モバレコTOP トリニティ NuAns NEO [Reloaded] NuAns NEO [Reloaded]のレビュー

トリニティ NuAns NEO [Reloaded]のレビュー

カラー
発売日
2017年6月

スマートフォンアクセサリーを主に手がけるメーカー、トリニティ初のAndroidスマートフォン。上下に分割された「TWOTONEカバー」を自由に組み合わせて着せ替えが楽しめます。

  • 画面サイズ
    5.2インチ

    画面サイズ
    スマホの画面(ディスプレイ)のサイズです。 画面サイズが小さいと持ちやすく、 画面サイズが大きいと、大きな画面でお楽しみいただけます。
  • メインカメラ画素数
    1300万画素

    メインカメラ画素数
    端末背面にある、画面を見ながら撮影できるカメラです。
  • バッテリー容量
    3450mAh

    バッテリー容量
    数値が多ければ多いほどバッテリーの容量が大きくなり、長時間の利用が可能になります。
  • 端末サイズ
    141mm× 74mm× 11mm

    端末サイズ
    機種全体の大きさになります。
  • 防滴・防水・防塵

    防滴・防水・防塵
    防水対応は、水の中に一定の深さと時間沈めても安心して利用できます。 防滴対応は、水がかかる程度なら利用ですが、基準は機種ごとにより異なります。
  • 電子決済

    電子決済
    携帯電話に埋め込まれたICチップにより電子決済ができる機能です。
NuAns NEO[Reloaded]レビュー!機能性・デザイン全てバランスよしの今夏イチオシSIMフリースマホが登場

2017年6月9日に発売されたトリニティのSIMフリースマートフォン「NuAns NEO[Reloaded]」。

この記事では「NuAns NEO[Reloaded]」のスペック・デザイン・カメラ、そして他スマホとの比較まで、たっぷりとレビューしていきます。

目次:

NuAns NEO [Reloaded]の特徴

NuAns NEO

いつもならばスペックから説明するところですが、NuAns NEO [Reloaded]に関してはまず特徴・コンセプトから説明していきます。

普通のスマートフォンはボディとカバーの一体式で当然デザインは1つしかありません。iPhoneが良い例ですが、発表時はデザインや新色が賞賛されるが数ヶ月後にはスマホケースを付けている人がほとんど。
人との差別化、気分転換、保護のため、目的は様々ですが、いずれにしろスマホケースはボディのサイズが厚くなって操作性が悪くなる。あれだけ購入時に迷って目的のカラーを購入するために数週間〜数ヶ月待ったにも関わらずケースで隠してしまいます。

これらの問題を解消するのがNuAns NEO [Reloaded]に採用された「COREコンセプト」で、CORE(ボディ)とカバーを分離することで“デザインや機能性を自由に選択可能にする新しい考え方”です。

COREコンセプト
日替わりでデザインを変えられるCOREコンセプトを採用

スマホケースはボディを包むためサイズが大きくなりますが、COREコンセプトのカバーはボディに装着する方式のためサイズも持ち心地も変わらない。デザインや素材が異なる700通りのカバーが用意されているため、人との差別化かどころか日替わりで好きなデザインを楽しむことができます。

選択できるのはカバーだけじゃなくCOREも同様です。COREコンセプトは前モデルの「NuAns NEO」にも採用されていて本体のデザインが全く同じであるため、COREを交換すればカバーをそのままに最新モデルに変更できます。

このCOREコンセプトが最大の特徴で他のスマホと大きく異なる点になります。次はスペックを見ながらNuAns NEO [Reloaded]の特徴を紹介していきます。

NuAns NEO [Reloaded]のスペックを確認

NuAns NEO[Reloaded] NuAns NEO
価格 税込み49,800円
(ボディのみ)
税込み29,800円
(ボディのみ)
OS Android 7.1 Windows 10 Mobile
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約141mm / 約74mm / 約11mm 約141mm / 約74mm / 約11mm
重さ 約150g 約150g
ディスプレイ 5.2インチ/フルHD(1,920×1,080) /Dragontrail Pro 強化カバーガラス 5.0インチ/1,280×720(HD)
プロセッサ Snapdragon 625 / MSM8953 / A53、2.0GHz×8 Snapdragon 617 / MSM8952 / A53 / 1.5GHz×8
メモリ/ストレージ 3GB / 32GB 2GB / 16GB
microSD 最大1TB 最大128GB
メインカメラ 1,300万画素 / f/2.0 / ソニー製、裏面照射型センサー / 像面位相差オートフォーカス / 28mm広角レンズ 1,300万画素 / f/2.0 / 裏面照射型センサー / オートフォーカス / 28mm広角レンズ
フロントカメラ 800万画素 / f/2.2 / 裏面照射型センサー / オートフォーカス / 24mm広角レンズ 500万画素 / f/2.4 / 裏面照射型センサー / オートフォーカス / 24mm広角レンズ
バッテリー 3,450mAh / USB Type-C / Quick Charge 3.0 3,350mAh / USB Type-C / Quick Charge 2.0
連続通話時間 30時間 16時間
連続待受時間 565時間
(23.5日)
400時間
(16.6日)
SIM スロット数:1 / スロット:microSIM / (nanoSIM→microSIM変換アダプタ同梱) スロット数:1 / スロット:microSIM / (nanoSIM→microSIM変換アダプタ同梱)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz) 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.1 BLE 4.1 BLE
通信方式 3G:Band 1/3/5/6/8/9/19/
4G:Band 1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28
3G: Band 1/6/8/9/19
4G:Band 1/3/8/19/28
VoLTE auVoLTE -
防水、防じん ○(IP54) -
おサイフケータイ ○(FeliCa内蔵) -
NFCリーダーライター
指紋認証センサー -
FMラジオ ○(要イヤホン/ヘッドホン挿入) ○(要イヤホン/ヘッドホン挿入)
センサー 3軸加速度センサー / 3軸ジャイロセンサー / 3軸地磁気センサー / 近接センサー / 環境光センサー / ホールセンサー / GPS 3軸加速度センサー / 3軸ジャイロセンサー / 3軸地磁気センサー / 近接センサー / 環境光センサー / ホールセンサー / GPS
カラー ブラック ブラック

NuAns NEO[Reloaded]のスペック(参照:公式ページ
NuAns NEOのスペック(参照:公式ページ

初代モデルのNuAns NEOからの大きな変更点は、OSがWindow 10 MobileからAndroidに変更されたことです。トリニティによればNuAns NEOの購入希望者の95%がAndroidを希望したようです。継承されたデザインとCOREコンセプトは高い評価を得ましたが、やはりアプリのラインナップが少なく新機能の追加時期がiOSやAndroidにかなり遅れてしまうことを考えるとWindows 10 Mobileスマートフォンの選択は難しいです。

トリニティはNuAns NEOの発表時に「セキュリティ」と「アップデート」をAndroidのウィークポイントとしてあげたが、Googleは2015年から月例のセキュリティアップデートを配信しています。アップデートが配信されるかどうかはメーカーの対応次第ですが、トリニティは迅速なアップデートを実現するためにほぼカスタマイズしないピュアな状態のOSを搭載し、定期的にセキュリティアップデートを配信すると明言しました。

OSにAndroidを採用したことでおサイフケータイにも対応。SIMフリースマホとして数少なく、キャリアに端末を供給していないメーカーとしては初のモデルでモバイルSuicaやiD、楽天Edy、nanacoなど主要な電子マネーが利用できます。

ボディサイズをそのままに防水・防じん、指紋認証に対応するなど、ハードウェアの性能は大幅に進化したといえるでしょう。

ディスプレイは5.0インチから5.2インチに大画面化し、HDからフルHDに高精細化。プロセッサはクロック周波数が1.5GHzから2.0GHzにアップしたことで処理性能が向上、特に描画性能は2倍以上に向上しました。メモリとストレージはそれぞれ3GBと32GBに増量され、microSDは最大1TBまで対応となっています。

3キャリアの回線を選びやすい格安スマホにとって、重要な通信方式においては対応バンドが大幅に拡大しました。特に前モデルでは非対応だったauのバンドに対応し、高品質な通話が可能になる「au VoLTE」もサポート。UQ mobileを筆頭にauの回線を提供する格安SIMは通信速度が高速で評価も高く、auの回線が選べることも魅力的です。

ただし、注意点としてVoLTE対応のSIM以外は利用できないので前もって確認しておきましょう。

オーディオ面では、Bluetooth用の音声圧縮技術のaptX / aptX HDをサポート。オリジナルの音源から音楽データを圧縮して無線転送するBluetoothでは優れた圧縮技術が音質に直結するが、NuAns NEO[Reloaded]はaptX / aptX HDをサポートすることによってワイヤレスイヤホンでも劣化の少ない高音質な音楽が楽しむことができます。

NuAns NEO [Reloaded]の外観、デザイン

ボディサイズは、ほどよく厚みのある14mmでデザインはしっかり握れて手になじむラウンドフォルムを採用しています。カバーを開けると背面にはクレジットカードやICカードをぴったり収納できるポケットがあり、購入時は画面の汚れを拭き取ることができるクリーニングカードが付属しています。

初代モデルではここにSuicaなどを入れておサイフケータイのように利用することができたが、チャージの時などカバーを外してアクセスする必要があります。頻繁に取り出したり、提示する必要のないカードを入れておく分には使えそうです。

手になじむ厚みのあるラウンドフォルムボディ
手になじむ厚みのあるラウンドフォルムボディ
カバーの裏面にはポケットが収納
カバーの裏面にはポケットが収納

底面にはイヤホンジャック、USB Type-C端子、スピーカー、ストラップホールが配置。側面にはクリック感のある長円形のボリュームキーと円形の電源キーを備えます。

ドット加工が施された底面
ドット加工が施された底面
ボタン類は右側面に集約
ボタン類は右側面に集約

ディスプレイは見た目が美しい2.5Dの曲面形状の強化ガラスを採用し、防指紋加工を施すことで指紋が目立ちにくくスグに拭き取ることができます。タッチパネルの滑りも良く快適なスワイプやスクロール操作が可能に。ディスプレイの下部には、長方形の指紋認証センサーが配置されています。指紋認証は画面ロックの解除はもちろん、有料アプリの購入にも利用できるほかホームボタンとしても機能します。

アクセスしやすいフロント配置の指紋認証
アクセスしやすいフロント配置の指紋認証

NuAns NEO [Reloaded]は、ボディとカバーを分離したCOREコンセプトによってデザインや素材の異なる700通りのカスタマイズが楽しめます。

カバーの種類は動画視聴時に便利なスタンドやクレジットカード、ポイントカードを収納できるポケット、フタの開閉で画面をON/OFFできるなど、機能性と保護性能に優れた手帳タイプの「FLIP」と、上下のカラーと素材を自由に組み合わせてデザインのカスタマイズを楽しめる「TWOTONE」の2種類から選べます。

TWOTONEはNuAns NEO [Reloaded]と共に2色のデニムの風合いが楽しめる「デニム」、硬く冷たい石の感触が楽しい「ストーン」、手になじむ優しい感触の「コルク」、なめらかな起毛が手にやさしく、水にも強い「パンチングウルトラスエード」の4つが新たに追加されました。今回は新発売のカバーを中心にオススメの組み合わせなども紹介します

新たに追加された4種類の「TWOTONE」
新たに追加された4種類の「TWOTONE」
涼しげなデニムと温かいコルクの組み合わせ
涼しげなデニムと温かいコルクの組み合わせ
夏らしい異なる2色のデニム
夏らしい異なる2色のデニム
見た目も手に触れた感触も涼しいデニムとストーン
見た目も手に触れた感触も涼しいデニムとストーン
コルクとストーンの剛と柔の組み合わせ
コルクとストーンの剛と柔の組み合わせ

新たに追加されたカバーだけでも組み合わせは膨大だが、デニムは発売済みのクラリーノ(ホワイト)との相性も良いです。

NuAns NEO [Reloaded]のカメラ

NuAns NEO [Reloaded]のカメラ
NuAns NEO [Reloaded]のカメラ

格安スマホとそうでないスマホで差が出やすいのがカメラ。性能は良くてもカメラが良くないモデルは多いです。

そういった中でNuAns NEO [Reloaded]のカメラは段違いの性能です。ここでは独自のカメラアプリについて紹介しておきます。

カメラで利用できる撮影モードは【オート/マニュアル/ビデオ/パノラマ】の4種類で、静止画撮影のオプションとしてHDRと美肌モードが用意されています。

オートでは画像サイズや画質、グリッド線のオン/オフ、タイマー撮影のカウント数、露出、マニュアルフォーカスの切り替えと設定項目が限定されています。
一方で、マニュアルを選択すればISO、ホワイトバランス、自動露出の設定方法、連続撮影、タッチAF/AEC、サチュレーション、コントラストなど、細かく設定して凝った写真も撮影可能。

スワイプ操作でマニュアルフォーカスが利用できるスワイプ操作でマニュアルフォーカスが利用できる
スワイプ操作でマニュアルフォーカスが利用できる

またシャッター音は調整できるため店内で料理を撮影しても音の迷惑にならず、子どもの寝顔やペットの表情も撮影が可能。シャッターボタンは画面に表示されるアイコンをタップするが、ボリュームキーをシャッターやズーム、露出の調整に割り当てを変更することもできます。

デュアルカメラによるポートレート撮影や背景ぼかし、スローモーション撮影は利用できないが、高速にピントを合わせる像面位相差オートフォーカスには対応。思い出をキレイに残せるカメラとしては十分満足できるはず。

※記事執筆時点、カメラ機能が製品版に向け実装調整中であったため製品版と仕様が異なる可能性があります。

NuAns NEO [Reloaded]と他スマホとの比較

NuAns NEO [Reloaded]の価格は税込み49,800円(カバー別売り)と格安スマホとしては高額な部類になるため、同価格帯のスマートフォンにどういったものがあるのか気になるところ。同価格帯の代表機種と比較してみました。

※記事執筆時点(2017年6月)の価格です。

機種 NuAnsNEO
[Reloaded]
ASUS ZenFone 3 HUAWEI nova
価格(税込) 49,800円 37,584円 41,018円
OS Android 7.1 Android 6.0
(Android 7.1 Nougatにアップデート可能)
Android 6.0
(Android 7.1 Nougatにアップデート可能)
カラー 組み合わせ700種類以上 ブラック/ホワイト シルバー/グレー/ローズゴールド
サイズ 141×74.2×11.3 147×74×7.7 141.2×69.1×7.1
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ 5.2インチ
SoC Snapdragon 625
RAM / ROM 3GB / 32GB
カメラ アウト/イン 1,300万画素 / 800万画素 1,600万画素 / 800万画素 1,200万画素 / 800万画素
バッテリー 3,450mAh 2,650mAh 3,020mAh
Quickcharge 3.0対応 - -
NFC / Felica対応 - ※NFCだけ○
防水 - -
対応キャリア docomo/au/softbank docomo/au/softbank docomo/au(対応予定)/softbank
指紋認証 -

同価格帯のSIMフリースマホの中でおサイフケータイ、防水・防じんに対応している機種は少なく貴重です。バッテリーに関しては3,450mAhの大容量でトップ、1時間で70%まで急速充電できるQuickCharge 3.0に対応したモデルはNuAns NEO [Reloaded]以外に存在しません

冒頭でNuAns NEO [Reloaded]の特徴はCOREコンセプトによるデザインとしましたが、実は性能や機能面でも非常に優れていてコスパも良い機種と評価できるでしょう

まとめ:実際に使ってわかったオススメの購入ポイント

NuAns NEO [Reloaded]
NuAns NEO [Reloaded]

実際にNuAns NEO [Reloaded]を約10日間使ってみたが、デザイン・カメラ・処理性能など多くの分野において完成度が高く不満なところが少ない。特に満足度が高いのは電池持ちです

3,450mAhの大容量バッテリーということや、最近のAndroidが低消費電力化に注力していることもあってTwitterやインスタ、LINE、カメラ、ナビ、ゲームなどヘビーに使っても1日以上は持つことができました。日常での使用において電池切れに困ることは少なく、旅行時でも安心できるはず。また、処理性能を抑えて電池持ちを延長する「バッテリーセーバー」も用意されているため緊急時でも安心して利用できます。

NuAns NEO [Reloaded]の数少ないウィークポイントは、ミドルレンジ向けのプロセッサと思われるかもしれないところ。確かに数字上の性能ではハイクラスのモデルには敵わない。ただ、実際に高い処理能力を要求するゲームアプリをプレイしてみるとハイエンドモデルと変わらずサクサクプレイできる。高性能なプロセッサにありがちな発熱によって一時的に処理能力が落ちて動作がモタついてしまう事象も存在しない。処理能力でストレスを感じることはほとんどないでしょう。

明らかなウィークポイントは、5.2インチの大型ディスプレイを搭載しているため片手で操作しづらいこと。他の機種では画面を縮小する「片手モード」によって片手操作を快適にしていますが、ピュアなAndroidを搭載するNuAns NEO [Reloaded]では利用できません。

キャリアから格安SIMに移行する場合はスマートフォンごと買い換える人も多い。ただ、「防水」と「おサイフケータイ」に対応したスマートフォンは非常に少なく選択肢が限られます。両機能に対応するだけでも、NuAns NEO [Reloaded]は非常に貴重な存在です。

SIMフリーのスマートフォンはOSアップデートはもちろん、セキュリティアップデートも充実していません。防水やおサイフケータイに対応する日本メーカーの端末は特に。防水とおサイフケータイに対応しながら、セキュリティアップデートを定期的に実施するとしている希少な存在といえます。

OSアップデートとセキュリティアップデート、さらに700種類のデザインカスタマイズによって、長く楽しく快適に使えるスマートフォンです。

▼NuAns NEO [Reloaded]のオススメ購入ポイント▼

・ハードな使い方でも1日以上の電池持ちで安心
・700種類のデザインカスタマイズが楽しめる
・保証されたOSアップデートで長く使える
・セキュリティアップデートで安心して使える
・防水、おサイフケータイに対応した数少ないSIMフリースマホ

COREコンセプトによる優れたデザイン・機能性だけではなく性能や機能にも優れる「NuAns NEO [Reloaded]」は、デザイン、定期的なアップデート、おサイフケータイ、防水、大容量バッテリーで全部入りと言っても良いでしょう。

NuAns NEO [Reloaded]の設定・使い方はこちら

この記事を書いた人

Yusuke Sakakura

Yusuke Sakakura
スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!

トリニティの商品