モバレコTOP SHARP AQUOSに関する記事一覧 Android One X4 Android One X4のレビュー

SHARP Android One X4のレビュー

カラー
発売日
2018年6月
  • 5.5インチの大画面と電池持ちの良さを両立
  • アップデート保証があるのもAndroid Oneならでは
  • メインカメラ 1640万画素
  • フロントカメラ 800万画素
  • 画面サイズ

    5.5インチ / 約151×71×8.9mm

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • カメラ

    1640万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー

    3100mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ

    151mm× 71mm× 8.9mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水

    防滴・防水
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
  • DSDS/DSDV
    デュアルSIM(2枚のSIM(eSIM含む))を同時に通信スタンバイできるスマホ端末のことです。 会社とプライベートの使い分けや、海外出張のある人に便利!!
  • SIMフリー

    Android One X4

    SIMフリー端末はお取扱いございません

    ※「端末代 + プラン込み」に表示されている価格は料金プランの一例になります。
    プランの詳細な料金については購入サイトでご確認下さい。

カートに入れる
Android One X4をレビュー! 大画面だけどスリムで持ちやすいディスプレイ&大容量バッテリーが特徴【ワイモバイル】

2018年6月7日(木)にY!mobile(ワイモバイル)から発売されたシャープ製のスマートフォン「Android One X4」。Android Oneシリーズの中でもスペックが高く、シリーズ初となる縦横比18:9のIGZOディスプレイを搭載しているのが特徴の1台です。バッテリーも大容量で、使い勝手も優れています。

本記事では、そんなAndroid One X4を徹底レビュー。外観・デザイン、基本スペック・操作性、カメラ性能の実力をチェックしてみました。

目次:

Android One X4の外観・デザインをチェック!!

初めにAndroid One X4の外観・デザインをチェックしていきましょう。見た目はSIMフリー版の「AQUOS sense plus SH-M07」と同一です。

Android Oneシリーズでは初となる縦横比18:9の縦長ディスプレイを採用
Android Oneシリーズでは初となる縦横比18:9の縦長ディスプレイを採用

Android One X4は、Android Oneシリーズ初となる縦横比18:9のディスプレイ(5.5インチ)を搭載。縦に長いディスプレイ形状により、大画面でも横幅が71mmとスリムなので、片手でも持ちやすいサイズに収まっています。

Android One X4 画面上部にある受話口はスピーカーと兼用
画面上部にある受話口はスピーカーと兼用

ディスプレイの上に受話口とスピーカー、インカメラ、近接・明るさセンサーを搭載。スピーカーがディスプレイと同じ面に付いているため、動画視聴などにも最適です。

Android One X4 ディスプレイの下に指紋認証センサーを配置
ディスプレイの下に指紋認証センサーを配置

指紋認証センサーは、ディスプレイの下に配置されています。

Android One X4 背面は丸みを帯びた形状で持ちやすい
背面は丸みを帯びた形状で持ちやすい

背面はラメ入りの樹脂製。近年増えてきたガラスボディやアルミボディに比べると、質感のチープさは否めませんが、本体の軽量化やグリップ感の良さに繋がって使いやすさを向上させています。丸みを帯びた形状で、とても持ちやすいと感じました。

Android One X4 カメラレンズは少し飛び出ている
カメラレンズは少し飛び出ている

背面の左上にあるカメラレンズは、わずかですが出っ張っています。机に置いてガタつくことは少ないものの、レンズに傷がつかないか気になる人は多いはず。ケースを付けて段差を埋めたほうが安心して使えそうです。

Android One X4 おサイフケータイをはじめとする国産機能に対応
おサイフケータイをはじめとする国産機能に対応

需要の多いおサイフケータイや防水・防塵、ワンセグにも対応しているのは国内メーカーのシャープ製ならでは。

Android One X4 上面にはイヤホンジャックを搭載
上面にはイヤホンジャックを搭載

フラグシップモデルでは非搭載の機種が増えているイヤホンジャックも健在。お気に入りの有線イヤホンもこれまで通り使えます。

Android One X4 底面に設置された充電端子はUSB Type-C
底面に設置された充電端子はUSB Type-C

底面にはUSB Type-Cコネクタを搭載。裏表の無い充電端子で、多くのAndroid端末に搭載されています。

Android One X4 右サイドには電源ボタンと音量ボタン
右サイドには電源ボタンと音量ボタン

電源ボタンと音量ボタンは右サイド上部に配置。電源ボタンは自然に指が届く位置にあって押しやすいものの、音量ボタンは片手持ちだと親指が届きません

Android One X4 左サイドにはSIMカードとmicroSD用のスロット
左サイドにはSIMカードとmicroSD用のスロット
Android One X4 爪で引っ掛けてトレイを取り出すタイプ
爪で引っ掛けてトレイを取り出すタイプ

左サイドのカードスロットは爪で引っ掛けて取り出せるタイプ。「この面が画面側」という案内表示やSIMカードを乗せる向きのガイドも書かれています。

Android One X4 片手で持った様子
片手で持った様子

横幅が抑えられているので、手の小さな筆者が片手で持ってもしっくりと手に馴染みます。ただし、片手操作をすると画面上部まで指が届かなくなることがあるため、都度持ち替えたり両手操作に切り替えて使っています。

IGZOディスプレイは発色が良く、明るく色鮮やかな写真や映像を楽しめます。実際に外で使用しても視認性が高く見やすかったです。

Android One X4 側面のラウンドフォルムが持ちやすさを向上させている
側面のラウンドフォルムが持ちやすさを向上させている

側面をよく見るとエッジの立ったデザインになっているため、机上に置いたときに持ちやすく、手に持ったときにホールド感が向上します。

Android One X4 指紋認証センサーの配置も認証速度も◎
指紋認証センサーの配置も認証速度も◎

利用頻度の高い指紋認証は本体前面にセンサーがあるため、机上に置いたときでも手に持ったときでも操作しやすいです。認証精度やスピードもストレスを感じることなく快適に利用できます。

Android One X4 左からオーシャンブルー、パールホワイト、ボルドーピンク
左からオーシャンブルー、パールホワイト、ボルドーピンク

カラーバリエーションはオーシャンブルー、パールホワイト、ボルドーピンクの全3色。今回のレビューで使用したのはオーシャンブルーです。ブルーとパープルの中間のような色で、この夏にピッタリの爽やかなカラーです。

Android One X4のスペック性能・パフォーマンスを確認

■スペック情報(参照: 製品ページ
本体カラー オーシャンブルー、パールホワイト、ボルドーピンク
本体サイズ 約71mm×151mm×8.9mm
重量 約157g
ディスプレイ 5.5インチ 2,160×1,080(フルHD+) IGZO
OS Android™ 8.1 Oreo
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 630
2.2GHz + 1.8GHz(オクタコア)
メモリ(RAM) 3GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
外部ストレージ microSDXC™ / 最大400GB
アウトカメラ 約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型
インカメラ 約800万画素 CMOS 裏面照射積層型
SIMカードスロット nanoSIM
最大通信速度 下り最大292Mbps / 上り最大37.5Mbps
生体認証 指紋認証
バッテリー容量 3,100mAh
おサイフケータイ 対応
ワンセグ / フルセグ 対応 / 非対応
充電端子 USB Type-C

最近のSIMフリー端末と比べて考えると、スペックは中間より少し上に分類されるミドルレンジ相当です。メモリやストレージ容量にも余裕があるので、引っかかりが少なくスムーズに動作していました。

3D処理が多いゲームではカクつきが見られましたが、Webサイトの閲覧、SNS、LINEなどのメッセージのやりとりであれば問題なく使える性能です。普段使いで不便に感じたり、ストレスを感じることは無いでしょう。

Android One X4のベンチマークスコアを測定

ベンチマークアプリを使用してスペックを数値化してみました。

Android One X4 ベンチマークスコアの測定結果Android One X4 ベンチマークスコアの測定結果
ベンチマークスコアの測定結果

Antutu Benchmarkの測定結果は「89,891点」、GeekBenchの計測結果はシングルコアのスコアが「872点」、マルチコアでは「4,140点」となりました。

これまでのAndroid Oneシリーズと比べて基本性能が向上しており、Webサイトの閲覧やSNSなどを楽しむ分にはサクサク快適に動作しました。しかし、グラフィック性能を求められるゲームなどでは動きに引っかかりを感じるので、ゲームをメインにスマホ選びをしたい方には不向きかもしれません。

Android One X4のバッテリー性能を検証

パフォーマンスの次に気になるのは、バッテリー持ち。いくら性能が良くてもバッテリー持ちがイマイチでは意味がありません。

Android One X4 画面の明るさを最大にしてYouTubeを連続再生してみた
画面の明るさを最大にしてYouTubeを連続再生してみた

バッテリー持ちを検証するために、画面の明るさを最大にした状態でYouTubeを再生し続けて何時間再生できるかテストしてみました。

Android One X4 Youtubeを6時間45分連続で再生できたAndroid One X4 Youtubeを6時間45分連続で再生できた
Youtubeを6時間45分連続で再生できた

結果、YouTubeを6時間45分連続で再生できました。ここまで極端な使い方は日常ではあまり無いと思いますが、バッテリー性能の指標としては良好な数字です。

体感的な話になってしまいますが、筆者がSNSやウェブサイトの閲覧をメインに電話やカメラは少し使う程度といったに日常的な使い方をしてみたところ、丸2日間も充電ナシで使うことができました

また、Android One X4は急速充電にも対応しており、「USB Power Delivery」の規格に対応した充電器を使って充電したところ、2時間以内に充電が完了しました。時間がないときにサッと充電しておけるので便利です。

Android One X4のカメラ性能をチェック!!

Android One X4のメインカメラは約1,640万画素のシングルレンズ。最近話題のデュアルレンズ仕様ではないのが残念ですが、実際に撮影してみると予想していたよりも綺麗な写真を撮ることができました

ここではシーン別にいくつか作例を紹介します。作例は画像をタップ or クリックすると大きなサイズで表示できます。

Android One X4 台風前のよく晴れた日の沖縄の空
台風前のよく晴れた日の沖縄の空
Android One X4 夕焼けのシーンでは木々が黒つぶれしてしまった
夕焼けのシーンでは木々が黒つぶれしてしまった

透き通るような青い空や白い雲を自然な色味で表現できています。若干明るさが足りなく感じましたが、後から少し補正するだけで、より良い写真に仕上げられると思います。

Android One X4 太陽が照り返す中でハイビスカスを撮影
太陽が照り返す中でハイビスカスを撮影
Android One X4 毛並みの細かいディティールは潰れてしまった
毛並みの細かいディティールは潰れてしまった
Android One X4 某ホテル入口のシーサー。HDRを使ってみたところ、黒つぶれせずに撮影できた
シーサーのオブジェ。HDRを使ってみたところ、黒つぶれせずに撮影できた

撮影の難しい逆光、影になる被写体、動きのある動物などを撮影してみました。シーンによってはHDR機能を使うと白飛び・黒つぶれを防ぐことができます

標準で入っているカメラアプリは設定項目がシンプルなので、よりこだわって撮影したい方はサードパーティ製のアプリを使ってみると良いでしょう。

Android One X4 車の置物をギリギリまで近づいて接写
車の置物をギリギリまで近づいて接写

車の置物にギリギリまで近づいて接写してみました。車のボディについた傷や質感が伝わるいい写真が撮れました。

Android One X4 ローストビーフ丼
ローストビーフ丼
Android One X4 タコライス
タコライス
Android One X4 麻婆豆腐と焼売
麻婆豆腐と焼売

食べ物の写真は暖色寄りに映る傾向があり、ツヤとシズル感のある美味しそうな写真に仕上がっています。麻婆豆腐の写真は照明の色に引っ張られて、少し黄色っぽくなってしまいました。

Android One X4 橋の上から夜の港を撮影
橋の上から夜の港を撮影
Android One X4 写真を明るくしすぎてノイズが乗ってしまっている
写真を明るくしすぎてノイズが乗ってしまっている

夜景の写真は価格相応の画質でノイズが目立つ写真になってしまいました。ピントがなかなか合わず、シャッタースピードが遅くなるので手ブレが多発します。夜景を綺麗に撮りたい場合は、ハイエンドモデルを検討したほうが良いかもしれません。

色々な被写体を撮影してみて、明るい屋外や接写性能については他社製品よりも優れていると感じました。最近のスマホカメラに多い色味を“盛る”傾向ではなく、目で見た色に近い自然な仕上がりで十分に綺麗な写真が撮れています。

Android One X4の4つの特徴

Android One X4の特徴を4つの項目に分けて紹介します
Android One X4の特徴を4つの項目に分けて紹介します

Android One X4の特徴を4つの項目に分類してみました。一部、Android Oneシリーズに共通する部分もありますが、Android One X4の持つ魅力をぜひチェックしてみてください。

特徴① 常に最新のソフトウェアで使える

Android Oneシリーズは発売から24ヵ月間に最低1回以上のOSアップデートを実施すると名言しており、最新のOSや新機能をいち早く体験できます。また、毎月行われるセキュリティアップデートでセキュリティ対策もバッチリ。長期間に渡って安心して使うことができます。

特徴② あると便利な国産機能が充実

Android One X4は、防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグといった国産機能が充実しています。

大手キャリアから発売されているAndroidスマホには当たり前のように搭載されていますが、格安SIM事業者(MVNO)で取り扱うSIMフリー端末には搭載されていないことが多い機能なので、これらの機能を重視している方にはうれしいかぎりですね。

特徴③ 大画面でも持ちやすい縦長ディスプレイ

従来の縦横比16:9のディスプレイから、少し縦に伸びた18:9の縦長形状になったことで、画面サイズを大きくしながら横幅がスリムに抑えられていて持ちやすくなっています。横幅は従来の5インチ端末相当のサイズなので、女性でも片手でしっかり握れると思います。

縦長のディスプレイはSNSやWebサイトのような縦に長いコンテンツとの相性が良く、Android 7.0から対応したマルチウィンドウで“ながら見”をするのにも最適です。

特徴④ 認証精度の高い指紋認証に対応

本体前面に配置された指紋認証センサーは、机上に置いたときでもスムーズなロック解除が可能。他社のハイエンドモデルと比べても遜色のないレベルの認証精度だったので驚きました。自然に親指が届く位置にセンサーがあるため、手に持ったときでも自然な動きで使えます。

パターンやパスワードでのロック解除よりも手軽にセキュリティを高めることができるので、購入したら真っ先に設定してほしい機能です。

Android One X4の販売価格

Android One X4の販売価格をチェックしてみましょう
Android One X4の販売価格をチェックしてみましょう

Android One X4の販売価格は契約の種類によって異なり、新規契約やMNPはワンキュッパ割が1年間付いてきます。MNPの場合は月額割引が増額されるので、大手キャリアや他社の格安SIMからの乗り換えもオススメ。

兄弟機のSIMフリー端末「AQUOS Sense lite SH-M07」は4万円台で販売されているため、それと比べると若干ですが割高に感じます。

■新規契約

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 2,980円 3,980円 5,980円
ワンキュッパ割 -1,000円 × 24ヶ月
本体代金 2,600 × 24ヶ月(一括62,900円)
月額割引 -900円 × 24ヶ月 -1,400円 × 24ヶ月
1年目料金 3,680円 × 12ヶ月 4,180円 × 12ヶ月 6,180円 × 12ヶ月
2年目料金 4,680円 × 12ヶ月 5,180円 × 12ヶ月 7,180円 × 12ヶ月

■他社からの乗り換え(MNP)

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 2,980円 3,980円 5,980円
ワンキュッパ割 -1,000円 × 24ヶ月
本体代金 2,600 × 24ヶ月(一括62,900円)
月額割引 -1,400円 × 24ヶ月 -1,900円 × 24ヶ月
1年目料金 3,180円 × 12ヶ月 3,680円 × 12ヶ月 5,680円 × 12ヶ月
2年目料金 4,180円 × 12ヶ月 4,680円 × 12ヶ月 6,680円 × 12ヶ月

■機種変更

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 2,980円 3,980円 5,980円
本体代金 2,600 × 24ヶ月(一括62,900円)
月額割引 -900円 × 24ヶ月 -1,400円 × 24ヶ月
1年目料金 4,680円 × 24ヶ月 5,180円 × 24ヶ月 7,180円 × 24ヶ月
2年目料金

まとめ:Android One X4は価格と性能のバランスがちょうどいいスマホ

Android One X4を1週間ほど使ってみて、価格と性能のバランスがちょうどいい実用性重視の製品だと感じました。本体の質感、スペック、カメラ性能と、どの分野も平均ラインを超えており、防水・防塵、おサイフケータイやワンセグなどの国産機能にもバッチリ対応。

エントリーモデルや国産Androidスマホからの買い替えには最適です。ハイエンドモデルからの買い替えの場合は、ゲームやカメラ性能などで不満が出るかもしれませんが、コストパフォーマンスを重視ならば選択肢として考えてもいいかもしれませんね。

2年間のOSアップデート保証があり、月1でセキュリティアップデートも行われるので、1台のスマホを長く使いたいという人にもオススメできる機種です。

★Android One X4のポイント

  • OSアップデート補償と定期的なセキュリティアップデートで常に安心かつ最新
  • 防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグといった国産機能に対応
  • トレンドを押さえた18:9縦長ディスプレイは大画面ながらスリムで持ちやすい
  • ハイエンドモデルと比べても遜色ない認証精度を持つ指紋認証

この記事を書いた人

とくめい

とくめい
WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi

  • 目次

KYOCERAの商品