iPhoneの電池の減りが早い方必見!バッテリーを長持ちさせる充電節約術27選

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iphone バッテリー 減りが早い

「しっかり充電してきたのに、もうこんなに電池が減ってる」、iPhoneユーザーなら誰しもこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

「最近、どうも電池の減りが早い…」とお悩みの人のために、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる節約術を一挙ご紹介します。ここで紹介するiPhoneのバッテリー節約術は今すぐカンタンにできるものばかり。iPhoneユーザーの方はぜひお試しください。

※アップグレード時に電池持ちが改善されることもあるので、まずは最新OSへのアップデートを試してからお読みください。

(モバレコ編集部追記)
本記事はiOS8を搭載したiPhone6を用いて制作した過去の記事に、最新のiOS11を搭載したiPhone 8の操作方法を追記しています。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

1)バッテリーを消費してるアプリを突き止める!

■iOS 8の確認方法
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「使用状況」 → 「バッテリーの使用状況」

iPhone設定画面
バッテリーを消費しているアプリを見つけて不要ならアンインストール

■iOS 11の確認方法
【手順】「設定」 → 「バッテリー」

iPhone設定画面 / バッテリー
iOS11の「バッテリー」画面

iOS8以降のバージョンでは、アプリごとのバッテリー使用状況が確認できます。これでどこで電力を消費しているか一目瞭然。使用頻度は少ないのにバッテリーを食ってしまっているアプリがあれば、節約のためにアンインストールしてしまいましょう。

iOS11では「設定」の項目に「バッテリー」が追加されているのでアクセスがとても便利になっています。「バッテリーの状態」からはバッテリーの劣化状況も確認することができます。

アプリの削除(アンインストール)方法はこちら

2)よく使うアプリは閉じない方が良い

■確認方法(共通)
【手順】「ホームボタン素早く2回タップ」 → 「終了したいアプリを上へスワイプ」

あまり使わないアプリを閉じる/よく使うアプリは閉じない

電池を節約するために「起動したアプリはこまめに終了したほうがいい」という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか? しかし、頻繁に使うアプリまで終了してしまうと、そのアプリを起動するたびにバッテリーを消費してしまうので、節約に逆効果になってしまうことも。

「アプリのバックグラウンド更新」を有効にしているアプリ以外はほとんどバッテリーを消費をしないので、使用頻度の低いアプリだけ終了させるようにしましょう。

3)画面の明るさの自動調節をオフにする

■iOS 8~10の確認方法
【手順】「設定」 → 「画面表示と明るさ」→ 「明るさの自動調節」

「明るさの自動調節」をオフコントロールセンターからも調節できる
「明るさの自動調節」をオフ/コントロールセンターからも調節できる

■iOS 11の確認方法
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「アクセシビリティ」 → 「ディスプレイ調整」→ 「明るさの自動調節」

「明るさの自動調節」をオフ / iOS11コントロールセンターから調節 / iOS11
iOS 11から「明るさの自動調節」が設定できる場所が変わりました

ディスプレイを明るくすればするほど、電池消費は激しくなります。

「明るさの自動調節」をオフにすると暗い場所で自動的に画面が明るくなるのを防ぐことができるのでバッテリーの節約につながります。また、ホーム画面で上へスワイプするとコントロールセンターが表示され、簡単に明るさを調節できるのでこまめに調整するのも有効な手段です。

iOS 11からは設定画面の配置が大幅に変更されており、「明るさの自動調節」の設定項目の場所が以前のiOSと異なります。配置は変わったものの、コントロールパネルから明るさの調整ができる仕様には変更ありません。

4)自動ロックの時間を短縮する

■iOS 8の確認方法
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「自動ロック」

iPhone設定画面 / 自動ロック

■iOS 11の確認方法
【手順】「設定」 → 「画面表示と明るさ」 → 「自動ロック」

iPhone設定画面 / 自動ロック

自動ロックする時間を短くすることで、ディスプレイの表示時間が短縮されます。
バッテリーの節約はもちろん、パスコード設定をオンにしてる場合はセキュリティ向上にもつながります。

iOS 11では「画面表示と明るさ」の項目に設定場所が移動。同時に、iPhone本体を傾けるだけでスリープを解除できる「手前に傾けてスリープ解除」が追加されました。こちらは簡単にスリープが解除できてしまう機能なので、電池持ちの面ではオフに設定しておきたいところです。

5)壁紙で「ダイナミック」を使わない

iPhone設定画面 / 壁紙

■共通
【手順】「設定」 → 「壁紙」 → 「壁紙を選択」 → 「静止画」

壁紙の絵が動く「ダイナミック」は消費電力が多い機能です。電池持ちを優先するなら静止画を選択しましょう。

6)視差効果を減らす/オフにする

■iOS 8の手順

iPhone設定画面 / 視差効果設定iPhone設定画面 / 視差効果設定

(A)本体を傾けるとアイコンが動くのをオフ/(B)壁紙の視差効果設定もオフ

【手順】(A)「設定」 → 「一般」 → 「アクセシビリティ」 → 「視差効果を減らす」

iOS7から加わった機能「視差効果」は、iPhoneの傾きによってアイコンの位置が動くエフェクト機能です。「視差効果を減らす」をオンにすれば電池の節約につながります。

【手順】(B)「設定」 → 「壁紙」 → 「壁紙をタップ」 → 「視差効果:オフ」

壁紙にも視差効果を設定できます。そういった効果が不要だと思えばオフにしてしまいましょう。

■iOS 11の手順

iPhone設定画面 / 「明るさの自動調節」iPhone設定画面 / 壁紙の視差効果設定

画面表示は一部異なるものの、操作自体は変わらない

【手順】(A)「設定」 → 「一般」 → 「アクセシビリティ」 → 「視差効果を減らす」

【手順】(B)「設定」 → 「壁紙」 → 「壁紙をタップ」 → 「視差効果」をタップ

7)iTunesとApp storeの自動ダウンロードを切る

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「iTunes & App Store」 → 「自動ダウンロード」

iTunes&App store

「自動ダウンロード」に設定されていると、iPhoneがアップデートの必要なアプリがないか探してしまうので電池を消耗します。アップデートの確認は手動でもできるので、オフにしておきましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「iTunes & App Store」 → 「自動ダウンロード」

iTunes&App store / 自動ダウンロード

一部表示画面は異なるものの、設定方法は以前のバージョンと同じです。

8)Appのバックグラウンド更新をオフにする

■共通
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「Appのバックグランド更新」

iPhone設定画面 / Appのバックグランド更新iPhone設定画面 / Appのバックグランド更新
すべてのバックグラウンド更新をオフ/必要なものだけバックグラウンドをオン

「Appのバックグラウンド更新」は、他のアプリを使用している背後でもう1つのアプリが動作するのを許可する機能。すべてのアプリをオフにしなくても、必要なアプリだけをオンにしておくだけでバッテリーの節約につながります。

9)電波の悪い場所では4G(LTE)をオフにする

■iOS 8の手順

iPhone設定画面 / モバイルデータ通信iPhone設定画面 / 機内モード

【手順/左】「設定」 → 「一般」 → 「モバイルデータ通信」 → 「4Gをオフにする」

地下やトンネルなど電波が圏外あるいは微弱な場所に長時間いると、iPhoneがずっと基地局の電波を探しつづけて電池の減りが早くなってしまいます。

【手順/右】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「機内モードをタップ」

長時間電波環境が悪そうなら「機内モード」にしてしまうのも手。ただしそのまま忘れてしまうと着信できなかったりするので要注意です!

■iOS 11の手順
【手順/左】「設定」 → 「モバイル通信」 → 「モバイルデータ通信」
【手順/右】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「機内モードをタップ」

10)Wi-Fiがつながってない時はオフにする

iPhone設定画面 / Wi-Fi

■共通
【手順】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「Wi-Fiをタップ」

コントロールセンターを表示して、Wi-Fiの電波がないときは扇形のアイコンをタップしてオフに。電波がない環境でオンにしておくと、4Gと同様iPhoneが電波を探しつづけてしまうので、こまめに切り替えましょう。

11)Wi-Fiの「接続を確認」をオフにする

iPhone設定画面 / 接続を確認 オフiPhone設定画面 / 接続を確認 オフ
「接続を確認」をオフにすると右写真の表示がされなくなります

■共通
【手順】「設定」 → 「Wi-Fi」 → 「接続を確認」

Wi-Fiを利用する場合も、「接続を確認」をONにしておくと近隣のWi-Fi電波のリストが自動的に表示されます。特に必要ない場合は、オフに設定しましょう。

12)インターネット共有をオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「インターネット共有」

iPhone設定画面 / インターネット共有

インターネット共有とは、iPhoneにおけるテザリング機能のこと。他の端末と接続していないときは電池を消費するだけなのでオフに設定しましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「Wi-Fiを強く押す」→「インターネット共有」

iPhone設定画面 / コントロールセンターiPhone設定画面 / コントロールセンター
iOS11の場合はコントロールセンターでWi-Fiアイコンを強く押すと別画面が出る

13)Bluetoothをオフにする

iPhone設定画面 / Bluetooth

■共通
【手順】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「Bluetoothをタップ」

コントロールセンターから簡単に切り替えられるので、Bluetoothを使って他の機種と接続していないときはオフにしておきましょう。iOS11も手順は同様です。

14)AirDropをオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「AirDropをタップ」

AirDropをタップすると、オフ設定を選択できる画面が表示iPhone設定画面 / AirDrop
AirDropをタップすると、オフ設定を選択できる画面が表示

AirDropは、iPhoneやMac間などで写真や書類データなどの交換ができる機能。使用しないときはオフにしておきましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「ホーム画面」 → 「画面を上へスワイプ」 →「Wi-Fiを強く押す」→「AirDropをタップ」

iPhone設定画面 / コントロールセンター
iOS11の場合はコントロールセンターでWi-Fiアイコンを強く押した別画面に項目が移動している

15)ハンドオフをオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「Handoffと候補のApp」

ハンドオフをオフにする

ハンドオフはやりかけの作業を他の端末でも引き継げる機能。例えば、iPhoneで書きかけのメールの続きをMacで書くことができたりします。特に使用する機会が無いという人はオフに設定しましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「Handoff」

iPhone設定画面 / Handoffと候補のApp
iOS11の場合は「Handoff」の項目が独立している

16)Siriをオフにする/”Hey Siri”をオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「Siri」

iPhone設定画面 / Siri

Siriを使わない場合、設定をオフにしておくと電池の節約に繋がります。話しかけるだけで起動する「”Hey Siri”の許可」も使わなければオフにしましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「Siriと検索」

B
「設定」から「Siriと検索」に進むと細かな設定ができる

17)Spotlight検索をオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「一般」 → 「Spotlight検索」

iPhone設定画面 / Spotlight検索

Spotlight検索はホーム画面を下にスワイプして出てくる検索機能。検索があった方が便利なものに絞るだけでも節約になるので、不要な項目はオフにしておきましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「Siriと検索」→「検索の候補」をオフにする

iPhone設定画面 / 「Siriと検索」
iOSから「Spotlight検索」が「Siriと検索」という項目に置き換えられている

18)音量は控えめに/タップ音やロック音もオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「サウンド」

iPhone設定画面 / サウンドiPhone設定画面 / サウンド

画面の明るさだけでなく、音量の大きさも電池の消耗に関係しています。必要なとき以外は、ボリュームを控えめにしておくといいでしょう。ロック時のサウンドやキーボードのクリック音も、オフにすることで節電効果が得られます。

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「サウンドと触覚」

iPhone設定画面 / サウンド
iOSでは「サウンドと触覚」という名称に変わったが操作できる項目はほぼ一緒

19)Musicアプリのイコライザ設定をオフにする

■共通
【手順】「設定」 → 「ミュージック」 → 「イコライザ」

Musicアプリ / イコライザ設定

音楽を本格的に楽しみたいときに、オススメなイコライザ機能。しかし、こちらもオフに設定すると節電につながります。長時間に渡って音楽を聴くときはオフにしておくのがオススメです。

20)モーションとフィットネスをオフにする

■共通
【手順】「設定」 → 「プライバシー」 → 「モーションとフィットネス」

iPhone設定画面 / モーションとフィットネス

歩数などを計測するフィットネス・トラッキングもバッテリーを消費しています。もしiPhoneでヘルスケア管理を行っていないのであればオフに設定しましょう。

21)「自分の位置情報を共有」をオフにする

■共通
【手順】「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」→ 「自分の位置情報を共有」

iPhone設定画面iPhone設定画面
設定をオンにするとメッセージで自分の現在地が送れる

iOS8から搭載された「自分の位置情報を共有」は、自分がいる現在地をメッセージで送信して共有できる機能です。普段あまり使わないようでしたらこれもオフにしましょう。

22)位置情報に基づくiAdや通知をオフにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」→ 「システムサービス」

iPhone設定画面 / 位置情報

自分がいる現在地に合わせた広告表示される「位置情報に基づくiAd」。広告表示がなくても不便がないなら設定をオフにしましょう。リマインダーで指定場所に近づいたり離れたりすると通知する機能を使わないようでしたら「位置情報に基づく通知」も合わせてオフにしましょう。

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」→ 「システムサービス」→「製品の品質向上」の項目をオフ

iPhone設定画面 / システムサービス
iOS11では「システムサービス」で操作できる項目が微妙に変化している。/figcaption>

iOS11では「製品の品質向上」というカテゴリーの項目をオフにしてください。

23)通知をプッシュ→フェッチにする

■iOS 8の手順
【手順】「設定」 → 「メール/連絡先/カレンダー」 → 「データの取得方法」 → 「フェッチ」

iPhone設定画面 / フェッチiPhone設定画面 / フェッチ
フェッチは時間設定と手動設定が選べます

■iOS 11の手順
【手順】「設定」 → 「アカウントとパスワード」 → 「データの取得方法」 → 「フェッチ」

プッシュ通知をオンにしておくと、受信サーバから自動的にiPhoneにメールが送られてきてリアルタイムで確認できます。

フェッチは、一定時間ごとに確認または手動で受信がないかを確認する方法です。リアルタイムで確認する必要がない人はフェッチに設定しておくと節電の効果があります。

iPhone設定画面 / フェッチiPhone設定画面 / フェッチ
iOS11では「自動」という項目が追加されている

フェッチの項目で「自動」を選択すると、電源とWi-Fiの両方に接続したタイミングで、あらかじめフェッチを選択した項目が自動的にバックグラウンドでデータを受信してくれるので便利です。

24)不要な通知をオフにする

■共通
【手順】「設定」 → 「通知」

iPhone設定画面 / 通知オフにしたいアプリiPhone設定画面 / 「通知の許可」
通知オフにしたいアプリをタップ/「通知の許可」をオフにする

通知設定をオンにしておくとバナーやダイアログで画面表示がされてとても便利です。しかし、それほど緊急性がなく、通知がなくてもいいと思うアプリは「通知を許可」をオフにしましょう。

筆者の場合、着信やメールなどのすぐに確認したいものだけを通知オンにしています。なお、iOS11の場合は表示される項目は微妙に異なるものの、通知に関する設定方法は同じです。

25)「診断データを自動送信」をオフにする

■iOS8のみ
【手順】「設定」 → 「情報」」 → 「診断/使用状況」

iPhone設定画面 / 診断データを自動送信

Appleは製品とサービス向上のため、匿名でiPhoneから使用状況データの自動収集しています。

今後のサービス向上のことを考えると自動送信をオンにした方がいいのですが、バッテリー節約を優先したい方はオフにしましょう。

26)迷惑電話や迷惑メールをきちんと拒否する

迷惑電話 迷惑メール
迷惑電話や迷惑メールはブロック!

バッテリー節電のためにあれこれしても、迷惑電話や迷惑メールが頻繁にかかってきていたら元も子もありません・・・!

もし頻繁な着信と受信があるのなら、契約しているキャリアから迷惑着信・メールの対策をとりましょう。

設定方法の詳細については、下記のサイトリンクからご確認ください。

着信拒否の方法はこちら

その他の手順はこちらから:

docomoの迷惑電話対策
docomoの迷惑メール対策
auの迷惑電話撃退サービス
auの迷惑メールフィルター
SoftBankの迷惑電話・メール対策

27)無駄遣いも”オフ”にしよう

そして、最後にご紹介するコツは・・・ズバリiPhoneのムダな使用を抑えましょう!ということ。

「え~!そんなのあたりまえだろ!」というツッコミが聞こえてきそうですが、この意識があるかないかでバッテリーの持ちは変わってくると思います。なんとな~くのSNS、なんとな~くのゲームや動画。それ少しやめてみるだけでも効果は大きいはずです。

「バッテリーは毎日使い切っちゃう」と思っていたあなたのiPhoneにきっと変化が・・・! もしかしたら電池だけでなく、時間の節約にもなるかもしれませんよ?

まとめ:機種変更も検討してみるべし

ドコモ公式HP

上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。

補償サービスに加入していない場合はなおさらです。故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。

スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

機種の買い替えならドコモがおすすめ

機種変更をするならドコモがおすすめです。おすすめをする理由は以下の通り。

・安心安定の通信速度、サポート力
・最新機種のラインナップが最も豊富
・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい
・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。

手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。

ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。

料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

公式オンラインショップから
iPhone 11シリーズも予約・購入可能

→ ドコモ公式はこちらdocomo

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp