイッチをオンにし、好みの表示パターンを選ぶ
強弱の設定もお好みで
強弱の設定もお好みで

3. 指紋認証を設定・精度を改善する

AQUOS R2は指紋認証に対応しています。パスコードやパターンよりもセキュリティが高く、ロック画面の解除もスムーズになるので必ず設定しておきましょう。なお、指紋認証の精度が悪いと感じるのであれば同じ指を複数回登録することで精度をアップすることができます。

設定画面から【セキュリティと現在地情報】→【指紋】に進んで【次へ】をタップします。あとは画面の案内に従って指紋を追加しましょう。指紋の登録を終えたら設定を完了するか「別の指紋を登録」をタップして同じ指または別の指の指紋を追加しましょう。

【設定】→【セキュリティと現在地情報】→【指紋】【設定】→【セキュリティと現在地情報】→【指紋】
【設定】→【セキュリティと現在地情報】→【指紋】
案内画面に沿って進めましょう案内画面に沿って進めましょう
案内画面に沿って進めましょう
指紋認証を設定する指紋認証を設定する
指紋認証を設定する

4. 指紋センサーでナビゲーション操作を可能にする

AQUOS R2に搭載されている指紋センサーは画面ロックの解除だけでなくホームボタンや戻る、履歴ボタンとして利用することもできます。

設定画面から【AQUOS便利機能】に進んで【指紋センサー】をタップしたあと、【ホームキーとして使う】と【戻るキー/履歴キーも使う】のスイッチをオンにします。

【設定】→【AQUOS便利機能】→【指紋センサー】【設定】→【AQUOS便利機能】→【指紋センサー】
【設定】→【AQUOS便利機能】→【指紋センサー】
指紋センサーでナビゲーション操作を可能にする
指紋センサーでナビゲーション操作を可能にする

5. 片手でスクリーンショットを撮れる「Clip Now」をオンに

AQUOS R2では電源キーとボリュームダウンキーを同時押しするとスクリーンショットを撮影することができますが、うまくいかないことも多く特に片手でスクショを撮影すると失敗することが多くなります。

そんな時に便利なのが「Clip Now」です。Clip Nowをオンにすると画面上部をなぞるだけでスクリーンショットを撮影できます。

Clip Nowをオンにするには【設定】から【AQUOS便利機能】→【Clip Now】に進んで【ON/OFF設定】のスイッチをオンにします。”アプリに必要な許可”の画面が表示されたら【次へ】をタップします。あとは画面の上の縁をなぞるだけでスクリーンショットを撮影できます。

【設定】→【AQUOS便利機能】→【Clip Now】【設定】→【AQUOS便利機能】→【Clip Now】
【設定】→【AQUOS便利機能】→【Clip Now】
【ON/OFF設定】をオンにし【次へ】をタップ【ON/OFF設定】をオンにし【次へ】をタップ
【ON/OFF設定】をオンにし【次へ】をタップ
Clip Nowの設定をオンにするClip Nowの設定をオンにする
Clip Nowの設定をオンにする

6. ブルーライトをカットする「リラックスビュー」を自動で設定する

AQUOS R2にも睡眠に悪い影響を与えるブルーライトをカットできる「リラックスビュー」が搭載されていますが、音声アシスタント機能「エモパー」と連動させることで学習した就寝時間を元に自動でリラックスビューをオンにしてくれます。

【設定】から【ディスプレイ】→【リラックス設定】に進んで【リラックスオート】にチェックを入れて、【時間設定】に進んで【エモパー連動】を選択します。リラックスビューが黄色すぎる場合は【画質設定】に進んで好みの濃淡に変更しましょう。

【設定】→【ディスプレイ】→【リラックス設定】【設定】→【ディスプレイ】→【リラックス設定】
【設定】→【ディスプレイ】→【リラックス設定】
【時間設定】→【エモパー連動】を選択【時間設定】→【エモパー連動】を選択
【時間設定】→【エモパー連動】を選択
リラックスビューを設定する
リラックスビューを設定する

7. TwitterやInstagramを自動でスクロールできる「スクロールオート」

AQUOS R2には自動で画面をスクロールする機能「スクロールオート」が搭載されています。TwitterのタイムラインやInstagramのフィード、LINEのタイムラインなど縦長の画面を流し見したい時に便利な機能です。

【設定】から【AQUOS便利機能】→【スクロールオート】に進んで【ON/OFF設定】をオンにします。「対象アプリ設定」からスクロールオートを有効にしたいアプリをオンにすれば設定は完了です。あとはスクロールオートが有効になっているアプリを起動し、画面をゆっくり上下にスクロールして表示されるボタンの上で指を離しましょう。

なお、スクロール中は「+、ーボタン」が表示され、このボタンをタップするとスクロールのスピードを変えることができます。

【設定】→【AQUOS便利機能】→【スクロールオート】【設定】→【AQUOS便利機能】→【スクロールオート】
【設定】→【AQUOS便利機能】→【スクロールオート】
【ON/OFF設定】をオンにし、対象にしたいアプリを設定する【ON/OFF設定】をオンにし、対象にしたいアプリを設定する
【ON/OFF設定】をオンにし、対象にしたいアプリを設定する
スクロールオートの設定スクロールオートの設定
スクロールオートの設定

8. 音声アシスタント「エモパー」の設定方法

AQUOS R2には人工知能 エモパーが搭載されています。AppleやGoogle、Amazonの音声アシスタントは自分から話しかける必要がありますが、エモパーは自分が調べなくても気になる情報を話してくれるのが最大の特徴です。

エモパーが話してくれる情報は天気や電車の遅延、自分の生活や興味にあった情報、スケジュール、急上昇ワード、株価/為替など様々です。

エモパーを設定するには【設定】から【AQUOS便利機能】→【エモパー】に進んで画面の案内どおりに設定します。

【設定】→【AQUOS便利機能】→【エモパー】【設定】→【AQUOS便利機能】→【エモパー】
【設定】→【AQUOS便利機能】→【エモパー】
案内画面に沿って進める案内画面に沿って進める
案内画面に沿って進める
エモパーの設定をする
エモパーの設定をする

使い方まとめ

AQUOS R2を買ったら設定しておきたいオススメの設定8個を紹介しました。

AQUOSシリーズにはのぞき見ブロックやClip Now、エモパーによるリラックスビューの自動起動など独自の便利機能が豊富に収録されているため設定を変更して使いこなしがいがあります。まずはこの記事を参考にしてから自分好みの1台に仕上げてみてください。

販売サイトはこちら

この記事を書いた人

Yusuke Sakakura

Yusuke Sakakura
スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!

  • 目次

SHARPの商品

AQUOSの商品