iPhoneの保証は必要? AppleCare+加入時の修理料金とサポート内容まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの保証は必要? AppleCare+加入時の修理料金とサポート内容まとめ

iPhoneを購入する際には、必ずAppleの製品保証サービス「AppleCare」への加入を勧められますよね。

しかしAppleCareに加入することで、iPhoneが故障した際の修理費用を抑えることができることはご存知だと思いますが、実際にどのくらいお得になるのかや、サービスの内容自体をあまり知らない方は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、AppleCareへ加入すべきか判断がつかないという方のために、AppleCareの保証サポート・料金についてまとめてみました。

なおAppleCare(アップルケア)には様々な種類のものがありますが、iPhoneを購入した場合には、「AppleCare+(アップルケアプラス)」を選択する必要がありますので、購入の際はあらかじめご注意ください。

目次:

AppleCare+とは?

「AppleCare+」に加入するか否かを判断する前に、「AppleCare+」が具体的にどんなサービスであるかをおさらいしておきましょう。

まず知っておいていただきたいのが、iPhoneのどのモデルを購入したとしても、製品購入後には「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償電話サポート」がはじめから付与されるということです。

つまり、はじめのうちは誰にでも製品限定保証と無償電話サポートを受ける権利があります。

『ハードウェア製品限定保証』

ハードウェア製品限定保証とは、iPhone本体および不足アクセサリに傷が生じたり、バッテリーが保持する容量が本来の容量の80パーセント未満になった場合に利用できるサービスです。

サポート保証期間であれば、通常より安い価格で最大2回までサポートを適用することができます。2回を超えてしまうと、保証対象外の修理サービス料金で修理を行う必要があります。

『無償電話サポート』

無償電話サポートとは、専門のスペシャリストに相談をすることができるサービスです。たとえばiPhoneが故障して複雑な状態になってしまったものや、前例のないような状態になっているものは専門のスペシャリストに相談することができます。

なお専門のスペシャリストでなくても、故障に関してわからないことは下記番号より無料で相談することができますよ。

専門のスペシャリストに問い合わせる場合と、通常の無料相談は同一の番号となります。

Apple サポートへの問い合わせ:
0120-27753-5

AppleCare+のメリット

ではそこで、AppleCare+への加入にどんなメリットがあるかと言いますと、その保証及び電話サポートの期間が2年間に延長されます。

AppleCare+の加入・非加入時におけるサポート期間
AppleCare+を適用する場合 AppleCare+を適用しない場合
製品保証 2年間 1年間
無償電話サポート 2年間 90日間

製品保証については1年間から2年間に、無償電話サポートは90日から2年間までサポート期間が延びることになります。

しかしiPhoneを故障させてしまったとして、どういった場合にAppleCare+への加入がお得になるのかイマイチわかりませんよね。そこで次はAppleCare+の料金について見ていきます。

AppleCare+に加入することで、お得になるケース

では早速、サポート保証期間と期間外ではどのくらい料金が変わるのかを見ていきましょう。

AppleCare+のパッケージ価格を踏まえたうえで、修理にかかる費用を比較してみました。

AppleCare+のパッケージ費用および修理費用
iPhone SE、またはiPhone 6以前のモデル iPhone 6s、またはiPhone 6s Plus
パッケージ価格 12,800円 (税別) 14,800円 (税別)
サポート適用回数 最大2回まで 最大2回まで
製品保証期間終了後(購入から1年後)におけるAppleCare+適用・非適用時の修理費用
モデル AppleCare+に加入している場合 AppleCare+に加入していない場合
画面の修理 or バッテリー修理 or 保証対象外のサービス 画面の修理 バッテリーの劣化改善 保証対象外の修理サービスの最大料金
iPhone 6s Plus 11,800円 16,800円 9,400円 38,800円
iPhone 6 Plus 7,800円(税込) 14,800円 9,400円 38,800円
iPhone 6s 11,800円 14,800円 9,400円 34,800円
iPhone 6 7,800円(税込) 12,800円 9,400円 34,800円
iPhone SE 7,800円(税込) 14,800 円 9,400円 31,800円
iPhone 5s 7,800円(税込) 14,800 円 9,400円 31,800円
iPhone 5c 7,800円(税込) 14,800 円 9,400円 31,800円
iPhone 5 4,400円(税込) 14,800 円 9,400円 31,800円

※指定がないものはすべて税別表記
※AppleCare+の保証が適用される場合は、「画面の修理」「バッテリー」「保証対象外の修理サービス」はいずれも同じ費用となります

2つ目の表は、iPhone購入から1年後(ハードウェア製品限定保証期間終了後)に、AppleCare+を適用できるか否かを表しています。
パッケージ料金と合わせても、保証対象外の修理サービスを利用した場合、AppleCare+に加入した方がお得であることがわかります。

そこで次は、保証対象外の修理サービスの対象となるケースを確認してみましょう。

基本的には、画面の修理、通常使用によるバッテリーの劣化以外の状態だと、保証対象外の修理サービスの料金が適用されます。

保証対象外の修理サービスとなるケース

  • スリープボタン、ホームボタンが反応しない
  • 電源が入らない
  • iPhoneを水没させた
  • iPhoneを落として、筐体が凹んだ
  • iPhoneを落として、電源がつかなくなった
  • iPhoneを落として、イヤホンジャックがつぶれた
  • iPhoneを分解した

など

※保証対象外の修理で実際にかかる料金は程度や度合いによって異なります。必ずAppleにご確認ください。

上に挙げたケースに含まれる故障を過去にしてしまった経験のある方や、それが心配な方はAppleCare+に加入しておくと良いでしょう。
ただし筐体がバラバラになってしまった場合は、修理自体を行うことができないのでご注意ください。

なおイヤフォンやACアダプタといった付属アクセサリについては、自然故障の場合は無償で交換することが可能ですよ。

まとめ

おさらいをすると、AppleCare+を適用する場合は、製品保証が1年間から2年間、無償電話サポートが90日間から2年間へと延長されます。

先にお伝えしましたように、iPhone購入から1年~2年の間に、iPhoneを水没させてしまったり、電源が入らなくなるといった保証サービス対象外となる故障をしてしまった場合は、AppleCare+に加入していた方がお得となります。

しかし正直言ってしまえば、いつ頃お使いのiPhoneが故障するかどうかなんてわかりませんよね。とはいえ、iPhoneユーザーなら共感していただけると思いますが、購入から1年経過したあたりから不具合がよく起きるようになります。

そのような過去の経験を踏まえつつ、iPhoneが故障する可能性を考えた上で、AppleCare+を購入するかどうかを検討してみてください。

こちらも読んでみる(故障の原因・対処法について):

こちらも読んでみる(非正規サービスプロバイダについて):

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?