SIMパッケージは、午前11時までのご注文分を最短即日で発送しています。(※土日祝除く。受発注商品除く)会員登録をしなくても注文可能です。

モバレコTOP トリニティ NuAns NEO [Reloaded] NuAns NEO [Reloaded]の口コミ・評判

トリニティ NuAns NEO [Reloaded]の口コミ・評判

カラー
発売日
2017年6月

スマートフォンアクセサリーを主に手がけるメーカー、トリニティ初のAndroidスマートフォン。上下に分割された「TWOTONEカバー」を自由に組み合わせて着せ替えが楽しめます。

  • 画面サイズ
    5.2インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1300万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3450mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    141mm× 74mm× 11mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵
    対応

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済
    おサイフケータイ

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
※お取り寄せ商品につき、お届けに1週間前後お時間頂戴します。
また、ご注文後の変更・キャンセルは致しかねます。予めご了承ください。
どれだけ進化した?NuAns NEO Reloadedのスペック・評判・口コミまとめ

暮らしとスマホの心地よさを追求した機種「NuAns NEO」の登場は、これまで待ち望んでいた新しいタイプのスマートフォンの礎を作る先駆けとなりました。

今回はNuAnsシリーズの新機種である「NuAns NEO Reloaded」についての特徴、スペックを考察していきます。

「NuAns NEO Reloaded」は、メモリやストレージ、画面解像度など全体的にパワーアップしています。またそのほか、OSがWindows mobileからAndroidになったりもしています。

評判や口コミを紹介していくので、気になっている方は本記事を要チェックですよ〜!

※記事中の情報・口コミは2017年4月(記事執筆時点)のものです。

目次:

OS:WindowsからAndroidへ

OSはWindows 10 MobileからAndroid 7.1へ
OSはWindows 10 MobileからAndroid 7.1へ(発表会スライドより)

新しくなったNuAnsシリーズ「NuAns NEO Reloaded」のOSはAndroid 7.1 (Nougat)を採用しています。前機種の「NuAns NEO」ではWindows 10 Mobileを採用していましたが、なぜOSを変更したのでしょうか?

OSが変更された背景

今回Windows MobileからAndroid OSに変更された背景には、トリニティによると「NuAns NEOを購入したい人の95%がAndroidを希望していた」というアンケート結果が反映されているようです。

95%がAndroidを希望
95%がAndroidを希望(発表会スライドより)

初代「NuAns NEO」の発表時には、”Windows 10 Mobile”自体が新しいOSであったので、立ち位置としては他の商品との差別化を図った機種という戦略でした。

そこからAndroid搭載に踏み切ったもう一つの要因として、「Windowsを運営するMicrosoftが予想以上にOSの着手に取り組まなかったことは誤算だった」というのを、NuAnsシリーズを販売するトリニティ社の星川社長は挙げています。

実際の使用感も、iOSやAndroid OSとは全く異なったものとなっており、使用自体が難しいという声もあります。

しかしながら、Windows OSを熱望していたユーザーによる反対意見もあります。

NuAnsに対し、OSの面での独自性を求めていたユーザーもいることは否定できず、賛否が分かれる部分でしょう。しかし、全体的にはアンケートの通りAndroid化に賛成の意見が大多数を占めているようです。

Android 7.1 (Nougat)の特徴とは?

では、今回新しく搭載されるAndroid 7.1 (Nougat)がどんなOSなのか、そしてそのメリットはなんなのかを見ていきましょう。

まず、Android OSというだけで、膨大に存在するAndroidアプリが使用できる環境であるので、使えるアプリの少ないWindows Mobileに比べてスマートフォンでできることが格段に増します。

WindowsのウリであるWordやExcelなどのOfficeソフトはAndroid版でもリリースされているので、ライトな使い方であればAndroid OSでも事足りるでしょう。

また、Android 7.0で標準装備された機能として、「マルチウィンドウ」があります。これは複数アプリを2画面で同時に起動できる機能です。

さらに、「データセーバー」という機能も新たに搭載され、通常発生するデータ通信を節約できます。格安SIM利用者や頻繁に通信制限がかかってしまうユーザーにありがたい機能です。

また、Android OSの利用者が多いこともあり、セキュリティパッチ(OSの脆弱性の補強)やAndroid OS自体のアップデートもしっかり行われます。

なお、今回紹介している「NuAns NEO Reloaded」は、発売後もできる限りアップデートを提供していくとしています。

デザイン:COREコンセプトを受け継ぎ、組み合わせは約700種類に

NuAnsシリーズでは「CORE」というコンセプトを採用しており、それは今回の「NuAns NEO Reloaded」にも受け継がれています。ここでは「CORE」コンセプトとはなんなのかを見ていきましょう。

「COREコンセプト」とは?

スマートフォンの薄型化が進んだ現在、大多数のスマートフォン利用者が、端末に何らかのカバーを使用しています。せっかく最新の技術を盛り込んで薄く設計していても、カバーを装着してしまうと台無しになってしまう。ならば、最初から端末本体とカバーを分離できるようデザインすることで、これまでにない提案はできないかと考えて生み出したのが「COREコンセプト」です。

ABOUT | NuAns NEOより

この「COREコンセプト」によって、あらかじめ本体と背面カバーが分離するようになっており、自分の好きなテーマのカバーを装着して使用できるようになっています。

好みに応じて使い分けられる「TWOTONE」と「FLIP」

「COREコンセプト」

利用できるカバーの種類には大きく分けて「TWOTONE」と「FLIP」の2種類があります。

「TWOTONE」は、普段、ケースの素材としてはあまり見かけない石やデニム、コルクなどを含んだ沢山の色や素材の中から、自分の好きな組み合わせを約700通りの中から選ぶことができます。

「FLIP」は手帳型ケースとなっており、カードを入れたり画面を守ることもできるので、機能的にスマホを使用したい、という方に最適です。

これは前機種である「NuAns NEO」の時から既に実装されていて、今回の「NuAns NEO Reloaded」でも引き続き導入されました。

前機種に比べ全体的に性能が進化している「NuAns NEO Reloaded」ですが、端末のデザインやサイズはほぼ同じ設計。前機種のケースとも互換性があるため、初代「NuAns NEO」を使用していた方も「TWOTONE」や「FLIP」はそのまま使用することができます。

前機種でも「NuAns NEO Reloaded」でも同じカバーを装着できる
前機種でも「NuAns NEO Reloaded」でも同じカバーを装着できる

Twitter上では早くも「NuAns NEO Reloaded」のCOREコンセプトを楽しんでいるユーザーもいらっしゃいました。

発売日が待ち遠しくなりますね。

スペック:他端末に引けを取らない高性能

「NuAns NEO Reloaded」は、前機種である「NuAns NEO」からスペックが飛躍的に進化しています。まずは前機種との主要スペック比較をしていきましょう。

NuAns NEO Reloaded NuAns NEO
サイズ 約141 × 74 × 11mm 約141 × 74.2 × 11.3mm
重量 約150g 約150g
OS Android 7.1 Nougat Windows 10 Mobile
CPU Snapdragon 625(MSM8953)
2.0GHz オクタコア
Snapdragon 617(MSM8952)
1.5GHz オクタコア
メモリ / ストレージ メモリ:3GB
ストレージ:32GB
microSD(最大1TB対応)
メモリ:2GB
ストレージ:16GB
microSD(最大128GB対応)
SIMカードサイズ micro SIM micro SIM
画面サイズ 5.2インチ 5.0インチ
画面解像度 1920×1080(フルHD) 1280×720(HD)
カメラ画素数 メイン:1,300万画素
サブ:800万画素
メイン:1,300万画素
サブ:500万画素
防水 / 防塵 IP54(防塵(IP5X)、防滴(IPX4)) 非対応
指紋認証センサー 対応 非対応
電池容量 3,450mAh 3,350mAh
連続通話時間 1,380分以上 960分以上
連続待受時間 335時間以上 400時間以上
ポート USB Type-C(USB 3.0 / OTG、Quick Charge 3.0)
4極ヘッドセットジャック(CTIA)
USB Type-C(USB 2.0 / OTG、Quick Charge 2.0)
4極ヘッドセットジャック(CTIA)
付属品 USB 2.0 ACケーブル 1m nano-SIMアダプター
クリーニングカード
ユーザーガイド(保証書)
USB 2.0 ACケーブル 1m
nano SIMアダプター

パッと見ても全体的にスペックアップしているのがわかります。Twitterでもスペックに関して満足の声がたくさん上がっていました。

それでは、進化したポイントを細かく見ていきましょう。

CPU,RAMのグレードアップによりこれまで以上にサクサクに

「NuAns NEO Reloaded」では、CPUが”Snapdragon 625(MSM8953)2.0GHz オクタコア”となり、「NuAns NEO」と比べて約2倍ほど性能がアップしました。RAMも2GBから3GBに上昇し、前機種に比べて全体的にパフォーマンスが向上しています。

CPU、RAMの性能はスマートフォンの情報処理能力に直結するため、今回のスペックアップによってかなり動作が快適になっていると推測できます。

ストレージが大幅に向上

スマホ本体に保存できる容量も16GBから32GBに向上しました。また、SDカードも最大1TBのものまで対応するようになり、これを合わせると全スマホの中で最大クラスの保存が可能になります。

バッテリー性能もアップし、急速充電にも対応

バッテリーは前機種とほぼ同じ容量なのですが、消費電力が最大35%ほど抑えられている設計で、実際に使用できる時間は向上しているようです。

また、Qualcomm社の最新急速充電技術”Quick Charge 3.0”に対応しているため、対応機器で充電すると1時間で70%も充電が可能です。

バッテリー容量だけ見てもiPhone 7の2倍ありますが、高いバッテリーパフォーマンスと急速充電への対応により、より長時間の使用にも耐えうる力を持ったスマートフォンになりました。

指紋認証機能を搭載し、セキュリティも充実

新たに指紋認証センサーを搭載
新たに指紋認証センサーを搭載

初代「NuAns NEO」にはなかった「指紋認証」にも対応しています。

あらかじめ自分の指紋を登録しておくことによって簡単にロック解除ができ、かつ自分以外の人はロック解除できないという利点から、とても高いセキュリティ性能として認知されています。

ディスプレイはシャープ製、カバーガラスには旭硝子のDragontail Proを採用

「NuAns NEO Reloaded」で使用しているディスプレイは、「AQUOS」でお馴染みのシャープ製です。1920×1080のフルHDディスプレイでとても綺麗な画面です。

また、ディスプレイを保護するカバーガラスには、旭硝子製の「Dragontrail Pro」を採用しています。このガラスは多くのハイエンドスマートフォンに採用されており、非常に高い耐衝撃性能を持ちます。

2つのカメラ性能もアップ

カメラにはソニー製の裏面照射CMOSセンサーを採用し、高画質でありながら的確で素早いオートフォーカス機能を実現しています。

更にメインカメラには、像面位相差オートフォーカスという技術を採用し、通常のオートフォーカスよりも高速のフォーカスが可能になりました。スマートフォンのみならず、一部のミラーレスカメラなどでも採用されている高位技術です。

インカメラは、画素数が前機種の500万から800万にまで向上し、より綺麗に自撮り(セルフィー)の画像・動画撮影ができるようになりました。

防塵・防滴にも対応

SIMフリースマホにはまだまだ珍しい防塵防滴仕様
SIMフリースマホにはまだまだ珍しい防塵防滴仕様

「NuAns NEO Reloaded」には SIMフリースマホでは数少ない防塵・防滴機能を備えています。多少の雨などでは故障しないという安心感はとてもありがたい技術です。

SIMフリー・マルチキャリア対応

ドコモ・au・ソフトバンクのBandに対応。さまざまなMVNOが利用できる
ドコモ・au・ソフトバンクのBandに対応。さまざまなMVNOが利用できる(発表会スライドより)

SIMフリースマホの「NuAns NEO Reloaded」はドコモ / au / ソフトバンクの主要3キャリアのBandに対応し、いわゆるドコモ系MVNO・au系MVNOの格安SIMを利用できます。さらにAPN設定もプリインストールされており、すぐにデータ通信が利用できるようになっています。

幅広い周波数に対応しているので、今までと同じエリアで、あるいは幅広いMVNOでデータ通信が使用できます。ここまでキャリアや通信業者の垣根のないスマートフォンは、SIMフリースマートフォンにおいてはまだまだ珍しいといえます。

ついにおサイフケータイを搭載!

SIMフリースマホでありながらおサイフケータイに対応!
SIMフリースマホでありながらおサイフケータイに対応!

「NuAns NEO Reloaded」には新たにおサイフケータイ(Felica)機能も搭載されました。Apple社がiPhone 7に日本規格のApple Payを搭載したニュースは記憶に新しいですが、SIMフリースマートフォンとして提供するトリニティ社としても、おサイフケータイ機能の搭載が目玉であったことはTwitterでの反応を見ても明らかです。

「NuAns NEO Reloaded」のおサイフケータイ搭載は、実はキャリアから販売していないメーカーとしては初めてのことです。

おサイフケータイはこれからもユーザーが増えていくことが見込まれます。今はおサイフケータイを使っていない方でも、「NuAns NEO Reloaded」を購入すれば、いつでもおサイフケータイデビューできますね!

まとめ

「NuAns NEO Reloaded」のスペックや、それに対する評判・口コミをまとめてみました。

価格(コスパ)や発売までの期間が長いことに対して否定的な意見が出ていたものの、スペックや完成度など全体的に評判は上々。他とは違った新しいタイプのスマートフォンをお探しの方におすすめです。

  • 目次

トリニティの商品