パソコンはもう要らない!デジカメの写真を一瞬でスマホに転送する方法

書いた人: 君国泰将

カテゴリ: ライフハック ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンはもう要らない!デジカメの写真を一瞬でスマホに転送する方法

スマートフォンのカメラ機能は日々進化していますが、それでも専用のカメラにはかなわないところがたくさんあります。

例えば、遠くの被写体を大きく映しだして撮りたい時の望遠ズームを使った写真や、スポーツシーンのように被写体のスピードが速くて追い切れない写真、背景をぼかした印象的な写真は、デジタル一眼カメラやコンパクトデジカメだからこそできる業。

せっかくならば、
カメラで撮った写真をスマホで活かせると良いと思いませんか?

と言うよりもむしろ、せっかくカメラを持ちだして撮った写真こそSNSにアップしてドヤ顔したいというのが人間の心理というものです。

そこで便利なのが、ソニーのカメラ(αシリーズやサイバーショット)に搭載されているワイヤレス転送(Wi-Fi転送)機能。NFCに対応したスマートフォンやタブレットにワンタッチするだけで写真をカンタンに転送できる「ワンタッチシェアリング」という超スグレモノの機能です。

ここでは実際にデジカメで撮った写真を元に、その使い方を説明していきましょう。
一度体験すれば、病み付きになること間違いなしです。

目次:

自慢の写真を撮ったらスマートフォンに転送しよう

それではどれほど便利か早速やってみましょう。

ソニー製のカメラには、今、デジタル一眼カメラαシリーズや、コンパクトデジカメのサイバーショットというシリーズがありますが、一部を除くほとんどのカメラに「ワンタッチシェアリング」というWi-Fi/NFC通信機能が付いています。

撮った写真がカメラの中に埋もれてるままだともったいない
撮った写真がカメラの中に埋もれてるままだともったいない

まずは、カメラで写真を撮ります。そうすると、いい写真が撮れた!これをぜひSNSでみんなに知らせたい!と思いますよね。

この時、普通は「Wi-Fi接続機能のついたメモリーカード」を使っている場合を除いては、スマートフォンに転送する方法がありません。

そうすると、自宅に帰ってパソコンとカメラをつなぐか、もしくはメモリーカードを差し込んでそれからアップロードするしかないのでとっても面倒。せっかくの熱も冷めてしまいます。

思い立ったらスマホに転送!
思い立ったらスマホに転送!

けれど、Wi-Fi転送であればいともカンタンに転送できてしまいます。

まずは、カメラを操作してスマートフォンに転送したい画像を選びます。
1枚でもいいですし、その日にとった写真まるごとでも、お気に入りの写真を数枚でもかまいません。

お気に入りの写真をピックアップしよう
お気に入りの写真をピックアップしよう

カメラのディスプレイだと気づかないアラやちょっとしたミスが、スマートフォンやタブレットに転送すると大きい画面で見るとよくわかったりする事もあるので、個人的には同じような写真でも数枚ピックアップして転送しておくのがポイントです。

Wi-Fi転送できるソニーのカメラ
Wi-Fi転送できるソニーのカメラ

転送したい画像が決まって「実行」をすると、カメラ側が転送待機状態になるので、あとはスマートフォンを操作するだけです。

iPhone、Androidスマホともに、専用アプリ「PlayMemories Mobile」をインストールしておきましょう。

iPhoneで操作する場合

まずはWi-Fiの接続設定画面を開きます。
その後、カメラに表示されている〈SSID〉(DIRECT-xxxx:DSC-xxx)を選択し、パスワードを入力、あとは「PlayMemories Mobile」を起動すると自動的にWi-Fiによる転送が開始されます。

Androidスマートフォンで操作する場合

「PlayMemories Mobile」を開くと接続機器を選択する画面が開きます。カメラに表示されている〈SSID〉(DIRECT-xxxx:DSC-xxx)を選択し、パスワードを入力。すると、あとはWi-Fi通信で転送が開始されます。

アプリ情報
アプリ名 PlayMemories Mobile
PlayMemories Mobile
開発 Sony Corporation
価格 無料
ダウンロード appStoreでダウンロードgooglePlayで手に入れる

実際、ソニーのカメラのWi-Fi転送機能は、NFCの搭載していないスマートフォンでももちろん利用できます。

ただ、その時通信するための”パスワード”を手入力しないといけないので、もしかするとその作業さえも煩わしいと感じる人も多いはずです。

そんな方のために、さらに便利な方法があります。

さらに便利!NFC機能を使って写真を一瞬で転送しよう

NFCマーク同士を軽くタッチするだけ
NFCマーク同士を軽くタッチするだけ

上記の方法よりもさらに便利なのがNFC機能を使った方法です。
NFCとは最近注目度も高い近距離無線通信技術Near Field Communication)のこと。

スマートフォンにNFC機能さえあれば、

  • カメラにあるNFCマークとスマートフォンのNFCマークをタッチするだけで、
  • 「PlayMemories Mobile」アプリが自動的に立ち上がって、
  • 面倒な”パスワード”の入力も不要で自動でペアリングまでしてくれて、
  • 選択した画像を転送してくれる

と、これらを全てやってくれます。
(※NFCマークをタッチする様子が分かりづらいという方に、当記事最後に動画を掲載いたしました。)

「PlayMemories Mobile」アプリが必要
「PlayMemories Mobile」アプリが必要

あらかじめ「PlayMemories Mobile」アプリをインストールしておく必要がありますが、もしもまだアプリを入れていないとしても、カメラとスマートフォンのNFCをタッチすると、自動的に 「PlayMemories Mobile」アプリをインストールするよう促してくれます
「Google Play」のアプリのある場所まで連れて行ってくれるのでとてもスムーズに準備もできます。

基本、NFCをタッチすればあとはWi-Fiで画像が転送されていくので、カメラとスマートフォンはある程度距離を離しておいても何の問題もなくサクサクと写真が転送されていきます。

転送する画像サイズは好みで設定
転送する画像サイズは好みで設定

転送する画像についても、アプリの設定から、カメラの超高画素な写真をまるごとコピーする「オリジナルサイズ」や、データ量を抑えた「2Mサイズ」や「VGAサイズ」にダイエットしてコピーする設定も好みで選べます。

さすがにオリジナル画像を大量に転送しようとすると時間がかかる場合もありますが、SNSでシェアするだけなら「2Mサイズ」でも充分かもしれません。

転送した後にトリミングすることが前提ならオリジナル画像のほうが粗が少なくて良い場合もあるのでここはお好みで。

通信環境にもよりますが、1枚あたりわずか2~3秒で完了通信環境にもよりますが、1枚あたりわずか2~3秒で完了
通信環境にもよりますが、1枚あたりわずか2~3秒で完了

スマートフォンに転送したらSNSでシェアしよう

Instagramでリア充画像をアップしようInstagramでリア充画像をアップしよう
Instagramでリア充画像をアップしよう

はい、スマートフォンに転送できたら後は自由です。

カメラの小さいディスプレイで見るよりも、スマートフォンやタブレットの大きい画面でみるとさすが細かなディティールも見えて、閲覧するだけでも楽しめます。

が、ここはやはりTwitterやFacebook、LINEに自慢の写真をアップロードしたいところですね。

私が個人的にハマってるのはInstagram(インスタグラム)。もともとスクウェア(正方形)の画像をアップするのが基本になっていましたが、最近では画角フリーになりました。スクウェアサイズにトリミングしてアップするもよし、撮りきった横サイズや縦サイズをアップするもよしと自由度が増しています。

やみつきになるカメラからスマホに画像転送
やみつきになるカメラからスマホに画像転送

Instagramのシェア機能を使えば、FacebookやTwitter、Flickrにも連動してアップできるので、複数SNSを利用していても一度に投稿が終わってしまうので、もうコレが便利すぎです。

まとめ

基本は、カメラで撮ったらお気に入り写真をピックアップして、スマートフォンにワイヤレスで画像を転送して、Instagramにアップするというシンプルな流れです。

カメラからスマートフォンへの転送という一見とてもめんどくさそうな作業が、あまりにもカンタンに出来てしまうので、自慢の写真をどんどんアップしたくなります。

以上、カメラ大好き、シェア大好きといった方にはとてもオススメな、カメラとスマートフォンの連携ワザでした。

なお、以下のソニーの公式動画では詳しく手順が説明されています。
カメラとスマートフォンをタッチする様子が分かりづらい方は4:02あたりからご覧ください。ホント、一瞬で転送されるんですよ!

ソニー サイバーショット NFCでワンタッチ接続しスマホに画像を転送(6:18)

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

「ソニーが基本的に好き」と「ガンダムが基本的に好き」ってBlog書いてます。頭の中身がソニーとガンダムで埋まってます。「VAIOが基本的に好き」も立ち上げたほうがいいのか? ツイッターは刹那(・F・セイエイではない)に呟きまくりblogには情報のアーカイブとして。ほぼ毎週土曜日22時から、Ustream生配信してます。