買取・下取りに出す前に! iPhoneのデータを初期化する方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone, iPhoneの基本設定, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
買取・下取りに出す前に! iPhoneのデータを初期化する方法

iPhoneの調子が悪いとき、あるいはiPhoneをほかの人に売却したり譲渡するとき、必要となる作業が初期化です。とはいえ、頻繁に行う作業ではないため、やり方がわからないという人もいるかと思います。

そこで今回は、iPhoneを初期化する方法を紹介しましょう。
iPhone本体のみで行う方法と、パソコンのiTunesを使って行う方法の2つがあります。

なお 初期化を実行する前に、「iPhoneを探す」機能をオフにしておきましょう。オフにする操作は「設定」の「iCloud」で行います。

初期化すると、当然データはすべて消去されてしまいます。可能であればバックアップを取っておきましょう。

参照:

iPhoneのバックアップ方法

目次:

iPhone本体で初期化(リセット)する方法

iPhone本体での初期化は、「設定」にある「一般」の「リセット」で行います。
またこの際、設定のみ、ネットワーク設定のみ、キーボードの変換学習のみといったように、個別に初期化することも可能です。個人に関する情報などすべてのデータを削除したいのなら、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選びます。

それでは手順を説明しましょう。

iPhoneの「設定」を開き「一般」をタップします
iPhoneの「設定」を開き「一般」をタップします
「一般」が開いたら一番下までスクロールし、「リセット」を選びます
「一般」が開いたら一番下までスクロールし、「リセット」を選びます
「すべてのコンテンツと設定方法を消去」を選びます
「すべてのコンテンツと設定方法を消去」を選びます
パスワードを求められますので入力します
パスワードを求められますので入力します
問題なければ「iPhoneを消去」をタップします
問題なければ「iPhoneを消去」をタップします
念のため同様の画面がもう一度表示されます。「iPhoneを消去」をタップすれば初期化は完了です。
念のため同様の画面がもう一度表示されます。「iPhoneを消去」をタップすれば初期化は完了です。

パソコンのiTunesを使って初期化(復元)

iPhoneの初期化は、パソコンのiTunesでも行えます。
Windowsの場合は、あらかじめアップルのWebサイトからiTunesをダウンロードしてインストールしておきましょう。

iTunes

まずはiPhoneとパソコンを接続しましょう。iTunesが開いたら、iPhoneのアイコンをクリックします。すると接続したiPhoneの「概要」が表示されます。

次に「iPhoneを復元…」をクリックします。
するとiPhoneを工場出荷時の設定に戻していいかというアラートが表示されるので、「復元」をクリックしましょう。ソフトウェアのアップデートの画面が表示され、「次へ」をクリックします。これでiPhoneが初期化され、同時にアップデーターがある場合は、ソフトウェアが最新のものになります。

iTunesのiPhoneの「概要」を開いたら、「iPhoneを復元...」をクリックします
iTunesのiPhoneの「概要」を開いたら、「iPhoneを復元…」をクリックします
初期化していいかのアラートが表示されます。確認して「復元」をクリックします
初期化していいかのアラートが表示されます。確認して「復元」をクリックします
ソフトウェア・アップデートの画面が表示されるので、確認して「次へ」をクリックします
ソフトウェア・アップデートの画面が表示されるので、確認して「次へ」をクリックします

まとめ

iPhoneを初期化する方法は、旧機種を下取りに出すような場合でも活用できます。また最初にも触れましたが、データや設定が消去されてしまうので、あらかじめバックアップを取っておきましょう。日頃から定期的にバックアップを取っておくことをオススメします。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?